rock_et_nothing さん プロフィール

  •  
rock_et_nothingさん: rock_et_nothing
ハンドル名rock_et_nothing さん
ブログタイトルrock_et_nothing
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/rock_et_nothing
サイト紹介文アートやねこ、本に映画に星と花たち、気の赴くままに日々書き連ねていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/12/01 11:28

rock_et_nothing さんのブログ記事

  • ブラジルの国立博物館消失
  • なんとも残念極まりない映像が、テレビの画面に映し出されていた。ブラジル、リオデジャネイロにあるブラジル国立博物館が、猛烈な炎に包まれて全焼し、2000万点以上に及ぶ貴重な収蔵品が失われてしまったのだ。原因は、漏電によるもので、オリンピック後予算を大幅にカットされて、建物施設の老朽化と消火施設の不備が改善されなく、最悪の事態に至ったらしい。たとえ詳細なデーターで残してあったとしても、オリジナルの持つ貴重 [続きを読む]
  • 枝垂桜、逝く
  • 今朝、チェーンソーの音が辺りを切り裂くように唸りをあげていたのは、枝垂桜を切り倒し、運びやすいように裁断していたからだ。毎年美しい花で、私たちを楽しませてくれた枝垂桜が、逝ってしまった。いや、正確には、今年の花が終わってまもなくに、突然枯死していたのだが。その原因は、よくわかっていない。病気でもあったし、虫もついていたけれども、まさか枯れてしまうほどではなかったように思う。偶然であろうが、同時期に [続きを読む]
  • ちびっ子ヤモちゃん
  • 「おーい、早く来て」と、家人の呼び声が階下でした。料理真っ最中だった私は、「すぐ行かなきゃだめなの〜?」と返すと、「ちっちゃいヤモリが居るから見においで」と家人。ガスの火を止めて急いで階段を下りていくと、体長5センチほどのヤモリが、玄関の壁に取り付いていた。ヤモちゃん1号などと比べてみると、若干頭が大きいようだ。頼りない小さな体でも、壁にしっかりと張り付いている。我が家の南側を縄張りとしている、ヤモ [続きを読む]
  • 続報 ヤモちゃん1号
  • 食事中ひたひたひたくねっとな今夜も来ました、ヤモちゃん1号。明かりに寄ってくる虫たちを狙って食べ放題。もりもりと虫を食べまくるさまは、生命力に溢れている。そういえば、義母の台所の窓にもヤモちゃんが棲みついていて、もしかするとヤモちゃん3号となるのかもしれない。ヤモリたちに棲みやすいということは、ここは結構いい環境なのだろうと、うれしい気持ちになるのだった。 [続きを読む]
  • ヤモヤモヤモちゃん2号
  • 昨夜、階段の小窓にヤモリちゃんがいた。忍者のごとく網戸のフレームと窓枠の隙間に隠れていたけれど、ぴらりとはみ出た後ろ足が、どうにもこうにも違和感をかきたてて、存在感を消しきれないでいた。まったく、ヤモちゃんだから仕方がないか・・・でも、せっかくだから、写真を撮らせてもらうとしよか。そういえば、今日はヤモちゃんデーだな。キッチンの北窓にもお仲間ヤモちゃん1号が来ていたし・・・写真を撮ってからしばらく [続きを読む]
  • 今日のあれこれ
  • 今日も暑かった。何もしなくてもじっとりと汗をかくような、蒸し暑さ。お墓参りをした。昨日の夕方のあのいきなりの雷、そして小一時間絶え間のない発雷、土砂降りの雨で、お参りできなかったから。米の精米に行く。畑へ撒くために、米ぬかも持ってきた。気をよくして、またカップケーキをちょちょいと作った。もちろん、クラッシュアーモンドを混ぜ込んだ生地に自家製ブルーベリージャムを入れて。スナック系、つまりしょっぱい系 [続きを読む]
  • 幸せなチョコチップ入りカップケーキ
  • 夏休みでお盆休暇だから、普段できにくいことをした。お手軽にホットケーキミックスを使って作る、カップケーキだ。3時ごろ、ふとひらめいたカップケーキ作り、でも台所はまだ32度と過酷な状況で迷いが生じた。少しの間ぐずぐずと決めかねていたけれど、気合を入れて立ち上がって、いざ台所へと向かう。作り始めたら物の30分もしないうちにできてしまい、まだ荒熱も抜けないうちに、子供たちと試食する。甘いにおいをかぎつけ [続きを読む]
  • うへぇ〜苦っ!なんてこったズッキーニ!!
  • 黄色いズッキーニの入った夏野菜スープを作った。それを見て、レモンが入っているスープなの?と家人は言い、黄色のいちょう切りにされたズッキーニを口に運んだ。あれ?ズッキーニって苦かったかな?私は、昨日たまたまネットで目にした、「ズッキーニで食中毒注意」の記事が頭を過ぎる。ちょっと待って、ズッキーニが苦いはずはないから、食べるのやめて!もしかすると毒をもっているかもしれないって、昨日ネットで見た気がする [続きを読む]
  • ○○ブルーって名のブルーベリー
  • 我が家にあるラビットアイ系ブルーベリー、ティフブルー、ブルーシャワー、オレゴンブルーたちが熟してきたので、週に2回ぐらい収穫をする。これらのブルーベリーは、黒ずんだ紫色の果実の表面をうっすらと被うブルームが美しい。葉も小ぶりで灰緑色や若竹色をし、未熟な実は萌黄色から桜色へと変化して、樹そのものも鑑賞に十分に堪えうるものだ。あまりに美しく可愛らしいので、写真に収めたかったのだが、気持ちの余裕がなさ過 [続きを読む]
  • 朝にカメ
  • 通勤途中、我が家に程近い道路の中ほどにカメがいた、クサガメだ。朝とはいっても、じりじりと照りつける太陽とアスファルトの上という過酷な状態と、何よりも交通事故に遭う危険性がダントツに高いので、車を止めて道路脇の土の上に移動する。それは、甲羅の長さ20センチ以上の大きく立派なクサガメだが、この付近は川も池もない高台なのに、どうして道路の真ん中を横断しようとしていたのだろうか。このところ雨もなく、畑の土は [続きを読む]
  • 今から楽しみなクリムト展
  • まだまだ先のことだが、来年の4月23日から7月10日にかけ東京都美術館において、没後100年クリムト展が開催されるらしい。かなり期待し、大いに待ち遠しい。かつてウィーンを訪れたとき、どうしたことか、なんと分離派会館(セセッション館)へは行かなかった。時間に余裕がなかったのもあるけれど、風邪をひいて体調が思わしくなくなったのが一番の原因。それ以来、ウィーンを訪ねる機会は訪れず、クリムト三昧は叶っていない。彼 [続きを読む]
  • 日に日に大きさを増してくる火星と酷暑
  • 火星が、赤く輝いている。今月の31日、地球に再接近するため、いつにも増して目立っているのだ。つい先ほどまで見えていた火星は、雲に阻まれてその輝きを目にすることはできなくなっている。嗚呼、夜にかかる雲の憎らしいことよ。昼間の熱がそのままに蓄熱されて、それが累積されるのだ。エアコンのない部屋では、命が危険にさらされている。一日中窓を開け放しておいても、壁も家具も床も冷えることがない。世界各地で異常気温が [続きを読む]
  • 蝉時雨だけ・・・
  • アブラゼミが、この焼け付くような暑さに張り合って鳴いている。きっと、ミンミンゼミが、ちらほら鳴き出したからなのだろう。どちらにしても、一ヶ月ほど早いのだが。昨晩は、ヤモリちゃんがキッチンの窓にやってきて、上手に虫を捕らえ食事をしていた。少し見ない間に、狩りの腕前が上がっている。焦って動いたりしないで、じっと獲物が目の前に来るのを待つか、じりじりとゆっくり姿勢を変える技術を身につけていた。生き物は絶 [続きを読む]
  • 夏らしくモビール
  • 小さい人(もう私と同じくらいの大きさだけれども)のリクエストで、シルバーのワイヤーを使い鳥:カモメのモビールを作った。もっとも、以前からワイヤーを使った何かしらを作りたかったのだが。金属だけれども、線であることで軽やかさを演出できるワイヤーは、とても魅力的だ。この素材とほかの素材を組み合わせて、いろいろなイメージが湧いてくる。また、何かしら作ってみよう。そうしていると、心が少し満たされてくるから。 [続きを読む]
  • 続モビールと夕焼け
  • モビール 涼やか金魚お暑うございます。西日本豪雨による甚大な被害を受けた方々に、心よりお見舞い申し上げます。現在午後10時25分、蝉がやっと活動できると、力を振り絞って鳴いております。今年の暑さは、早いうちから全開モードです。先の週末に作ったモビール、見た目の涼を醸したいと願ったものです。心のダメージを軽減するのに一役かっています。今日の夕焼けは、空も景色も紅に染めていました。たぶん、久しぶりの茜空だ [続きを読む]
  • ホッホ ホッホ と鳴くはふくろう
  • 昨夜、暑いので網戸にしていた。すると、程遠くないところから、「ホッホ ホッホ」となにやら音が聞こえてきた。ふくろう?なのか、夜の静けさを縫って柔らかな音が、いつまでも続いている、その鳴き声は、まだどこか頼りなく、少し遠慮がちだ。若い鳥で、鳴き慣れていないのだろうか。どのようなふくろうが鳴いているのか確かめたいけれど、夜だから、その姿を確かめることは難しい。しかし、こうしてふくろうの鳴き声が聞けたの [続きを読む]
  • 蝉が暑さ到来をお知らせいたします
  • 蝉が鳴き始めました。現在、まだ当地の気温は25度ですが、明日あたりから、本格的な暑さがやってきそうです。熱中症になる危険性が高まります。こまめな水分補給、適切にエアコンを利用して、熱中症予防に気をつけましょう。蝉は、夏らしさを演出するために、より一層賑やかに音を奏でていきます。皆様も、蝉の音楽を楽しみながら、夏を満喫してください。・・・あぁどうにもこうにも苦手な季節が、すぐそこでこちらを見ている。 [続きを読む]
  • 積年のモビール
  • モビールを作りたいと、ずっと思っていた。だから、身近なものでささっと20分、いや、そうだったのだけれども。でも、折り紙金魚の、魚らしくゆらゆらと宙をたゆたう感じ、結構いい。気合の入らないところもいい。いつかは、もちろん渾身のモビールを作ってみたいけれど、今はこれで充分だ。この、不規則気ままに揺れる感じ、心が和んでいくよ。 [続きを読む]
  • ジャズボーカルがね・・・
  • Julie London - Fly Me To The Moonこのところ特に、ジャズボーカルはヤバイ。たぶん、精神労働のためだと思う。癒しの効果もあるけれど、それはいったん心を泣かせてからのことだ。車の運転中、不意にラジオから流れてくるともううるうると涙が溢れそうになる。スタイル優先のイメージでいくと、薄暮のテラスで椅子にゆったりと座り、グラス片手に聴いたなら、心は緩やかに確実に回復していくことだろう。ジャズボーカルの治癒力 [続きを読む]
  • 最近のカレー
  • 最近作るカレーは、スパイスの薫り高いインドカレー。日本風のカレールーは使わないで、かといって自分で各種スパイスを調合するわけでなく、インドのMDH社製チキンカレー用スパイスミックスとSBのカレー粉メインに、ターメリック、コリアンダー、ターメリック、シナモンを気分で追加して作る。あっさり目のこれが、家族にかなり受けて、以来ドライカレーなどもこの調子で作っている。適当すぎるレシピ?に、画像無しで以下に記そ [続きを読む]
  • 憤死は遺伝する?
  • 憤死しそうな光景を、またもや目撃するとは思わなかった。【憤死とは、憤慨しながら死ぬこと】一昨日の夕方、家人が激しく憤りながらやってきて、ごろんと横たわりながら悶え苦しみ怒りをぶちまけていた。「クソー、鳥の奴め!!俺の大事なブルーベリーをめちゃくちゃに食い荒らし、しかも弄んでいる!!!」あまりの悔しがり憤るその様子に、かつてこれと似たようなものを見たことを思い出した。そう、小さい人が小学2年生のころ [続きを読む]
  • 次世代を食い物にする法律
  • おったまげたことが飽きもせず次から次とやってくる。トランプ大統領、日本への無茶振りと、米朝にとってこの上ないスケープゴートの役回り。インモラルな事件続発。民法改正18歳成人の内訳。なんだか、未来を質草にして食い潰しているような感じだ。あと10年と待たずに、この国は、若い人が希望を持って安全に暮らせる国ではなくなりそう。生き辛さを抱えた人たちが、虚ろな目をしてうつむきがちに力なく彷徨う姿が当たり前の光景 [続きを読む]
  • 勘違いの経済システム
  • 日本に、都合のいい労働移民が急速に増えている。急場しのぎの労働力確保なんて、美味しいとこ取りなんてできると思っているのだろうか?労働力をもたらすのは、壊れたなら替えのきく道具じゃないんだ、人なんだよ、人生を請け負わなくちゃならないんだ。時代の流れに乗ろうとして、限界集落一歩手前の町の会社経営者も、安くこき使えると勘違いして労働移民を気軽に受け入れようとしている。最低賃金ぎりぎりで効率重視にめいいっ [続きを読む]
  • 2018年6月6日 水曜日 入梅
  • 入梅しました。ブルーベリーやラズベリーも、10日ほど前からぼちぼち収穫が始まりました。ブルーベリーは、家人の細やかな世話のおかげで、昨年より実のつき方がよく、大きさもなかなかなものです。しかし、ラズベリーは、私の体調不良で剪定も肥料もできなかったため、ものの見事に無残極まりない有様で、バラたちも同様な憂き目にあっています。心を砕き手をかけたならばかけただけ、ストレートにその結果が現れてくる、まったく [続きを読む]