biko さん プロフィール

  •  
bikoさん: 神鳴り
ハンドル名biko さん
ブログタイトル神鳴り
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/1972416
サイト紹介文難聴であることもあって家居の好きな主婦です。スピリチュアルな世界に関心を持っています。
自由文インターネットに繋がるようになって、家にいながらにパラダイスな生活を送っています。よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供466回 / 365日(平均8.9回/週) - 参加 2014/12/02 03:16

biko さんのブログ記事

  • 今朝は新しい冷蔵庫が届きます
  • 現在の我が家の冷蔵庫は現在の家を新築したときに買ったものなので、22年前のものだ。近所の方たちが、「冷蔵庫は新しくしたほうが電気代が安くなるから」などと言いながら買い替えているのを横目見ながら買い替えずに来た。が、今夏、孫たちが、「おばあちゃんのところの冷蔵庫は氷ができないの?}と聞かれたので、もういい加減買い替えてもいいかもと数日前の猪名川花火の日に注文してきた次第。氷ができなくなってから数年は [続きを読む]
  • 来週も再来週も通院しないといけないことに(涙)
  • 今日は肝臓のエコーの検査をしてもらったのであるが、「影があって癌の疑いがあるから、来週精密検査をしましょう」ということになった。「え、この暑いのに、また?」と言ってしまったのであるが、若い女医さんは「もし癌だったら早く対応したほうがいいですから」と宣う。それだけでなく、「来週骨盤のCTを撮って、再来週は腹部MRIを撮りましょう」と事も無げだ。「ちょっと待ってください。そんなに怪しいのですか?」と私。先 [続きを読む]
  • 今日は通院日
  • 本当は循環器科のみであったが、前回、肝臓も悪くなっていると言われて腹部のCT撮影をしてもらったのだが、エコー検査もしてもらってくださいと言われて、今日の通院にあわせてやっていただくことに。エコー検査は朝の9時からで、循環器科受診は午後1時半からなので、半日以上病院にいることになる。朝食抜きで行かないといけないから、エコー検査のあとは喫茶室でモーニングを食べるとして、さてその後どうやって時間をつぶそ [続きを読む]
  • 「虎の尾を踏んだトランプ」
  • 今日の産経新聞を読んでいると、「視線」欄に「虎の尾を踏んだトランプ氏」という見出しがあって、思わず記事にしています。なぜなら、私どものように短歌をやっている人間は、韻律に目ざとくなるから。(笑)この見出しの面白いところは「虎の尾」の「とら」と「トランプ」の「とら」が韻を踏んでいることですね。で、こういう韻を踏んだフレーズを見ると、思わず歌を詠んでみたくなるのは、職業病ならぬ、趣味病でしょうか?(笑 [続きを読む]
  • 夏逝く?
  • 日中は猛暑が居座っていますが、朝晩はめっきり涼しくなりました。昨夜は11時ごろ外に出てみると、クーラーを入れている家の中より涼しいではありませんか!しかも気持ちのよい風が吹いています。あ〜秋だ!と思ってしまいました。それで家の中に入ってクーラーを停めたのですが、クーラーを停めた家の中はやはり少し暑い。それで家じゅうの窓を開け放って、さらに夫の仕事部屋から扇風機を降ろしてきました。さしもの暑がりの私 [続きを読む]
  • また夫はデートに出かけました(笑)&カラオケって意外と安いのですね
  • いえ、歌のレッスンに、です。^^でも、嬉しそうに出かけるところを見ると、デートそのものですね(笑)。数日前にデートした方(いえ、歌のレッスンしてくださった先生(笑)の妹さんのお友達です。その、今日歌を教えてくださるその方は、このブログをご覧になられているようなので、あまり書かないほうがいいかもしれませんが、書いています。^^レッスンの場所はカラオケだそうで、それが一番安上りな場所だそうです。2時か [続きを読む]
  • 花火の翌朝・・・「兵ども者の夢の跡」を見に行く
  • 今朝未明に昨日の花火の跡を見に行った。まず最初は昨夜の花火の反対側の昔猪名川花火が行われていた呉服(くれは)橋北側の、池田市五月山と呉服橋の中間あたりを撮影。日が昇ろうとしていた。  日輪はまだ見えねども五月山その輪郭を見せて早朝次に呉服橋の南側を撮影。見えているのは阪急宝塚線の鉄橋。花火はこの鉄橋の向こうの阪神高速空港延伸線の向こう側で打ち上げられた。その空港線の橋が見えるところまで歩いていくこ [続きを読む]
  • 自宅から見える猪名川花火
  • 夕方家電量販店に出向くと川西能勢口駅方面から夥しい人が吐き出されていた。今夜が猪名川花火大会だったからだ。年々観客が増えてくるような気がするのは、大阪よどがわ花火と同じだ。銀座みたいというより、新宿みたいとか六本木みたいとかいうのが今風だろうか。^^とにかく凄い人出なのである。一昨年までは猪名川の河原に行って見たり、それが面倒なときは、呉服(くれは)橋まで行って見たりしていた。が、昨年、ふとしたは [続きを読む]
  • ブログは誰に読まれているかわからない
  • 何をいまさらと言われそうだが、昨日、夫に夫の歌唱のレッスンのことを書いたことをいうと、その記事の内容をかいつまんで話してくれと言う。というのが、昨日私が書いた記事の中の登場人物の方にも私のブログをお教えしてあると。まあ〜@0@「じゃ、自分で読めば」というと、「仕事が忙しくて読んでいられないから、内容を言ってくれればいい」と言う。で、かいつまんで話したのだが、書かれた人は、どう思われただろう。嘘は書 [続きを読む]
  • 眠り姫になったわたくしと女友達との交際に多忙な夫と
  • 13日に娘達を近江八幡駅に送ってから、私は眠り姫になってしまっています。洗濯とごはんづくりはしますが、あとはブログ書きと、読ませていただきたいブログを読ませていただくだけで、ほとんど寝ています。新聞を見ながらのときも・・・。昼食が終わると眠くて眠くて・・・。読まないといけない本もたまっているし、それより先日の高知行のお礼など書かないといけないのに、その気になれないでいます。昔は人に感心されるくらい [続きを読む]
  • 姑には姑の言い分が、嫁には嫁の言い分が
  • 昨日の朝の「終戦の年に生まれた兄の享年は67歳であった」には、姑のことを書いた。終戦の年に生まれた亡兄のことを書いていたのだが、いつのまにやら、かつて私の恨みつらみの源であった姑のことにも気持ちが移って書いてしまった。が、これは嫁の私からの言い分である。姑には姑の言い分があったはずである。私達が結婚した当時、団塊世代の私達女性には適当な年齢の男性は半分くらいしかいなかった。だから、男性側からは選り [続きを読む]
  • 昨日のアクセス数は凄かった
  • 昨日の夕方は、アクセス数がすごかった。日ごろは、ごく少数の人がぼちぼち来てくださるブログなのに、何かあったのだろうか?上は、その夕方の時点のアクセス数だが、下は、その時点の順位である。私のブログ順位が二桁台になることは、通常ない。たいがい三桁どまりで、四桁のときもある。だから、嬉しいというより、不気味だった。が、今日は、平常に戻って、ホッとしている。下の写真は、昼頃のアクセス数である。これが、普段 [続きを読む]
  • 終戦の年に生まれた兄の享年は67歳であった
  • 昨日は終戦記念日であった。昭和20年9月に生まれた兄は、終戦の翌月生まれたことになる。が、平成13年の誕生日前に亡くなってしまったから、享年67歳であった。父母が結婚したのは、前年の12月であったと聞いているから、結婚後すぐに授かった子だったことになる。兄が生まれたとき、母は二十歳であった。父は26歳。若い夫婦であった。私は、その2年半後に生まれたから、母は23歳、父は29歳だったか。父はボンボン [続きを読む]
  • 次男のお嫁さんのお母さんに「元気ですね」と言われてしまいました
  • 自他ともに怠け者を認めている私ですが、昨夜、次男のお嫁さんのお母さんから電話があって、私のことを「お元気ですね。私など、とても・・・」とおっしゃっておられたとか。え、そう?次男のお嫁さんのお母さんは偶然私と同い年ですが、お家の中はぴっかぴっかに磨いていらっしゃるし、なにへんのことに行き届いていらっしゃるから、私は、お嫁さんのお母さんこそ、「お元気ですね」と言って差し上げたく思っているのですが・・・ [続きを読む]
  • 中野うどん学校
  • 丸亀の有名うどん店を出て琴平に向かった。こんぴらさんは参拝するのに1000段上らないといけないと聞いていたが、私は100段でギブアップしてしまった。それで近くの食堂に入り、宇治金時を注文して涼んでいたのであるが、ケイタイにメールが入り「11時半から始まります」と。おかしいなあ、中野うどん学校は午後1時からの約束なのにと思いながら宇治金時に未練を残したまま食堂を出て、中野うどん学校に行った。うどん学 [続きを読む]
  • 昨夜は丸亀市に宿泊、今朝は朝食後さぬきうどんの店に
  •              (ホテルの朝食はバイキングでした)ホテルでたっぷり朝食を食べたのに、娘達は゛さぬきうどん゛も食べると言って有名なうどん店まできました。有名な店だけあって長蛇の列(*_*)店内に入るまでにどれだけ待たされるんやろ?  有名なうどん店らし「なかむら」はまず並ぶなり長蛇の列に娘達は、ここでおうどんを食べたあと琴平詣でをして、午後、今度は実際にさぬきうどんを作る体験教室の申し込みまで [続きを読む]
  • 墓参り&よさこい踊り見物の前に腹拵え
  • 猛暑なので、お墓はスルーしたかったけれども、そういうわけにもいかず、行ってみると草ぼうぼう。5月に雑草を根こそぎ抜いたはずなのに(*_*)  荒草の生命力に呆れつつ真夏真昼に墓の草引き皆で汗だくになりながら草引きをしてから、高知市に戻る前に腹拵え。よさこい祭りの今日は、高知市内の飲食店はどこもいっぱいだから。お刺身定食のお刺身を「かつおたたき」にすることも可能というので、それを注文した。  土佐に来て [続きを読む]
  • 四万十川で川遊び
  • 泊まった四万十町のロッジの近くは水が深いというので1時間以上かけて四万十市の四万十川に来た。川風は爽やかだが、日射が強くて暑い。ゴム草履に履き変えて足から冷を取って暑さをやり過ごしている。  川風は爽やかなれど八月の四万十川の日射はげしき  川水に足首までを浸けにつつ真夏真昼の暑さを耐える  妊婦なる次男の嫁は河原にて川を眺めるテントに入り  肥え肉(じし)のわれと妊婦の嫁さんといづれも暑さ耐えが [続きを読む]
  • 昨夜は四万十町のロッジに泊まりました
  • 日頃クーラー浸けの私が一番恐れていたのは暑さでしたが、最近のロッジは空調が付いているんですね。  空調のついたロッジに泊まりたり邪道であるかもしれぬが 死なずお陰で私はクーラーの効いた涼しいロッジの中にいながら、おいしいバーベキューをいただくことができました。  冷房の中でいただくバーベキューおいしかつたぞ家で食ふよりバーベキューの下準備はキャンプ慣れしている娘がやってくれて、焼くのは全て夫が外で [続きを読む]
  • お盆・・・お坊さんに読経していただく
  • 我が家はお寺からの道順の関係からか毎年早朝にお坊さんが来てくださる。今の若い坊さんになってからは8時半になったが、前のお祖父さんのお坊さんのときは8時という約束なのに7時半くらいに来られることが多く、子供たちが小さいころは大阪から間に合うように行くことが大変だった。姑はこんなこともとても厳しく泣かされたものだった。たくさんのお包みを持って行くのに食事が出ることもなく、私たちは空腹のまま読経のあとは [続きを読む]
  • USJパレード
  • 午前中だけで暑さに参った私は、昼食後帰ろうとしたが、途中の道路に人が集まっているので、様子を見ていると、パレードが始まるところだった。せっかくだから、撮影することに。だんだん近づいてくる。前後をハンサムなお兄さんと綺麗なお姉さんが踊りながら近づいてくる。水鉄砲で水をかけながらパレードしてくるのは、暑い時期、観客へのサービスなのだろう。次々くる。私の見ていた場所がちょうどパレードの曲がる場所だったよ [続きを読む]