吉澤石材店 さん プロフィール

  •  
吉澤石材店さん: 心を込めてお墓づくり。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店
ハンドル名吉澤石材店 さん
ブログタイトル心を込めてお墓づくり。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店
ブログURLhttps://ameblo.jp/yoshi1483/
サイト紹介文石やお墓について、石屋だからわかることや思うことを綴っていきます。質問やご相談なども受付いたします。
自由文江戸時代より登戸の地で小さな町石屋を営んできました。後の世にもしっかりと残る、堅い仕事を心がけています。石の持つ魅力やお墓の素晴らしさを少しでも発信してみたいと思い、ここのところで一念発起してブログを始めてみました。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/12/02 11:21

吉澤石材店 さんのブログ記事

  • 摩り下ろし完了。あとは研磨ですね。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。今日は夕方前から昨日の続き。黒御影石のすりおろし。50番と呼ぶ研磨盤を使い、とりあえず文字をほぼ消し去りました。ここから100番、200番…と番手を変えて研磨していきます。石の地の色もだんだんと濃くなって黒に近づいていきますよ。削るというより、磨く作業になっていきます。 [続きを読む]
  • 黒御影石の磨(す)りおろしと再研磨。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 今日は昼前から雨模様。ちょっとした手違いがあり、墓誌の再研磨作業中です。 新規の墓誌ですが、天額の仕様を間違えたために再彫刻することにしました。あまりあってほしくないことですね。 幸いにもこの墓誌、厚みが規定よりも厚めに出来ていたため、あと数厘(1、2ミリ程度)落とせばすべて平らになると思われます。 それはともかくとして、石の面に刻んだ文字もその深さがそれぞれ [続きを読む]
  • 多摩区でお墓のお引渡し。仏花が映えるピンクの洋型墓石
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 今日は多摩区のお寺様にてお墓のお引渡し。ご納骨を行ってきました。 先日完成した中国産のピンク系御影石を使った洋型の石塔。好天に恵まれて仏花がとても映えます。 明るい色調の石はお墓の雰囲気がとても明るくなりますね。 最初はグレー系の石をご検討されていたお施主様ですが、ご満足いただけたようです。 施工に関しては接着剤を十分に使い、免震材や補強金具も併用。手間をかけ [続きを読む]
  • さきたまの古墳に会ってきた。
  • こんにちは。吉澤石材店、吉澤です。 天気も良かったので、午後からふらっと埼玉行田市にある埼玉(さきたま)古墳群に行ってきました。 古墳群というだけあって大小9基の古墳が点在していました。 うち8つは前方後円墳。と言っても横から見ていると小高い丘があるだけで、今一つ形がはっきりと掴めません。 上の写真は二子山古墳という名称。武蔵国最大の前方後円墳ということ。 将軍山古墳には展示館が作られていて、古墳内部に [続きを読む]
  • お墓に使う石の表情。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 今日の工事中に写真に収めてきました。 東北地方を代表する白御影石の一つ、磐梯みかげ。「白」と言いながらも、出来上がると青みがかって見える風格ある石です。 この石、サンプルなどの小さな盤で一件すると、わりと鮮やかな黒玉(黒っぽい石目)や白玉が目立ったりもします。 だけど出来上がってお墓全体で見ると、そんなことたいして気にならないよな…っていつも思います。 まだ [続きを読む]
  • 梅雨も近いか?いろいろ重なる。
  • 吉澤石材店、吉澤です。 今日は快晴。現場で新たなお墓の据付作業に入りました。しかし週間天気を見ると、所どころ小さな傘マークも。 梅雨前なのでしばらくは安定してほしいですね。 明日は午前に見積もり提出・打ち合わせのあと、午後より都内で業界の会に参加してきます。 そういったことで、とりあえずご注文いただいている発注図面を2組作製。 何とか書き上げ、取引先にメール送信しておきました。 重なる時には妙にいろい [続きを読む]
  • 柏で遺恩
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 facebook友達でもある、千葉県茂原市の河野石材店 河野社長が主催する『遺恩会議』に出席してきました。 遺恩とは 灯篭の機能を備えたシンプルな特許外柵。お墓の入り口を広くとれるなどのメリットもあります。 クドさもなく、シンプルな良さが感じられてカッコいいです。実際に施工されている石材店の社長さんの話などもうかがうことができ、参考になりました。お墓の敷地サイズなど [続きを読む]
  • お墓の形。ところ変われば…
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 今度外柵リフォームのお見積りをするお宅の石塔です。 ちょうど頭の部分の形がこのあたりの石塔とはちょっと違う。とくに角の部分がツンと反ったように立っていますね。 全体写真は載せませんが、下のほうの台になっている石たちもよく見ると縦・横・高さの比率がやっぱり違っています。 話しをうかがうと、石塔本体はご親戚のある愛知県の岡崎市で作ってもらったのだそうです。ただ、 [続きを読む]
  • 多磨霊園にてプチ散策
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 今朝は多磨霊園にて相談があったお墓の下見。とても良い天気です! 本日は会社はお休み。 確認作業はすぐに終わったので、少しだけ案内を見ながら園内の散策をしてみました。 こちらの霊園も開園は大正の頃と古いので、著名な人々のお墓が多いんです。 日本海海戦で有名な海軍大将、東郷平八郎元帥のお墓や… 同じく日露戦争時の満州軍総参謀長の児玉源太郎陸軍大将のお墓なども。 他に [続きを読む]
  • 久しぶりに河北山崎石のサンプル入手。
  • 川崎市多摩区の吉澤石材店、吉澤です。 3年くらい前に無くなってしまう石・復活する石②というタイトルでこの石についてブログを書いていました。 その石は中国産の河北山崎石。 石目と色調が好まれやすい石だったこともあり、うちでもずいぶんこの石を使ったお墓を建てさせていただきました。 復活しているのは知っていましたが、前の記事に書いバランスのことが気になり、お奨めする石のラインナップからは外していました。 今 [続きを読む]
  • 石からそれ以上の存在へ
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。本日も石塔工事のお引き渡しとご納骨に来ています。先日完成報告に行った際に、お施主様に大変喜んでいただけました。家族のお骨がそこにあるということは、残された人たちにとり、やはり大きな意味を持っていると思います。お墓は石かもしれませんが、人の思いがのることで単なる石からそれ以上の存在へと昇華して行くのかなと感じます。このたびは石塔を建立していただきまして、本当に [続きを読む]
  • 姫神小桜石の石塔が入荷してきました。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 先日の磐梯みかげの和型墓石に続き、今日もみちのくの銘石が入荷してきました。 岩手県の姫神小桜石。薄ピンク色の石目が入った石です。 以前、この石で建立したお墓を見て思うこと。それはこの姫神小桜石は、サンプルで見るより、実際にお墓になったほうがより良さを感じられる石だということ。 個人的には、薄ピンクの色目が主張し過ぎないのがいいと感じます。和型でも洋型でもピッ [続きを読む]
  • GWはお墓参りのチャンス。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 明日からGWに突入ですね。 お休みの予定が盛りだくさんの方も多いと思います。季節も良い時期なので、お出かけも楽しみですよね。 そんな時期ではありますが、もしちょっと時間がとれるようなら、もし可能なら、お墓参りもいかがでしょう。 笑顔も涙もご先祖さまにご報告。 お出かけのついでだっていいんじゃないでしょうか。前のお参り時からの嬉しかったことや悲しかったことなど、 [続きを読む]
  • 伝え残す。
  • 奈良で見かけた宝篋印塔(ほうきょういんとう)。南北朝から室町期のものでしょうか。追善供養はもちろんのこと、滅罪や現世利益を願った、古の人々の思いを今に伝えるかのようです。ふだん見落としていることを教えてくれているかのような気持ちになります。 [続きを読む]
  • 石造物をめぐる奈良の旅
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。奈良で石造物を巡る研修に参加してきました。今回は石塔や仏像の良し悪し等にとどまらず、石塔造立に込められた、いにしえの人々の願い、気持ちに思いを馳せる機会になったかなと。自分としてはココ、大事なところだと感じています。 [続きを読む]
  • 石を超えた存在に。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 奈良県にある西大寺、ここの奥の院を訪れました。 雨上がりの空を背景にたたずむ大きな五輪塔。大和西大寺中興の名僧、叡尊さまの塔です。 素直に素晴らしいなと感じます。 今、お墓の存在に対して色々な見方がなされています。お墓はただの石。単なる象徴。そうした声もあります。 ある一面では間違いなくその通りでしょう。 そしてそれがある意味で時勢に合致した、あたかもマジョリ [続きを読む]
  • 情報交換?研修?それともオフ会か?
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。今日はfacebookを通じての石材仲間と、石材の補修や清掃についての実地研修と情報交換会。地元神奈川だけでなく東京・茨城・山梨・奈良から集結し、それぞれが使う道具や方法、知識を披露し合いました。やっぱり新鮮だし参考になります!中身の濃い時間を過ごしてきました。今後のお墓メンテナンスで使えそうな情報も仕入れてきました。機会があれば使っていきますよ。神奈川では余り見か [続きを読む]
  • お墓の直し。ベストとベター。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 お願いをされていたお墓の修繕工事やクリーニングなど、三件全部終了。二件はずいぶんとお待たせしてしまった。すみませんでした。 傾きを直す作業については、今回の修繕では抜本的な直しとはいきませんでしたが、症状に応じた補修作業は出来たと思います。 修繕作業では根本的に直す場合と、対処療法的に直す場合とがあります。当然、それぞれにかかってくる金額が変わるわけで・・・ [続きを読む]
  • あなたを受け止めてくれる。お墓はそんな存在でもあるのかな?
  • 最近何だかうまくいってないなー。なんていうか、その、口じゃうまく言い表せないんだけど… そんなことって誰にでもありますよね。 そうした時、身体を動かして発散したり、どこかに出かけたりして気分転換を図ったり。 ちょっと無理やりかもしれませんが、お墓参りに行ってみる。これって、けっこう気持ちが変わりますよ。 しばらく行ってなかったけど・・・そうだ、ばあさん亡くなって何年だっけ。そろそろ法事?すっかり忘れ [続きを読む]
  • 登戸のお寺でお墓の修繕 石碑や墓誌の傾き直しなど。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 お墓って、わりとメンテナンスフリーに近いように思われていますが、決してそういうわけでもありません。 きちんと施工されたお墓も、それ相応の時間が経つとどうしても不具合は出てくるものです。 そうした不具合の補修などもよくご相談を受けます。 こちらのお墓は石塔が建立後60数年、外柵は推定ですが40数年〜50年と言ったところです。 かなり大ぶりな石碑がありますが、これは戦没 [続きを読む]
  • お墓って地域差がある?答えは・・・
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 ブログをご覧になった方から問い合わせをいただきました。 内容は石塔に刻む施主名の位置や、刻んだ文字への色入れについて。 匿名での問い合わせなので、その方のお住まいの地域もわかりません。そのため、このあたりの一般的な事だけお伝えしました。 それと注意点というか、頭においておいてほしいことも一つ。 お墓に関することは、地域差がけっこうあるということをお伝えしました [続きを読む]
  • 目方でドン?
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 明日は大きな灯篭の台座石を動かす予定。この台座石は自然の玉石を活かして一部を加工したものです。だからきれいに整形されてはいません。 土留めを兼ねて据えてあったので、周りの石と土を取り除いてとりあえずは丸裸に。 推定で3トン半から4トンくらいはあるのでは? ここからワイヤーを使って、少しずつ引きずり出す算段です。 いずれにしても、間違いなくトラッククレーンでは吊り [続きを読む]
  • 墓誌建立とご納骨。
  • こんにちは。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。今日は地元登戸の寺院墓地にてご納骨の立会いが二件。好天に恵まれご法事日和ですね。一軒のお宅では新たに墓誌の建立をさせていただきました。インド産クンナムの墓誌に白御影石の墓誌台。この組み合わせ、このあたりの墓地ではよくある組み合わせです。刻んだ文字もハッキリと見えるので良いと私は思います。俗に標準型と呼ぶ、シンプルな形もGOODですね。弊社ではこのクン [続きを読む]
  • 手を合わせること。祈ること。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 年度末でしたが、仕事を半日で切り上げて九段の?國神社へ行ってきました。 桜のほうはやや盛りを過ぎたかなと言う感じ。でも今日は花見ではなく昭和20年4月に戦没した祖父らの慰霊目的でした。 80半ばに差しかかった父が元気なうちに、どうしてももう一度ここに連れてきてあげたかったものですから。 もしかしたら子供のワガママや自己満足かもしれませんが、何だか少しホッとできまし [続きを読む]