東京昆虫記 さん プロフィール

  •  
東京昆虫記さん: 東京昆虫記
ハンドル名東京昆虫記 さん
ブログタイトル東京昆虫記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kojeee
サイト紹介文都内の片隅に残された自然のなかで生きる昆虫たちの写真 ...Represent Real in Tokyo...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/11/28 22:12

東京昆虫記 さんのブログ記事

  • 晩夏のカトリヤンマ
  • カトリヤンマ ♂Nikon D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED:Mモード F4 SS 1/50 0EV ISO 200+SB-700前回、次女とクワガタ採りを楽しんだ後、カトリヤンマの生息地に訪れると目の前に静止する交尾態を発見!撮影準備万端にしてゆっくりじっくり接近したが、残念ながら気配を察知されてしまい惜しくも高所へと逃げられてしまった。交尾態の撮影を叶えたく再来したが、今回は交尾態に出会えず。。。東京都内の所々に細く分布するカ [続きを読む]
  • 雨上がりのクワガタ採り
  • 朝のうちに雨が止み、天気も回復に向かう予報が出ていた日曜日。次女が一緒にフィールドへ行きたい!と言う事で、状況判断....トンボの観察には難しい天候、でも、クワガタならイケそうと詠み、次女と一緒に通い詰めのコナラ林へ向かった。晴れていれば確実に渋滞している時間帯であったが、この日はすんなり。ノコギリクワガタの御神木Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F2.5 SS 1/400 -0.3EV ISO 400確実にノコ [続きを読む]
  • 秋寄りに
  • 真夏を盛り上げてくれたセミ。ミンミンゼミ ♂Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F4 SS 1/250 -0.7EV ISO 640つい先日まで大合唱が聞けていたと思えば、台風やゲリラ雷雨の影響なのか、近所に棲むセミたちは8月下旬から一気に減った様子にあり、この週末にはクマゼミとミンミンゼミの音は皆無。園路に落ちていたクマゼミ ♀Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F8 SS 1/500 +0.3EV ISO 200ツクツ [続きを読む]
  • 最小記録?
  • この日もトンボ観察を楽しんだ後、コナラ林に向かいクワガタを狙った。通い込むうちに今回はノコギリクワガタがたくさん集まっている木を発見。ただ、ノコギリクワガタが集まる場所は枝分かれした高所の為、撮影距離には至らず。ならばとコナラキック。すると、良型に混じって最小記録かと言った小型をゲット。ノコギリクワガタ ♂Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F4 SS 1/250 -0.7EV ISO 640Nikon D810+AF-S V [続きを読む]
  • 羽化の見納め
  • マルタンヤンマの産卵撮影を堪能後、羽化が見たいという娘のリクエストに応えて、リスアカネの羽化を撮影した場所に急行。すると...ホソミオツネントンボ ♀(羽化後)Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F5 SS 1/1250 +0.7EV ISO 250ここでは7月中旬から羽化が始まり、およそ1ヶ月間継続。前回みられていたリスアカネの羽化は既に終盤。その代わりに見られたアカネ属の羽化は...アキアカネ ♀(羽化後)Nikon D [続きを読む]
  • 超慎重
  • マルタンヤンマ ♀(産卵)Nikon D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED:絞り優先AE F4.5 SS 1/200 -0.7EV ISO 800オナガサナエの活動撮影を堪能した後、毎年、必ずマルタンヤンマの産卵が確認できるポイントを覗くと産卵の真っ最中。マルタンヤンマに限らずヤンマの産卵撮影はとにかく慎重なアプローチが必要不可欠。産卵植物はガマ。産卵場所Nikon D810+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED:焦点距離50mm 絞り優先AE F4.5 S [続きを読む]
  • 明け方の飛翔
  • オスメス両方の飛翔撮影が叶い、それが楽しくて、毎年8月になると通い混んでしまうのが明け方のオナガサナエ。今回は長女と夜明け直後の中流部に訪れた。オナガサナエ ♂Nikon D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED:撮影モードM F3.5 SS 1/400 ISO 1000まだ薄暗い時間帯からホバリングをしながら、産卵に飛来するメスを待ち伏せるオスであるが、自然光での撮影が叶う時までしばらく我慢。観察を続けながら寄れそうなオ [続きを読む]
  • 錯覚
  • このお盆休みは長女とフィールドに出る機会に多く恵まれ、昆虫の生態や、それらと関係している植物の名前を教えながらフィールドワークを楽しんだ。アカボシゴマダラの蛹Nikon D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED:絞り優先AE F4.5 SS 200 -2.0EV ISO 320表面に少し粉が吹いたような感じで白っぽく見えるので、一度、発見してしまえば何てことなくエノキの葉より目立つ。でも、見る角度によっては意外と何処にいるのか [続きを読む]
  • 慎重に
  • リスアカネ ♀(羽化後)Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F4 SS 160 -0.7EV ISO 640夜間に羽化を済ませ羽化殻に掴まりながらいつでも飛べる状態でいるリスアカネ。慎重にゆっくりと湿地内に侵入したものの大多数に飛ばれてしまい、何とかこの個体が飛ばずにいてくれたおかげで撮影に成功。アカネ属に限らず夜間に羽化したにトンボに対して朝に撮影するためのアプローチには慎重極まりない。撮影日:8月13日 [続きを読む]
  • 足元注意
  • 尾根付近を捜索していると、露出したコナラの根から樹液が染みでていて、そこには、カナブン、クロカナブンに加えて、立派な大アゴに魅了されてやまないノコギリクワガタの姿あり。Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F6.3 SS 200 -0.7EV ISO 320+LED Manfrotto ML360前回の記事に掲載したカブトムシと同様に本種も夜行性であるが、こうして日中も活動している姿が見られるとは嬉しい限り。もう一ヶ所にはアカボシ [続きを読む]
  • 樹液場を探して
  • このところ、早朝はトンボの撮影を楽しみ、ひと段落したところで、樹液場に集まる昆虫の撮影がしたく、雑木林へと足を運んでいる。コナラの樹液場Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F4.5 SS 200 -1.0EV ISO 500+SB-700このお盆休み中、あのスミナガシが来ていた樹液場に何度も訪れているが何故かいるのはカナブンのみ。ならばと新たな樹液場を探してコナラ林を汗だくで右往左往。するとようやく、カブトムシ、ク [続きを読む]
  • 再びあの池へ
  • 前回、撮影が叶わずにいたカトリヤンマの羽化を狙って再び池に訪問。K君とともに羽化していそうな縁を探すも発見できたのは羽化殻のみ。Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F9 SS 200 -0.7EV ISO 200前回はホソミオツネントンボの羽化が多数見られていたが、今回はオツネントンボの羽化が多数見られたのでカメラを向けた。オツネントンボ ♂(羽化)Nikon D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED:絞り優 [続きを読む]
  • 早朝のシャローで
  • この日は夏休みで上京したK君と約束していた東京トンボ撮影ツアーを開催。まず、早朝は真夏の河川中流域の定番種として撮影が楽しいオナガサナエの活動にカメラを向けた。シャローエリアで縄張り飛来、ホバリングするオスにカメラを向けるK君。Nikon D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED:絞り優先AE F2.8 SS 2500 0EV ISO 1000被写体との撮影距離に合ったスピードライトの光量設定が微妙で難しいシーン。写真の出来栄 [続きを読む]
  • 公園のクマゼミ
  • セミシーズン真っ最中という事もあり、以前から着目しているクマゼミの見解を楽しもうとメッカの公園に訪問。クマゼミ ♂Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F7.1 SS 100 +0.3EV ISO 320+12"Reflecter午前中を中心に鳴くクマゼミは、午後になると静寂になり、樹木に口吻を突き刺して汁を摂取する個体を多く見かける。また、午後の方が低い位置で樹木の汁を吸う個体に出会える確率が高く、そんな個体を探しては広角 [続きを読む]
  • 公園の人工池で
  • オオシオカラトンボ ♀iphone 6台風一過の週末は次女と一緒に公園で昆虫探し。セミの羽化殻集めを楽しむ最中、夏場しか水が入らない人工池を覗くと、オオシオカラトンボのメスの姿あり。こんな環境池でも飛来するとは感心。鈍感そうな個体だったので、ゆっくり指を近づけ手乗り撮影。撮影日:7月29日 [続きを読む]
  • カトリヤンマの代わりに
  • 昨年のこの時期にカトリヤンマの羽化殻がごっそり見られていた池。Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F4 SS 640 0EV ISO 200今シーズンはここでカトリの羽化撮影をと思い、期待して入ってみたが、その期待にも虚しく残念ながらカトリヤンマの羽化は皆無。。。ギンヤンマの縄張り飛翔が真夏の池を演出してくれていた。諦めず慎重に岸辺付近の植物に目を向けると、嬉しくもカトリヤンマの代わりに羽化していたトン [続きを読む]
  • 朝露の水路で
  • ミヤマアカネ ♂(羽化)Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F4 SS 1/5000 -1.3EV ISO 200朝昼夜問わず気温が高いせいか、早朝に訪れてもすでに羽化を済ませ、羽化殻から離れてしまっている個体ばかりが目立つ中、羽化が遅れた個体がいないか懸命に探すと、ラッキーにも朝日を浴びながら羽化する個体を発見することに成功。ミヤマアカネ ♀(羽化後)Nikon D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED:絞り優 [続きを読む]
  • それぞれの樹液場
  • コナラの樹液場Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F4 SS 1/200 -1.0EV ISO 200+LED ML.360都下のコナラの樹液場にいたのは、スミナガシ、カナブン、アオカナブン、ヨツボシケシキスイ。ここにカブトムシのペアやクワガタにオオスズメバチが隙間を埋めてくれていると理想的な画になるのであるが、なかなかそうした場面には出会えない。クヌギの樹液場Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F8 SS 1/1 [続きを読む]
  • トンボも暑い...
  • 猛暑続きで週末の撮影も午前中いっぱいが限界。炎天下での止水域は避け河川に浸かりながらのトンボ撮影を優先せざるを得ない。ミヤマサナエ ♂Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F6.3 SS 1/500 ISO 160暑さを避けるためにするオベリスク姿勢。こうして腹先部を太陽の方向に向け、逆立ちすることによって、体に受ける太陽光の量を軽減させ、暑さを凌いでいると言われている。実際にじっくり観察してみると、陽射し [続きを読む]
  • ハチラボへGO
  • 今日から9月2日までの間、昆虫展を開催しています。むさしの自然史研究会リーダーである須田研司氏により製作された、繊細美あふれる素晴らしい国内外の昆虫標本がずらりと並び、憧れのヘラクレスオオカブトなどの生体展示あり、また、じゅえき太郎氏によるアートな昆虫画展示、そして、自分からは東京都内、都下で撮影した昆虫写真を、春夏秋冬の内容で32点ほど展示させていただきました。場所:JR渋谷駅西口より徒歩5分渋 [続きを読む]
  • クワガタ採り
  • サナエトンボを観察しながら河川に浸かり、体力が回復したところで、再びクワガタを求め、とあるコナラ林に訪れてみた。Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F3.2 SS 1/320 ISO 200先ずは見える範囲で樹液が出ている箇所を探し、クワガタがいないかチェックをしたものの残念ながら留守。ならばと、片っ端からコナラキックでクワガタを落とす作戦に出た。すると...ミヤマクワガタ ♂Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1 [続きを読む]
  • クールダウン
  • クワガタ採りに行きたいと言う長女のリクエストで多摩方面の雑木林に訪れた。しかし、流石は人気種。行く先々のポイントに先行者の姿ありで全く採れず...山歩きによる体力消耗の回復と熱中症を避ける為、ひとまず河川の流水に浸かりクールダウンしながらトンボを探して撮影を楽しんだ。オナガサナエ ♂Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED:絞り優先AE F10 SS 1/200 +0.7EV ISO 200コオニヤンマ ♂Nikon D810+AF-S NIKKOR 20mm [続きを読む]
  • まだまだ続く
  • ミヤマサナエ ♂(羽化)Nikon D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED:絞り優先AE F3.5 SS 1/1600 0EV ISO 200この河川では5月下旬から8月上旬まで羽化が続くミヤマサナエ。初期に羽化した個体が河川に戻り始めているので、晴れた週末には羽化探しと同時に成熟成虫の撮影も楽しみたい。撮影日:7月1日 [続きを読む]
  • 春から夏へ
  • 谷戸でのトンボ撮影を堪能した後、ウェーダーから私服に着替え、強風吹き荒れる午後に向かったのは多摩ロクト。春の昆虫から夏の昆虫へと展示写真の貼り替えを済ませてきました。多摩六都科学館 第4展示室の壁に展示してありますので、お立ち寄りくださり、見ていただけたら嬉しいです。撮影日:6月30日 午後 [続きを読む]
  • 夏日の谷戸で
  • オニヤンマの羽化撮影を堪能した後、朝から暑い陽射しの中、とある谷戸に潜入。すると...エゾトンボ ♂Nikon D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED:絞り優先AE F4 SS 1/320 -0.7EV ISO 1000+SB-700 発光モード M 1/32飛翔パターンを詠みながら撮影にトライしていると、あれれ...高所に静止。証拠写真レベルではあるが、今年もエゾトンボの記録が叶った。サラサヤンマ ♂Nikon D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED:絞 [続きを読む]