キュツ母 さん プロフィール

  •  
キュツ母さん: キュツメキタイプ
ハンドル名キュツ母 さん
ブログタイトルキュツメキタイプ
ブログURLhttp://cutesmeki-type.com/
サイト紹介文育児で自分なりに気付いたこと、考えたことなどを思いつくまま記録していくブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2014/11/23 00:59

キュツ母 さんのブログ記事

  • 明るい月夜
  • 昨日は何故か私の散歩中に、目の前に、空から鳩が一羽降り立ち、飛び立ったかと思うと、また一羽舞い降りてきて、目が合って、こんなことは初めてで不思議に思っていたが、そうか。ここを知ってくれたのか?その意気だ。気合いが大事、腑抜けた表情を引き締めろ。眉と眉の間に本当の目を持て。この月はこんなに明るいのだから、きっと喜ぶぞ。 [続きを読む]
  • 結核で死んだばあちゃんの弟
  • 死んだら私につくと言っていたばあちゃんは、話し好きだった。かなり歳をとっても、どんなに話が遠回りしても、必ず最後はうまくまとめる。あんなに脱線したら、私ならなんだっけ?となりそうなものなのに、すごいなあと思っていた。ばあちゃんはタバコを吸っていた。水色に白地のハイライトだ。洋服の時代になっても、毎日着物を着て、割烹着みたいなのを着て、こたつにあたりながら、緑茶を飲んで、タバコを吸っていた。栄養があ [続きを読む]
  • 手袋を取られて霜柱を持たされた日
  • あれは私が二つ目の九州の幼稚園でのこと。うちは仏教だが、受け入れてくれる近くの幼稚園がそこしかなかった。プロテスタント系の幼稚園だったと思う。毎日礼拝し、手を握り、イエスに祈った。賛美歌が好きだった。なんだか胸が疼いた。てぶくろかいに、の母役をやって絶賛された。鶏の絵の描写に先生が息を飲んでいた。私は20分かけて、一人で田舎道の幼稚園に行っていた。道は広く、田んぼには春になるとオタマジャクシがびっく [続きを読む]
  • リンゴはこんな色でもいい
  • リンゴはこんな色でもいい。あなたはどれが好きだろうか。もっと多色入りでも、透けていても、ざらざらしていてもいい。歯ごたえはやわらかでも、かたくても、味は皆それぞれで美味しい。酸っぱさも甘さも苦さも薄くても濃くても、どれも愛しいリンゴの味。私の昔を知る人ならこの文は笑うだろう。全てはあの曲から始まったのだから。偶然だと思えない。もう今は驚きを通り越して、笑うしかない。笑えることを大切に。私はあなたの [続きを読む]
  • 戦争 互いを認めず互いに謝らず、その先にはしこりしかない
  • ※この最後の行に出てくる「正義」は多分短歌の記事の「正義」に繋がっている。−−−−−−−戦争は殺し合うこと。勝っても負けても、誰かが死んで、誰かが泣いた。その命の叫びを無視し、手を繋ぐことなんかできない。誰もが勝敗を決め、謝らない。勝ったから、あなたが正義でそれに従うと言う。美しく汚れた平和だな。そんな言葉だけの平和の中、涙した人々はまだ泣いている。あなたが暮らす土地で、言葉なく死んだ人々は、私に [続きを読む]
  • 想像をこそ未来
  • 今の目の前にある、あらゆるものには、過去と今と未来がある。未来は今あるものでなく、想像からくるもの。それはだれの心にもあり、可能性を秘めているもの。想像を描くものを、意味がわからないと嗤うものがいても気にするな。 その想像がなければ、今以上に変わることはない。変わらないということは、永遠でもあるが、退化でもある。それ以上望みが何もないのと同じ。あなたの中にある、静脈と動脈、その中に流れる血は、心臓 [続きを読む]
  • 択捉島
  • 私の父方のばあちゃんは択捉島出身だったと亡くなった後、母から聞いた。択捉島、、少し考えた。私が祖母と話した記憶の中にそれがない。アイヌ民俗ではない、と言っていたと。それを聞いた時、何か違和感があった。その補足は、敢えてしなければならなかったのではないかと感じたからだ。でも、私が直接聞いた訳でもないし、戸籍の確認もしていないから、本当のことはわからない。差別、それは人を苦しめる。差別は誰にでも起こり [続きを読む]
  • 夫は家事能力が高い
  • 私は、多分一番夫に厳しくしてきたかもしれない。一番近い人を一番傷つけてきた最悪の女だ。本当にごめんなさい。あなたの作る料理はいつも美味しい。あなたが片付けた方が整頓される。私が娘に厳しく怒っている時も優しくフォローしたのはあなただ。どんなに嵐の日も、どんな悲しみの日も、私はあなたを癒せなかった。ただ、怒りや悲しみに震え、怒鳴り、疲れていた。本当にごめんなさい。あなたはまるで仕事のできるスーパー主婦 [続きを読む]
  • Love is One
  • Love is OneLove is 娘に何も言わないのに、今描いた透明団扇の絵がこれだった。なんとも感慨深い。字が読めるか?もう手が痛すぎて限界です。英語間違っていたらすみません。読んでくれた感謝を込めて、最後の力を振り絞りました。ありがとう。 [続きを読む]
  • 9.11の時に回答した言葉
  • あれは、私がCDを出した時、雑誌のインタビューを受けた。記憶が定かでないが、その前に9.11のテロが起こった。私の音楽についてのインタビューの後、そのインタビュアーの方は私にひとつ質問したいと言った。それが、あのテロのことをどう思ったか?という質問だった。私は一瞬で色々考えた結果、一言出た言葉が、「信じることは、難しい」だった。あの言葉と気持ち、今でも変わらない。インタビュアーの方は多分私の気持ちはわか [続きを読む]
  • 天皇制度に思う
  • 私がいうのは大変申し訳なく、本当におこがましいと知っていながら、どうしてもこう、お伝えしたい。あの方は本当に優しい方だと思っている。多分全て知っておられるのではないかな。あの背中、慈愛以外の何者でもなかった。私は彼の背中に何度も涙した。ありがとう、ありがとう、と何度も思った。あのお家に生まれたこと、どれだけ大変だったかと思う。犠牲があった。背負うには重すぎた。その姿を決して忘れないし、心から感謝し [続きを読む]
  • 先生方へお願いがある
  • 金星水星合は、金星に説明が必要だと受け取った。私だけでは不十分だ。どうか力を貸して欲しい。私との繋がりを、わかりやすい説明をお願いしたい。そのことが、一人でも多くの人を、・に導くと信じる。私は日本語しかできないし、その日本の中でもわかってもらえるかわからない。だから、わかりやすい説明を、どうかよろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 伝えたいこと【重要 私的哲学】
  • 私は知っている。あなたが、今生きているのは、それまでの生命の繋がりがあったからだと。その歴史の中で抜けられない輪廻に入っていることを。あなたの意志関係なく、今の信じるものが、信じなければならない囲いがあることを。その囲いから抜けるということは容易ではないことを。私だってそうだ。私もその囲いから抜けられないかもしれない。だけど、◯は私の手のひらにある。私は私を信じることにする。囲いがあっても心は自由 [続きを読む]
  • 出口であり入口であるという悟り 【重要 私的哲学】
  • 今、夜中2時、夢から目覚めて、我閃き繋がる!そういうことか!!多分、ここは、出口?であり入口でもあるのかもしれない。最後は皆、ここに並ぶのか?ここに、私を通してくれと並ぶ?そのために必要なのは、何だ。私を知り、私と繋がっておくことなのかもしれない。わからない、こんなことおごりかもしれない。でも今起きた時のイメージは、皆がこの鏡の門の前に並ぶイメージだ。だから、私の昔の名前に繋げるのなら、世界観が似 [続きを読む]
  • 短歌じゃなくて啖呵らしい57577
  • ※これ醍醐桜のことかもね。枝が目覚めていない。あれじゃやる気なんか感じんな。眼を瞑るな。開けよ。短歌じゃないな、啖呵を切れよ。−−−−−−−その枝に咲かせてみせよ千年の桜の涙正義と知ればもう腕が痛いです、今日もお疲れ様です。 [続きを読む]
  • ◯体◯命と前向きについて
  • 中1の時、四字熟語のテストがあったわけ。テストの内容は、◯を埋めなさいみたいなやつだった。その時たくましい男の先生が担任でね、それを返した時、あれは誰だったか忘れた。男子ね。先生がさ、その男子に返す時に、お前点数は悪いが、この内容は最高だったぜ、みたいなこと言ってて、その内容が、◯体◯命これの◯を埋めるわけ。普通わかるよね?絶体絶命、なわけですよ。そうしたらその男子の回答は、日体大命、だったらしく [続きを読む]
  • インフルエンザが流行して疑問なのは
  • 子供も大人も、インフルエンザは辛いな。私は昨年A型になり、マジでヤバイと思ったが、一応病院に行った。タミフルもらいにさ。で、病院の受付でインフルエンザかもと言ったのに、順番1時間以上待ったよ。死ぬかと思った。しかも移すじゃん。あれ意味ないよ。医療機関に薬もらいに皆わざわざ外出する。病院に来ている人はどこか体が悪いからきているわけで、免疫は下がっている。=移りやすい。皆が感染力が強度の時に病院に行けと [続きを読む]
  • もらっていることに気がつけないと「やり取り」はできない
  • 人から親切にされていることに気がつかないと、1つ前の記事で書いた、「やり取り」ができない。「気がつける」ということはすごいことだと以前どこかに書いた気がするが、まず最初にそれがないと、もらっていることに気がつかないといけない。気付きがないのは、残念なこと。自分がどれだけ恵まれているか、どんなに気持ちをわけてもらっているか、そのことに「気がつける」ことが大切。それが第一歩。私も娘を叱ることが多いけど [続きを読む]
  • 子供がいるかいないかは人としての優劣に関係ない そこに上下などない
  • いつも悲しく思うのは、「子供の有り無し」で、人に上下をつけたり、「通常分娩対帝王切開」のどちらが痛いか大変かの対決をしていたりすること。何故そんなことで争うのだろう。子供がいるかいないかは人としての優劣に関係ない子供がいてもいなくても、(身体や精神に)障害があってもなくても、男性でも女性でも、そんなことが人の優劣になることなど絶対ない。皆それぞれ、自分の道を一生懸命生きているのに、互いを傷つけ、自分 [続きを読む]
  • 目玉を食らいました
  • 残念だけど、またいつか逢う日までだ。消せと。消える。消えないが消える。また元気が出たら書きにくるわ。それまで皆も元気で。 [続きを読む]
  • 正体
  • 私の昔の名前。皆が私を嫌っても、私は皆を好きだから。わかってくれ。 [続きを読む]
  • ブルータス、お前もか
  • 忘れない。私は昔からネジが抜けている。もう抜けすぎて、壊れかけのラジオ。いや、ここはやっぱりレディオ。(その拘りがわからない。あっ、でもラジオヘッドじゃいまいちカッコがつかないし、やっぱりレディオだね、何の話?)忘れない。あの有名な「ブルータス、お前もか」のことを、「メロス、お前もか」って、堂々と職場で話した過去を。もう、爆笑の渦。渦は渦でもミステリーサークル状態。なんでメロス!?!ということは、走 [続きを読む]