どんぐり太郎とくるみママ さん プロフィール

  •  
どんぐり太郎とくるみママさん: ど素人の軽井沢ライフ奮戦記
ハンドル名どんぐり太郎とくるみママ さん
ブログタイトルど素人の軽井沢ライフ奮戦記
ブログURLhttp://oiwakedoggies.hatenablog.com/
サイト紹介文一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。
自由文ドタバタ夫婦が繰り広げる軽井沢での週末ライフ。割と軽井沢通の夫と、まるで素人な妻。でも夫の情報は旧くて役立たず。かえって妻の新鮮な情報の方が核だったりもします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/11/22 10:13

どんぐり太郎とくるみママ さんのブログ記事

  • トキメククルマ
  • 嫌よ嫌よも好きのうち。どんぐり太郎です。どんぐり太郎のクルマ嫌いについてはこちらで何十回とご説明申し上げてきたでありますが、早い話、運転が面倒なのであります。世間の多くの男子も当家のくるみママも運転そのものに歓びを感じるというのでありますが、何が面白いのかさっぱり理解できず。どんぐり太郎としては苦役以外の何ものでもないのでありまして、完全自動運転の時代が訪れることを心待ちにしております次第。が [続きを読む]
  • 犬の表情
  • 妻に対しては犬より忠良などんぐり太郎です。あるときウタマロが妙に悲しげな顔でどんぐり太郎を見上げておりまして。早めの夕飯の催促であります。まだ5時でありますよ。しかしこういう顔をされると弱いでありますね。ついつい甘くなってしまうところでありますが、、どうもこの目の上の毛が怪しいでありますよ。どれどれ、直してみたら、、なるほどこういうことでありましたか。右が直す前で左が直した後。もう騙さ [続きを読む]
  • ムササビの森
  • 鼯の天敵は梟や貂。そんなの読めないどんぐり太郎です。軽井沢の「野鳥の森」は「ムササビの森」でも知られておりまして。こんな標識を見かけるでありますが、決して人の目の前を軽いノリで飛んでいくような生き物ではないのであります。ネズミに羽がついたイメージがあるでありますが、分類上は「飛ぶリス」という位置付けでありまして、英語ではa flying squirrel。そのムササビウォッチングのツアーに参加いたしましたのが [続きを読む]
  • 今年の漢字と来年の漢字予想
  • 手書きだとよく漢字を忘れてスマホで辞書をひくどんぐり太郎です。毎年この時期に発表されております今年の漢字でありますが、今回は「災」でありました。豪雨あり、台風あり、地震ありの年でありましたゆえ致し方ないとは思うのでありますが、どんぐり太郎の予想は「平」でありまして。「平」昌五輪、「平」壌情勢の変化、そして去りゆく「平」成とくれば「平」以外ないと思ったのでありますが、さすがに災害に見舞われた方々に [続きを読む]
  • うまか水炊き(風)
  • 「片付ける」を「なおす」と言ったら九州人。どんぐり太郎です。いつぞや福岡にまいりました折に当地の「水炊き」が絶品でありまして、これを何とかこちらでも楽しめないものかと探しておりましたところ、伊勢丹三越がPBでこんな鍋つゆを販売しておりまして。クイーンズ伊勢丹で見つけたでありますが、販売元が販売元だけに期待値が高いであります。鍋と申しまするのは素材の切り方から始まりまして、火にかける順序とタイミ [続きを読む]
  • くれしづき続報
  • 危険な所へは何度でも行きたいどんぐり太郎です。いまどんぐるみ家のブームは濃厚白湯ラーメンでありますが、先日もご紹介した佐久市役所近くの買っくれしづき」は濃厚白湯からあっさりスープまで多彩なラーメンを提供しているであります。前回は回避したでありますが、今回は満を持してあの天敵「鹿」を退治に来たでありますよ。こちら、くるみママが意を決してたのんだ「鹿白湯」。鹿肉が載っているだけではありませぬぞ。 [続きを読む]
  • 南山リニューアル
  • は〜♪ は〜♪なむさんだ〜♪トンチンカンチンどんぐり太郎です。コスパ良し、肉良し、料理良し、しかも清潔で全個室。佐久地域の焼肉界をリードする「南山」(NAMSAM)がこのたび、佐久平駅前からきときと寿司のお隣に移転いたしまして。店構えも立派。お祝いの花が溢れておりまする。リニューアルしていっそう清潔感を増した個室。けっこう広いので6人でもいけそうでありますね。注文用のタッチパネルも進化。以前のよ [続きを読む]
  • スカスカの森
  • 散髪に行ったら冬の森のような髪型になったどんぐり太郎です。晩秋から初冬へ向かう頃の追分の森は、中1週空けて訪れると実にドラスティックに変化しているのでありまして。何が変わるかと申しまして、葉っぱがぜんぶ落ちてスカスカになるのでありますね。夏には見えなかった空が見えてくるのであります。このへんなど夏場はぎっしりと葉っぱが埋まっているでありますよ。浅間山の冠雪とか、氷が張るとか、冬の訪れを感 [続きを読む]
  • 落ち葉集めの凄技
  • 凄技をコレクションするのが趣味のどんぐり太郎です。当家のケンズのうち、ウタマロ氏は追分荘から散歩に出ようとすると、最初は意気揚々と飛び出していくものの、数十メートルほど行くとブレーキがかかり、四つ足を踏ん張って帰る帰ると駄々をこねるのであります。それでも強引に何百メートルか引きずってまいりますと、さすがに諦めて従ってくるでありますが、嫌がる犬を引っ張っていくのはあまりに不憫でありまして。そこでい [続きを読む]
  • 羽を伸ばす間もなく
  • デビルウィングをなかなか伸ばせないどんぐり太郎です。くるみママ不在の軽井沢。さて羽を伸ばそうとしてはみたものの、しばらく伸ばしていなかった羽はなかなか伸びないであります。仮に羽を伸ばしてみたところで、伸ばしすぎると今度はくるみママからお仕置きを喰らう危険性もありまして。致し方なく。まずは懸案だった床の磨き上げであります。ここのところ、帰京する際にアイロボット先生に丸投げしておりましたものの、や [続きを読む]
  • 坊蔵は本当にボンクラなのか??
  • ひとりで放置されると旅に出てしまうどんぐり太郎です。くるみママ不在の軽井沢。こういう日のランチは当たりかハズレの大博打をするどんぐり太郎であります。2人で外すよりも被害が半分で済むからであります。今回挑んだのは「軽井沢坊蔵」。ボンクラと読むであります。御代田から追分に登ってくる18号の坂道沿いにある、オレンジの屋根が特徴的すぎて見落とす心配のないお店であります。ネットではスープがぬるいだの味にパ [続きを読む]
  • Have a good time!
  • 「羽根を伸ばす」というのは英語でspread the wingsではなくhave a good timeなのだとか。どんぐり太郎です。11月の3連休は中日にウィーンフィルのコンサートがありましたゆえフル活用できなかったどんぐるみ家でありますが、それゆえどんぐり太郎だけ1日お休みをくっつけて1日早く水曜夜の軽井沢入りになったであります。くるみママは軽井沢からご出勤。久々のプチ旅でありましたものの、くるみママとしてはあまり苦痛でもない [続きを読む]
  • 新しい着火剤の実力
  • 外気が5度を切るとようやく寒いと感じるどんぐり太郎です。さすがに夜の外気が氷点下まで冷え込んでまいりました昨今、週末の軽井沢入りはまず室内を温めるところからのスタートでありまして。とうとう室内10度切りでありますよ。長い冬が始まったであります。まずは床暖をフル回転。階上から石油ストーブを持ってきてもいいのでありますが、今回はあえて薪ストーブ着火に挑みまする。と申しますのも、カインズで買った新し [続きを読む]
  • ザ・ガン
  • いつも組織のガンと呼ばれていた無法者のどんぐり太郎です。佐久のカインズにまいりますと、たいていは2階のパーキングに駐めることになるでありますが、階上からお店に入っていくと、いきなりどんぐり太郎を惑わす悪魔のコーナーがありまして。ガチャであります。ここをまずは眺めてめぼしいものがないか調べて、ほしいものがあったらくるみママにおねだりするであります。おお、ガン。実はどんぐり太郎、もう30年以上もト [続きを読む]
  • 光州園晴山店
  • 好きな食べ物を訊かれたら、焼きそば、焼肉、できればぬるいコーラ込みでと答えているどんぐり太郎です。どんぐるみ家では、どうも元気が足りないと感じると焼肉を食べにいくのが習わしであります。先般も週末に軽井沢で二人ともなんだか疲れて夕飯の支度をする気にもなれず、目を見合わせて以心伝心、土曜日の夕飯は焼肉に決定した次第。ただ、いったいどういうことでありましょうか、いつもの焼肉店はどこもかしこも一杯だっ [続きを読む]
  • おぎのや監修!?
  • 太っ腹なケチ、どんぐり太郎です。最近、軽井沢のローソンでこんなの見つけてまいりまして。おぎのや監修、おにぎりセットであります。南軽井沢交差点のローソンであります。普通のおにぎりと、釜飯風の鳥ごぼう飯のおにぎり、それに釜飯の具のようなものが入っておりまして。これで税込380円というのは、今や1000円に到達した釜飯のことを思えばかなりお買い得感ありかと。もとよりおぎのやの峠の釜飯はどんぐるみ夫婦には [続きを読む]
  • 危険過ぎる習慣性白湯
  • 天敵は鹿。どんぐり太郎です。佐久市にいったい何軒のラーメン店があるのか定かではありませぬが、もうそろそろネタ切れだろうと高を括っておりました矢先、こんなジミーな感じのお店に行き当たったであります。こちらは佐久市役所にほど近い中込の「くれしづき」。ナビで行っても見落としてしまうほど目立たない店構えでありました。と、カウンターに座るやこんなものが。鹿!我が天敵。崖から石を落とすわ、いきなり道に飛 [続きを読む]
  • 本物のウインナ・ワルツを堪能
  • 時おり歩き方がワルツやポルカになるどんぐり太郎です。この三連休は土曜日には早々に軽井沢をあとにいたしまして。天気も良くて非常に残念ではありましたものの、これは逃せないでありますゆえ。かのウィーンフィルのコンサートでありますよ。めったに聴けるものではありませぬ。フランツ・ウェルザー=メスト指揮。そういえばこの指揮者、たまたまどんぐり太郎は2003年12月にNYのカーネギーホールでクリーブランドのオケを振 [続きを読む]
  • 映画のあとの山師
  • ゲーセンの山師、どんぐり太郎です。先日、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た帰り、頭の中では『We Are the Champions』が鳴り続けているなか、やはり寄ってしまったのがこちらでありました。佐久のアムシネマにはゲーセンが併設されておりまして、この悪質な誘惑を素通りできないようになっているのであります。くるみママに何度も両替に走ってもらいつつ、最初のチャレンジは、こちら、この忌まわしきクマ野郎でありま [続きを読む]
  • 寒ブリ宮殿
  • 魚屋の♪おっさんが♪屁をこいた♪ブリ。「あのねのね」はお元気でしょうか。どんぐり太郎です。今や入軽のセレモニーと化しておりますところの居酒屋タイムでありますが、またまたこちらで旬のお味を。今宵は鰤。生と炙りのお造りであります。ぷりっぷりの身は歯ごたえ最高でありまして、また脂ののり具合も格別。これが一皿1000円少々でいただけるのが信州標準。こちらは鶏のふり袖なる希少部位と、どんぐるみ家定番の豚バ [続きを読む]
  • 石油のパワーを試す
  • チコちゃんに叱られっぱなしのどんぐり太郎です。前回の軽井沢入り。そろそろ冷え込みも本格化してまいりまして。少し見にくい写真でありますが、午後10時過ぎで室内は12.8度。うすら寒いという気温であります。今回はこないだ買ったハイパワーの石油ファンヒーターの実力を試してみることに。24度設定にして、さてどんなもんでありましょうか。何しろ薪ストーブというのは釜が温まるまでにけっこうな時間を要するのであり [続きを読む]
  • 悪魔のおにぎり
  • 悪魔の誘惑には天使を蹴飛ばしてでも乗っておくべきと考えるどんぐり太郎です。ローソンといえば、どんぐるみ家が二度と買わないと固く誓ったコーヒーのまずさで知られておりまするが、やる時はやってくれるであります。こちら、ローソンが10月16日に発売した「悪魔のおにぎり」(税込110円)であります。発売から13日間で265万個を販売。同社でこれまで不動の売上1位だった「シーチキンマヨネーズ」(税込116円)を単日ベース [続きを読む]
  • 定番CD2枚
  • 海老シャリだシャリだ♪海老追う追う♪らっしゃーい♪『イエスタデイ・ワンス・モア』のサビがそう聞こえることもあるどんぐり太郎です。どんぐるみ家にはクルマ用の定番CDが2枚ありまして。どちらも軽井沢からの帰りに佐久PAで買ったものでありますが、何をかけようか迷った時にかけるのがこの2枚であります。と申しますか、そもそもクルマでCDがかけられることをすっかり忘れておりましたどんぐるみ夫婦。よくよく見ればコンソ [続きを読む]
  • 御代田の謎
  • 晴れて軽井沢ブログらしく。どんぐり太郎です。追分に庵を構えておりますとやはり御代田が至近でありますゆえ、例のごとく雪窓公園などを散策することもしばしば。軽井沢の中心方面からはずいぶん足が遠のいている気がいたしまする。さてその御代田でありますが、いろいろと謎がございまして。こちら、雪窓公園に隣接する施設なのでありますが、「B&G海洋センター」とありまして。海洋とはこれいかに。プールがあるのは何と [続きを読む]
  • 仲秋の佐渡紀行(5)〜島の絶品グルメ特集と総括
  • どこへ行ってもご当地ラーメン三昧。どんぐり太郎です。仲秋の佐渡紀行もいよいよ最終回となりまして。最後は佐渡の穴場グルメを一気にご紹介であります。わかりにくすぎるその所在ラーメン処と言われている場所ならいざ知らず、まさか佐渡にご当地ラーメンなど誰も求めてはこないはずでありますが、必ずその地に根付いた伝統のラーメンがあるというのはどんぐり太郎の確固たる経験値でありまして、やはり佐渡の地でもそれ [続きを読む]