ケンペス さん プロフィール

  •  
ケンペスさん: 山雅JAZZ
ハンドル名ケンペス さん
ブログタイトル山雅JAZZ
ブログURLhttp://jazzykita.blog.fc2.com/
サイト紹介文共にいこう!one soul brothers!
自由文アルウィンに魅せられて東京ヴェルディの地元稲城市から
松本に移住し、松本山雅FCを応援しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2014/11/26 00:58

ケンペス さんのブログ記事

  • 哲生さんやオグちゃんや平ちゃん、そして鐵ちゃん!
  • 哲生さんだったりオグちゃんだったり平ちゃんだったりまたまた平ちゃんだったりMCの遍歴はあるけれど、山雅のキックオフイベントは、毎年山形村のアイシティ21で開幕前に開催されると!イベント慣れして舌も滑らかな鐵戸アンバサダーがMCであるぞよ。では、早速動画をお楽しみくださいっ!GK、DF陣が退場しMFとFW陣に入れ替わります。選手の出番が終わり、反町監督が登壇です!ガチャの乱入〜。熱 [続きを読む]
  • 注文時にご提示願います
  • 商店で販売促進のアイテムとしてよく用いられるのは、割引券やサービス券の類。飲食店でもお客にまた来店してもらいたいと、レジで渡されたりする。次回行くときにこの券を持っていけば、料理や飲み物が定価より安くなったり、ちょっとしたデザートなどが無料で付いたりする。飲食系フリーペーパーや本屋で売っている雑誌などに折り込まれてたりもする。サービス・割引券(長いから略して「サ割券」ね)、お客がお得感を喜んで [続きを読む]
  • 焼肉大好き山雅戦士
  • 諏訪湖の御神渡りを観てから訪れたのは、諏訪大社の下社秋宮です。手水舎は鳥居の左手にもありましたが、ここはお湯が出ていて、あ〜!温いわ〜ぁ。神楽殿で祝詞が上げられているようですが、、結婚式の最中でした。おめでとうございます。重文の拝殿でお参りをする人々。出た〜ぁ!御柱〜。一度は観てみたい御柱祭。次に行われるのは、平成34年か。元号は代わっているけどね。下から見上げると御柱の大きさが [続きを読む]
  • 辿りたい人々
  • 一昨日は友人一家が泊まりにきて調子に乗って呑み過ぎて寝たのが、午前3時半。。久々の二日酔いになり家でボぅっと過ごしたが、十分睡眠とって復活の12日、出掛けた先は諏訪湖です。5年振りに出現したという「御神渡り」を観に来ました。赤砂崎公園に車を停めればすぐそこに!この桟橋には入れません。氷はこんな厚さ!横に走っているのが、例のですね!おぉ、初めて観た〜。休日とあってすごい人出です。でも [続きを読む]
  • 脳髄が揺さぶられる
  • 「ダークタワー」を観て来た。スティーヴン・キング原作のアメリカ映画。我は手で狙い定めぬ。手で狙う者、父親の顔を忘却せり。我は目で狙いを定める。我は手で撃たぬ。手で撃つ者、父親の顔を忘却せり。我は気で撃つ。我は銃で殺さぬ。銃で殺す者、父親の顔を忘却せり。我は心で殺す。キングが作家デビューする前の大学生のときに着想を得ていた壮大な物語。第1作が完成するまでに要した時間は、12年。日本では第1作の [続きを読む]
  • 我が道を往く店員
  • 渋谷のコンビニで出勤前に朝飯のおにぎりを買ったときのこと。レジにはバイトらしき若い女性店員がいた。その女性は私におつりを渡す際に他人の手には触れたくない潔癖症なのか、小銭を手の平に落とすように渡したのでちょっと無礼なんじゃないかと嫌な気分になった。その後も何回かその店で買い物をしたが、レジの子はいつもそのように釣銭をつまんでは落とすので、俺の手は汚くないよ!と不快になり行かなくなった。釣銭を [続きを読む]
  • 穂高あめ市トークつき
  • 今年になって2回目の訪問。でもこの前来たときには、開店していなかったので入れなかった。昨日はやっていたー!安曇野穂高にあるラーメン屋「丸一」アレ、メニューが替わっていますね。みそラーメンが新たに加わった。好物、好物〜。フフ、相変わらず営業日・時間は、不定ですか。この日電話をかけてきてから3名が来店してた。 ここにも新メニューが!気になる「どうずらあめん」。通のお客さんは書かれていない裏メニュ [続きを読む]
  • 薪もいろいろ
  • 先日、松本市波田の業者から仕入れた薪が屋外に置かれたままになっているので、倉庫内に運ばなければならない。でも、既存の薪棚はほぼ一杯で入れるスペースがない。左の6区画には最初に購入した薪。真ん中の2つは、リフォーム工事の際に出た廃材、焚き付け用にしている。右下4区画は2番目にネットオークションで買った薪を積んである。棚の反対側には、雑多な物品や不用物などが置かれているだけなので、ここを片付けて [続きを読む]
  • 灯り替え
  • ネットなんぞでもいろいろ探していましたが、ビクトリアンクラフトにあったこのランプに決めました。 客室となる和室の電燈を今のものから替えます。ソケットを付け直さなければいけないので、必要な工具と材料も買いました。ランプシェードと一緒に買ったソケットとコード。このままでは付けられない。左側の中間にある丸い器具をはずして、コードを少しカットしてシェードに通す作業。まずこれを緩めて外す。付け直す [続きを読む]
  • 生活感やら距離感
  • 天下の名湯と誉れ高い群馬の草津温泉に一度だけ宿泊したことがある。手ごろな温泉宿をネットで探して「ぬ志勇」という旅館に泊まることにした。湯畑にほど近くすぐに場所がわかり玄関を入る。帳場があったかどうかは記憶にないが、入っても従業員の姿は見えなかった。右手には階段があって、その傍にはベビーカーが置かれていた。大きな宿ではなく家族経営っぽい旅館であったが、階段脇には他の日用品も積まれていて、この旅館の雰 [続きを読む]
  • 薪盛り
  • アルウィンで知り合った朝日村のK林さんに紹介された業者さんから薪を仕入れました。今季から焚き始めた薪ストーブに使う薪ですが、いまのところ週末に火を入れるだけなので在庫は十分にあるのですが、棚に隙間があるとつい不安になってしまうこともあり。。2tトラック1台分で4万5千円。毎日焚くようにしたら、この分量で何週間ぐらいもつのでしょうかね!?このまま野ざらしには当然できないので、倉庫を整理して中に積 [続きを読む]
  • キセキの葉書
  • 山雅のシーズンオフによく訪れる映画館、塩尻にある“東座”。先週の日曜日に久しぶりに観に来ました。実のところスティーブン・キングの「ダークタワー」を観たかったのだけど…。デカ長はこの手の映画に興味ないということでイオンモール松本ではなく、こちらへと。ウッチャンが監督主演した「金メダル男」は、この東座で撮影されました。映画少年だったウッチャンの琴線にも触れた名画座の東座です。田中初美さんが描 [続きを読む]
  • 冬のご馳走
  • 今季初来店の “かつ玄麓庵”。お目当ては牡蠣フライであります。まだ雪が残っていますね。頭上に注意して入ります。重厚な日本家屋の店舗です。古民家マニアには堪らない空間。囲炉裏のある帳場。いらっしゃいませ〜。厳冬の陽が差し込むテーブル席。自家製のおしんこがまた絶品なのです。おしんこだけで結構満足してしまう。あ〜、お茶が美味しいわぁ。いつもは牡蠣3個を頼みますが、今日は贅沢に4個 [続きを読む]
  • ギンギラの目がいいわ
  • 山雅の始動日、初練習には毎年のように行っていましたが、今年は風邪を引いてしまい断念。練習3日目の1月16日にかりがねに行ってきた模様を。山雅で7季目の指揮を執ることになった反町監督。ありがたいです!懐かしい顔も見られてどんなシーズンになるのか、ワクワクします!昨年、そのまた前年の悔しさを胸に闘いに挑む緑戦士たち。帰ってきた岩上。愛媛から移籍の藤田。ツラ構えがとてもいい中美。星原も [続きを読む]
  • ほんとうに聴きたいのですか?
  • 店で流す音楽を売りにしている喫茶店の代表格は、名曲喫茶とジャズ喫茶である。ロック系の喫茶店もあったりするが。私はジャズが好きで、ジャズ喫茶にはいくつもの店に行ったことがあるが、クラシックを流す名曲喫茶には一度しか入ったことがない。その店は、吉祥寺にある“バロック”。ジャズ喫茶の老舗“メグ”の隣にある店である。いつもならすんなりとメグに入るところであるが、この日(カミさんが実家に帰っていて [続きを読む]
  • カウンター席と常連客
  • 新規開店してまだ1年ほどのカフェが松本の街中にあって、前を通る度に気になっている。古材やアンティークな調度品を使用した趣味の良い内装が伺え、一度入ってみたいのだけどなかなか入れないでいる。通りしなに開いているドアから中を覗けば店員と目が合ってしまうこともあり、そんな時はちょっと散歩してます風情を装ってやり過ごしてしまう。店員がニコっと笑いかけてくれたら入店する誘い水にもなるが、通行人への営業スマ [続きを読む]
  • 芭蕉で喰らう
  • うちの近くにある料理屋 “芭蕉” で食事をしました。普段は喫茶店ですが、冬季には蟹懐石の店に様変わり。なかなか予約が取れず、キャンセルがあったのでどーぞと。入るのは初めてです。とにかく建物がすごい。重厚な造りの日本家屋。大黒柱も半端ないっ!住居だったということではく、店舗用に建てられたそうです。個室に通されました。襖に張られた紙がまたなんとも歴史を感じさせられます。お隣は会社の新 [続きを読む]
  • カフェ 凡凡舎
  • 昨年にオープンした喫茶店に行ってみました。安曇野にある“凡凡舎”。建設工事をしているときは一般の住居なのかとも思っていましたが、喫茶店だったのですね〜ぇ。店内に入ると正面にカウンター席があり、その奥が厨房になっています。角の眺めのいいテーブル席に座ります。さすがに初々しい雰囲気です。来てみようと思ったのは、薪ストーブが置いてあったから。山麓線に沿った立地です。向いは国営アルプス安 [続きを読む]
  • 大吉ヒロキ
  • 今年もやってきました山雅だるまの季節です。スポンサーのアルピコさんの計らいで松本バスターミナルビル(旧アリオ松本)でトークショウも。12時半にだるまの販売で、10時からガンズが大行列〜。ガンズくんもやってきたぁ。ファンサービスして回るガンズくん。ガンズチビズにサインをねだられそつなくこなすガンズくん。大きいのやら小さいのやら飛ぶように売れていく山雅だるま。だるまにもサインだガンズく [続きを読む]
  • 絵筆を持つ水配人
  • 松本市波田に住むあべおさむ画伯から展示会のお知らせをいただいたので観に行ってきました。安曇野のカフェ “縁縁”へ。以前は同じ山麓線のもう少し北方向に店がありましたが、移転して元旦に開店した新店舗。画伯自ら拵えた看板ですね。眺めのいい場所です。アートヒルズの近くです。一般住居に店舗を+リフォームしたのでしょうか。カフェの客席奥にギャラリーがあります。新作も多く展示されていますね。画伯 [続きを読む]
  • 親父の前にご用心
  • 背中に「松本」を背負った法被男衆の後をつけていけば、松本城に辿り着いた。消防車も居並んでいて喇叭を手にした男衆に若干の女衆も。振り返ってみれば、道路に走る車はなく城前広場に仰山の法被姿。そう、出初式なのでした。消防関係者の仕事始めのセレモニーです。お城から千歳橋に向かって行進開始ー。楽団が先頭です。千歳橋の演台に立つお偉いさんに勇姿を見せよう。キリリと歩を進めるー。消防団員80 [続きを読む]