ヴェルネ さん プロフィール

  •  
ヴェルネさん: 愛していた分だけ涙を流そう
ハンドル名ヴェルネ さん
ブログタイトル愛していた分だけ涙を流そう
ブログURLhttp://trypsin.exblog.jp/
サイト紹介文最愛の夫が亡くなりました。見えないけれど夫が傍にいると信じて日々子供達と生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/11/29 00:03

ヴェルネ さんのブログ記事

  • No.397ミディアムシップを受けると決めた時の私の心境・・・
  • 自分で言うのもヘンなのかもしれませんが私たち夫婦は仲良しでした。十数年間の結婚生活、良い事も悪い事もありましたし頭の良い夫でしたが、やはり欠点みたいな所もイヤだな〜って思うところもありました。まぁ、それは「お互いさま」という事で・・・。死別後一年経っていない時に受けたミディアムシップ。夫の気持ちを知りました。夫に愛されていた事が、分かりました。... [続きを読む]
  • No.396 私も娘も・・・
  • 父が入院しました母からそれを聞いた時、ショックで泣いてしまいました。後からそれを聞いた娘も涙を流しました。娘に「お見舞いに行く?」と聞きましたが娘は今にも泣き出しそうな顔になりました。そして、私もあと少しで涙が出るところでした。多分、私もお見舞いすら行けないだろう。悲しくて辛くて・・・あれから実家には連絡を取っていません。... [続きを読む]
  • No.395 彼の苦悩・・・
  • ミディアムシップを終え、次の日は夫の祥月命日でした。それまでは気持ちが落ちる時があり本当に辛かったのですが、この日の朝は、意外な事に普通でした。前日のミディアムシップの事もあったのでしょう。(これについては後日記事にしたいと思っています)いつでも傍にいて、守っているよミディアムシップを受けて、本当に良かった・・・と思っています。... [続きを読む]
  • No.394 誰も・・・救えない・・・
  • 私の字でメモしてありました。「故人を思い出している時は、誰もその人の事を救えない」と。多分、ネットを見ていて、見つけたものでしょう。今なら、それがよく分かります。夫の事を思い出している時、誰も私の事を救えない・・・家族でも知人でもそして、彼でさえも……私の事を救えない今は、そ... [続きを読む]
  • No.393 衝動・・・その後・・・
  • どうしてあの日あの場所行こうとしたのか・・・今も分かりません。先日彼に会った時、それを話しました。彼は「まだ3年だね。よく、頑張ってきたね」と言ってくれました。彼も私も大事な人を亡くしました。彼のほうが気持ちの整理がある程度ついている感じです。まだ寂しさはあるようですが、彼はそれを表に出す事はないです。私はまだ3年。悲しみや辛さはありますがその中... [続きを読む]
  • No.392 衝動・・・
  • 祥月命日まであと僅か。とうとう私の中でカウントダウンが始まりました。お昼頃、とっても辛くなりました。とりあえず、目を閉じてじっとしていました。・・・帰りにどこかへ寄り道をしよう。検索して、場所を確認しました。本気で行こうと思っていました。帰る時にナビに住所を入力しました。ナビが距離と時間を告げました。... [続きを読む]
  • No.391 私は、どうしたい?・・・
  • 先日会った時、彼は「(その日は)イヤじゃなければ、一緒に過ごそう」と言ってくれました。思いがけない彼の言葉に驚きました。一緒に過ごしてもいいかな、と思う自分と一人で過ごすべきだ、と思う自分がいて一体自分はどうしたいんだろう・・・?と今も考えています。夫に対する気持ちと彼に対する気持ちは別のもの。「愛してい... [続きを読む]
  • No.390 夢で逢えたらPart28・・・海・・・
  • これは海なのか?というほど美しい海でした。緑の森のような浅瀬があり、そこから先が断崖絶壁なのか浅瀬がなくなり濃い群青色の海の色になっています。その美しい海沿いを夫と二人で歩いていました。子供達も一緒でした。すぐ近くには駐車場などがあり、車なども走っていましたが、その間を縫うように、巨大なウツボ(!)や魚が泳いで(?)います。・・・ここは現実... [続きを読む]
  • No.389 この時期はやっぱり・・・
  • 夫の祥月命日が近づいています。あ〜・・・やっぱりツライです。辛さを、悲しみを、涙を・・・誰にも見せない、知られたくないって思ったあの日から、何とか生きてきましたが、この時期だけはどうする事もできません。言葉にできない辛さ言葉にできない悲しみ嵐が過ぎ去るのを、じっと待つだけの毎日になり... [続きを読む]
  • No.388 ミディアムシップをまた受ける事にしました……
  • 今月末に3回目の夫の祥月命日があります。先日……ふと、ミディアムシップをやってくれたAさんの事を思い出しました。そして、ミディアムシップをお願いしてみようかな、と思い連絡を取りました。今の状況、私と彼の関係、娘の事、その他いろいろ……。「そう思った時が『その時』」自分の直感を信じ、ちょっと怖い気持ちもありますが祥月命... [続きを読む]
  • No.386 いつか逢えるか?……私と彼の考え……
  • 今日は彼とランチに行きその後は私の車の中でずっと話をしていました。お墓の話になりました。そして、「お墓へ行ったとしても、夫がお墓の中にいるとは思えない」と私は話しました。彼も同じ考えのようでした。そして、彼は私に「再び逢えると、信じている?」と聞いてきました。彼は大事な人たちを亡くした後にいろいろな人の話を聞きに行ったそうですが... [続きを読む]
  • No.385 それぞれの秋への想い・・・
  • 「頑張って乗り切っていこう」いつものように立ち寄った喫茶店でいろいろと話をしていた時に彼が静かに言いました。夫の祥月命日も彼の奥様の祥月命日も秋です。そして、私と彼の誕生日も秋です。お互い辛い月がやってきます。私の中でもカウントダウンがそろそろ始まるかもしれない。私もそうですが、彼の中でも秋は特別な季節。お互い胸中は複雑ですよね。... [続きを読む]
  • No.384 娘、激怒……
  • 娘はtwitterをしています。というより、中学生ってみんなやっているんですよね。で、意外と身元がすぐにバレるという(笑)娘の友達もtwitterをやっていてどうやらもう一つのアカウントを持っているみたいでした。娘は昨日それに気づいたようです。「なんかさ〜『生きている意味がない』とか『死にたい』とかそういう事呟いていて、すっごくムカつく!」... [続きを読む]
  • No.383 立ち直れたのか?吹っ切れたのか?・・・
  • 彼の気持ち、そして、自分の気持ちを分かってしまいました。これは、もう否定できません。私には想像すらできない長い年月を必死になって生きてきたであろう彼、強い人なんだと思っています。私は、まだ立ち直っていないし、吹っ切れていないです。ただ、前を向いて歩き始めている、これだけは言えます。私も彼も一番の想い人は、夫であり亡くなった奥様です。それは、十分分かっています。彼の大切な人たち... [続きを読む]
  • No.382 彼からのコトバ……
  • (亡くなった)ご主人と比べないで欲しいなどうやっても、僕はご主人にはかなわないからまぁ、張り合うつもりはないんだけどね彼に言われました。そう、確かにそうだよね。比べるつもりはなかったけれどどこかで夫と彼を比べてしまっていた……のかもしれません。私の本音をぶつけ、彼なりにそれを受け止めようとしてくれた「僕はあなたの事が好きです」と言ってくれたその気持ちが嬉... [続きを読む]
  • No.381 思わず、本音をぶつけてしまいました……
  • 最近、同じように死別した男性とメールをしています。彼は随分前にお子さんを、そして奥様を次々と亡くしました。ある事がきっかけで、彼からメールがきました。”文章からあなたの心の叫びが聞こえたような気がしたから”と。実際にそのような内容の文章は綴っていなかったのですが、見透かされたようで、ハッとしました。>自分も辛かったけど、今はあなたほうが、ずっと辛い日々でしょう。>今以上... [続きを読む]
  • No.380 頭をポンポンされて、抱きしめられたら、涙が出るよ
  • 5年ぶりぐらいに知人(男性)に会いました。年に数回、メールがあり私の事を心配してくれている事は分かっていたのですが特に会って話をする、という事はありませんでした。しかし、先日「会って話さない?」とメールがあり迷いましたが、会う事にしました。とある場所の駐車場に車で集合し、一台の車に乗ってどこかに行くわけでもなく車の中でずっと話をしていました。彼は夫が生きていた頃、あ... [続きを読む]
  • No.379 「いってらっしゃい」の言葉・・・
  • 息子が久しぶりに帰ってきました。朝も久しぶりに3人で朝食を食べました。朝、私が「じゃあ、(仕事に)行ってきます」と言うと息子が「いってらっしゃい」と言ってくれました。「いってらっしゃい」と聞くのは久しぶりです。・・・娘は「行ってらう○こ(汚い言葉でスミマセン)」としか言ってくれません(滝汗)いつも夫は私よりも先に家を出ていました。「いってらっしゃ... [続きを読む]
  • No.378 そう思っていれば 生きていける そう思えなければ 生きていけない・・・
  • 娘と夢の話をしました。「ねぇ、パパって夢に出てくる?」「時々ね。夢の中でもね、お互いの状況が分かっているんだよね」「状況?」「パパが亡くなっているって事を互いに理解している事」娘は複雑な表情をしました。「パパって近くにいるんでしょ?」「うん、そうみたいだね。前に分かる人にそう教えてもらった」悲しみがじわじわと押し寄せてきて、涙が出てきてしまいました。「……そう思っていれば、○○さ... [続きを読む]
  • No.377 抱擁・・・
  • 欧州のある国に住んでいる従兄弟が一時帰国しました。2年前にも一時帰国しましたがその時私は夫を亡くしてまだ数ヶ月。誰にも会いたくない時期で、私は「用事があるから」と言って会いませんでした。従兄弟は数年前からガンを患っています。「みんなに会いたいから」と家族を連れて帰国しました。奥さんは欧州出身です。17年ぶりぐらいに会いました。「久しぶりね〜」とハグしてくれました。涙、出そう... [続きを読む]
  • No.376 イジメ。一人で父親のお墓に行った娘3・・・
  • クラブ中に途中でトイレに行ってしまったMちゃんの後を追った娘はトイレで泣いているMちゃんを見つけました。娘はクラブが終わるまで外でMちゃんにずっと寄り添っていました。Mちゃんは「自殺しようかと思った」と娘に打ち明けました。それほどMちゃんは追い詰められていました。娘はクラブの終了後、先輩と一緒にその事を指導者に伝えました。その日の帰りの時には挨拶をしても無視され次の日の部活は二... [続きを読む]