岡崎展久 さん プロフィール

  •  
岡崎展久さん: 中学受験必勝法
ハンドル名岡崎展久 さん
ブログタイトル中学受験必勝法
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/k_sakura_net-jhs/
サイト紹介文プロ家庭教師歴30年以上。朝日新聞・アエラウイッズキッズにも、掲載されたカリスマ家庭教師が語る勉強法。
自由文経験30年以上のプロ家庭教師です。「カリスマ家庭教師」として、「朝日新聞」や、「アエラ・ウイッズ・キッズ」にも、取材掲載されました。豊富な経験や実績に基づいて、勉強の仕方や心構えから、実際のスケジューリングなどを、懇切丁寧に説いています。偏差値が急激にアップする指導法は、お母さまたちから「岡崎マジック」と呼ばれています。実地から得られる、受験術が参考になれば、幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2949回 / 365日(平均56.6回/週) - 参加 2014/12/01 02:29

岡崎展久 さんのブログ記事

  • 過去問の最低点と、合格率の目安・・・過去問の掟?
  • 過去問の最低点と、合格率の目安・・・過去問の掟?過去問の得点の見方です。過去問の総合点が過去6年間として合格最低点を①毎年5〜10点上回れば必ず合格します。②3回超えて、3回超えなかった場合もほぼ合格するでしょう。③一回しか超えなかった場合。危ないと思ってください。④一回も越えなかった場合。無理でしょう。志望校を変更したほうがいいと思います。本当のチャレンジ校になります。⑤毎年20点近く超えた場合 [続きを読む]
  • お父さまのメールから・・・
  • 子供は小学5年生です。友人に先生のブログを教えてもらい読ませていただきました。納得のいくお話ばかりで大変勇気づけられました。・・・・ありがとうございます。僕も、そういっていただけると、勇気づけられます。ご友人にもよろしくお伝えください^^ママ解お送りしますね^^ [続きを読む]
  • あと1か月ちょっと・・・
  • なにかの、えにしで、お会いして、受験で、タッグを組んで、やってきました。週に1度、伺っていればほとんど家族のようなものです。いろいろなことがありました。受験が終わると、行かなくなり、お会いすることもなくなります。残念なことですが子供は次のステップに行き、また、次の世界が開けています。僕はお子さんのご多幸を心よりお祈りしています。何かあったら連絡してくださいね。できることならやります。知っていること [続きを読む]
  • 感謝して受験を!?
  • 受験できるのは健康だからです。なんでこんなにしんどいことしなきゃあいけないのか?と思ってしまいますが健康で、ゆとりがあるから受験できるんです。つい、しんどいことばかり思ってしまいますが、五体満足で受験できるなんてある意味幸せということもあります。 [続きを読む]
  • フライ級世界チャンピオン
  • 中国人スターボクサーに勝った日本人。彼が20歳の時、40歳で亡くなったお母さん・・・写真を見るだけで、お母さんが、彼と一緒にいて幸せだったことがわかります。心から彼のことを大事にしていたんでしょうね。お母さんというものはありがたいものです。彼もそれにこたえてチャンピオンになって、ベルトを天国の母に捧げました。 [続きを読む]
  • 配点が書いてない場合
  • 単純に全問中何問正解したかの割合にします。もちろん100点満点として・・・・・・・配点が書いてない学校は基本だめだと思います。情報公開が、原則です。隠すのはなにか、裏があると思います。まともな学校はオープン。 [続きを読む]
  • あの時のママは、ママじゃなかった・・・
  • かなり昔に中学受験をされたご家庭・・・中学受験もすっかり、遠くなって今や平和な毎日・・・今、お子さんがそういうそうです。あの時のママは、いつものママじゃなかった。・・・・お子さんの将来のためにお母様は躍起になられます。・・・・そのおかげで、ママが、頑張ったからこそ、君の今の学歴があるのでは?と、僕は思います。 [続きを読む]
  • 逆比
  • 難しいですね。僕も初めて見た時はよくわかりませんでした。抽象的で・・・子供には距離と、速度がいいと思います。それでも、割合は難しいのにさらに、逆比はしんどいですね。 [続きを読む]
  • 塾を始めたので、
  • 塾を始めたので、四谷大塚に連絡しました。模試とか、提携の件で・・・営業から連絡があると聞いてからもう、5日も経ちますが連絡がないです。それじゃあ、サピや日能研に負けるのも無理はないな。かつて、英単語集・「試験に出る英単語」で、ブイブイ言ってた青春出版が成功に胡坐をかいて今では本屋の片隅に追いやられたのを思い出しました。 [続きを読む]
  • ある少年は・・・日能研の少年
  • 今、学校に、メモチェ理科と社会を持ってきて覚えているそうです。彼は日能研の冬期講習に行かないそうです。・・・・短い時間で、今からできることはメモチェの暗記でしょう。正しい選択ですがもう少し早く気が付けばよかったのにね、と思います。もしかしたら、彼には、家庭教師が付いたのかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 生徒に救われます。
  • 大人になると、みな利害もあって、ひどいことをされて、へこむことも多いのですが子供と一緒に勉強したりくだらない話に興じていると、いつしか自分がとても癒されていることに気が付きます。感謝しています。ほんとです。子供たちに・・・大人では考えられないようなリアクションしますしね。そこつっこむか?^^ [続きを読む]
  • ☆勉強しなければ
  • どんどん成績は落ちます。逆に言うと、やってれば上がります。上がらないなら、やり方のせいです。か、テキストがわるいか?ママなび、ご参考になさってください。岡崎展久 ホームページhttp://happy-juken.jimdo.com/ご注文はホームページからどうぞ。「ママがなびする中学受験」「ママがまってた解答集」 [続きを読む]
  • 桐光の国語・・・説明文・・・人間回帰
  • 高度成長は、みな利己的で、欲望や金を求めていけば必然的に皆、物が豊かになって幸せになれると思っていた。が、物があふれても、幸せになれないことがわかってきた。そこに3.11が起こって人生を見つめなおす動きが出てきた・・・・・・・というような論旨です。小学生にはしんどいですが生徒は、結構正解していました。・・・物欲と、人間回帰の話はよく出てきますね。・・・自分のためじゃなくて人のために生きれば楽になれ [続きを読む]
  • 四万十川の話
  • 四国の小さな町で漁業で細々と暮らしている家庭があります。じゃりを、採石して暮らしを立てている家庭もあります。貧しいので、クラブ活動なんかやってられません。でもそんな子供たちでも自分で楽しみや幸せを見つけて日々暮らしていますが大企業のこせがれは、そんな子供たちを貧乏人、にんぴ人、とさげすんでいます。・・・・職業に貴賎はないと言いますがいじめや差別と同じで自分に自信がないと、貧富や親の職業で、相手をさ [続きを読む]
  • 桐光の国語・・・四万十川の話
  • わかりにくくて難儀しました^^生徒もわからなかったようです。登場人物が、みなかたかなで、紛らわしい。それまでの話が?で、最初から読んでる出題者には当然のストーリー展開ですが僕たちには?です。きっと、筆者の、力もうすい・・・多分実話で、そのまま書くので、筆者には自明の展開ですが他人にはわかりづらい。 [続きを読む]
  • 桐光の国語・・・剣道の話
  • これは面白い。生徒は満点でした。わからぬとこは一つもない。侍のような剣道女子が主人公でリズムもよく、ほとんど僕自身の感覚と同じです。僭越ながら自分が書いたような気になりました。主人公を茶化す男子もぼくと、うりふたつのような・・・このまま、アニメにできそうな・・・きっとこの作者が、読者にそう思わせる力があるんでしょうね。楽しかったです。読解に一点の曇りもなかったです。 [続きを読む]
  • ☆お母様からのメール・・・ママなびのご感想です^^
  • 先日ママなびを購入させていただきました〇〇と申します(小学校〇年生・Z会中学受験コースで勉強中)。有益な情報が満載でとてもためになりました。自宅で学習をしていると孤独に陥りがちで、このやり方で本当に大丈夫かと心配していましたが、たとえ塾に通っているからといってみんなうまくいくとは限らないとよく分かりました。わが家はわが家なりに地道にがんばっていくしかないのだなと、気持ちを新たにしました。おそらく私 [続きを読む]
  • 願書・入学金
  • 入学願書は、受験を一回しかしないのに3回分買わされるみたいですね。・・・・・入学金も、入学しなくてもボったくられることが多いみたいです。・・・・私立は、中高一貫なのに高校の入学金を、取られるとあるお母様がぼやいていました。制服も、変わって買わなければいけない・・・・・・・ひどい話だと思います。水泳部の競泳用水着が5万円とか。 [続きを読む]