The Wine Heat! さん プロフィール

  •  
The Wine Heat!さん: The Wine Heat!
ハンドル名The Wine Heat! さん
ブログタイトルThe Wine Heat!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/my53vin
サイト紹介文オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/12/01 07:13

The Wine Heat! さんのブログ記事

  • パパジイ忘年会♪
  • 好き者親爺の月一持ち寄りワイン会も、この日が今年最後。忘年会も兼ねてということで、さて皆さん何を持ってくるのだろうか?と思ったら、やはりラインナップにストーリーが出来ていた。そりゃ〜足掛け三十年以上もワインを飲んでリャ、忖度もするわいな、ってところ。あいつはおそらくブルゴーニュ、それもグランクリュなはず。で、もう一方のあいつは泡ものでくるだろう・・・てな調子でこんなラインナップとなったわけ。面白い [続きを読む]
  • 2014 ピッチ パーネヴィーノ
  • ワインの希少性について語れば、そりゃーいろいろあると思う。すなわち世の中に数が少ないという理由だけではない、ということだ。この『パーネヴィーノ』もここに来て希少なワインと言っても良いのだろう。で、このワインに関しては、もちろん数も少ないけれど、ワインの唯一無二の味わいがそれに拍車をかけて、そこへもってきて価格的に抑えられているのだ。だからネットを弄くって探してみても、まずは手に入れることが出来ない [続きを読む]
  • 2016 おやすみなさい ドメーヌ・ポンコツ
  • あの『中伊豆ワイナリー』を退職した松岡数人さんが、『中原ペイザナ農業法人』にて『ドメーヌ・ポンコツ』を設立したのが2015年。そのファースト・リリースの巨峰による微発泡『おやすみなさい』を飲んでみた。その日は野菜タップリの鍋などが食卓に並んで、さてさてという感じだったのだが、セラーの下段に手を伸ばして出てきたのがそのワインだったのだ。ココ最近、訳あってニッポンワインを普段の食卓に登場させるのだが、 [続きを読む]
  • 2004 AVE コート・デュ・ローヌ レ・ザフィラント
  • 恐らくこの造り手のこのシリーズは、これが2度目だと思う。たかだかコート・デュ・ローヌなのだが、まるでハタキコミを食らった取的のごとくに、イヤイヤながらも書き込まざるをえないのだ。すなわちそれだけ魅力的なコート・デュ・ローヌだということだ。若き当主のダニエル・ブールは2000年に、ジゴンダスからさほど遠くないトラヴァイアンと言う地所に、家族経営のドメーヌを立ち上げた。もともとはワインメーカーというい [続きを読む]
  • 2015 シャンボール・ミュジニ フレデリック・コサール
  • 知る人ぞ知る自然派の大御所のシャンボール・ミュジニである。買い葡萄の区画は、一つはオー・シャン・ペルドリでラ・ターシュの上の畑。もう一つはデリエール・ラ・グランジェで、仕立てはグラン・クリュに見立てて栽培とのことだ。樹齢57年〜67年のヴィエ・ヴィーニュ。そして畑の土質は粘土質と石灰質とのこと。そこで出来た葡萄を、自然発酵で20日間、そして新樽50%、残り50%は2年樽で熟成させる。マセラシオン、 [続きを読む]
  • 12&13 アッキレ カーゼ・コリーニ
  • 2泊3日の京都、北陸方面へのオトコ一人旅が終わって数日、このタイミングでK子さんを件のイタリアンに誘ってみたところ、応じてくれた。それではということで、この希少ワインを抱えてお邪魔をすることにした。数少ないワインを開けるタイミングは、いわば清水の舞台から飛び降りる心根を連想させる。しかしながら、どうせ数本のワインなのだ、思いとどまって見事なアビナメントの恩恵を逃してしまうことのほうが心残りとなる事 [続きを読む]
  • 旅先のイッカクはナゼ旨い?
  • 60歳からの一人旅、今年で4年目となるのかな。予定は未定で、宿泊場所だけは滋賀の東近江市と決めている。一宿一飯の恩義とは良く言うけれど、こちとら一宿は甘んじて受けるも、一飯は任せとけとなるわけなのだ。今回もこんなアテを保冷器に忍ばせて、件の宿泊場所に伺った。それにこんなワインまで前もって送りつけ、夜はその場所でアテを肴に酒宴となったわけだ。で、送ったワインもまあまあヨカッタけれど、そこの家主が仕込 [続きを読む]
  • 2001 リュリー レ・サン・ジャック ヴィレーヌ
  • ヴィレーヌについての細かな知識は語らず。このワインが実に素晴らしい環境で16年の歳月を経たこと。そしてシャロネーズでありながら、酸味の質が見事で、エキスも充分、それゆえものの見事にメタモルフォーゼがなされているということ。結果、正しく甘露となっておりまする!素晴らしいアリゴテ・・・じゃない、これはシャルドネ!まあそこいらのピュリニーやら、シャサーニュやら、ムルソーやらも、このワインにかかっては吹っ [続きを読む]
  • 2015 エル・ペカド ラウル・ペレス
  • ワタクシにとってのワイン未開の地スペインの、天才醸造家と言われるラウル・ペレスの、至宝との評価の高いこの表題のワインを開けてみた。といってもDOリベイラ・サクラのメンシアは、当方それほど多くの経験は無く、さてこのワインがどれ程の位置付けに置かれるかは暗中模索の感がある。しかしながら世間で流布されているこの噂、すなわち『その霊妙なアロマは偉大なヴィンテージのラ・ターシュをしのばせる。』がモンダイだ。 [続きを読む]
  • 2016 ノラポン・ブラン 農楽蔵
  • 数年前と比べると明らかに手に入れづらくなっているワインです。しかも、とりわけ2016年の北海道地方の気候を考えると、大事に飲むべきワインだとも思う。それでもこのワインについては、それに合う食事があれば飲んでしまうと決めている。それはフレッシュ感がこのワインの真骨頂、加えてオレ的には半年待って秋風が吹き始めるこの季節が最高なのだ。確かに己の割当数本しかない希少ワインだけれど、ワインの風情はそのレア感 [続きを読む]
  • 2002 ラ・ストゥロンヌ ロマノー・デストゥゼ
  • この造り手の、この銘柄を飲んだのは、さて何年前のことだったのだろうか?その当時、ローヌ地方のサン・ジョセフ地区では珍しい、ガメイで造られたナチュールに度肝を抜かれたのを今でも憶えている。当主エルヴェ・スオーはティエリー・アルマンの元ワイン造りの基本を学び、友であるダール・エ・リボでも研鑽を続けたとのことだ。さすれば、自ずと出来上がるワインの素性を想像するのは火を見るより明らかだ。リリース直後に飲ん [続きを読む]
  • 新着、農楽蔵のノラ・ブラン&ノラ・ルージュ
  • 新着と書いたけど、自宅には届くはずもない。というのも、件のその日にオーダーするのを、トンと失念してしまったのだ。そうなると頼みの綱は〇〇酒店ということになるのだけれど、さてどうなるのか?(笑)という感じで、胸突き八丁の心持ちで、いつもの河南ディストリクトのあのお店に足を運んでみたら・・・それが飲めました。何と新着の表題のワインをご相伴に預かってしまったのです。アリガトー!今の時点では、ノラ・ブラン [続きを読む]
  • 2007 スキャマンドル グラン・レゼルヴ VDP フランス
  • このワインは息子がお世話になっている歯科医院の院長夫妻からお土産でいただいたものだ。『スキャマンドル』というワイン名は、その昔どこかで聞いた記憶があったのだが、どうしても思い出せなかった。それもそのはず、それは2004年物を何かの機会に飲んでいたのだが、この2007年物とは全く違うエティケットだったのだ。なので薄れた記憶を辿ってみれば、確かにここの2004年物のグラン・レゼルヴを飲んではいたようだ [続きを読む]
  • 2012 サ・セ・ボン ローラン・ルブレ ACトゥーレーヌ MG
  • グラストさんの1周年の月末立ち飲み会も2日連続通ったけれど、なかなか面白いワインに出会うことができた。特にもこの表題のワインは出色物で、マグナムだけに評判以上に楽しむことが出来た。ともすればナチュール系のロワールのガメイは、やややぼったくなるものだが、ここのは違う!口当たりの良い飲み口で、優しい渋みと、ジュワッと広がるエキス、そしてそこに適度な酸味が下支えをして、自然派御出汁系の底味が見事に展開を [続きを読む]