ベルン特派員 田山貴子 さん プロフィール

  •  
ベルン特派員 田山貴子さん: 地球の歩き方 ベルン特派員ブログ
ハンドル名ベルン特派員 田山貴子 さん
ブログタイトル地球の歩き方 ベルン特派員ブログ
ブログURLhttp://tokuhain.arukikata.co.jp/bern/
サイト紹介文スイスの首都ベルンをはじめ、スイス各地の情報を発信します!
自由文私のプロフィール写真はどこで撮影されたかお分かりですか!?

バックに見えるのは、1883年にアーレ川上に架けられたキルヒェンフェルト橋(Kirchenfeldbrücke)です。そして、さらに向こうには、アイガー・メンヒ・ユングフラウが見えています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/11/27 17:59

ベルン特派員 田山貴子 さんのブログ記事

  • 最新桜情報〜ベルンのバラ公園のソメイヨシ
  • 昨日、ベルンのバラ公園に行ってみると、はやり、10人以上の日本人がいましたよ。 日向にいれば、暑すぎるほどの陽気でした。 でも、バラ公園に植わっているソメイヨシノの開花は残念ながら、まだまだでした〜 アインシュタイン像があるベンチの向こうはベルンの旧市街とアーレ川。向かって左の木々がソメイヨシノです。 iPhone Xの10倍ズームで撮ってみましたが、絵のようになりましたね。 こんな天気の良い日は、バラ公園の [続きを読む]
  • チューリッヒ州(Zürich)にある野生動物公園
  • イースター休暇最終日の4月2日(月)に、チューリッヒ州(Zürich)にある野生動物公園「ヴィルドニスパルク・チューリッヒ・ランゲンベルク(Wildnispark Zürich Langenberg)」へ行ってきました。  連休最終日で快晴という事もあり、公園は家族連れで大賑わい。 お昼には公園前の駐車場も満車状態でしたので、早めに行かれるか、公共交通機関の利用がおススメです。   さて、敷地面積約80ヘクタールの動物公園内には、ダマジカ、 [続きを読む]
  • 花見:4月7日土曜日、ベルンのバラ公園に集合!
  • 今週末のベルンは、花見日和のお天気になりそうです! でも、もしかしてまだ桜は見頃ではないかもしれません。 4月2日月曜日の様子はこちらです。https://www.instagram.com/p/BhEcrnzF-tK/  花見には、こんな↓お弁当を持って出かけたいですが、首都なのにベルンではちょっと難しい。。。。   このお弁当は、先日、チューリッヒであった「スイスで、スイスから、助けあい 『Care Team Japan』(CTJ)」の総会に参加したと [続きを読む]
  • イースター(復活祭)の楽しみ
  • イースターが行われるのは「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」で、毎年日付が違います。 今年は4月1日(日)がイースターでした。 スイスでは3月30日(金)から4月2日(月)まで4連休で、前後に有給を取って旅行に行かれた方もいたでしょう。 また、イースター連休中に家族や友人とブランチなど食事を楽しんだ方も多いでしょう。  春らしい可愛いデコレーションやイースターチョコレートはこの時期の楽しみですね。 この時期 [続きを読む]
  • スイス・ベルンのソメイヨシノ情報〜
  • 今年の春はスイスも寒暖の差が激しく、春の陽気が訪れた!と喜んだ後の、3月20日ごろはまた寒くなり、雪が降っていました。でも、クロッカスやユリが地面を彩り、スイセンの葉も青々と伸びてきています。 そして、ベルン在住日本人として、私が開花を一番待ち望んでいる花も開花の準備をしているようです。 その花とは、ソメイヨシノ!  そう。スイスの首都ベルンに日本から寄贈されたソメイヨシノがあるのです!  ソメイヨ [続きを読む]
  • スイス・バーゼルで食の世界旅行
  • 今回ご紹介する場所は、スイス北西部に位置するバーゼル (Basel)の「マルクとハーレ (Markthalle)」です。 こちらの場所は、多目的に使用可能な施設で毎日のようにイベントが開催れています。 例えば、音楽のイベント・食のイベント・ヨガランチ・子供服のバザーなどと色々なイベントが開催されている場所です。 その中でもオススメなのは屋台が並ぶ「フードアンビーター (Food Anbieter)」です。 ホール内には、アフガニスタ [続きを読む]
  • スイス在住者にも人気の南ドイツ・コンスタンツ
  • スイス・ドイツ語圏在住者にも人気の場所が、南ドイツのコンスタンツ (Konstanz)です。 今回はチューリッヒ中央駅 (Zürich HB)からの直通電車を利用して、日帰りの旅に行ってきました。 チューリッヒ中央駅からコンスタンツ駅までの所要時間は約1時間20分。 滞在時間は4時間程になりましたが、冬のコンスタンツ観光を楽しんできましたよ。 初めに訪れたのが、コンスタンツ駅から徒歩10分ほどの場所にある、ボーデン湖沿いの水 [続きを読む]
  • 2月のスイス・チューリッヒも凍りつきました!
  • チューリッヒ中央駅 (Zürich HB)前に立てられている、銅像をご存知でしょうか? こちらは、鉄道の父とも呼ばれている「アルフレッド・エッシャー (Alfred Escher)」の銅像です。 スイスを近代化へ導いた人物として、現在でも栄光を讃えられています。 今年の2月下旬は、氷点下の気温が続き最高気温−6度という日もありました。 その影響で、こちらの銅像の下に建てられた噴水も凍りついていましたよ。チューリッヒ中央駅から [続きを読む]
  • リギ山麓町のファスナハト
  • 四旬節前にスイス各地で行なわれる謝肉祭、ファスナハト(Fasnacht)。 今年は既に終了しましたが、バーゼル(Basel)、ルツェルン(Luzern)、ベルン(Bern)の3都市で毎年開催されるファスナハトは特に有名で、大きな盛り上がりを見せます。 大規模なパレードが魅力の3大ファスナハトはもちろん見る価値大ですが、各地で行われる小さなカーニバルもアットホームな雰囲気が楽しめて良いものですよ。 先日はチューリッヒ州ウールドルフ [続きを読む]
  • 街がカラフルになる日、ファスナハト ( 謝肉祭 )
  • 年が開けると始まるイベントが「ファスナハト (Fasnacht)」= 謝肉祭です。 四旬節前になるとスイス各地で行なわれる伝統のお祭りで、かつては宗教的な色が濃かったイベントでしたが、現在では冬を追い払い春を迎え入れる伝統行事として、スイス各地で行われる冬の一大イベントです。 今回はチューリッヒ州ウールドルフ (Urdorf, Zürich)のファスナハトを訪れたのでレポートしたいと思います。 こちらのバッジはスイスドイツ語 [続きを読む]
  • スリルも味わえる室内遊び場が面白い
  • 今回は、スリルも味わえる室内遊び場「スイス・メガ・パーク (Swiss Mega park)」をご紹介したいと思います。  こちらの場所は「スイス・メガ・パーク (Swiss Mega Park)」内の、キッズパーク (Kids Park)とクレッターパーク (Kletterpark)です。 室内には滑り台やジャングルジム、三輪車、ボールプール、登山体験などができる場所が設置されており、子供達が身体を使って遊べる場所になっています。迷路のようになったジャング [続きを読む]
  • 大迫力!チューリッヒ州の恐竜博物館
  • 今回は、大人も子供も楽しめる、チューリッヒ州アータール (Aathal, Zürich)にある「恐竜博物館アータール (Sauriamuseum Aathal)」をご紹介します。 こちらの博物館は、年間10万人以上が訪れる地元の方にも人気の場所。 ヨーロッパでも最大級数のオリジナルの恐竜骨格を所有する博物館です。 入り口付近にはカラフルな恐竜モデルがお出迎え。 中に入るとカウンターがあるので、そちらで入場料をお支払いし、いざ恐竜の世界へ [続きを読む]
  • 東京でスイスについて語りませんか?
  • 来月東京に行っています。 本業の3歳〜高校生までのスイス留学についての説明会や個別面談のためですが、面談の合間や夕食時などにスイス好きな方とスイスのお話ができたらなと思っています。 スイスのサマースクール説明会及びスイス留学個別面談の日程は下記となります。 東京でお会いできそうな方は、スイスへの熱いメッセージを添えて下記フォームからご連絡くださいね。連絡フォーム   ・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・ [続きを読む]
  • お子様向け夏休みサマースクール in スイス
  • 毎年6〜8月に世界中から子どもたちがスイスを訪れます。 子どもたちのスイス訪問の目的は、スイスのボーディンススクール(寄宿学校)が開催するサマースクールに参加することです。 スイスには20校以上のインターナショナルボーディンススクールがあり、その多くが夏休み期間中にサマースクールを開催しています。 サマースクールは、日本や様々な国で開催されていますが、スイスのサマースクールの魅力は、 ・国際色に富んで [続きを読む]
  • ルツェルンで情熱的なオリエンタルダンス
  • 今回は、スイス・ルツェルン (Luzern)でオリエンタルダンスを教えている、ドゥンヤ (Dunya)先生をご紹介したいと思います。 彼女はブラジル出身のスペイン人とポルトガル人の血を引く、国際色豊かな人物。 自国のブラジルではサンバはもちろん、バレエも習ったそうです。 現在はルツェルン州カスターニャバウム (Kastanienbaum, Luzern)にあるスタジオでダンスを教えています。 この日に行われたダンスショーは、彼女の生徒たち [続きを読む]
  • 見ているだけでも幸せなカップケーキ店
  • スイス・ドイツ語圏内にある、とても可愛いカップケーキのお店をご紹介します。 「カップケーキ・アフェア (Cupcake Affair)」は見るだけでもハッピーになれる、とても可愛いカップケーキを販売しています。 可愛いだけでなく、 地球上の環境への影響を最小限に抑えながら、スイスの食材を使用し手作りでカップケーキを作っていると言うところも人気の秘密。 お店はこじんまりとしていて、何気なく歩いていると通り過ぎてしまう [続きを読む]
  • 『天使の山』エンゲルベルクの散歩道
  • 2017年のクリスマスはどのように過ごされましたか? 12月中旬に中央スイスの街中でも雪が降り、2017年はホワイトクリスマスになるかな?と期待をしていましたが、結局12月24日25日は割と暖かく雪のないクリスマスとなりました。 さて、12月25日に中央スイスの名峰で標高3238mのティトリス(Titlis)の麓に位置する村、エンゲルベルク (Engelberg)に行ってきました。 観光地ルツェルンから車で約40分、標高1015mのこの村には以前降 [続きを読む]
  • ベルンの夜のクリスマスマーケット風景
  • 今年のベルンのクリスマスマーケットは既に終了してしまいましたが、12月上旬に撮影した夜景風景をご紹介しましょう。 毎年同じデザインのマーケットイルミネーションサインが迎えてくれます。 マーケットに出店している1店1店のお店が可愛いらしい木の小屋に入っていて、手作りのものがメインで販売されています。   以前ご紹介した特設レストランでラクレットを食べたり、寒い中ホットワインを楽しむことができますよ。http [続きを読む]
  • 大人気!ルツェルンの銘店バッハマン
  • ルツェルン (Luzern)の老舗銘店バッハマン (Bachmann)はルツェルン市内、ツーク、そしてチューリッヒに合わせて19店舗を構える、中央スイスで大人気の洋菓子店です。 店舗は駅構内や駅近、大型ショッピングセンター内とアクセスが良く、朝食用に焼きたてパンを求める人、昼食や小原が空いた際にサンドイッチやパイなど軽食を買いに来る人など時間帯によってはかなり混雑します。  こちらは11月8日にルツェルン州 (Luzern)のエビ [続きを読む]
  • 今年は快晴の下でクラウスヤーゲン
  • 毎年12月5日にルツェルン(Luzern)から電車で約20分のところにあるリギ山(Rigi)の麓町、キュスナハト・アム・リギ(Küssnacht am Rigi)でクラウスヤーゲン(Küssnachter Klausjagen)が行われます。 クラウスヤーゲンは何百年も続いている伝統あるお祭りで、カウベルや角笛などで大きな音を鳴らして悪霊を追い払う土着の祭りと、キリスト教の聖ニコラウス祭りが結びついて発展したものです。 他の村や町でも同じようなお祭りがあり [続きを読む]
  • 魅力がいっぱい!バーデンの児童博物館
  • ≪今回は、チューリッヒ在住のスイス情報.comメンバーからの投稿です。≫ 季節の変わり目で、気温が下がってくる時期ですが、こんな時期には室内で遊べる場所が嬉しいですね。 そこで、今回はスイス北部のアールガウ州 (Aargau)・バーデン (Baden)にある、児童博物館 (独: キンダームゼウム・Kindermuseum)をご紹介したいと思います。 こちらの児童博物館には、家族・玩具・ゲーム・学校・幼稚園などをテーマにした過去と現在の [続きを読む]
  • チューリッヒ国際空港の展望デッキが面白い
  • ≪今回は、チューリッヒ在住のスイス情報.comメンバーからの投稿です。≫ チューリッヒ国際空港は、スイス国内最大規模の国際空港です。 ヨーロッパ各地への乗り継ぎで使用される方も多いかと思いますが、乗り継ぎや家族の出迎え、色々な出会いがあるが国際空港ですね。  今回は、チューリッヒ国際空港内のオススメエリアをご紹介します。 オススメの場所は、こちらの「展望デッキ (独:Zuschuerterasse 英:Observation Deck) [続きを読む]
  • 期間限定、スイスの移動式遊園地!
  • ≪今回は、チューリッヒ在住のスイス情報.comメンバーからの投稿です。≫ 秋の始まりのイベントといえばこちら、射撃大会「クナーベンシーセン (Knabenschiessen)」。 それと同時に開催されたのが、此方の期間限定・移動型遊園地「キルビ (Chilbi)」です。毎年、沢山の子供達で賑わう移動式遊園地、家族連れや友人同士で楽しでいる方が多かったです。 乗り物は、絶叫系の乗り物から幼児が楽しめる乗り物まで多種。 お値段も一回 [続きを読む]