吉澤石材店 さん プロフィール

  •  
吉澤石材店さん: 心を込めてお墓づくり。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店
ハンドル名吉澤石材店 さん
ブログタイトル心を込めてお墓づくり。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店
ブログURLhttps://ameblo.jp/yoshi1483/
サイト紹介文石やお墓について、石屋だからわかることや思うことを綴っていきます。質問やご相談なども受付いたします。
自由文江戸時代より登戸の地で小さな町石屋を営んできました。後の世にもしっかりと残る、堅い仕事を心がけています。石の持つ魅力やお墓の素晴らしさを少しでも発信してみたいと思い、ここのところで一念発起してブログを始めてみました。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/12/02 11:21

吉澤石材店 さんのブログ記事

  • お会式、賑やかです!
  • お久しぶりです。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。ただ今、出入り寺院さんの万灯講で、溝の口の宗隆寺さんにお邪魔しています。二日間雨に祟られたけど今日は大丈夫!近隣各地の万灯が大集結。鐘と太鼓が鳴り響き、馬簾(まとい)が揺れる。賑やかな宵です(笑) [続きを読む]
  • 今日は研修、立川に。
  • 川崎の吉澤石材店、吉澤です!日本石材産業協会の研修で立川方面に。新宗教の視察ということで立正佼成会さんと真如苑さんの施設を訪れてきました。どちらの施設でも担当の方が親切に案内してくださいました。部外者の場合、こうした施設に伺うことはまずありません。貴重な体験ですし、何かと気づかされる機会になりました。在来の宗教がどこまで一般の生活者の側により添えているのか。人の身近な存在であり、生活の支えであると [続きを読む]
  • 朋あり、遠方より来る、亦楽しからずや。Part ll
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 お彼岸明け、雨のため現場作業には出かけられませんでした。 そんな中、fb友達でもある有限会社櫻井石材店(茨城県那珂市)、櫻井社長が弊社を訪ねてくださいました。 雨の中、府中・多磨霊園にて古い石塔の文字彫刻を見分されてきたそうです。研究熱心ですよね。 あまり深く考えず、なんとなく仕事をこなしていく。どんな職種でもそうした人たちはいるのではないかと思います。 反面、 [続きを読む]
  • 作図もなかなか頭が痛い。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 今年の秋彼岸は雨が多いですね。 この時期、お墓参りが多いので基本的に大掛かりな工事は自粛。花筒交換などの軽作業のみ、状況を見ながら行ったりしています。 今日も朝一番で依頼されていたプラスチック花筒から、ステンレス落とし込み型花筒への換装を済ませました。 それと消化せねばならない作図にも取り組んだり。 これは外柵(囲障)内側の敷石図面。四半張りという貼り方ですが [続きを読む]
  • 九州の石。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店です。 昨日入手した石材サンプルです。九州の石。 九州産の石では天山石が有名ですが、この石は初めてみました。唐津で採掘されているとのこと。 他にも数種類の九州産白御影石の名を聞きますが、聞くところによるとそれらとは違うそうです。 白っぽく写っていますが、実際には少し青みがかって見えます。天山石とは色の濃さが全く違いますが、白い部分(長石)の感じがなんとなく似た雰囲気だなと [続きを読む]
  • お墓に刻む文字。チェックと修正でより良く
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 お墓(石塔)に刻む文字、当店では人間の書いた文字を使っています。 なので、同じ人が書いた文字でも、その時期(年など)によって微妙な違いがあったりします。 もちろん、書いてもらったものを全くそっくりそのまま使っているというわけでもありません。文字の隙間が小さすぎたりする時には微調整しますし、石に刻んだ時に映えるようにしていきます。 親せきなどのように、同じ家名で [続きを読む]
  • 結局は鎌倉散策?(笑)
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 午後から鎌倉まで出かけてきました。 と言っても例のぶらり散策ではなく、仕事上で確認したい点がいくつかあったからなのですが。 とは言ってもカバンにはコレ。 せっかく鎌倉まで行くとあらば忘れちゃならぬ。 ということで、目的を果たしたあとに北鎌倉あたりの数カ寺を回ってきました。 納経まではなかなかできませんが、参拝の証としてご朱印をいただくと、功徳を積んだような気に [続きを読む]
  • お墓参りの日。知っていますか?
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 出入り先のお寺様に掲示していただきました。 秋分の日は「お墓参りの日」。 秋のお彼岸のお中日、9月23日がその日です。制定されてもう数年経ちました。 23・24と連休で、行楽に行きたい時期かもしれませんが…。また、用事があったり仕事だったりする人もいるでしょう。 でも都合がつかずお墓参りの日をのがしたとしても、あなたが来るのを待っている人がいます。 とにかく、 [続きを読む]
  • イサム・ノグチの作品展へ。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 イサム・ノグチ ー彫刻から身体・庭へー という作品展に行ってきました。場所は東京オペラシティのアートギャラリー。 実のところ、イサム・ノグチのことを詳しく知っているわけじゃありません。そもそも、芸術を理解するような感性にも乏しい私です。 が、数年前に高松の牟礼にあるイサム・ノグチ庭園美術館(アトリエあと)を訪れる機会がありました。 自然の素材である石の魅力を存 [続きを読む]
  • エンディング産業展に。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 昨日は第4回を数えるエンディング産業展に行ってきました。明日まで開催で一般の方も入場できますよ。2000円だったかな? さて、いただいてきたオフィシャルのガイドブック。 表記を見ると、「葬儀・埋葬・供養などの終活に関する…」と書いてあります。 が、しかし… 今回も石材の方はジャパンストーンショーというタイトルで、仕切りなどはないものの一応は別立て。 何だかいろいろ [続きを読む]
  • 川崎登戸の町石屋、本日より再始動です。
  • 川崎市の吉澤石材店、吉澤です。 お盆休みも終わり今日から再始動です。 秋以降に作業する、出入り寺院さまの合葬墓の位置だしなどの軽作業からスタートしました。 新規墓地工事もいくつか依頼をいただいているので、来週以降はそのあたりの基礎工事なども進めていく予定です。 見積り提出や図面作成のほうも並行して行っていかなきゃ! 考えてみれば今年も早いもので、残すところは1/3。受注した仕事をきちんと消化できるよう努 [続きを読む]
  • 技能検定のお手伝い。
  • 吉澤石材店、吉澤です。 台風襲来も危惧される今日。横浜にある神奈川県立産業技術短期大学校で石材施工の技能検定が行われました。 私は今年も検定委員のお役目をいただき、立ちあってきました。 今回は石張り作業。8人の若者が課題に挑みました。 実力をいかんなく発揮できた人、そして練習の成果を結果に現わせなかった人もいることと思います。 試験なので合格・不合格の結果は必ず出ます。でもその結果かかわらず、試験独特 [続きを読む]
  • 登戸多摩川町会の盆踊り
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。今宵は地元の登戸多摩川町会の盆踊り。少し顔を出してきました。もともと盆踊りは先祖(死者)の霊を慰める行事。自分が幼かった頃、多くの人が集い、ご婦人方が揃いの浴衣姿で踊っていたことを思い出します。区画整理の影響もあり、その頃に比べると人出もかなり少ないのでしょう。それでも思ったよりも人が集い、踊っていました。子供さんの姿を見かけたのも、なぜか嬉しかったな。きっ [続きを読む]
  • 3年の時を経て完成間近。稲城でのお墓工事。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 稲城市の寺院墓地で作業中です。3年前に取り掛かっていたところ、事情があって中断していた工事です。 日差しが強く暑さの中での消耗戦。そんな中ですが、作業のほうは何とか順調に進んでいます。 墓域への入り口がわりと狭め。最初は少々戸惑いましたが、3年の時間を埋め感覚を取り戻しました。 明日は石塔の棹石(○○家之墓と刻んだ石)の据付け予定と、防草対策の土系舗装材の施工 [続きを読む]
  • 日本語は不思議だ。戒名彫刻の拓本取りで思う。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 同じ共同墓地内にあるお墓同士。ほとんどが同姓の一族の墓地なんです。もちろん家紋も同じ。 でも・・・。 『富』と『冨』。こんな違いがあったりするんですよね。 この墓地以外の事例(もちろん同じ墓地内)ですが、同姓・文字も同じなのに家紋が違う場合もあったりするから不思議です。 中には同じお寺で同じ姓なのに、家紋が三パターンに分かれていたりするから、ややこしい(笑) [続きを読む]
  • ご法事・ご納骨前は、お墓チェックの機会でもあります
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 表題通り。仏事の際にはお墓参りをすることが多いですね。この時って、実はお墓の様子をチェックする機会でもあると、私は思うんです。 親せきや近所の人たちに参列してもらい、お墓参りもするわけなので、事前にお墓掃除をされる方もいることでしょう。 そんな時こそ、お墓の不具合などを確認できれば早めの対処ができるはずです。 例えばこちらのお墓。来月下旬にご納骨を控えています [続きを読む]
  • 登戸の区画整理
  • 登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。夕方から登戸区画整理事務所にて会議のダブルヘッダー。登戸の区画整理も進行中。真剣に考えちゃいます。弊社前も更地になってしばらく経ちますが、うちもいよいよ来年中には移動となります。と言っても比較的近くですがね(笑)もしかしたら距離だけで言えば、かえって駅からは近くなるのかも?まだ確定ではないですが。それはともかく、ふるさとを少しでも良いまちにして次代に引き継いでい [続きを読む]
  • 麻生区でのお墓の雑草対策、ひとまず終了です。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 先週にお邪魔した川崎市麻生区の個人墓地。雑草対策の工事ですが、とりあえずいったん終了しました。 手順としては以下のような感じ。①古い石塔の取り外し②砂利の除去③盛り土のすき取り④ワイヤーメッシュ敷込み⑤コンクリート打設⑥外柵・古い石塔の高圧洗浄とクリーニング⑦新たに化粧砂利敷き込み 今回は周囲の万年塀と外柵の隙間もすべてコンクリート打設してきました。これで夏 [続きを読む]
  • 石田観仙石彫展
  • 横浜高島屋で開かれている、石田観仙石彫展?月と大地と?に行ってきました。石田さんは愛知岡崎の石材彫刻家。Facebookを通じて繋がらせていただいてます。(石田観仙さんのブログはこちらこちら)作品を生で拝見するのは2回目になります。石田さんの手がける彫像は、独特の柔らかさがあると思います。見ているうちに引き込まれるような感じも。オリジナルだけが持つ「力」のようなものがあるんじゃないでしょうか。今回は工芸の [続きを読む]
  • 覚えておいてください。じわじわくる力も侮れませんよ。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 昭和31年に弊社で作らせていただいた忠魂碑の外柵。近場の神社の境内にあります。 ちょうど61年経過したところですね。 写真右下には見にくいですが、切り株。ご神木の松が生えていたようです。ようです、というのは数年前にかれてしまったとのこと。 その根の成長を受けて、外柵の右前部が持ち上げられて浮き上がってしまっています。 三段になっている中央の石は、真ん中から真っ二つ [続きを読む]
  • お墓の雑草対策 その2。というか続き
  • 吉澤石材店、吉澤です。 引き続き麻生区にて、お墓の雑草対策で作業中です。 昨日は「根切り」とよぶ、土のすき取りを行いましたが、今日は外柵内のコンクリート打設を半日の作業にて。 まず、コンクリートを打設するには、コンクリートそのものの厚みを十分に確保しなければいけません。 ここは盛り土がしっかり締まっていたので、約8センチ程度を予定。その分の化粧砂利と盛り土をすき取るわけです。 そして根切りが完了したら [続きを読む]
  • 川崎市麻生区で古いお墓の整理と雑草対策。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 こちらのお墓にずらりと並んだ古い石塔。それぞれに戒名が刻まれた個人墓(あるいは夫婦墓)です。 年数を経て、それぞれに傷みが目立つようになってきました。 あわせて墓地が広いため、お施主様も草むしりなどの掃除が、だんだんと大変になってきています。 近年の夏はちょっと暑すぎ。特にお年寄りの場合、命にかかわることも十分に考えられます。 今回、大きな石塔と姿仏(すがたぼ [続きを読む]
  • ?國のみたままつりに。
  • 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。 東京ではお盆の時期ですね。ちょうど今日あたり、送り火になるのでしょうか? 毎年この時期に行こなわれる、九段の?國神社「みたままつり」に行ってきました。 うちでも家族が3人お祀りされているので、夏になるとやはり訪れたくなるところなのです。 国のために命をささげた方々を慰めるため、多くの提灯が掲げられています。夜なら光の帯となって幻想的なんですよね。 中門鳥居の前 [続きを読む]