新潟の野鳥・フィールドノート さん プロフィール

  •  
新潟の野鳥・フィールドノートさん: 新潟の野鳥・フィールドノート
ハンドル名新潟の野鳥・フィールドノート さん
ブログタイトル新潟の野鳥・フィールドノート
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/koumisuzume
サイト紹介文新潟で観察した野鳥を写真で紹介.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/11/25 09:28

新潟の野鳥・フィールドノート さんのブログ記事

  • 春の粟島探鳥行(2018-1) ノゴマ
  • ノゴマ 学名・Luscinia calliope 英名・Siberian Rubythroat 4月16日から18日,日本海の離島・粟島へ春の探鳥にいってきました. 撮影画像の整理がついていませんが,第1弾としてノゴマを投稿します. 粟島最終日の朝,海辺近くの藪の中から複雑なさえずりが聞こえてきました. 聞いたことはあるのですが,すぐに名が浮かんできません. 目をこらすと,赤い胸が飛び込んできました. ノゴマでした.ノゴマ 雄撮影日 [続きを読む]
  • スズメ 満開のサクラ
  • スズメ 学名・Passer montanus 英名・Eurasian Tree Sparrow 満開のサクラから,スズメが顔を出しました. スズメ撮影日時 2018.04.13 撮影場所 新潟県新潟市スズメ撮影日時 2018.04.13 撮影場所 新潟県新潟市 今日,春の渡り鳥をもとめて日本海の離島・粟島に渡ります. はたして,幸運の女神は,微笑んでくれるでしょうか. ブログへの投稿は,数日,休ませて頂きます. [続きを読む]
  • 新潟の野蝶 ルリタテハ
  • ルリタテハ タイトルを見て,「新潟の野蝶」?  「新潟の野鳥」の間違いでは,と思われた方,間違いではありません. 蝶に関しては門外漢ですし,野鳥撮影用機材での写真です. タイトル同様,駄洒落と捉えてご容赦ください. 里山,林道のルリタテハ. 道案内をするように,先立って飛びます.ルリタテハ撮影日時 2018.04.12 撮影場所 新潟県新潟市ルリタテハ撮影日時 2018.04.12 撮影場所 新潟県新潟市ルリタテハ撮 [続きを読む]
  • ウグイス 満開のサクラ
  • ウグイス 学名・Cettia diphone 英名・Japanese Bush Warbler サクラが満開でした. ウグイスのさえずりが聞こえてきます. サクラをとるか,ウグイスをとるか? 僕は,やっぱりウグイスです. そして,ウグイスも花より団子です.ウグイス 撮影日時 2018.04.13 撮影場所 新潟県新潟市ウグイス 撮影日時 2018.04.13 撮影場所 新潟県新潟市ウグイス 撮影日時 2018.04.13 撮影場所 新潟県新潟市ウグイス 撮影日 [続きを読む]
  • ヒヨドリ 満開のサクラ
  • ヒヨドリ 学名・Hypsipetes amaurotis 英名・Brown-eared Bulbul 里山の小さな公園のサクラが満開でした. 小さな風でハラハラと舞い散ります. ヒヨドリが蜜を吸います. 冬,雪に埋もれた畑でキャベツを掘り出し,命を繋いだヒヨドリです. 今,サクラに酔いしれています.ヒヨドリ撮影日時 2018.04.12 撮影場所 新潟県新潟市ヒヨドリ撮影日時 2018.04.12 撮影場所 新潟県新潟市ヒヨドリ撮影日時 2018.04.12 撮影 [続きを読む]
  • マヒワ
  • マヒワ 学名・Carduelis spinus 英名・Eurasian Siskin 春の陽気に誘われて,里山を徘徊してきました. 水浴びのため,沢筋に降りてきたマヒワと出会うことができました. お目当てのヤマドリは,ドラミングも聞けず,キバシリのさえずりもありませんでした. コマドリ,コルリにも早かったのですが,一瞬,オオルリのさえずりが聞かれました.マヒワ撮影日時 2018.04.12 撮影場所 新潟県新潟市マヒワ撮影日時 2018.04.1 [続きを読む]
  • ミユビシギ 夏羽に換羽中
  • ミユビシギ 学名・Calidris alba 英名・Sanderling 砂浜に100羽ほどのミユビシギが休息していました. 夏羽に換羽中です. まだ,背中に黒い羽がちらほらと見えるほどですが. もうすぐ,真っ赤に変身して,北へと旅立ちます.ミユビシギ撮影日時 2018.04.10 撮影場所 新潟県新潟市 ミユビシギ撮影日時 2018.04.10 撮影場所 新潟県新潟市ミユビシギ撮影日時 2018.04.10 撮影場所 新潟県新潟市ミユビシギ撮影日 [続きを読む]
  • ミヤマホオジロ 雌
  • ミヤマホオジロ 学名・Emberiza elegans 英名・Yellow-throated Bunting 昨日は,イスカを求めて松林をさまよい歩きました. 姿どころか声さえも聞けませんでした. 出会えたのは,ミヤマホオジロの小さな群れ. そして,この1枚のみ.ミヤマホオジロ 雌撮影日時 2018.04.10 新潟県新潟市 [続きを読む]
  • ウソ 亜種・アカウソ−2
  • ウソ 学名・Pyrrhula pyrrhula 英名・Eurasian Bullfinch 日本で記録されているウソには,次の3亜種があるそうです. 日頃お世話になっている野鳥図鑑から各亜種の特徴を抜粋してみました. はたして,画像のウソは,亜種・アカウソでしょうか?(画像は,全て同一個体です)  ベニバラウソ Pyrrhula pyrrhula cassinii  フィールド図鑑日本の野鳥・文一総合出版」   雄は,頬から腹部にかけて鮮やかな赤色.大雨覆 [続きを読む]
  • ウソ 亜種・アカウソ
  • ウソ 学名・Pyrrhula pyrrhula 英名・Eurasian Bullfinch 日本で記録されているウソには,次の3亜種があるそうです. ベニバラウソ Pyrrhula pyrrhula cassinii アカウソ Pyrrhula pyrrhula rosacea  ウソ Pyrrhula pyrrhula griseiventris 当ブログでは,これまでウソの亜種について触れてきませんでした. 亜種・アカウソと亜種・ウソとの境界がはっきりせず,曖昧な写真しか撮れなかったからです. 今回は,これ [続きを読む]
  • ヤマガラ
  • ヤマガラ 学名・Poecile varius 英名・Varied Tit 甘えたような「ニー・ニー」.  ヤマガラの登場です.ヤマガラ撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ヤマガラ撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ヤマガラ撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ヤマガラ撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ヤマガラ撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ヤマガラ撮影日時 2018.04.03 撮影場所 [続きを読む]
  • ウソ 桜のつぼみを食む
  • ウソ 学名・Pyrrhula pyrrhula 英名・Eurasian Bullfinch 1羽のウソが,桜の花蕾を食べていました. 先駆けて開いた1輪の花のようでした.ウソ 雄撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ウソ 雄撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ウソ 雄撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ウソ 雄撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ウソ 雄撮影日時 2018.04.03 撮影場所 新潟県新潟市ウソ [続きを読む]
  • 新潟の野獣 タヌキ
  • タヌキ 海岸松林近くの草地で,タヌキと出会いました.タヌキ撮影日時 2018.04.02 撮影場所 新潟県新潟市タヌキ撮影日時 2018.04.02 撮影場所 新潟県新潟市タヌキ撮影日時 2018.04.02 撮影場所 新潟県新潟市タヌキ撮影日時 2018.04.02 撮影場所 新潟県新潟市タヌキ撮影日時 2018.04.02 撮影場所 新潟県新潟市タヌキ撮影日時 2018.04.02 撮影場所 新潟県新潟市タヌキ撮影日時 2018.04.02 撮影場所 新潟県新潟 [続きを読む]
  • コゲラ・雄 後頭部の赤い斑
  • コゲラ 学名・Dendrocopos kizuki 英名・Japanese Pigmy Woodpecker コゲラは,ほとんど雌雄同色です. では,どうして雄と雌を見分けることができるのでしょうか. 実は,雄には後頭部の両脇に小さな赤い斑があるのです. 白い側頸の上部付近です. コゲラは,小さい上に軽快に動き回ります. この赤斑を確認することは,なかなか難しそうですね.コゲラ 雄撮影日時 2048.04.02 撮影場所 新潟県新潟市コゲラ 雄撮影 [続きを読む]
  • クサシギ
  • クサシギ 学名・Tringa ochropus 英名・Green Sandpiper  クサシギは,当ブログに初登場です. 新潟では旅鳥で,少数が越冬します. 用水路などで,単独か数羽で行動しています. 警戒心が強く,こちらが見つける前に飛ばれてしまいます. 今回もすぐに飛ばれてしまいましたが,二日がかりで撮影できた1枚です.クサシギ撮影日時 2018.03.31 撮影場所 新潟県新潟市クサシギ撮影日時 2018.04.01 撮影場所 新潟県新潟 [続きを読む]
  • シロチドリ 砂浜の巣
  • シロチドリ 学名・Charadrius alexandrius 英名・Kentish Plover 波打ち際のシロチドリ. 偶然,シロチドリの巣を見つけました. まばらに草の生えた砂浜です. 砂に紛れるように,1個の卵が産んでありました. 決して,捨てられたのではありません.触ったり,近寄ってはいけません. シロチドリは,自分の卵の保護色を信じ切っているのです. 僕も,素知らぬふりをして立ち去りました.シロチドリ 雌撮影日時 2018.0 [続きを読む]
  • ジョウビタキ 雌
  • ジョウビタキ 学名・Phoenicurus auroreus 英名・Daurian Redstart 「ヒッ・ヒッ」. 馴染みのある鳴き声です. まだまだ蕾の桜の枝に,ジョウビタキの雌が. この頁を書くにあたり,これまでに投稿した「ヒタキ科」カテゴリーの記事を読み直しました. 驚きました. ジョウビタキの記事がなかったのです. ジョウビタキは,代表的な冬鳥です. あまりにも身近なため,等閑にしてしまっていたようです. ゴメンナサイ. [続きを読む]
  • スズメ 巣材集め
  • スズメ 学名・Passer montanus 英名・Eurasian Tree Sparrow 春です. スズメが巣材を集めていました. 近くの東屋の隙間に,枯れ草と羽毛で作られた温かそうな巣がありました. もうすぐ,賑やかなヒナたちの鳴き声で満ちあふれることでしょう.スズメ撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市スズメ撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市スズメ撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市スズメ撮影日時  [続きを読む]
  • ハシボソガラス 巣作り
  • ハシボソガラス 学名・Corvus corone 英名・Carrion Crow 緑の芽吹くヤナギの木で,ハシボソガラスが巣作りをしていました. ペアが木の枝を運んできます. 枝の置き場所を慎重に選び,組み換えます. 時々,巣の上で座り心地を確かめます. まだまだ,土台の段階です.ハシボソガラス撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市ハシボソガラス撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市ハシボソガラス撮影日時 201 [続きを読む]
  • コガモ 交尾行動
  • コガモ 学名・Anas crecca 英名・Teal コガモの交尾行動をはじめて観察することができました. コガモの交尾行動は,雄と雌が向き合い,互いにお辞儀をするように頭を上下させる行動(ポンピング)ではじまります. 次に,雌が体を伸ばして交尾の受け入れ姿勢をとります. 続いて,雄が雌の背にマウントし,雌の後頚の羽毛を嘴でくわえます.  マウント状態が安定したところで,雌が尾を水中から出して一方に傾け,雄はそ [続きを読む]
  • スズメ 黒い嘴
  • スズメ 学名・Passer montanus 英名・Eurasian Tree Sparrow 春です. スズメの嘴も黒くなりました. 心なしか,羽毛の艶も増しているように感じられます.スズメ撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市スズメ撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市スズメ撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市スズメ撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市スズメ撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市 [続きを読む]
  • アオサギ 巣作り(3)
  • アオサギ 学名・Ardea cinerea 英名・Grey Heron 小さなアオサギの繁殖コロニーでは,巣作りが終盤に入ったようです. 杉の天辺に作られた巣は,枯れ枝を組み合わせただけの粗末なものです. この巣で,新しい命が育まれるのです. 近くに住む方のお話では,7月には巣立っていくそうです. アオサギ撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市 アオサギ撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市 アオサギ撮影日 [続きを読む]
  • ハイタカ 飛翔
  • ハイタカ 学名・Accipiter nisus 英名・Eurasian Sparrowhawk 所々に雪が消え残る里山を徘徊してきました. 暖かな春の日差しでした. 青空を背に,ハイタカが姿を現しました. ハイタカは,旋回しながら上昇し,さらに山の奥深くへと消えていきました.ハイタカ撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市ハイタカ撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市ハイタカ撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市ハ [続きを読む]
  • トビ
  • トビ 学名・Milvus migrans 英名・Black Kite  トビは,身近な野鳥です. 最も目にしやすい猛禽です. でも,注意を向ける人は少ないようです. 古く日本では,年老いたトビが天狗になると信じられていたことをご存じですか.トビ撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市トビ撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市 [続きを読む]
  • タシギ 春の光
  • タシギ 学名・Gallinago gallinago 英名・Common Snipe 春の光を浴びて,タシギたちが微睡んでいました. 住宅地の中で,わずかに残された小さな田圃です. この楽園も,今年が最後かもしれません.タシギ撮影日時 2018.03.20 撮影場所 新潟県新潟市タシギ撮影日時 2018.03.20 撮影場所 新潟県新潟市タシギ撮影日時 2018.03.20 撮影場所 新潟県新潟市タシギ撮影日時 2018.03.20 撮影場所 新潟県新潟市タシギ撮影 [続きを読む]