おまかせ工房 さん プロフィール

  •  
おまかせ工房さん: おまかせ工房店長ブログ
ハンドル名おまかせ工房 さん
ブログタイトルおまかせ工房店長ブログ
ブログURLhttp://omakasefactory.hatenablog.com/
サイト紹介文おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/11/22 12:51

おまかせ工房 さんのブログ記事

  • 上敷き茣蓙で角柱、間柱、タンス、テレビの位置を切り取りたい
  • 縦、横、斜め、切れる上敷き フローリング対応の唯一の上敷きござ普通の上敷きでも縦横の切り取りはできるんだけど、「斜め」ができないから斜め切りがある場合には「自由に切れる上敷き」以外使うと藺草がバラバラになってしまうからしないでね。一箇所だけ切り込みを入れたいってことはよくあって角柱が多いと思う。ときにはタンスの場所だけ外して敷きたいときもあるだろうし、壁の途中に間柱が出ている部屋もあるよね、あれこ [続きを読む]
  • 神鏡の意味 金幣芯の意味 ふたつ揃わす意味がある
  • 神道ではお馴染みの置き方 神棚でもじわじわきている神社などへ出かけると見かける神具の置き方かもしれないけどね、神棚ではまだまだ普及自体は少ないんだけど、おまかせ工房ではかなり以前からブログを通じてこの置き方の紹介をしているから、じわじわきている感じを受ける。金幣芯と神鏡の組み合わせで選んでくれる人たちがいるからね。大きさの組み合わせもあれば神鏡の種類もあって、何通りかやり方があるんだけど、適合サイ [続きを読む]
  • 昇れ昇れグイグイ昇れ 竜彫神鏡の魅力は漢にはよくわかる
  • 出る杭になる 人がやらなきゃ俺がやる人のやらないことをするのはチャンスを掴む突破口、その後の乱高下は覚悟の内、波風の立たない場所など興味なし、先人切って前へ前へ、、、と男の中の男、つまり漢。こういう姿は野武士のような男性ホルモンむんむんを想像しがちなんだけど、実際はひょろひょろした人が実行する、世の中は逆を行くもんさ。バカになれ、なんてことを言われたことがある人もいるかもしれないけど、おそらくそう [続きを読む]
  • 上敷き茣蓙の躓き対策、鋲抜け対策、サイズ変更、角落とし、中抜き
  • 自宅でできる その場でできる 上敷きのサイズ変更 縁修理目の上のたんこぶという言葉があるんだけど、どうしても気になって気になってしかたがない物事ってあるわけだ、もう、生活の中にはそんなもんばかりかもしれない。画像のようにい草上敷きを折り曲げたり、めくり上げていたりして敷いていたのであれば、その部分をカットしてヘリを付けられて直せるという補修用ヘリテープのご紹介です。壁側でも切っておくほうがいいし、 [続きを読む]
  • 尾州桧で作る箱宮神殿シリーズ 幅1尺6寸の三社の神棚
  • 神棚を取り付ける前の外箱だけもあります外箱だけを利用する場合には小さな神棚や木札、御神体などをダイレクトに入れておきたいときに使う機会があるんだと思う、扉の中には収まりきれないような大きなものだね。この箱宮神殿シリーズは一社と三社と五社があります。一社は一尺幅(10号)、三社は一尺六寸幅(16号)、二尺幅(20号)、五社は二尺七寸幅(27号)という具合で作っていて、どれも尾州檜バージョンの上品仕様。基本 [続きを読む]
  • 大型の箱型神棚の祭り例 大型でも小さな神具のフルセットを入れられる
  • 定番三社 ガラス箱宮20号三社を作った神具の配置例どの神具を使うのかによって祭り方も違うし大きさ選びも違うんだけど、おまかせ工房の極小神具一式セットから雲水彫神鏡を軸にしたフルセットを幅60cmほどの箱宮に収めてみたときの参考例です。幅2尺って20号のことなんだけど大型です。これ以上大きな箱宮にしたいときには、小型用神殿ケースもしくは中型用神殿ケースを使ってください。さて、話を戻して、大型なんだけど神具 [続きを読む]
  • もっと気楽に もっと気軽に 鎮物を自分で埋めてみよう
  • 気が向いたときに埋めておくといい 鎮物 (しずめもの)家を建てる機会は生涯ないだろう、地鎮祭などしないと思う、話では聞いていたけど機会があればやってみたい、などという人がいれば解決しますよ、難しい話ではないし、個人で埋めておけばいいことです。でも、どうしてもこういう行為をするときには儀式めいた事をしないと気が収まらないというのであれば神社やお寺に依頼をしてください、しっかりやってくれます。とは言うも [続きを読む]
  • 八足台で祀る いつかはやってみたい八脚案の神棚設置台
  • 八足台、八足、八脚案、八脚、案、などいろいろな言い方がありますまず言葉でこんがらがると困るので先に言っておくと、呼称がいくつかあって同じことです、「案」というのは机のことね。おまかせ工房がネット通販を初めて20年目(1999年9月8日〜)が近いんだけど、ここ10年ぐらいかな、個人の人でも使うようになってきて、ちょいちょい作らせてもらっています。主な目的としては神棚の設置、これに尽きるようだね。作る幅も45cmぐ [続きを読む]
  • 神前結婚式をすると授与されることが多い神棚 大々神宮一社
  • 初めての神棚に最適 簡単な神具を並べて完成神前結婚式を行ったことがある人であれば、式の途中で神棚の授与式があった経験を持つ人たちも多いのではないだろうか。神社などで式を挙げる際、こういうことはセレモニー会場として場所を借りることになるから、信仰だとか宗教だとかとは無縁で場所選びをすることもあるよね。そうなると神社で式を挙げるのに、御札の有無を聞かないでそのまま実行するのも変な話、そこで事前に神札は [続きを読む]
  • 専門店のお宮 屋根違いの弥栄 通し屋根の祥雲
  • 定番三社 弥栄屋根違い三社シリーズお宮っていうと社の形をしているものを指すんだけど、家なしでは酷いと思うから普通は神様は社(やしろ)入れておきましょうという言い方をする、立派なものでなくてもいい、大小にこだわらなくてもいい。連れてきたわけでもなし、引っ張ってきたわけでもない、あくまでも神様っていうのは招き入れるものね、ちょっとそこら辺のことがわかるには人生経験がいるのかもしれない。とは言うもの、ご本 [続きを読む]
  • 一枚物で作る細長い上敷きござ 座ったり寝たりできる大人数向け
  • サッと広げてサッとしまえて瞬時に場所を作れます細長い上敷きは8メートル前後、つまり、四畳半相当の面積から作っているんだけど、こういう特殊な形状のものは家庭ではまず使わないし、使える場所が廊下以外にないだろう。ところが広めの場所があってそこへ人が集まって演芸、学芸などを見るときにはやたらと便利ということで使ってもらっている細長い上敷きの紹介です。要するに観客席だね、体育館でも使う。周囲に並べることも [続きを読む]
  • 正面と左右に神前幕を掛けておきたいときには無地を選ぶ
  • 紋付きでコの字囲いをすると紋の位置がズレるいろいろな形の神棚向け棚板があるようだけど、神前幕を掛けている人たちはまだまだ少ないと思う。様々な意味があるんだけど実用的に考えるとホコリ対策になるよね、それと神棚の日焼け防止対策とでも言うのかな、由来としては陣幕です。っで、一般的には正面に掛けておくことが多いけど、左右にも掛けておきたいこともあって、そういうときに紋付きを選んで掛けてしまうと紋の位置が広 [続きを読む]
  • 砂場で座る席を作りたい 園児を一斉に寝かせる場所を作りたい
  • 細長いポリプロピレン敷物を多く使ってもらっていますまず先に伝えておきたいことは、このポリプロピレン敷物はシートではなくて織物だってことです、温泉施設の脱衣場で使われるのはシート状になったものなのでそれではありません。普通は四畳半、六畳、八畳などの規格寸法で使うことが多く、その規格サイズの変形でサイズオーダーで作るのどちらかですが、もう一極として「超ロングの細長い敷物」で使うことがあるんですね。今回 [続きを読む]
  • 生まれ育った国の素材で囲まれる 日本製の魅力 特上御霊舎
  • 包み込まれるような温かさ優しさ 終活のその向こう側にあるもの気がつけば身の回りのものが外国製になっていて、しかもそれは単に粗悪品、安物というお馴染みのレパートリーで受け継ぐものも大切にしていこうと思うものも勢いよく減ってきたっていう話を聞かされた。壊れたら捨てる、引越ごと捨てる、、、まぁ、この程度の物品も気軽でいいんだろう。先日、百均に行ったら毛抜きがパキスタン製で、お!パキスタン製が日本に並ぶの [続きを読む]
  • 垂直と水平に破魔矢を飾りたいとき最適な神前破魔矢差し
  • 破魔矢差しはサイドボード、リビングボードでも使われています普通は垂直でしょうけど、水平に破魔矢を飾りたい人には目から鱗だと思う。画像のように垂直に飾るには説明はいらないけどね、水平ってどういう状態?と思うときには、壁に突き刺さったように飾る状態、をイメージしてくれるとわかりやすい。去年はこっちだったけど今年はあっち、という方角を意識することもあって、どうしても向けたい方向があるときには糸などで吊り [続きを読む]
  • 箱宮神殿はひとつの空間を創りやすい 箱型神棚の祭り方の参考例
  • 代表的な神具を一通り並べたときの配置例箱型の神棚は内部に神具を置くことになるから小さな神具を選んでおけばぴったり。引き出しを使うことあるんだけど、それは常時ではなくて臨時のとき。ただ、榊立てだけは引き出しに置くこともあるし、また、あえて榊立てを置かないこともあるよね、真榊を左右に配置しておけばいいのかもしれない。箱宮の中に榊を生けるときには小さく剪定してから入れないと葉が広がりすぎて覆い隠されてし [続きを読む]
  • 耐久性は抜群 イグサの品質は9ランクで作る強い上敷きござ
  • 部屋の出入りが多い和室に最適な上敷きござイグサっていうのは細長い植物でそれを編んでというか織ってというか重ね束ねるようにしながら経糸を通しつつ一枚の敷物に仕上げていくものなんだけど、織り方っていうものがあって、その織り方の違いで感触、弾力、質感などが違う。上敷きは畳の上に敷く敷物で主に双目織り(もろめおり)で作るのが普通ね、引目織り(ひきめおり)で作ると堅いけど丈夫になる、引目織りっていうのは畳表 [続きを読む]
  • 神様を招き入れるための準備 神具一式セット極小サイズシリーズ
  • 祭りと祀り 招き入れるから祭りになる空気感っていうものを捉えることが日本の社会では必要で、なんとも言葉では表現できないんだけど、家の中にもその空気感というものがあって、思春期のお子さんがいる家庭ではその空気感を読まれてしまうから難しい時期もある。誰もいないところでは空気感が生まれない、あくまでも人が創り出す。人のいないところで感じるのは第六感です。人の集まる家がある、誰も来ない家もある。誰も寄っ [続きを読む]
  • しまい込むのはもったいない お座敷すだれの魅力
  • お座敷すだれは一年中掛けていてもかまわない御簾季節物の取替時期で衣類などは秋物にしている人も多いでしょうけど、秋も冬もかんけいないわ、という人たちもいることは確かでして、ならばどのぐらいの人口が春夏秋冬を感じているのか?と聞かれたら、意外と少ないんじゃないだろうか?と思う節もある。秋は味覚の秋とか言われても、旬の食材を感じるにはスーパーマーケットに食材が多すぎて、季節の食材を言ってみなと言われても [続きを読む]
  • 御札舎本三社は神棚、祖霊舎、御霊舎になります
  • 御札舎本一社の三社バージョン 目立たない祭り方に最適シンプルという言葉を使うべきか、地味という言葉が適切なのか、まぁ、感覚の話は人の数だけモノの見方があるわけなんだけど、目立たせない祭り方をしたい人たちには定評のある御札舎シリーズ、そのシリーズの中で唯一の三社があるから、それを紹介してみよう。神棚です、祖霊舎でも、御霊舎です。と書いてみても何がどう違うのか?という話は使う人が決めてください。ただ [続きを読む]
  • 主に高齢者向け商品 滑り対策 転倒対策 冷たさ対策 施設利用品
  • 浴室の床が冷たいと感じたら滑りづらい素材で作ったバスマットがオススメまだまだ冷気もそれほど感じなくて、でも確実に秋は近づいてきてカレンダーを見ては連休の予定を立てるのが楽しみだという人もいると思う。体が動けば楽しいんだけどね、移動ができるってことは人生のつまらない部分を消してくれるから出歩いたほうがいいよ。だいたい歩けなくなったとなると一気に気分も容姿も歳をとってしまう、なんだかやる気もわいてこな [続きを読む]
  • 明るく祭ろう 集まるところに祭ろう ガラス箱宮神殿シリーズ
  • 人を明るい気持ちにさせる 明るく祭れる神棚雰囲気作りが好きな場合にはどんな感じのものを部屋の中に入れるかよく考えるよね、そのため物のこだわり部分については妥協したくない、譲りたくないってこともあって、一人暮らしであれば文句を言われることないけど、家族で住んでいるときにはどこからともなく小言が飛んできてしまうこともある。自分の部屋を持てない住宅事情がある場合には、物を家に入れるときには家族会議、いや [続きを読む]
  • 適度に神棚に神具を並べて品よく祭ってみよう
  • 破魔矢掛けバーションでスマートに祀る以前、金幣芯と神鏡の位置関係であれこれ書いたことがあって、いろいろなパターンがあるんだけど、やや大きめの金幣芯を階段前に置いて扉の前に神鏡を置くパターンで一枚写真を撮ってみた。ついでに神前破魔矢掛けを使って破魔矢も登場させてみた。セトモノセットを今回は省いてみたんだけど、水などがあると交換することになるから、そういう交換品がない祭り方をする人たちも増えたよね。 [続きを読む]
  • 値段もいいけどモノもいい 三宝・遠山三宝・折敷
  • まともなものを探している人にオススメ 三宝の魅力三宝の世界はピンキリの世界、個人用途で揃えておくには値が良すぎるんじゃないだろうか?と思う三宝を扱うのは従来のお客さんがいるところじゃないと無理です。もっともっと価格の安いものはいくらでもあるし、数を売ったほうが儲かると思うけど、それをしないで良い物だけを揃えているのが専門店の魅力でもある。法人用途だとまともなもんじゃないと使わないから、その辺の品質 [続きを読む]
  • 巡り巡って回帰する経験があるなら日本製の神鏡もいいだろう
  • 雲形神鏡は終着点になりやすいけど初回では選べないかも仕事を通して人の行動がわかるときがあって、どの業界業種でも経験則のようなものがあるよね、店舗を運営していると入店した瞬間にこの人は購入するかしないかがわかったり、年齢性別世代の違いでどういうものを選ぶのかがみえてきたりするんだけど、まぁ、ベテランと言われる人たちが職人芸を持ち合わせている経験者というわけだ。神具の中に神鏡があって、その神鏡にもい [続きを読む]