東京昆虫記 さん プロフィール

  •  
東京昆虫記さん: 東京昆虫記
ハンドル名東京昆虫記 さん
ブログタイトル東京昆虫記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kojeee
サイト紹介文都内の片隅に残された自然のなかで生きる昆虫たちの写真 ...Represent Real in Tokyo...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/11/28 22:12

東京昆虫記 さんのブログ記事

  • この冬こそ
  • 徐々に寒さが増し冬に近づきつつあると成虫で越冬するトンボたちの様子が気になる。マムシ、マダニに注意しながら群生するノイバラの棘を掻い潜り、両種がより集結しているポイントを探している最中。オツネントンボ ♀D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDホソミオツネントンボ ♀D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED昨年の冬場は全く発見できずにいたので、今から状況把握に努め、この冬こそ、この場所で越冬個体を仕留め [続きを読む]
  • 風裏の田んぼで
  • 立冬を過ぎてそろそろ終盤と言うこともあり、この土日は両日とも午後からはカトリヤンマの撮影を楽しんだ。土曜日は晴天の最高気温18℃と良好なフィールドコンディション。少し強めの北風が気になったので風裏の田んぼに入った。すると...カトリヤンマ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED風裏という詠みが良かったのか2オスが飛来。時々争う場面も見せ、残った方が田んぼに陣取り、飛翔、静止を繰り返し1時間ほど撮影を楽 [続きを読む]
  • 晩秋の谷戸田で
  • ようやく晴れてくれた三連休はトンボの活動状況を把握したく多摩方面に向かった。前回は残念ながら確認できなかったカトリヤンマに再び望みを託して谷戸田に訪問。ナツアカネ(連結飛翔)D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED見渡すとまだナツアカネの産卵活動が継続中にあり、広角レンズでの撮影を楽しんだ。午後を過ぎるとナツアカネの産卵活動は終了。今回はカトリヤンマの出現となるか?期待を胸に飛来を待つと...カトリヤンマ ♂D [続きを読む]
  • 近所の垣根で
  • ウラギンシジミD810+Sigma 15mm F2.8 EX DG Diagonal Fisheyeハロウィンパーティーの帰り道、中学校を囲むキンモクセイの垣根で発見。夜だったので撮影はせずに持ち越し。翌日は台風の影響で朝から大雨。雨なら移動はないと思い、娘達と傘をさしながら観察に訪れた。少し離れた場所でもう1頭発見。この垣根は越冬場所となっているのかが気になるので再び越冬シーズンにチェックしてみたい。撮影日:10月29日撮影地:東京都区部 [続きを読む]
  • 降り出すまで
  • 週末になると雨や台風...残念ながら撮影には出られずにいた。この週末も台風22号の影響で雨の予報。またダメかと思っていたが土曜日の午前中は持ちそうにあったので、二女を連れ雨が降り出すまで虫探しを楽しんだ。ハラビロカマキリ ♀(褐色型)D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED各種のカマキリの殆どが産卵を終えた様子にあり卵鞘が目立つ中なんとかハラビロカマキリを発見。以前よりも怖がらず虫に触れるようになりつつある二女 [続きを読む]
  • 秋の田んぼで
  • ナツアカネ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED朝から晴れて汗ばむ程に気温上昇。ナツアカネの活動撮影には絶好の条件。期待しながら畦に座り産卵に飛来するペアを待った。ナツアカネ(連結飛翔)D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED午後を過ぎてからようやく飛来。前例に無い個体数の少なさに苦戦したが何とか撮影に成功。産卵は稲刈り前、後、問わず、田んぼとその周辺の草はらで正午前後に行われ、連結またはメスが単独 [続きを読む]
  • 雨上がりの午後
  • アキアカネ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED降り続いた雨が止み午後から回復したフィールドコンディションの中、雨でできた公園の水溜りにアプローチ。そこで素晴らしいホバリングを見せてくれたアキアカネと出会えた。例年この時期なら朝の通勤時やフィールドへ向かう車中からもアキアカネの姿を目撃できるはずなのだが、今シーズンはそうした通りすがりでは殆ど見かけない。今年のトンボシーズンも残り僅かと言う時期な [続きを読む]
  • 中秋の湿地で
  • 午後からは夏にカトリヤンマの羽化を撮影した湿地に訪問。カトリヤンマの出現時刻よりもだいぶ早く到着してしまったが、出現までの間、湿地の現状確認と周辺部の探索を楽しむことにした。すると、ふと目を向けた先に交尾態が静止!!!リスアカネ(交尾)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDまたとないチャンスに息を呑みがシャッターを押した。アカネ属の中でもネキトンボとともに交尾態を見る機会が少なく、産卵写真よ [続きを読む]
  • 河川敷のミヤマアカネ
  • この日曜日はアカネ属各種とカトリヤンマの撮影を楽しみに都下へ。まずは赤トンボの中で一番好きなミヤマアカネの撮影を楽しみに、まだ露が残る朝の河川敷の草はらでミヤマアカネを探索。すると...ミヤマアカネ ♂D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDミヤマアカネ ♀D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED活動休止の時間帯にはこうして草はらに静止。意外と低い位置で露をまといながら翅を休める姿を見せてくれ [続きを読む]
  • 夏から秋へ
  • 本日、展示写真の貼り替えを済ませて来ました。多摩六都科学館 第4展示室の壁に展示してありますので、お立ち寄りくだされば幸いです。今年の東京は残暑厳しい日も少なく、もうすっかり秋といった様子。こうなるとアカネ属とカトリヤンマの活動が気になるところ。これからの週末はそれらを狙いに都下の水辺に訪れたい。 [続きを読む]
  • 余韻に浸る
  • 長野県遠征の余韻に浸かりながら追加の掲載。マダラヤンマ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED気温が上昇した午後には飛翔よりも静止する姿が多く見られていたマダラヤンマ。他のヤンマよりも良く静止してくれるので撮影チャンスが多くあり、それも撮影者から人気を集める要素のひとつかと思う。マダラヤンマがひと休みしている時間帯を利用して、池の周辺を歩きながら他のトンボにもカメラを向けた。オツネントンボ ♀D810+ [続きを読む]
  • 久しぶりのマダラヤンマ
  • マダラヤンマの撮影がしたくなり長野県に遠征。撮影者が多いとの情報から上田市への訪問は遠慮し開拓も兼ねて別の市へと向かった。同行者のK君にスマホのグーグルアースでナビしてもらいながら池めぐり。植生はアシ、ガマ、ハス、ヒシ、ヒルムシロや見たことの無い藻が育生した池もあり、池の見学だけでも楽しい。だが、殆どの池で外来種のブラックバスとウシガエルの生息を確認した事が非常に残念でならなかった。候補の中からマ [続きを読む]
  • 疎らな草地で
  • セグロイナゴ ♀D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED以前にも掲載している種類ではあるがここではウスバカマキリと同時に見ることができるこちらも局地的な草地環境に生息する希少種。河川敷に生息するバッタと言えば、トノサマバッタ、クルマバッタ、クルマバッタモドキ、ショウリバッタなどが代表種として挙げられるが、この日、セグロイナゴと一緒に飛び出したのはこのバッタのみ。ヒナバッタ ♂D810+AF-S VR Micro-N [続きを読む]
  • 見惚れるグラデーション
  • ウスバカマキリ ♂D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED局地的に生息する希少種としての価値がきっかけで興味を持ったウスバカマキリ。希少種としての価値や生息環境の知見は勿論、今は体色に興味あり。特に緑色型のオスが見せるグラデーションーが最高に美しく見惚れてしまう。撮影日:9月16日撮影地:東京都多摩川河川敷 [続きを読む]
  • 林内のカトリヤンマ
  • カトリヤンマ ♂D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED+SB-700引き続きカトリヤンマの行方を探してようやく成熟個体と出会えた。未成熟時には所々に小集団で見られいたので成熟個体も同様かと思っていたが、そうではなく広域に分散しているようで探すのにもひと苦労。 また、成熟個体は敏感でもあり迂闊に近寄れば逃げられてしまう可能性あり。それでも暗がりに静止するカトリヤンマを低感度で美しく撮りたい思いが強く、 [続きを読む]
  • 幸運の緑色
  • コカマキリ ♀(緑色型)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDルリボシヤンマが好みそうな樹木に囲まれた池を巡っている最中に発見。他に誰もいない谷戸で思わず、お!コカマ緑色じゃんか、と叫んでしまった。自分が訪れているフィールドではハラビロカマキリの褐色型よりも出会えるチャンスは少ない。ルリボシヤンマの撮影が叶わなかった替わりにコカマキリの緑色型に出会えるとは幸運だった。撮影日:9月9日撮影地:東 [続きを読む]
  • 山間の池に飛ぶ
  • 細流に棲むヤンマの撮影を楽しんだ後、まだ撮影が叶っていないルリボシヤンマを求めて山間の池を巡った。タカネトンボ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED+SB-700山間にある樹木に囲まれた薄暗い池を好んで生息する種類。ほんの数秒だけ見せるホバリングがシャッターチャンス。しかし、薄暗いといった撮影条件では中々ジャスピンで仕留めるのが難しい。オオルリボシヤンマ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED (トリミン [続きを読む]
  • 細流に棲む虎縞
  • オニヤンマ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDオニヤンマの飛翔撮影を楽しもうと細流に訪れてみたが思いのほか飛翔する個体が少なく撮影できたのは静止姿のみ。意気込んで狙って行くと撮れないのはいつものこと。この細流では年々減少傾向にあるように感じられてならないが、それは全くの気のせいで、たまたま訪れるタイミングが悪いだけであって欲しい。オニヤンマを探している最中、それよりも小型のヤンマが細流沿いの茂 [続きを読む]
  • 入れ替わって
  • 台風一過後、各種トンボの活動に期待して多摩西部方面へと訪れたが期待にも虚しく、トンボの活性が低い様子にあり、残念ながら良い成果は得られず。湿地周辺の林内に潜むカトリヤンマの成熟個体の静止撮影ならイケると思いきや、広域に分散してしまったのか、こちらも残念ながら撮れず終い。そんな状況の中、被写体となってくれたのがこのトンボ。ホソミオツネントンボ ♂D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED前回メスの [続きを読む]
  • 帰り際に
  • シオカラトンボ ♀D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED台風一過に慌ててルリボシヤンマ、カトリヤンマの活動に期待して、多摩西部方面へと訪れるも荒天直後を嫌ってか全く活動が見られず空振り。気を落としながら帰り際に近所の公園を散策。するとシオカラトンボのメスが超ロングホバリングを披露してくれた。PS:明日のザ!鉄腕!DASH‼?に写真が載ります。撮影日:9月2日撮影地:東京都区部 [続きを読む]
  • 縁起悪
  • 溺れるルリボシヤンマ ♂D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED午後を過ぎてからルリボシヤンマが棲む池に訪れた。池を覗き込むと、なんと残念な事にルリボシヤンマが溺死!縁起が悪い光景を見てしまったと思いつつも、別の個体の飛来に期待して待ったが、結局、飛来せず...以前から何故かこのルリボシヤンマとは相性が悪い。今季こそ東京都でのルリボシヤンマの飛翔撮影を叶えたいのだが果たして克服といくのか...撮影日 [続きを読む]
  • 晩夏の林内に潜む
  • ホソミオツネントンボ ♀(未成熟)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDオツネントンボ、ホソミオツネントンボ、カトリヤンマの羽化が見られた湿地に再び訪問。羽化後の行方、生活を知りたく湿地周辺の林内を探索していると枝先に静止するホソミオツネントンボを発見。越冬時と大して変わらないような姿ではあるが晩夏に発見できた事が何よりも嬉しい。冬場この地で越冬個の発見が叶うであろうか?今から楽しみでならな [続きを読む]
  • 晩夏の林内に潜む
  • ホソミオツネントンボ ♀(未成熟)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDオツネントンボ、ホソミオツネントンボ、カトリヤンマの羽化が見られた湿地に再び訪問。羽化後の行方を知りたく湿地周辺の林内を探索していると枝先に静止するホソミオツネントンボを発見。越冬時と大して変わらない姿ではあるが、晩夏に発見できた事が何よりも嬉しい。冬場はこの地での越冬個体の発見に努めたい。撮影日:8月27日撮影地:東京都多 [続きを読む]
  • 晩夏のヤブヤンマ
  • 一日くもりとの予報であったが中流部から移動して谷戸に到着すると暑い陽射しに青空が出始めた。その上空に目を向けるとヤブヤンマの飛翔あり。ヤブヤンマ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED日中に飛翔する姿に出会えるとは思いも寄らずシルエットの撮影を存分に楽しんだ。ヤブヤンマ ♀(産卵)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDこの時期になるとオオルリボシヤンマが見られる人口池に訪れ、様子をうかがってい [続きを読む]