小夜 さん プロフィール

  •  
小夜さん: 風のベンチに腰掛けて
ハンドル名小夜 さん
ブログタイトル風のベンチに腰掛けて
ブログURLhttps://ameblo.jp/kasinhuu34/
サイト紹介文ベンチで一人 空を見る、花をみる 本を読む 音楽を聞く。君を思う。575と指を折る。
自由文写真にはその時の自分が写ると思うこのごろ。だから なんでも気になったらパチリ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/11/20 17:03

小夜 さんのブログ記事

  • 月齢3日のお月さま
  • 月齢3日の月 うっすらと地球照もみえます きょうは 三日月が大きく見えたのは気のせいかしら 日昼は歩いていると暑いくらいでした。 チューリップも見頃を過ぎていました。 「ことしはもう初夏ですよ〜」 季節はカレンダーではなく、草花が教えてくれる。 常識や人の意見なんてカンタンに変わるんだから自分を信じるしかないよ(坂之上洋子『結婚のずっと前』)                         [続きを読む]
  • 秋を楽しむ花ごよみ(読書171)
  • 小夜読 171 秋を楽しむ花ごよみ (コロナ・ブックス)/杉本 秀太郎¥1,600Amazon.co.jpー見て楽しく、読んでみて新たな気持ちが広がっていくような、ガイドブックです。ーなるほど 写真だけではなく 『本草図説』や、画家の描いたものが紹介されておってその 正確さや迫力に 驚いたり 感心したりじゃしかし一番驚いたのは  前書きじゃなぜか そのタイトルは 名所の月ー『歌のしおり』という書物の名所便覧によると 名所 [続きを読む]
  • 池の鴨をみて
  • 庭園には、いろいろな鳥がやってきます。 今の時期は、ヒヨドリや目白が花に顔を突っ込んでいます。 池の鴨は、水中に首を突っ込んでは何かを探しているようです。 食べるために飛び、泳ぎます。 食べたい時が 食べるとき 人は 3食を決まった時間に食べることが健康によいという話もききます。 人と鳥は別なのかなぁ ちなみには 起きてすぐには食べれません。 [続きを読む]
  • カエデの実生をブタの鉢で
  • 庭園でカエデの実生を頂きました。(気持ち募金します。) 10個ほど並んでいた中で、苔の生えているこれを選びました。 苔も勝手に採取できませんから。 ブタさんの鉢は 以前ダイソーで買ったものです。 ブタさんの蚊取り線香を吊るすのもありますよね。 ブタさんは和の雰囲気?? あなたは、 あなたが選んだもので できている。 なにかのCMでいっていましたっけ。 [続きを読む]
  • 長〜い飛行機雲は嵐の前触れ
  • 長〜い飛行機雲は お天気は下り坂。 そのとおり 翌日の夜 春の嵐となりました。 雨が上がると 拾ってきたカエデの新芽が飛ばされていました 1mほどところに落ちていたので、また植えました。    怒りに燃えても 復讐しない あとは神様に任せよう [続きを読む]
  • 帰宅途中の小学生をみて
  • 春眠や亀のごと行くランドセル  小夜 小学生 おしゃべりしながら ゆっくり歩いて帰ります。 「さっさと帰ればいいのに」と感じることもありますが、 癒されることも多いです。 ゆっくり大きくなってね 止まらない限り、 どれだけゆっくりでも前に進めばよい。 (孔子) [続きを読む]
  • 強い風でした
  • 思ったより強い風となりました。 花粉なのか ほこりなのか 乾いた風のせいか 目にきています。 夕方、スーパーで半袖の少年を見かけました。 鍛えているのでしょうか、寒そうではありません。 先日テレビで冷たい刺激が褐色細胞を増やし熱を作るとか言っていました。ご先祖様はほぼ裸で地球の冬を乗り越えたことも納得ですね。寒がりの私は、着込みすぎなのかも  春疾風乙女の訪ふ声吹きさらはれ  中村草田男 懸命に、そ [続きを読む]
  • 近所の花壇をひとり占め
  • 近所の公園の花壇 散歩している方が数名 この花壇を眺めているのは 今 だけ これはポピー  蕾みにきれつも いつ開くかしら あれはネモフィラ、パンジーにストック、ノースポール 毎日 ひとり占め 自分の庭の気分です。 ありがとうございます。 それは本当にあなたの欲しいものですか 片付け本に書かれていた言葉です。 ちょっと考えさせられています。 [続きを読む]
  • 八重桜の入学式
  • 入学式シーズンソメイヨシノは散ってしまいましたが八重桜が見頃になっています。 これも、世界的な気象の変動の影響でしょうか?今後 小学校には八重桜が植えられるようになるかも。 大きな気温の変動 環境の変化に子どもたちの体調も心配です。御両親も転属なので、落ち着かないこともあるでしょう。 調子の悪いときは、 自己治癒力を信じて 静かにする。 [続きを読む]
  • ランラン桜
  • 白っぽい八重桜 舞子さんの花かんざしのようです。 この桜は「蘭欄(らんらん)」学名も Ranran 花径は4.5〜5.2cmの大輪で、極淡紅色から白色になる。芳香がある。 花粉症の私には ちょっとわかりませんでした。 品種名は、北海道松前の子供たちが上野動物園のパンダランランの死を悼み、その名を記念して1980年5月5日の子供の日に命名したことによる。 と案内板に書かれていました。 ポジティブでもなく、 ネガティ [続きを読む]
  • 御衣黄桜
  • 八重桜はこれからが見頃です。 この緑色は 葉ではありあせん。桜の花です。 御衣黄(ぎょいこう)といいます。 花は緑色の部分と黄色の部分が混ざっています。 満開になるに従って紅色を帯びてきます。 花弁は12〜14枚あり、花径は3.3〜3.5cmくらいでやや小輪 と解説板にありました。 緑色の花って珍しいですよね。 きれいに咲いても、気づいてくれる人は少ないです。 御衣黄って 昔の衣の色からついた名なんですって。 [続きを読む]
  • 枝垂れ桜と大吉と?
  • 隅田川のほとり 牛島神社の屋根と枝垂れ桜 お神籤は「大吉」花蕾(からい)春を待つ蕾みのように、間もなく開運の時が来る。  うれしい 開花のために寒気が必要なように、今はジッと我慢の時である。  我慢の時? そだねー 明日のことを思い煩うな。 きょう一日を、よろこび、務め、 人には優しくして暮らしたい。 (太宰治『新郎』) [続きを読む]
  • 近所の枝垂れ桜
  • 近所の 枝垂れ桜 今年も見事に咲きました。 この桜は公園ではなく お屋敷のお庭のモノです。 私にとっては とてもうれしく、ありがたいです。 気に入らなくても けんかはしない 無駄な労力は使わない [続きを読む]
  • 寒緋桜にひよどり
  • 満開の寒緋桜に ヒヨドリが来ていました。 密を吸うことに夢中のようで そばにいる私のことは 眼中に入らないようです おかげで 私にも野鳥の写真が撮れました。 人生最高の日は、 何度だってやってくる。 (CM) [続きを読む]
  • エアープランツ 土が必要ないんです
  • エアープランツ ストリクタ ダイソーで購入 エアープランツ 土が要らないところが気に入っています。 1ヶ月がたち 中心から細い葉が出てきました 部屋に生きているものがあるって やっぱり いい これ 本当に 動き出しそうでしょ 一番幸せなのは、 幸福なんて特別必要でないと悟ることです。 (ウィリアム・サローヤン) 少し前の事ですが 男性の同僚が奥さんから「いつ、しあわせにしてくれるの?」といわれたと、ため [続きを読む]
  • 雪割草
  • おおみすみそう  別名:雪割草 すべてを今すぐに知ろるのは無理なこと 雪が解ければ見えてくる。 (ゲーテ) 政財界 どうなってしまったのでしょう。新しい人材の登場を期待しましょう。 [続きを読む]