おまかせ工房 さん プロフィール

  •  
おまかせ工房さん: おまかせ工房店長ブログ
ハンドル名おまかせ工房 さん
ブログタイトルおまかせ工房店長ブログ
ブログURLhttp://omakasefactory.hatenablog.com/
サイト紹介文おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/11/22 12:51

おまかせ工房 さんのブログ記事

  • 尾州桧で作る神棚 出雲神殿三社 大型サイズの祭り例
  • 神鏡サイズ2寸を軸にまとめてみました 使うなら日本製神具がおすすめ横幅が2尺5寸相当(約75cm)なので大型の神棚になりますが、高さ寸法を低めにしてあるのでそれほど大きく見えないかもしれない、もう少し上にあげておきたい、高さの制約があって一般的な神棚では入らないというとき最適かもしれない。というより、出雲神殿シリーズは形の比率がカッコイイと言われるので、そのデザインから惚れ込む人も多いんです。それと素 [続きを読む]
  • ござの大きさを変えてみよう 形を変えてみよう 補修用ヘリテープ
  • 専用品の修繕ヘリ これがあればいろいろなことができる目的はいろいろだから図にまとめてみたんだけど、きっとこの図の中に自分がこれからやりたいことがあるかと思う、先に言っておきたいこととして普通の上敷きで「斜め切り」はできませんので、そのときには「自由に切れる上敷き」を使ってね。間落しなどは気になる部分だと思う、ちょっと切りたいんだけど柱に引っかかっている状態、多くの場合はここに鋲をたくさん挿して固 [続きを読む]
  • 脚光を浴びることがない地味で実用的なバスマット、トイレマット
  • 話題にもならないかもしれないけど現場ではよく使われる業務用製品仕事道具ってその関係者しか話題にしないこともあるし、無関係の人に話してもお互い面白くもなんともないわけで、プロの使う道具というのはどことなく地味ででも骨太感があってその魅力に取り憑かれている人もいると思うな。機械ものだとパワーもある、連続で使い続けるにはいいよね。ただ、価格もいい、その故、代用品で民生品に手を出して案の定壊れてしまう、こ [続きを読む]
  • 神棚の扉を開けておくときにはよく使う 扉御簾の必要性
  • すだれの取り付けは至って簡単 普通はこの3サイズから選びます神棚の扉は開けておくのか? 閉めておくのか? という話は結論から言うと、お好きなように、ということになるんだけど、基本としては閉めておく。開けたいときには開けておけばいいし、閉めておきたいなら閉めておけばいい、無理強いはしないもんさ、ただ、神棚の製作現場から言うと、一部の神棚は閉めておくことを前提に作ってあるものもあって、扉と高欄の距離が [続きを読む]
  • 地味で暗かった神棚周りを一気に明るくする不思議な神具 真榊の魅力
  • 神前に彩りを加えて華やかにしてみよう真榊というのは事ある時期になると首相が真榊料や玉串料を奉納したとかいう話で聞く人もいるかもしれないけど、玉串ってわかりやすいかわりに真榊ってわかりにくい。なんだろうね? そもそも漢字として読めないこともある。神具としての真榊というのは本殿の左右にあるから、拝殿内部を覗いてみるといいでしょう、お賽銭箱のところからだとちょっと見えないことも多いよ。二台で一組です、 [続きを読む]
  • 和室の鴨居に掛けるための専用金具 押掛長押
  • 馴染みがないと名称も使い方もわからない特殊な金具まず近年の住宅では和室というものがない家も増えてきて、鴨居ってなんですか? ということも言われることがあるんだけど、洋間だと上枠はあっても鴨居はないわけで、マンションだと全室洋間ということもあるから、その存在を知らない人たちも増えてきたのは否めないよね。鴨居の上に装飾を施すことがあって、要するに欄間と言われる部分ね、そんな部分に彫刻をするような家は大 [続きを読む]
  • 寄せ付けないという考え方 金幣芯を使おう 日本製版
  • 戦い方 跳ね除け方 避け方 向かい方にもいろいろある経験不足の人の物事の考え方よりあれやって失敗、これやって失敗、その中から成功がちらほらあるっていう人の話の方が面白い経験はないだろうか。失敗経験がなくてもいい、なにも苦労をしなくてもいい、でも何かいろいろなことをやってきた人の話は展開が広がって面白いことがあるはず、今の時代は殺し合いの戦いなんてそうあるわけではないけど違う意味での戦いは生活をして [続きを読む]
  • 自分の場所をガッチリ確保できる半畳のゴザ 一畳のゴザの製作
  • 一畳や半畳はほとんどが業務用ですが個人でも実用的なサイズです業務用使用として作る機会のある一畳敷き・半畳敷きは家庭の中では見かけないと思うんだけど、主にお寺と会席のある飲食店向けかな。ここで言う一畳敷きっていうのは寝ござではないからさ、寝ござは寝ござとして作ったものじゃないと心地良くないと思う、い草も違うし織り方だって違う。半畳敷きの方が需要としてはあって、お寺で使うなら座禅のとき、それから檀家さ [続きを読む]
  • 神棚を入れておきたいときに使うガラスケース 小型サイズ向け
  • 造形物、木札、御神体などを直に置きたいときでも使います一ヶ月間ぐらい完売状態だった小型サイズ向けの神棚ケースが出来上がったから早速紹介をしてみようと思います、なお、待っていてもらった人たちの分は全て昨日出荷をしてあります。こちらとしてもどういう理由なのかわからないんだけど、突如として売れてしまうことがある、だいたいこのぐらいあれば次の生産までの期間はこのぐらいかな、、、と見込みをするわけなんだけど [続きを読む]
  • 埋めておくかな 鎮物 やっておくか そんな感じでいいかもしれない
  • 個人でできるから気が向いたとき埋めておこう鎮物は個人の行事でできる時代だから気が向いたときにやっておけばいいのさ、なかなか地鎮祭など誰もができることじゃないね。コレを全く知らない人もいるかと思う、やり方としては埋める、土の中に埋める、ただそれだけのことだ。それだけのことを祭事となるとなかなか経験できないものになってしまう、そりゃそうだ、家などそうそう建てるもんじゃない。自分でするからいいんです、い [続きを読む]
  • 二本の破魔矢を神前に置く 二段式の破魔矢置き
  • 兄弟、姉妹、夫婦、親子・・・などでもいいだろうなんでもありです、置き方に決まりなし、、、ということで一本だけではなく、二本の破魔矢を持っているときまとめて置ける破魔矢置きのご紹介、類似品に二段式破魔矢掛けがあります。神棚の手前に置けるように桧製で作ってある、オールヒノキ。破魔矢は一本の場合がほとんどだと思うけど、家族の中で何本かになったりすることもあるだろうし、訪れた神社で違う破魔矢を入手したなん [続きを読む]
  • ガラスケース入りの神棚で一番小型の筋幕聖神殿小型サイズ
  • 奥行きはキープしているから神具がしっかり入れられる小型と言ってもいろいろあって、縦横奥行きまで全てが小さくなってしまうと使いづらいことが多いのが神棚の世界、特に奥行きについてはなさすぎるといろいろ後で困ることがある。シンプルという名の下、端折りすぎてしまうとシンプルが無形に近づいてしまう、あれもいらない、これもいらないとシンプルを間違えてしまう。あまり飾り立てていないガラス宮のご紹介です。薄い神 [続きを読む]
  • 油まみれになりがちな厨房でも使いやすい神棚 御札舎本一社
  • 扉付きの箱型の御札入れ 壁に掛けることもできます業務用品ファンというコアな趣味を持った人たちがいて、まぁ、あの強靭さ、力強さなど男目線ならなんとなく伝わりそうなもんだと思う、アレです、あの雰囲気。どんな業界でも業務で使うものと家庭で使うもので大きく違うことがあるよね、冷蔵庫ひとつとってもまるで違う、もっとも値段も違うけどさ。厨房用品好きになると家庭のキッチンが厨房になってますね、これも言葉の意味は [続きを読む]
  • 上に人がいる場所に神棚を設置しているなら貼っておいて 雲の板
  • 見上げて「雲」と読めるように貼る 人から見えても見えなくてもよし自分で紙に雲と書いて貼っておいてもいいし、人が作ったものの中から選んでもいいし、いろいろなものが出回っているようだけど、ネット通販で初めて知ったという人が多いかな。盛り塩、雲・・・この2つはネット通販でそのための道具などを手にした人が多いはずなんだけどどうだろうか、盛塩器に至ってはダントツで広まったのではないでしょうか。塩を三角錐にし [続きを読む]
  • 良い三宝を探してる人にはすこぶる評判のいいシリーズ
  • 三宝 遠山三宝 折敷 木曽桧バージョン木曽桧で作る三宝はかなり良い部類の三宝になると思う、ヒノキと一言でいってみてもいろいろあるし、使う場所で価格がまるっきり違う。こういう神具は建材のヒノキでは作りません、超一流のヒノキの家で使うヒノキでも作りません、表で使う素材、裏で使う素材は違うから、神具は表で使う素材だね。元々、ヒノキっていう木は節が多くて表で使う部分を切り出そうとすると大量生産向きの素材で [続きを読む]
  • 縁起物を側に置く 近くにあるから意味がある 大黒宮一社
  • 神様に限らず縁起物を入れておく それなりに祀っておく願い事っていうのは願わないことには始まらない、叶う叶わないって話すら現れてこないわけだ、そのためいろいろな願掛けが多方面、多場面で行われている。まぁね、努力なくして叶いまくっていたら世の中、天から御札が降ってきた、とええじゃないかムードになってしまうから、やることはやってあとは何かに委ねてみるときには願掛けおすすめ。縁起物好きってあると思うんだ [続きを読む]
  • ござを切りたい 小さくしたい サイズ変更を可能にする補修用縁テープ
  • 端を綺麗に整えることができる 端に縁があるほうが綺麗ですまず補修用ヘリテープの使い方はYoutubeの動画で見てもらえば説明はいらないと思う、そして、後は作業をするだけで終わる。今の今まで気にしたことがない、やろうと思っていたけど分きりがつかなかったというのであれば、簡単だからやってみるといいでしょう。新品の上敷きを買ってきて敷いてみたら大きかったとき、切れないかなぁ〜、と思うわけなんだけど、切れるか [続きを読む]
  • 榊立てに木枠のカバーを付けた木製花台
  • 神道ではお馴染みの花台 神棚なら大きな棚板でよく使います木製花台というのは使う場所がやや限られていて、狭い場所ではまず使わないから八足台の上、神棚の棚板なら幅90cm以上かな。神道祭壇では当たり前のように使う、神棚では空き場所次第というのが花台。榊立てに木枠を付けておくのね、安定感ということもあるけど見栄えです、とても祭壇や祭りの状態で見栄えがよくなるし、八足台にしろ棚板にしろ水滴の水垢対策でもあるか [続きを読む]
  • 破魔矢の飾り場所は決まりました? 見えるところに飾りたい
  • 掛ける 置く 立てる 差す 破魔矢置台シリーズおまかせ工房の破魔矢シリーズから破魔矢掛けを紹介してみたいと思う、こういう場所でも破魔矢を飾れるからやってみるといいんじゃないかな、印象が変わりますよ。手元にあっても置き方、飾り方をちょいと変えてみるだけで、今まで一体何をしていたんだろう?と思うぐらいの変化があるはず。破魔矢があっても神棚はない、という家庭も増えてきたようだけどさ。神棚はあっても破魔矢 [続きを読む]
  • 専門店のお宮シリーズ 尾州桧で作る神棚 屋根違い三社
  • 小型サイズと中型サイズには専用のガラスケースもあります久しぶりに専門店のお宮を紹介してみたいと思います、通販ではどうしても安いものばかり並んでしまう傾向があるようなんだけど、実店舗や専門店向けに作っているシリーズです。同時に一社神殿なども作っているから横並べしたいときなどいいと思う。そして、新しいうちに何かの入れ物に入れておきたいときのために、神殿ケースも用意しています、同時に選んでいく人が多いか [続きを読む]
  • これがあればなんとか様になる セトモノセットと神鏡 極小サイズ
  • 日本製の神具で揃えてみよう 神棚の神具セット経験的に言うならセトモノセットは一回り小さなものを選んでおくと空間を上手に使えることが増えるはず、ともかく神棚の手前って狭いわけね。小さな神具を探している人もいると思うから極小サイズの神具を紹介してみよう。このサイズであれば一社、三社の小型サイズ、場合によっては中型サイズまで対応できるんだけど、神鏡のサイズをちょっと変えるだけで印象が大きく変わるからやっ [続きを読む]
  • もう少し低い豆八足台がいいなと思ったら短足型豆八足台だね
  • 二段式の豆八足台としても使えます 横並べなら山型置きも可能サイズというのは一度使ってみないことにはわからない場合が多くて、大きかったかな、小さかったかなと思いつつも慣れてしまうとそのままでいいという経験は誰にもでもあるだろう。各サイズ、何個、何台、何枚も持っているなら柔軟性があって困ることはない、しかし、実際には一台でまかないたいということになるよね。豆八足台という神具は普通一台です。だから、こ [続きを読む]
  • おみくじは持ち帰る 次の時まで持っておくのも有り
  • 棒や木々に縛り付けておくと大雨で落ちるだけちょうど台風12号が直撃するらしくて、今日明日は土日になるから各地でイベントが開催される絶好の機会なんだけど、あいにくほぼ中止や延期になっているようだね。おまかせ工房の地域でも夏祭りの花火大会が土曜日,日曜日の両日が中止になって月曜日、火曜日に延期になった。この両日にあてこんで仕入れをしたり、予約を取ったりするところはアテが外れてしまう、ホテルはキャンセルに [続きを読む]
  • 動かせないものがある部屋に上敷きござを敷きたい 切れるゴザ
  • 自由に切れる上敷き フローリングでも敷ける唯一のござ和室の場合には四角い部屋なら四角い敷物を四隅に縁がくるようにしっかり敷いておきたいものなんだけど、もう動かせない、どかせない、そんな物がある部屋だってあると思う。元気モリモリの人でもいれば、動かして元に戻してということもできるかもしれないけどさ。箪笥などがあるとどういても動かせないこともあるだろう。い草上敷きを敷くとき、箪笥の手前に縁があるとと [続きを読む]
  • ひとつの空間を創り祀りたい 区分けができる箱宮ケース
  • 結界を作る ここからここまで むき出しより良いだろう仕切り、区分けのことを結界という言い方をするんだけど、注連縄とかね、神前幕、それから柵なども区分けをする上でよく使われるから、意味合いはよくわかると思う。住宅地でも隣と隣の間に何かあるでしょう、部屋だって壁があるし、そういうものって必要になる、まぁ、国と国の間にも国境線がある、時には塀だったり鉄格子だったりと様々だけどね。縄張りではないんだけど、 [続きを読む]