ロバート・熊 さん プロフィール

  •  
ロバート・熊さん: がんばれ熊さん
ハンドル名ロバート・熊 さん
ブログタイトルがんばれ熊さん
ブログURLhttps://ameblo.jp/akamenosirotyann/
サイト紹介文職場の人間関係に悩むすべての人 のヒントになれれば幸いです。
自由文部下の指導
上司からの指導
お客様からのクレーム

自身の体験に基づき絵日記にて対処法を
ご紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/11/21 13:28

ロバート・熊 さんのブログ記事

  • 催眠商法会社の入社日、誰も逃げなかった理由
  • 世の中には、その求人だけではいまいち仕事内容が見えないものが多い。 実際入ってみなければ分からない。ただ、その事業内容と待遇面だけを見てなんとなく良さそうだと入社する。 そして、「あっ、とんでもないところに来てしまった」と思うことがある。 どう考えても、この会社は怪しいぞとんでもないところに来てしまった。 最初はみんなそう思ったそうだ。私が以前いてた宣伝講習販売の会社は世間では催眠商法と言われている [続きを読む]
  • 仕事内容がいまいち分からない求人に人が集まる理由
  • なんとなく怪しいかもしれない。 求人を見たときからうすうすと感じていた。 実際にその会社に入ってみると、やっぱり怪しい会社だった。 宣伝講習販売の会社。 ものすごく簡単に説明すると お年寄りを会場に集めて高額な健康食品を販売する会社。 私は、6年間その会社にいた。 多くの仲間と飲みに行った。 営業中はみんな会社に従順な仮面をつけていたが、飲みに行き、お互いに腹を割って話し合った。 そこで気づいたことがある [続きを読む]
  • (お知らせ)明日からブログの方向性を変えます。
  • 明日からブログの方向性を変えます。わざわざ言わなくても好きにすれば?と思う人もいるだろう。私もそう思う。最初はそうしようかと思った。 しかし、このブログは4年の歴史の中本当に多くの人に応援していただけたと思っている。 そう思うと、何も言わずにいきなりがらりと変えるのはどうかと思った。今まで読んで頂いている方に どうしたの?と困惑させてしまうと思った。 なのでお知らせと言う形をとった。 どう変えるのか? [続きを読む]
  • 仕事の早い人は現場合わせの手法を取り入れている。
  • いろいろな人と仕事をしてきた。 一緒に仕事をしていて疲れる人がいる。 私を疲れさせるタイプにはいろいろあるが そのうちの一つが、現場合わせの出来ない人間だ。 現場合わせ? これは職人言葉なので知らない人も多いだろう。 建物を作る時は設計図をまず作る。 しかしぴったりの図面を作っても、現場では1ミリ合わないこともある。 そこで必要なのは現場で上手く合わせることだ。 大工の友人がいるが、昔は棟梁がその場、その [続きを読む]
  • 買う人は「どうですか?」の一言だけでも買ってくれる。
  • クリスマスケーキとおせちの予約が始まっている。 黙っていてもチラシを見た方が申し込んではくれる。 しかし、黙っていたらノルマは達成できない。とはいっても、声をかけるのはめんどくさい。 どうせ声をかけても断られるだろう このどうせ駄目だろうの気持ちが強すぎる。 でも声をかけなければ可能性はゼロだ。 そんなことは分かっているけど、どうせ断られるだろうの気持ちが強くなりすぎる。 そんな時に思い出す。 なぜ、あ [続きを読む]
  • もし私がお笑いタレントなら苦労話をするだろうか?
  • 今日は趣向を変えて、 ずっと思いづづけてきたことを書きたい。 仕事から帰り、ビールを片手にテレビを付けた。 あるお笑いタレントの人間模様だ。 あ〜〜またこの手の話かと思う。 〇○グランプリをとったブレイクした。 それまでは、まったく売れなかった。 奥さんに苦労をかけ 親も子供の成功をみないまま天国に行った。 私の目はテレビにくぎ付けになる。 夢を何度も諦めようとする葛藤。 それでも・・・・それでも・・・・と [続きを読む]
  • 一回言っただけで組織が良くなるなら上司はいらない。
  • あまり褒められたことではないが 一緒に働く人を人は選り好みする。 その日に誰と仕事をするかによって喜んだり、悲しんだり。 「うわ〜〜今日は〇○さんと一緒だ。これは大変だ」と悲しむ。 「あっ、今日は〇○さんがいる。良かった〜」と喜ぶ。 一緒に働く相手によって、仕事がはかどるか?それとも大変な目にあうのか想像出来る。 私も食品スーパーの社員としてアルバイトさんに指示を出す立場として、 すごく使いやすい人と、 [続きを読む]
  • お金のブロックを外させた方が高額商品は売りやすい。
  • 昔なんだけど、会場に会員さんを集めて、高額な商品を売る仕事をしてた。 講師の先生の講演が始まるまで、お客さんに接客をするんだけど、 そこで禁句と呼ばれるものがあった。接客の時にこんな話題はするなと言うこと。もちろん講師の先生も絶対にその話題には触れない。 それが3つあった。 一つ目は野球の話2つ目は政治の話3つ目は今は不景気だって話(節約の話も含む) 野球だとか政治だとかは、相手の応援しているものと逆 [続きを読む]
  • 上司を遊ばせるだけの余裕は当店にはない
  • 上司から言われた 「部下に育ってほしいからあえて私は何もしない」と。 どうやら、上司がいなくても機能する組織を理想とし、自分が姿を消すことでそうなると思ったようだ。 そして、売り場にほとんどいなかった。 3時間も4時間も、店長の姿を見ない。 何も手伝ってくれない。パート・アルバイトから不満の声が上がった。 「あの店長、ずっと喫煙所にいますよ」 「スマホばかりしてますよ」 「本当に何をしているのか謎です [続きを読む]
  • 店内でこっそりお菓子を食べることを万引犯はするのか?
  • わが目を疑う光景がそこにあった。 長年食品スーパーに勤めているがここまで大胆不敵な姿は初めて見た。 「ちょっと、熊さん、こっち見て!」 鮮魚のパートさんに呼ばれた。 鮮魚の作業場から、マジックミラー越しに店内を見た。 店内からは鏡になっているので作業場は見えない。 目の前のおばさんは、ちょうど商品棚と商品棚の間の目立ちにくいところに立ち、手にはお菓子を持っていた。 私を呼んだということは万引きか? と思 [続きを読む]
  • わざわざお金を出さなくても感謝の言葉ぐらいは言える人になりましょう
  • ありがとうついてる この手の言葉を商売のネタにする人が多い。 本を出し、講演会を行い、グッズまで販売する。 感謝の言葉で人生が前向きになれる。 そんなこと、わざわざ人から教わるほどのものでもない、そりゃそうだろうということになぜお金がいるのだろう? 実はうちの嫁さんが、この手の人にはまったことがあって、「もう〜勘弁してよ」と言う気持ちになった。本も買ってきた。それを読むと、あまりにもストーリーが出来す [続きを読む]
  • いきなりアルバイトのシフトを大幅に減らすのは違法行為である。
  • 勝手なことばかりして言うことを聞いてくれない。そのくせ、口は達者でいろいろと口答えしてくる。もう、こんな奴と一緒に仕事をしたくない。 と思う時がある。それがアルバイトだった時安易に「あいつ駄目だな、もうシフト減らしちゃおうか」となる。 それまで人手不足で仕方なく使っていたアルバイト。他のアルバイト。パートにたくさん入ってもらい、問題児のシフトを減らす。しかもいきなりだ。これは大問題に発展することが [続きを読む]
  • なぜ見ず知らずの主婦に儲け話を持ってくるのか?
  • うちの嫁さんは、海外先物取引の会社に騙されて 100万円を投資したつもりが、勝手にそれを証拠金にされて1000万円の投資契約を結ばれてしまっていた。 結局、弁護士に相談して、解約に至ったという経緯は先日記事に書いた。 その時の記事 ← するとビューンします。 弁護士の先生によると、こういった投資の話を持ち掛けてくる会社はとんずらされることが多くあり、どうしたら取り戻せますか?と言う相談が増えてき [続きを読む]
  • あああ・・・あかん、やっぱり俺サラリーマンに戻りたい(涙の昔話)
  • 嫌な上司の顔を見たくない。 言うことを聞かない部下にイライラする。 仕事の内容は自分で決められない.。 もうサラリーマンなんて嫌だ。 そして独立したことがある。 男一匹、30代半ばの船出。 炭火の焼き物が売りの居酒屋だ。 結果、全然お客さんが入らない。 独立前は 嫌な上司言うことのきかない部下理不尽な仕事内容 から解放される自由な面ばかりが目に入っていた。 なのに、なのに、なのに・・・・あかん、サラリーマン [続きを読む]
  • どうして私を見てくれないの?だってあなたも見てないでしょ?
  • こんなに頑張っているのにこんなに実績があるのに どうして、評価されないの?どうして、報われないの? 先に答えを書く。 それは自分の頑張りしか見えていないからだ。※組織の中での話である。 がんばっていたら、そのうちだれかが見てくれる。 それはそうだが、そのうちがいつになるやら。 私は営業の会社で表彰されたことがある。 当時80名ほどだろうか? その中でトップを取った。 これで、今よりも難しい仕事。責任のあ [続きを読む]
  • 本格的に事を進める前にジャブを打つ
  • 「次から次に新しい取り組みをしてくる」「一体、何を考えているんだろう?」「新しいことばかり考えて結局、企画倒れになる」 最近、うちの会社でよく耳にする同僚の愚痴だ。 私もそう思う。棚卸のやり方を変えて見たり、なにかと振り回されている。 でも、会社は生き残りに必死なんだろう。 うちの地域では、新しいスーパーが乱立して完全にオーバーストア状態だ。 安さだけではもう生き残れない。 なので、いろいろと企画を立て [続きを読む]
  • 勝手に上司の仕事に手を出す人を黙認すると統制が取れなくなる。
  • おい、何を出しゃばっているんだ? そこは、あんたの出る幕ではない。 しかし、怒りたくてもなぜだか怒れない。 そんなもやもやした苛立ちを覚えたことはないだろうか? 人にはそれぞれ立場がある 社長、専務、上司、店長、その下の社員、その下の準社員、アルバイトリーダー、アルバイト、パートさん 会社は横並びではない。今日は、店長の仕事をしようかな?やっぱり専務の仕事をしようかな?そんなことが許されるわけはない。 [続きを読む]
  • 初々しさで勝負が出来るのは一瞬だけである。
  • 「あの人、いいキャラをしているよな」と思うことがある。 そんな時は、やっぱりキャラって大事だなって思う。キャラ次第で好かれもするし、嫌われもする。 自分で商売をするにしても、キャラで集客をしている人はいる。 私の知り合いの小さな居酒屋のマスターもそうだ。料理もそこそこ美味しいが、それだけではない。かなり面白い、陽気で人を引き付けるおっさんだ。 キャラ次第で成功もできる。 上手く行くものだと思ってしまう [続きを読む]
  • 好調の時は言いたいことを受け入れてもらいやすい。
  • うちの店が絶好調の時期に上司が見に来た。上司は売り場を見て・・・ 「何が原因なのかさっぱり分からない」 「どう見ても、ただ勢いだけで調子がいいとしか思えない」 と不思議がった。 分からないだと?それでも上司か? と思ったが、そこは突っ込まないで置いた。 もちろん、私たちにも、「どうしてこんなに好調なの?」と問われたが 具体的には答えられなかった。「一生懸命がんばっています」程度しか言っていない。 自分た [続きを読む]
  • その人のいいところを評価した上で注意をする
  • あなたはこんなことでイラっと来たことはないだろうか? 山のような仕事を抱えている。 それなのに、誰も褒めてくれない。 しかし、たまにミスをすると、 「それみたことか」と突っ込んでくる。 まるで鬼の首を取ったかの如くだ。 理不尽だ。 今日はそんな話。 うちの店には、自分の担当しているところを時間をかけて完璧にしようとするアルバイトのこだわり君と、自分の担当しているところは、そこそこの仕上りで抑えて、今一番 [続きを読む]
  • あの頃の気持ちをもう一度取り戻せないだろうか?
  • 世の中で仕事ほど面白いものはないと思う人がいる。その逆に仕事ほど辛いものはないと思う人もいる。 この差は何だろう? ちなみに私は、食品スーパーの店員をしているが、 面白いとは思っていない。 お金のために仕事をしている。 それでも、楽しいことを探る努力はしているが、いまいちだ。 むしろ、今、この瞬間、パソコンの前でブログを書いているときの方がハッピーだ。 イヤッホー。 そんな私ではあるが過去には、仕事が一番 [続きを読む]
  • 「実はこんなスタート地点もあるよ」と親切に教えてはもらえない
  • あなたが、望んでいること。 ああなりたい。こうなりたい。 そこへ行くまでの過程。 それは、もちろん大事だがスタート地点も大事だ。 スタート地点はどうであれ己の才覚で這い上がる。 そんな立身出世の物語は心が躍る。 しかし、あなたが最終的に何になりたいのか? それが明確ならば、スタート地点を安易に考えてはならない。 成功に近づくには頭で考えるよりも行動とはよく聞く話だが、 ここだけはじっくりと考えた方がいい。 [続きを読む]