BC30子 さん プロフィール

  •  
BC30子さん: スマートガネデン乳酸菌の真実っ
ハンドル名BC30子 さん
ブログタイトルスマートガネデン乳酸菌の真実っ
ブログURLhttp://smartganeden.com/
サイト紹介文強力すぎるガネデン乳酸菌BC30を軸にした日本初上陸の健康食品の専門サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/11/26 08:47

BC30子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ちょこっとタイムリープ
  • 〔モデル 29才 女性〕別に病気というわけでもなく、心療内科に通わなければならないほどまいっている訳でもなかったのだが、確かにここ最近私が笑顔になることは少ない。悩み、というものがあるわけではないのだが、うっすらと世の中が恐ろしくつまらないものになっていくのを私は確かに感じていた。仕事も、付き合っている彼氏さえも、あらゆるレジャーも。とにかく「少し前までは色鮮やかだった世界が、霧に覆われているかのよ [続きを読む]
  • 「メタボ」と「死の四重奏」
  • 〔モデル 46才 男性〕大学に行きたい、と息子が言い出したこともあって俺はスーパーの仕事が終わってから焼肉屋の厨房でアルバイトを始めた。子供には良い教育を受けさせてやりたい、というのはかねてからの俺の望みでもあったからだ。スーパーの仕事も激務、焼肉屋のアルバイトも激務。ホントに世間は世知辛く、置かれている状況は苦い。ふと振り返ればもう何年もそんな状況だ。そのせいか、どうも味覚が変わってきて最近はよく [続きを読む]
  • 幸せ、だからもっと幸せになりたい
  • 〔モデル 38才 女性〕以前より凛としたオーラを放つようになった隣の奥様が「これが良かった」と言うのだから、その乳酸菌は確かにダイエットや生活リズムの改善に役立つのだろう、多分。私の現状では特に自分が太っていると悩んでいるわけでもないし、主人は照れもせずに私にきれいだと相変わらず言ってくれている。まあ、何年もよくやるわ、と思うけど私もまんざらでもない。つまり私は抱えている問題を解決したい、というより [続きを読む]
  • 女優がもとめる最後のピース
  • 〔モデル 27才 女性〕小さな劇団の中で長年端役しかまわって来なかった私が、いきなり主役に抜擢されたのはもともと主役を演る予定の人気女優がスキャンダルで連絡が取れなくなった事が原因だから、私の実力ってわけではない事は重々承知しているつもりだ。だが、それでも折角つかんだチャンスだからこれを機会に大きくステップアップしたい!と願うのは、職業を問われれば「女優です」と応える者の性、とも言えるのだろう。「本 [続きを読む]
  • 楽しんでこその人生さっ
  • 〔モデル 30歳 男性〕「仕事もレジャーも『可能な限り』楽しむ」。それが僕の考えで、それが良かったのかいろんなことが順調に回っているんですよ、お陰様で。まあ「仕事を楽しむ」なんて言うと、「楽しんでいるうちはまだまだだ!」なんて言う人もいるんだけどさ。。でも、簡単には思い通りにいかないからこそ「楽しむこと」って大事なんじゃないのかなあ、なんて事も結構真剣に考えてたりするんだよね。「あんたも好きねえ。最 [続きを読む]
  • 「老婆の腕」から脱皮したい
  • 〔モデル 22才 女性〕「あなたにはわからないでしょうね!」と叫んで、世間の失笑を買った号泣市議が数年前に話題になったが、似た様な言葉をこっそりと何度も心の中で呟いていた私には、どうにもその人の事を嘲笑うことができなかった。ウェイトレスが私の席に水を汲みに来て、私のがさがさとした手に気づき、ぎょっとした表情を一瞬浮かべては慌てて目線を外した時も私は呟いてしまう。まあ、こんなことは一日に何度もあるのだ [続きを読む]
  • 何は無くともリラックス
  • 〔モデル 29歳 男性〕金融関係の仕事はストレスがたまりやすい。それはあらかじめわかっていたことだったが、生まれて初めて「ぐっすりと眠れない」という事態におそわれた私は、さすがに困惑した。というのも、そういうことを経験したことが今までなかったから。いたって寝つきの良い私はごろっと横になれば朝まで目覚めるということはなかったのだが、最近はちょっとした物音で目が覚めてしまう。そのせいか午後には眠くてしょ [続きを読む]
  • 欲しいのは若い男の目線
  • 〔モデル 47才 女性〕単にそういう年代だから、だろうか?ぶっちゃけた話、私はあの若い男が時折見せてはすぐ引っ込める破廉恥で無遠慮で下世話で失礼極まりないあの目線を自分に集めたい、そしてそれを思う様吸い取りたい、という底なしの欲望に取り憑かれていた。若い頃の私なら、そうした自分を恥じて、時には罪悪感さえ抱いたかもしれないが今の私はそうではない。夫はとうに私を女としては見ていないし、子供はもうあまり手 [続きを読む]
  • 過去の記事 …