小谷隆 さん プロフィール

  •  
小谷隆さん: 小谷の250字
ハンドル名小谷隆 さん
ブログタイトル小谷の250字
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kotani_plus/
サイト紹介文政治経済から芸能スポーツまで、物書き小谷隆が独自の視点で10年以上も綴ってきた250字コラム。
自由文圧倒的与党支持で愛国主義者。巨悪と非常識は許さない。人間が人間らしく生きるための知恵と勇気、そしてほっこりするようなウィットを描くコラム。2000年11月から1日も休まず連載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/11/24 14:14

小谷隆 さんのブログ記事

  • 薄幸美人
  •  人は顔に生き様が出るというけど、特に薄幸な人生を歩んできた人はまずもってそれが顔に出る。早い話、薄幸そうに見える人はたいてい実際に薄幸なのである。 僕の周囲にもそういう女性がいる。そこそこというか、かなり綺麗な部類の人なのだけれど、見るからに幸薄い空気を漂わせているのだ。どう言ったらいいのか、あらゆる幸福を拒むかのような、まるで演歌の主人公を地でいくような雰囲気を醸し出している。 笑顔に陰があり [続きを読む]
  • マグロ候補への忠告
  •  今朝は朝マグロ。昨日の帰りもマグロ。昨日は隣のホームに、ブルーシートで包まれた獲れたてのマグロが転がっていたっけ。 楽に逝けると勘違いした連中が安易に我々の電車に飛び込んでくれるのだけれど、これだけ多くの人々の怨念を一気に集めた魂に安らかな来世などない。間断なき地獄の業火にむせぶだけだ。 マグロ候補者に忠告する。電車だけはやめておけ。安らかに死にたいなら人の怨みをその身に集めるな。だいいち生きて [続きを読む]
  • 不毛すぎる移民受け入れ議論
  •  外国人労働者に受け入れに関して、一部では移民を受け入れるか否かという論争になっている。賛成派にも反対派にもそれぞれ一理あるけれど、そもそも不毛な議論だと思う。 移民に賛成か反対かなんて、受け入れる側が議論することじゃない。来る側が来たいかどうか。本来的にはそっちの問題だ。日本は移り住むに値する国なのか。日本人になりたいと思うのか。 政府が望む富裕層も高度技術人材もこんな国に来るとは思えない。この [続きを読む]
  • メタファーの力
  •  ビートルズ、ローリングストーンズ、レッドツェッペリン、ディープパープル、クイーン。英国のポピュラー音楽史に金字塔を打ち立てたロックアーティストたちだ。 メロディやサウンドもさることながら、改めてその歌詞を眺めてみると、なるほど世界のミュージックシーンを席巻する理由がわかる。彼らは強烈なメタファーを通じて普遍性を表現してきたのである。 それにひきかえ我が国のロックはどうか。向こう三軒両隣に不満を叫 [続きを読む]
  • 景気は浮揚しない
  •  景気とは気である。つまりは人々の気分。金回りがよくなれば「景気がいい」。悪くなれば「景気が悪い」。それを数値化することもできるけれど、あくまで良い悪いは気分の問題。しかも極めて相対的な。 日本が貧しかった時代なら、景気の上乗せ余地がいくらでもあった。カラーテレビやマイカーが買えたらそれで豊かな気持ちになれた。 しかし今はどうだろう。これほど何もかも満たされた世の中に、あと何を上積みできるというの [続きを読む]
  • 成熟の先にあるもの
  •  失われたン十年などとも言われるけれど、今の社会の停滞感はいつから始まったのか。 ここ四半世紀の日本と世界の歴史を少し乱暴に言い切ってしまえば、それはITの進化に沿った成熟の歴史。パソコンからスマホに至る歴史だ。 この成熟を超えてなお社会を発展させたいなら、必ずブレークスルーが要る。衣食住のどこかでこれまでとはまったく生活を一変させてしまう何かが。 それは間違いなくITの次に来るものなのだろう。少なく [続きを読む]
  • 根尾さん
  •  志が大事。どこを目指すか。二流を目指す人は三流止まり。一流を目指しても一流になれる人は一握り。 だから超一流を目指す。超一流とは一流の中の一流。もちろん、そこへ志を持っていくには相応の自信が必要だ。能力だけでなく、その目標を貫き通す意思に対しても。 久々にそんな「超一流」宣言を聞いた。4球団競合のすえ中日ドラゴンズが交渉権を獲得した大阪桐蔭高校の根尾昂選手である。 周囲は監督はじめ年長者までが「 [続きを読む]
  • まず新聞ありきなのか
  • 「若者が新聞はおろか教科書さえヨムことができないという状況で、本当に次の世代の子どもたちを新聞読者に変えていけるのか」 第71回新聞大会のパネルディスカッションで、日本新聞協会会長の白石読売グループ会長が冒頭からそんな嘆きを吐露していた。そこから、「新聞を読まないやつは馬鹿だ」ぐらいの論調で不毛な議論が進んでいく。 全国の新聞社のお歴々が集まってこの有様。「まず新聞ありき」というその前提の是非から考 [続きを読む]
  • AbemaTVの勝算
  •  AbemaTVが大赤字を垂れ流している。68億円の売上に赤字が200億円。かつての廃線寸前の鉄道のような数字だ。様々なジャンルの20チャンネルを24時間放送しているものの、まだ広告収入が追いつかず、コンテンツの代金だけが嵩んでいる。 にもかかわらず、電博2社が第三者割当増資に応じる。金の匂いに最も敏感な2社が出資するのだから、たぶん勝算があってのことだろう。 20チャンネルからどれが生き残るかを見定めて、7〜8チャ [続きを読む]
  • オペラ並みでは高すぎる
  •  来年ラグビーのワールドカップが日本で開かれることを知っている国民は56.3%だとか。大会組織委員会による全国調査でこれだから、公平な調査をやったら過半数を切っているかもしれない。同じ調査で観戦したいかとの問いには「はい」が7.8%。すでに敗北濃厚なイベントだ。 テレビの放映権料とスポンサー企業の広告料が日本側の収入にはならないこの大会。運営費と開催保証金も捻出するため、入場料が高額に設定される。A席が5 [続きを読む]
  • AIの正体見たり?
  •  何から何までAI。日経の紙面にこの文字が見当たらない日はない。 そのAIとやら、クラウドにあるという。様々な経験値を集積して学習するのだとか。ユーザーはそこにつないで問いかけ、答をもらう仕組みだ。やがて企業の経営判断までも仰ぐようになるというのだけれど。 ちょっと待て。そのAIとやらがただの張りぼてだったらどうする。いわゆる「中の人」がいたとしたら。 早い話、そんなものを作って世の中全体に信用させたら [続きを読む]
  • たくみひろい隊
  •  ハロウィーン翌日の朝、俳優の斎藤工さんが仕事検索サイトの呼びかけで集まった80人のボランティアと一緒に、六本木周辺に散乱したゴミを拾い集めた。「偽善っぽいことをやったなと思いつつ、僕らのアクションが届いていると願う」 控えめにそうコメントする斎藤さん。いやいや、偽善でもかまわない。何もやらない人より、偽善と自嘲しつつ行動する人のほうが上質だ。 渋谷の喧騒にばかりカメラを入れて、上から目線で社会問題 [続きを読む]
  • AI乱用が酷すぎる
  •  パナソニックは2021年までに全カテゴリーの家電製品にAIを搭載すると発表した。AI。また始まったか、という感じだ。 そもそもAIとは何かという定義がきちんと決まっていない中で、言葉だけが独り歩きして乱用されている。まさに言ったもん勝ち。 家電の制御など、たとえば冷蔵庫や洗濯機なら8ビットかせいぜい16ビットのコンピュータプログラムで制御できる。それはあくまでもコンピュータであって、深層学習によるAIとは似て [続きを読む]
  • 哀しき群衆
  • 「お菓子をあげなかったからですよ」とT氏。ハロウィーン前の週末の渋谷で暴徒が軽トラをひっくり返した事件をそう解説する。うまいことを言う。 しかしあながち笑い話にもできない。じっさい彼らはtreatを求めて渋谷に集まってきた。埋めがたい心の穴へtreatである。 群衆が東京の街に溢れる現象は2002年6月4日が最初だろう。サッカーの日韓共催ワールドカップで日本がベルギーを下した夢夜。当時は勝利を分かちあうことそれ自 [続きを読む]
  • 護憲論者はむしろ改憲を目指せ
  •  立憲民主党は憲法を議論することさえ不謹慎だと言う。是が非でも現憲法を守れと。しかし、護憲論者がそこで思考停止しているうちに「解釈」という名の裏改憲がどれほど暴走してきたか彼らはわかっているのだろうか。 個人的にはむしろ今の護憲論者こそ別の意味で改憲を主張すべきだと思う。あらゆる都合のいい解釈を許さない、ガチガチの平和憲法案を起草して、政府自民党案に対して代案としてぶつけるのが筋だ。 様々な解釈を [続きを読む]
  • そこは専用席にあらず
  •  電車やバスの「優先席」をめぐる諍いが後を絶たない。諌めた側が相手の態度に逆上してナイフで刺す事件もあった。そこまでではないにせよ、「優先席」での口論は日常茶飯事だ。 弱者でもないのに「優先席」に座る人を諌める人は、日常の憂さ晴らしにエセ正義感を利用しているだけの場合が多いと心理学者も言っている。じっさい見ていて、諌める側にはそんな輩が多い。 けれど、そもそも諌める側が「優先席」を弱者の「専用席」 [続きを読む]
  • ハミを外すな
  • 「羽目を外す」とは調子に乗って壁の羽目板を外すということではない。ハメはもともと馬の口を取るハミが転じたもの。ハミが外れては制御が失われ、馬が自由に走り回って手がつけられなくなることから、調子に乗って度を越すことを「羽目を外す」と言うようになったらしい。 そんな手のつけられない暴れ馬で溢れていたのがハロウィーン前の週末。いささかお行儀の悪すぎる輩が跋扈跳梁していた渋谷の繁華街では、勢い余って軽トラ [続きを読む]
  • 支配信号
  •  ここのところノイズキャンセリングヘッドホンをよく使っていて、仕事中でも集中したいときは周囲の音を遮断するだけのために使うことがよくある。それこそ音楽もかけずに。 そういう時間が増えて感じることがある。ふと、何ものかから解放されたような気分になる瞬間があるのだ。これまで暗黙の行動規範にしていたものが、すっと抜けていくような感覚。 邪推かもしれないけれど、もしかしたら世の中には何らかの支配信号が飛び [続きを読む]
  • 改憲ができない理由
  •  所信表明でも改憲に意欲を見せた安倍総理。歴史に名を残すためにもこれだけはやっておきたい。まさに悲願だろうけれど、各社の最新の世論調査を見る限り、国民投票で3分の2の賛成票を獲得するのはほぼ絶望的だ。 日本国民は思いのほか保守的である。変えても変えなくても当面の生活に何の影響もないものなら、大多数の人は変えない方を選ぶだろう。 まして反対が多いという世論調査の結果も知った国民は、ここからさらに反対の [続きを読む]
  • 世界のしくみ
  •  英国ロスチャイルド家の資産は1京円だという。京などという単位はたぶん人生でも片手で数えるほどしか使ったことがない。 ともあれ、ロスチャイルド家はつい2004年まで金の相場を決めていたとも言われる。要は世界経済のマスターだ。もしかしたら世界の株価も為替レートもみんなこの家が決めているのかもしれない。 そう考えてみると、われわれ一市民なんて手のひらで踊らされているようなものだ。いや、認識すらされないわず [続きを読む]
  • 慈悲とはなにか
  •  慈悲とは抜苦与楽。苦を抜くのが慈、楽を与えるのが悲。人の痛みをわかってそれを和らげてあげようとする姿勢は、およそ高邁な人格を磨こうという人が目指すべき最高の徳の一つといえる。 テロリストから解放された邦人記者に対し、残念ながら多くの日本人は「勝手に危険を犯して周囲に迷惑をかけた、だから許せん」とバッシングの構えだ。誰もが「自己責任」という言葉をダガーナイフのように振り回している。 僕はあえて自分 [続きを読む]
  • それは眼力の差なのか
  •  日本の大学の研究成果がアメリカに流出しているという。ノーベル賞の本庶氏も記者会見で苦言を呈していたように、日本企業には技術の将来性について見る目がないのだそうである。 しかし本当にそうだろうか。たぶん日本企業にも見る目を持った人は少なからずいるのだろう。ただ、経営陣がリスクを取れないという問題がある。 仮にクビになっても一生遊んで暮らせるほどの報酬をもらう経営者だからこそ取れるリスクがある。日本 [続きを読む]
  • スタンプの意味
  •  LINEにしろFacebookにしろ、およそスタンプの類はこっ恥ずかしくて使えなかったのだけれど、知人がLINEスタンプを売り出したのを機に初めて購入して使ってみた。なるほどこれは便利だ。時にはただ言葉を発する以上のメッセージ力がある。どう言っていいか迷ったら、近い言葉をスタンプで返せば相手に寄り添ったことになるらしい。 文章で生きている身としては意地でも言葉で返そうとして、これまではなまじ真面目に言葉選びをし [続きを読む]
  • 加熱の競争が過熱
  •  アイコスが新製品を発表した。うち1つは10本続けて吸えるというもので、1本吸うごとに充電しなければならなかった欠点を克服した。とはいえ、同じヒートスティックを続けて吸うと口が不味くなるので、あまり意味はないようにも感じるけれど。 一時は寡占状態だったアイコスもじりじりとプルームテックやグローにシェアを奪われた。JTは2019年初頭にも新型を発売する見込みで、うち1つはアイコスやグローと同様、たばこを本体 [続きを読む]
  • 東京五輪は倒れた選手の介抱を
  •  暑がりの身としては涼しい方が有難い。17度、16度。朝の気温はいい具合に下がってきた。もっともっと下がれ。 今朝は11度。真冬でも暖かい日にはこれぐらいだろうか。震え上がっている人もいる。けれど、このあたりがいちばん心地いい。 こちとら、10分も歩けば大汗なんでい。汗と寒さが拮抗するこれぐらいが丁度いいんでい。 願わくはこのまま真冬に突入してくれ。二度と20度を超えるな。できることなら来年の夏まで。 で、 [続きを読む]