Y's office さん プロフィール

  •  
Y's officeさん: 読みもの、観るもの、手仕事、時々ひとりごと
ハンドル名Y's office さん
ブログタイトル読みもの、観るもの、手仕事、時々ひとりごと
ブログURLhttp://favoritepastime.sblo.jp/
サイト紹介文活字中毒のたわごと。褒めたい、勧めたいものだけを気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 354日(平均3.9回/週) - 参加 2014/11/24 23:04

Y's office さんのブログ記事

  • 週一ポテチ
  • 週一ポテチ・・・この数年、自分に課しているルールです。つまり、ポテトチップスは週1回、基本週末の夜のみ食べる!というルール。だって、ポテチって目につくと食べちゃいません?筆者の基本はカルビーの「コンソメパンチ」ですが、最近はカルビーの「しあわせバター」もマイブーム。一度食べ始めたら、お酒とともに、一気に一袋が基本です。。。【ケース販売】カルビー ポテトチップスLサイズ コンソメパンチ 135g×12袋価格:2,626 [続きを読む]
  • 明るく!サラダボウル、あるいは鉢
  • 年々、野菜が好きになっています。特に、この数年の関心事の1つ・・・いかに簡単に、美味しくサラダを食べるか!特に夏は、副菜としてはもちろん、主菜にサラダを作りたかったりもする。例えば、マカロニサラダやサラダうどんに春雨サラダ、ボリュームあるチキンサラダにシーフードサラダ。。。そうなってくると、大活躍なのが大振りのサラダボウル、あるいは鉢。主菜のサラダは、大きな器にこんもり盛り付けたい!そこで、いろいろな [続きを読む]
  • 幕末モノ!!!『燃えよ剣』
  • ・・・なんか、このブログでは何回も書いてしまっているのですが。。。どうしても、今年の大河ドラマが、受け入れられないのですよ!!!毎年、きちんと1年間見続ける筆者にとって、今年は止めるという“勇気”がないのですが、それにしたって、どうしても筆者の趣味には合わない!こんな苦痛なのは始めてかもしれない。もちろん、毎年やっているわけですから、当たり年とハズレ年はあるんですよ。でも、ハズレと思っても、それなりに [続きを読む]
  • 梅雨の季節を楽しく・・・『イイダ傘店のデザイン』
  • 梅雨は嫌いですけど、傘は好き! という人は結構多くありませんか?傘って楽しいですよね。お値段もデザインもピンキリ。筆者は一時期ものすごく傘に凝ったことがあって、日傘も含め、何本も買っていた時期があります。。。今は控えめですけど。そんな筆者は、本屋で見かけて、ふらふら〜と衝動買いした本。飯田純久 『イイダ傘店のデザイン』 パイインターナショナルこういう本、好きなんですよねぇ。受注生産でオリジナルの傘を [続きを読む]
  • 酒の飲み方もいろいろ・・・という思うこと
  • お酒の飲み方って、人それぞれですよね。ひたすら飲むばかりで全然食べない人もいますが、筆者は飲むと食欲が異常に増す。。。つまり、筆者は飲む=太るの典型で、この数年は毎日の晩酌として、夕飯時の缶ビール1本、あるいは白ワイン2杯と決めています。そして、週1回はもっと飲む日を作る!!!ちなみに、ジャンクフードも大好きで、これも週1ポテチ、月1バーガー、月1ケンタ。。。となっております。事務所兼自宅の筆者は、こん [続きを読む]
  • 紫陽花を楽しむ梅雨のテーブルウェア
  • 梅雨が好きな方はあまりいないと思いますが、個人的には紫陽花が大好きなので、楽しみなような憂鬱なような、心揺れる季節です。紫陽花と言えば、日本では古くから愛される花の一つ。日本画によく描かれていますし、古くは万葉集にも「紫陽花の八重咲く如くやつ代にを いませわが背子見つつ思はむ」なんて歌もあるくらい。紫陽花は鎌倉時代にはすでに園芸種として様々な品種が生み出されており、庭園の定番植物となっていたそうで [続きを読む]
  • 漫画雑誌の廃刊がつづく。。。
  • 漫画雑誌の休刊ニュースが続きましたね。休刊。。。と言いますけど、実質的な廃刊。復活すると言う例はまずないですからね。(単純に、出版社が一度とった雑誌コードを他の雑誌に使えるように保持しておくため、休刊・・・という扱いにしているだけ)まずは、「別冊 花とゆめ」・・・通称、別花。何といっても、首を伸ばしすぎるほど伸ばして長年お待ち申し上げている『ガラスの仮面』の連載誌。慌ててHPで確認しても、今後の連載予定 [続きを読む]
  • 時代劇の料理・・・『はやぶさ新八御用帳』
  • スーパーのレジで筆者の前に並んでいた、ご老人のカゴの中。「トウモロコシ3本、さつまいも(トウモロコシ大)3本、そしてお酒の缶」・・・食事はそれだけじゃないでしょうね? となんだか心配になりました。。。そういえば、こんな方も見かけたことがあります。「いかゲソの天ぷら1パック、バナナ、そしてお酒の缶」・・・どうして男性というのは!!! と、父を思い浮かべて、やはり気になる。。。ま、人の買い物カゴをのぞくなんて、品の [続きを読む]
  • ストレス発散!週末の過ごし方
  • ストレス解消法・・・大人なら「自分の方法」を持っていると思います。ま、人それぞれ・・・あまり人に話すようなものでもないとは思いますけど、今日はあえて!というのも、GW明けから先週までの約3週間、ストレス満載の仕事と、単純に締めきりに追われる日々とで、ちょっとお疲れモードだから。今週は少しマシになって、残務処理なんぞをしつつ、月末の細かい仕事などをこなしていたら、1週間が終了。幸い、この週末は全く予定が入って [続きを読む]
  • 「父の日」には毎日使える上質なものを
  • 6月に入りましたね。もうすぐ父の日です。毎年思うのですが、母の日ならプレゼントするものがたくさん思い浮かぶのですが、父の日は困るのです。なぜなら、男性が喜びそうな贈りものって難しいから。それで定番のように、好きな酒とか、食べものとかになってしまうことが多いのです(特に私の父が無趣味な上に、妙なこだわりがある気むずかしいキャラだから…ということがありますが)。そんな悩ましい思いを抱いている方のために [続きを読む]
  • ジャケ買い・・・に思うこと
  • ジャケ買い。。。というと、筆者の世代ではレコードのことでした。今のCDと違って、昔のレコードは大きさがあって、ジャケットが本当にアーティスティックだったから。今でも、飾るならレコードだと思いますよ。しかし、世の中がDC時代になったと思ったら、いまはダウンロード時代。ステキなジャケットデザインをしていた、仲良しアートディレクターやデザイナーたちがだんだん寂しい感じになってきて。。。はぁ。もはや、ジャケッ [続きを読む]
  • 梅雨の足音・・・紫陽花の本とともに
  • 筆者の住む関東でも、梅雨の足音が聞こえてくるようになってきました。・・・イヤですねぇ。でも、梅雨が来ないと農作物や水不足など、もっとイヤなことが待っていますので、仕方がない。。。それに、この季節の楽しみもあるんです。紫陽花!大好きなんです。筆者の家から比較的近く(隣の駅)に、関東では有名な「紫陽花寺」があって、そこを散策したり、写真を撮ったりするのが楽しみ。紫陽花はきれいですよねぇ。水揚げの悪い花で [続きを読む]
  • あえて・・・名作マンガを語ってみる その27『北斗の拳』
  • うーん、ついに往年のジャンプの名作に手を出すか。。。これの連載当時って、ジャンプは凄い勢いで発行部数を伸ばしまくっていたんですよね。世はバブルで、F1のマクラーレンホンダのフロントノーズにはジャンプのロゴが貼られたくらい。。。90年代のジャンプは、確か発行部数が600万部を突破したんですよね。・・・当時は筆者も子どもでしたが、今改めて思うと、週刊誌に600万部ってバケモノですよ。印刷・製本にだって、かなり時間 [続きを読む]
  • 今日は思いつくままに書いています。。。
  • うーん。もう5月も終わりですねぇ。いつの間にか、梅雨の声、そして夏の空がちらほらする今日この頃。GW前後が妙に忙しかったので、やっと一息つけるとカレンダーを見て、愕然。今年の前半で、(仕事以外で)やろうと思っていたことなんて、全然できていないじゃん!哀しい。。。一番は、圧倒的に読書量が減っていることですね。むしろ、会社員時代のほうが、長い通勤時間などの移動時間でガンガン本が読めたので、月に30冊くらい [続きを読む]
  • 南国の伸びやかな赤絵「壺屋焼」
  • ブツブツと突っ込みを入れつつも見続けている、今年の大河。もはや苦行になりつつあるが、それでも子どもの頃からの習慣は簡単には覆せない。そして、きちんと日曜8時に、南の島の青い海と空を見て・・・「旅に行きてぇぇぇ〜」と心の叫び。・・・ということで、本日は南の島のやきもの、沖縄の壺屋焼です。初めて行った沖縄(一人旅)は良かったなぁ。海には行かず、壺屋の通りを歩いたり、読谷村のやきものの里なんかを散策したりして [続きを読む]
  • 怖くないが心に残る百物語。。。『巷説百物語』
  • 今日は何をやっていたんだろう・・・ふと、そんなことを思う日があります。筆者にとって、まさに今日はそんな日でしたね。ヒマだったわけではないんです。けっこうバタバタ仕事をしていたのですが、雑多なことを処理し続けて、気が付いたら夕方。。。まとまったことは、何一つできなかった日でした。明日こそ!今日やろうと思っていた仕事(急ぎではなかったから、ずっと後回しになっていた、ちょっと時間のかかる作業)をしようと思 [続きを読む]
  • あえて・・・名作マンガを語ってみる その26『妖精国の騎士』
  • 今日はなかなかの長編です。本格的な、“伝統”にのっとったヒロイック・ファンタジー。中山星香 『妖精国(アルフヘイム)の騎士』秋田文庫 全27巻キンドル版があります。妖精国の騎士(アルフヘイムの騎士) 1・・・ちなみに、筆者は単行本で追いかけていたので、全54巻+続編1巻少女マンガらしい絵の美しさと、王道な美男美女のカップル。亡国の王女が追っ手から逃げ隠れた先は妖精国。やがて王女は魔法使いで戦士となり、大国で [続きを読む]
  • グインサーガ最新143巻!入手
  • 2日続きの「雑感」でスミマセン。実は、ちょっと忙しいのです。寝るヒマもなくて、正直、ブログを書いている余裕がなくて。。。ということで、今日は、これから読む予定の本をご紹介。五代ゆう 『グインサーガ143 永訣の波濤』 ハヤカワ文庫ファンタジーファンなら、ご存じと思いますけど、亡き栗本薫さんの未完の大作『グインサーガ』を、新しい作家2人が引き継ぎ、サーガが続く本作。筆者も何十年も追い続けていたため、筆者が変 [続きを読む]
  • 書店閉店につき、思うこと
  • 筆者の地元の話なのですが、昨日(5月20日)、子どもの頃から馴染んだ書店が2軒閉店となりました。一つは大正時代創業、もう一つも40年前から・・・文字通り、子どもの頃から何度も通って、思い出深いところです。地元の小さな書店の良いところは、何がどこにあるかが把握しやすいこと。時間がないときなど、本当にパッと買えて、便利ですよね。近くに大型書店が二軒も入り、本好きとしてはうれしかったのですが、それでも以前として [続きを読む]