おまかせ工房 さん プロフィール

  •  
おまかせ工房さん: おまかせ工房店長ブログ
ハンドル名おまかせ工房 さん
ブログタイトルおまかせ工房店長ブログ
ブログURLhttp://omakasefactory.hatenablog.com/
サイト紹介文おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/11/22 12:51

おまかせ工房 さんのブログ記事

  • 神棚の手前に豆八足台を二台使うと趣を変えた祭り方ができる
  • 神前がさらに神前らしくなる 神棚の祭り例豆八足台はとても便利な置台だから一台あると神棚では重宝すると思う、その豆八足台を二台使った祭り例なんだけど多くの場合は幅を揃えたものを使う、しかし、後ろ側に幅広のものを持ってくることもあるから決まりはないから自由にどうぞ。手前側が幅広っていうのは見かけたことがない、バランス的に後ろが大きなほうがいいと思う。神棚がそっけないとシラケてしまうから少しは祭ってお [続きを読む]
  • お得な上敷き 縁固定、品質固定、間取り固定 旅館向けのゴザ
  • 補修用ヘリテープNo.5があればサイズ変更や角落しはできます秋の紅葉シーズンに向けた館内メンテナンスをする時期で9月に入ると夏場のシーズンで傷んだイグサがあれば取り替えるのね、畳表の取替をすると金額がはってしまうから上敷きを使う。旅館にしても民宿にしても8畳間が多くて正方形です、これと言った生活感のある家財がない8畳間は広いわけだ。あ、それと知らない人もいるかもしれないけど、「上敷き」と「花ござ」で [続きを読む]
  • ヒートショックと滑り対策 浴室での「危ない」に使えます
  • 50代からの危険 足の裏からくる冷え 足の裏の滑り素足で生活をする人は少ないと思う、靴下なりスリッパなりを履いているだろう、唯一、素足になる場所は浴室かな。身の回りがまだまだ気になる年代だと石鹸、シャンプーの好みなどに意識が向くんだろうけど、そのうち浴室の周囲が気になるようになる。ここに掴まって、ここに腰掛けて・・・という浴室のパーツ。そのため高齢者世帯では手すりなどを浴室に取り付けることがあるんだ [続きを読む]
  • 箱宮の神棚と外箱がある尾州桧で作る箱宮三社 祭り例と共に
  • 型として昔からあるスタイル あとはどの素材で作るかで差が出る箱型の神棚の中では初期の頃から作っているものなんだけど、似たようなものはあちらこちらで販売されていると思う、作りやすい神棚になる。そのためともかく安く、あっちの店より安く売りたいということで素材がどんどん悪くなってしまって量販店では臨時のセールで投げ売りしているような粗製濫造品もある。型が似ているから同じものと思ってしまうだけです。扉がガ [続きを読む]
  • 狭くて置き場所がないときには吊り下げるように使う木製灯篭がおすすめ
  • プラスティック製より木製のほうがいい 尾州桧で作る灯籠灯籠って神棚で使う人より祖霊舎などで使うことのほうが多くて、置き場所がかなり影響しているんだと思う、神棚だと狭いからね。小さな灯籠になるとプラスティック製のおもちゃのようなものもある、でもそれを使うなら木製灯篭を使ってみてもいいのではないだろうか。雰囲気が一気に変わります。狭い場所で使うとき神棚であれば天井から直接下げるような感じで灯籠を使う [続きを読む]
  • 水米塩をお供えするとき役立つ固定台 やたらと便利です
  • セトモノは落ちないのでそのまま揃えて手で置ける神棚のお供え物の中では最も頻繁に交換する機会がある「水米塩」、これは毎日交換する人もいるはず、水は毎日とかね、他のものは1日と15日だけとか、まぁ、そこら辺は個人差があるけどともかく交換をするものだと思う。そこでその交換、、、一発で終わらせることができたらそれはそれでいいのではないだろうか?仮に、水米塩と3回上げ下げをしないといけなかったことが1回で [続きを読む]
  • 大人になるとやっておきたくなる鎮物の埋納 自分できます
  • 真鍮製七種の本格的な鎮物を手軽に使える時代世代間の差は話し方にとどまらず話の内容にも差があって、深みが増してくる世代になると話の内容が理解しはじめてコアな分野に興味が出てくると思う。というか、少しは何かひとつふたつでも詳しくなっていないと、薄っぺらい話の連続で飽きも早いはず、他人と話をして知らない事を聞くのは良いもんです。だからと言ってやたらと難しい話もこれまた飽きてしまうんですけど・・・。わか [続きを読む]
  • お座敷すだれの保管方法 シーズンが終わったらしまう人向けの話
  • 座敷すだれは一年中使えるから使うのが理想的だけど・・・まだまだ陽気が暑くておまかせ工房のスタッフも半袖で作業をしているんだけど、それでも10月半ばなのでそろそろ一気に寒さがやってくるのかなと思いつつ、秋がなくなったかなと感じているわけです。座敷すだれをしまうタイミングを考える場合には気温より月で判断することが多いみたいで、9月になったらしまう、お彼岸が終わったらとか、その家ごとの決まりごとにしてい [続きを読む]
  • 近々製品化 セトモノ神具の置台 位置が決まって滑らない
  • 豆八足台のサイズで水玉、皿の固定位置で置ける台一体何のことだ? という表題なんだけど、近い内に製品として紹介をしてみたい置台の話、元々は船の中で神棚を祭りたい人たち向けに作っていたもの。要するに「揺れ」で滑ってしまうセトモノ類を滑りづらいするための置台。水玉、皿、平子、榊立を全部はめ込む感じで位置決めしておくと多少の揺れでもズレてこないわけね。でも、それは直接配置する場所が話などをしてわかるから作 [続きを読む]
  • 尾州桧で作る神棚 神明一社の魅力を祭り例と共に
  • 脚元に特徴のある神明シリーズ 神殿様式としては古典的な造り棒のような脚になっているからどこかでみた記憶がある人たちも多いかもしれない、そう、教科書で習ったことがある高床式に似ているよね、小動物が入ってこないように作ってあると教わった人もいるはず。大昔は米蔵はこういう脚にして保管してたそうだね、住居部分はさらに大昔の話だったということを聞いたことがある。今でも文化財など古いものになるとこのような脚の [続きを読む]
  • シンプルに御札を祀っておきたい 御札舎の魅力
  • 御札舎の引き出しは中型と大型のみ 小型は引き出しなし神棚にも様々なデザインがあって、おまかせ工房の神棚は比較的大人しい神棚というか、昔からある形を継承しているものなんだけど、これでもかと彫りばかり入れてある神棚もあれば、むき出しさらけ出し丸出しで祀ってしまう神棚もある、いろいろだ。今回はシンプル神棚というか、柾目で作るお札入れとでも言うべきか、箱型の神札入れはゴテゴテ大嫌いという人向けかもしれない [続きを読む]
  • 神棚の近くに破魔矢を置きたい飾りたい 神前破魔矢シリーズ
  • 破魔矢は一本ではなく複数本持っている人が増えてきましたリビングに一本置いて玄関に一本って感じで一本のみならず何本か家にあるよってこともある破魔矢、魅せ方ひとつでメラメラしてくる機能美のある飾り物と捉えると飾れる場所が飛躍的に増える。今回は神前、特に神棚周りで綺麗に見えるように飾ってみてはどうだろうか? という内容です。個人的には横向きであれば棚板の幅以内で破魔矢を選んでおくと見た目がいいのではな [続きを読む]
  • 地味な不快感 ゴザを折り曲げている これは切って直せます
  • 不快だけじゃない 危ないから折り曲げ状態は避けるべき上敷きござを大きさが合っていないということで折り曲げて敷いている家庭は多いはずなんだけど、これは引っかかって抜けると怖いから避けておきましょう。壁側だから大丈夫ということならそれ以上のことは言えないけどさ。ただ、和室の場合は四方の四隅にヘリがしっかりあったほうが綺麗に見えるのも事実だよね、角を落していたりしてもヘリがあったほうが綺麗。タンスの前に [続きを読む]
  • 神棚をケースに入れておきたい そのまま壁掛けにもできます
  • 棚板が不要になりますがあえて棚板の上で使うこともあります神棚の祭り方も多種多様になってきて、個性がキラリと光る一面も多々見てきて思い思いの祭り方を楽しんでいるわけだ。初めて神棚を選ぶ人もまだまだ多くて、最初は清掃などもよくるのはわかるんだけど、次第にホコリがかぶってくる、、、のもよくわかる。誰でもそうだ、とまでは言わないけど最初の頃は気になるからさ、頻繁に手を加えるから常にベストな状態、まぁ、これ [続きを読む]
  • 使ってみると便利な豆八足台 神棚を明るくさせる真榊
  • 只今 木彫り雲「桧」の無料サービス期間中 ものすごくお得珍しい神具の組み合わせだと思うけどこの2種類はあってもいいかなと思う神具でもある、豆八足台はよく使う便利な置台、そして、真榊は神前を明るくするから置いてみるといいのではないだろうか。神具セットに限って木彫り雲「桧」の無料サービス期間中だから、バラで揃えるならこういう機会にセットで揃えてみるのもいいと思う、必要十分な量で木彫り雲は作ってあるから [続きを読む]
  • 困った! 和室が雨漏り 濡れたイグサは即乾かす事 
  • い草のシミは消えません でも放っておかなければ大丈夫今年は天変地異が激しくて全国的に参ってしまうんだけど、雨の日の困りごとに「雨漏り」がある、どこが原因なのかわからないことが多いから困るわけだ、屋根なら屋根全体を見直さないといけないし、塗装なら家全体を塗装する必要も出てきたりしてね。明らかに見える亀裂や損傷箇所であれば費用もかけやすいけど、こんな小さな穴を塞ぐために何十万円、何百万円かかると思うと [続きを読む]
  • 長尺スタイルで作る組立式八足台 利点が多いので神棚設置台に最適
  • 高さ90cm超えの八足台は強度のある組立式で作りますなかなかこういうものを知る機会がないと思うんだけど、おまかせ工房が通販を始めてそろそろ20周年、ネット通販がまだまだ知られていない段階だったかな。数多くのお客さんたちに出荷をしてきて、でも、こういうものはテレビなどで話題になるようなものではないと思うから、まともなものを探している場合にはまともなものを販売しているところで買うよね、バチモン掴まされたりし [続きを読む]
  • 台風でも飛ばされないランピングで守る 透明ラップの使い方
  • 巻きつける 地味に効果がデカイ 安上がりで何度も使える凄い台風24号でしたがここまでの暴風は経験したことがないかもしれない、ちょうど夜中に通過することもあって、寝耳に風音、全然寝られません、周囲はどうかな?と思い外をみると電気の付いた部屋が多数でどこの家でも同じです。ついでに停電まで起きていて倒れた樹木が電線を切断してしまうのかな。おまかせ工房の作業場では停電になっても発電機が稼働する仕組みになっ [続きを読む]
  • おまかせ工房 天星箱宮1型三社16号サイズの祭り例 Youtube動画付き
  • 巴紋が付いたガラス箱宮 紋所としては意味が広い巴紋ってどんな意味? と聞かれると困るぐらい意味が広がっていて、いろいろなところで見かけるんだけど、武家の紋所でもあるし、神でも仏でも使うし、渦や水に見立てて水関連の祈願でも使うし、勾玉に見立てて陰陽五行の説では必ず登場してくるし、日本のみならず周辺国でもこれはある、日本に伝わったのだから相当昔からあるんだろう・・・もうわけがわからないぐらい有名な紋。 [続きを読む]
  • サイズ変更も楽 さらにお買い得 旅館向けの上敷きござ
  • 江戸間と本間サイズだけです サイズオーダーは補修用ヘリテープで可能おまかせ工房のござで唯一サイズオーダーに「非対応」のシリーズとして限定品のゴザがあるんだけど、業務用の利用者向けのラインで作るシリーズ。ともかく江戸間寸法、本間寸法、この2つの寸法だけ作っているのがコレ。実際のところ家庭の間取寸法で合うこともあれば、ちょっと大きい場合もあるはず、もし、そんなときには補修用ヘリテープを使ってサイズを調 [続きを読む]
  • 冷えてくると売れだしてそのまま一年中使ってしまうバスマット
  • 浴室やトイレ、床で使う業務用の商品だけど個人宅でも便利なマットちょっと朝冷がしてきてでも昼間は適度な気温で心地が良い、まさに最高にシーズンはとても短いので、冬支度を始めてしまった家庭もあるのではないだろうか。日本のお風呂場も今ではユニットタイプが増えてきて、ワンボックスみたいな簡単な作りで即完成というマンションに多いらしいけど、快適と言えば快適なのかな。少し前だと細かいタイルで床に敷き詰めていたり [続きを読む]
  • 業務用神具というか職業で使う人たち向けの特上神具 三宝
  • 三宝と折敷は神具の中ではピンキリが激しい三宝と折敷の違いは台座のあるなし、単にお盆のようなものが折敷(おしき)と言われるんだけど、このジャンルは神具としてはピンキリの幅が大きい。というのも用途がいろいろあってそれらに合わせたのかもしれない、今では専門店、量販店、ホームセンター、ティスカウント店などいろいろなところで見かけるよね。個人的には三宝は綺麗な状態で使いたいからヤケてきたら交換している、蛍光 [続きを読む]
  • 定番三社 唐戸で通し屋根 典型的な神殿様式の比率の神棚
  • 二台目の神棚としてステップアップしてもいいだろう今、神棚で一番多く売れているのは量産タイプのもので、通販だとどうしても上位表示、レビューの多いものなどが売れるそうだ。物作りをしている側からすれば大量生産品はかなりガッカリしてしまう、いくら安く売れるからってこれは無いんじゃないの?という作り方をしている、最も大きな違いは素材そのものなんだけど、その素材の切り出し方ひとつとってもまるでポリシーがない、 [続きを読む]
  • 箱宮と棚板で使うことが多い簡易版の神前御簾
  • サイズオーダーでも作れますが規格寸法でほぼ合うはずまず祖霊舎、神道祭壇で使う場合にはこれを使いませんので祖霊舎用御簾を使ってください、そして、これは神前御簾 仏前御簾にもなりません、神輿、山車でも使いません、あくまでも神棚向けの御簾です、箱宮の場合には箱の内側に取り付けるのが一般的です、外側ではなく内側、そのため内寸通りである必要はなく左右の枠があるので若干短めになるかと思います。棚板で祭っている [続きを読む]
  • 屋外で食う寝る遊ぶが心地良いシーズン 業務用PPござの出番ですよ
  • 和室でも体育館でも使えますが屋外で使えるから使ってみて二回連続の三連休も今日で終わりと思えば、再来週も三連休で遊ぶにもお金が必要という場合には自宅の財務省のオカンムリもやむを得ない。終わってみたらかなりの金額を使ってみて、これなら古びた家財でも取り替えたほうが・・・ということもあるだろうけど、消えてなくなるサービスなどは残りませんので考え方を変えてみるしかない。自宅に駐車スペースほどの広さが空いて [続きを読む]