エバーグリーン 行雲流水 さん プロフィール

  •  
エバーグリーン    行雲流水  さん: エバーグリーン    行雲流水
ハンドル名エバーグリーン 行雲流水 さん
ブログタイトルエバーグリーン 行雲流水
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/evergreen002
サイト紹介文酒と映画と本を愛するアラカン男のつぶやき ツイッターが何!!! つぶやきでは物足りない 大きく叫び
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/11/25 02:01

エバーグリーン 行雲流水 さんのブログ記事

  • お宿かわせみ傑作選1
  • 三連休三日目 朝からのんびり 自室のベッドに転んで レコードを聴きつつ 平岩弓枝の人気シリーズを読むことにした 家人は一日中ゴロゴロして何もしないとむくれている 飯は喰ってるだろーーー! お宿かわせみはNHKのテレビドラマで 何話か観ていたが読んだことがなかった 衒いのない澄んだ明瞭な文章 書き手の実力が見える良い本だ 永く人気なのがうなずける 女 池波正太郎か?藤沢周平? そんな印象を持った [続きを読む]
  • 立ち待ち月
  • 中秋の名月は六時頃見えたのに 今日の月は中々上がってこない 午後八時を過ぎてやっと上がって来た これぞまさに立ち待ち月 気を持たせただけあって 見事に美しい月だった 月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月 ですです 昨夜雨で流れた分を 今宵外に出てご鑑賞あれ風流♪風流♪ [続きを読む]
  • 限界集落株式会社 ?野伸一
  • 吉幾三の唄う「俺ら東京さ行ぐだ」が ミリオンヒットとなったのは'80年代 現在いよいよ田舎はそんな吉幾三のような若者に見放され 消滅期を迎えようとしている おいらも一度は東京に憧れ故郷を見捨てた 張本人の一人なのだが それでも ヤッパリ故郷を捨てきれず田舎まででは無いが東京から帰って来た 今回読んだ「限界集落株式会社」も 東京に見限られ?否 東京を見限った若者の話だ 東京で培った知識キャリアが 果たして今の田舎 [続きを読む]
  • 雨の祖谷もイヤではない
  • 祖谷温泉に昨日から来ているのだが 生憎の雨になったラフティングの世界大会が開かれるというのに気の毒だねでも濡れるのは一緒か? 早朝から宿のケーブルカーで天空露天風呂に 入ってゆったり仙人気分 眼前の山には雲海が流れる 休憩室の囲炉裏端でネットを見るのは いつもの癖が抜けてない証拠 もっと優雅に過ごしたいものだ 今日は何もできないので 宿でゆっくりして下界に帰ろう [続きを読む]
  • ブロックフレーテ
  • 涙のパヴァーヌ/ブロックフレーテの魅力 「ブロックフレーテ」 知らない楽器名だったが なんのことはない 子供の頃音楽の時間にやらされた縦笛 リコーダーのことだ 針を落とすとまるでパイプオルガンの様な音色に しばし聞き惚れた バロック音楽にピッタリだ 今日 岡山県立美術館で開催されている「慈愛の人良寛の書展」を 観に行っ帰りハードオフに寄って買って来た 5枚のレコードのうちの一枚だ が そのうちの一枚「サムテーラ [続きを読む]
  • ジビエに非ずこれこそ田舎のご馳走
  • 田舎に帰り近所を覗くと工場の前で 何やら料理の真っ最中 覗いてびっくり スズメバチの?を解体している その横の鍋にはスッポンが煮えている 豪華だなぁというと 向こうでは鮎を串に刺しているという 昨日獲れた猪子も解体されて 焼かれるのを待っていた ここは何の工場??? 料亭工場かーー猪子の肉はお土産に頂きました [続きを読む]
  • 恩木水
  • 吉備中央町恩木には山の岩肌から溢れ出る 名水がある かなり山奥なので四駆の軽四でないと なかなか行けない 今日は彼岸 墓参りのついでに 水くみに寄った いつもながらこんこんと冷たい清水が 湧いているこの水で氷や水割りを作ると最高だ 昨年来た時は車の前を猪子が走ったが 今回は誰一人会わなかった [続きを読む]
  • ベルギーの青年の移住計画
  • 数年日本機滞在しているマルチリンガルの語学堪能青年が 岡山県の吉備高原に移住する計画をたてているという その計画に少しでも協力出来ればと 吉備中央町を案内してきた 過疎高齢化の進む田舎に 移住したいという危篤な若いベルギー人(29歳) 是非とも我が故郷に来て欲しいものだ まずは焼き鳥屋で意見交換 誰も棲まない様な原野をご所望とかで山奥の婆婆の屋敷跡を案内した何か???気に入った様子だ [続きを読む]
  • 台風が急カーブ でヤバい
  • 今週の週末から3連休を使って 稲刈りを予定していたのに 台風がやって来そう で 雨模様の予想だ狙い撃ちかよ!! ヤッパリ無理しても先週稲刈りしておけばよかった 後の祭りだけどね どうなりますやら まさかあそこから急カーブとは・・・ [続きを読む]
  • ファーストクラスのプリンセスダイアナ
  • プリンセス ダイアナといっても この話し没後20年となって 最近ワイドショーを賑わせている かのダイアナ妃の事では勿論ない 岡山市のイオンにあるシネコンに 全国唯一のgran theaterなるものが有ると知って 好奇心に駆られていって観た ちょうどその時のタイミングで 上映していたのは ワンダーウーマンだったので チョット躊躇したが この機会を逃すと 多分もう来ることもないと思い 大枚?二千五百円也を払って チケットを購入 [続きを読む]
  • スイミング
  • おいらの体重がボチボチ80Kに近くなって さすがに危機感をおぼえた そんな訳で 15年位お休みしていたスイミングを復活する事にした 近くのフットネスクラブに申し込んで 今日から泳ぎをはじめた 懐かしいコーチにも再会(まだ結婚してないとの事)顔だけは覚えていてくれた 25メートルを7回ほど泳いで 死なないうちに本日は打ち止め 結構疲れました いい汗をかいたので 今夜はよく眠れそうです では おやすみ [続きを読む]
  • 黒書院の六兵衛
  • なんとなんと昨日からの涼しさ 今日は大型台風の影響からか時折強めの風が 心地良さを増して感じさせる 来週には稲刈り その時まで取っておきたい 好天の土曜日 部屋を早々にこぎれいに掃除して 窓も全開 レコードに針を落として アンデーウイリアムスを流す 早速 買い置いた 浅田次郎の黒書院の六兵衛(上) を読みにかかる 暑苦しい時には敬遠したい浅田次郎の顔 今日なら快く読めそうだ [続きを読む]
  • 残されしもの
  • 最近のお気に入りは くまちゃんの縫いぐるみ 長女が県外に勤務するにあたり 残していったものだ 大きな くまちゃんはクッションにも枕にも使えて 肌触りも心地良い 若干汚れているのはおいらの涎のせいだ 唯一一緒に寝てくれる者 だんだんと愛おしくなる [続きを読む]
  • 主基田
  • 今日は家人が田舎で開催されるグランドゴルフ大会?に 参加することになったので 旧新山小学校グランドに送っていった おいらも参加しろと誘われたのだが 丁重にお断りして 先日偶然地図を見ていて見つけた 吉備中央町上竹ヒジリボウ 聖坊山 (其れは元備中松山城主にまでなった男「穂井田爲資」は 長子穂井田元祐を矢掛 猿掛城で弔い長子の子を引取り家来も連れず 聖坊山から阿弥陀三尊像を背負いて爲蕃村の福山に寺院をたて三尊 [続きを読む]
  • 胡桃の木の下で
  • 連日の猛暑堪りませんね猛暑の中でも読書をと涼しげな場所を探して やって来ました 真庭市田原山上 上田地区 駐車場に程良い木蔭だ 見上げると沢山の実が付いている まだ青々としているが 胡桃だった 静か過ぎるくらい エンジンを止めると 耳鳴りくらいしか聴こえないようだ 申しわけ程度に 時折蝉の合唱も聴こえてくる 暫し休憩 [続きを読む]
  • SPレコードコンサート
  • 今日は田舎で町道の草刈りに汗を流した後 車を飛ばして岡山へ 2時からのコンサートにギリギリ間に合った 今月のSPレコードコンサートは家庭音楽名盤集と銘打って アーサーフィドラー指揮のボストンポップスオーケストラ の名演を中心に クラッシックの中でも比較的ポピラーな音楽を聴いた [続きを読む]
  • 菅家七流の慰霊碑
  • 先ごろB'zの稲葉浩志が出身地である 津山で凱旋公演して地域の話題をさらった この津山の地に 天皇の住まいである 御所があった事を知る人は少ないだろう 後醍醐天皇が隠岐の島に流されたことや 児島高徳の院庄作楽神社での逸話等々は 戦前小学校唱歌になるなど有名な話なのに 後南朝植月御所がこの地に存在した事は 正史から抹殺されて来たからだ それは徳川幕府が北朝を擁護したせいだ その煽りを食ったのが 後南朝を護ろうとし [続きを読む]
  • ドックバー?
  • しばらく体調を壊して入院していたという店主から 9周年の挨拶のハガキが来た それで営業を再開している事を知って 様子を見に呑みに出かけた 体調もすっかり良くなって 元気な姿を見せてくれて ひとまず安心した 当人よりも元気だったのは マスコットの犬(おいら犬の名を覚える習慣はない) 3年近く前から店主の愛する小型犬だ 店の玄関に柵をしてるのだが跳び越す勢いで 駆け寄ってきた 一年くらいあっていないのに覚えていてくれ [続きを読む]
  • あきない世傳 金と銀 四 貫流篇
  • 酷暑に読書は涼しく田舎に帰ってと思って 本屋で何冊か見繕って来た田舎まで待てずに読み始めたのは「あきない世傳 金と銀」 高田郁のあきない世傳も巻を重ねて四巻目となった おなごの身で大阪商人の道を進む「幸」に 幸多かれと祈らずにはいられない それにしても このドラマに登場する男達の なんと手前勝手で頼りない事か・・・ 我を想わざるをえないね おいらもそんな甲斐性無しのひとりなので ついつい同情してしまう [続きを読む]
  • ハミ に注意!
  • 最近 ヒアリ 日本侵入が話題になっている いわゆる毒虫がコンテナに潜んで日本にやってきて 怖い恐ろしいと騒いでいるが 日本にいにしえより生息するマムシ程の恐ろしさがあるだろうか? 当地岡山ではマムシの事を「ハミ」とよんでいる「喰む」から転じたのかな 今年は梅雨が明けたというのにジメジメと湿度の高い日が続く そのせいかどうかマムシがいつもの年より多いようだ つい先日も近所の人がマムシに噛まれて入院した小指の [続きを読む]
  • バーリバーサイド
  • 元広告代理店(サンアド)に勤務していた 吉村喜彦の 「バー リバーサイド」ハルキ文庫を読んでいると サンアドが1970年代全国紙で展開していた 広告 シリーズ 「酒の寓話」を思い出す 執筆陣は和田誠 池田満寿夫 吉行淳之介 ドナルド・キーン等々 豪華な顔ぶれだ この広告を昭和53年単行本化したものを おいら縁あって手に入れた この広告スタッフは品田正平 奥村裕之 桑原圭男ら三氏だったが 吉村喜彦氏も参加していたのかもしれな [続きを読む]