千葉大好きなおじさん!!!! さん プロフィール

  •  
千葉大好きなおじさん!!!!さん: 千葉大好きなおじさん!!!!
ハンドル名千葉大好きなおじさん!!!! さん
ブログタイトル千葉大好きなおじさん!!!!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/pienweiwen
サイト紹介文横芝を中心として休日ライフを楽しんでいるおじさんです! 台湾から来日して35年目、とにかく千葉大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2014/12/02 11:25

千葉大好きなおじさん!!!! さんのブログ記事

  • 現代の鉱山!!!
  • 町の台湾企業と日本企業の協力関係を結ぶことによって、現代の鉱山が誕生しますご存知の通り、日本は資源輸入大国、大事な資源をいかに有効再利用できるか、重要な課題になります町同士の企業、国際的な協力、とにかく期待できると思います [続きを読む]
  • 鴨川の吉夢^^
  • 十月来日予定の千葉県観光ツアーのために、おじさんが推薦したもう一つの宿泊先は鴨川の吉夢さんです実は四年前に台湾の旅行社幹部が来日する際利用したホテルです大変好評で、今回も当然二泊目の泊先としていち早く決定されましたやはり、ホテルのサービスの質は大事ですね  [続きを読む]
  • ディズニーランド抜きの千葉県観光^0^
  • いままで外国の団体旅行者は千葉県について、大体成田空港、ディズニーランド、幕張などを中心にまわりましたが、ほかの地域にはなかなか団体旅行のコースになりにくいです。三年前から、おじさんが台湾の旅行社とディズニーランド、幕張抜きの千葉県旅行企画を始めました。旅行者側もすでに三回来日、千葉県の観光ポイントを視察しました。今年十月、20名の”初発団”結成、いよいよ具体化する時期が来ましたもちろん、コースの設 [続きを読む]
  • 屋形海岸で会いましょう^0^
  • 本当に一熱心の町民によって、何年間も頑張って、出来上がった素晴らしいイベントですこれこそ本当の地方創生のために必要の力です因みに、主催者の本業は看板屋です若い時DJにチャレンジしたことがあるそうですやはり、趣味がある方が違いますねおじさんよく言うのは、一流の将軍は必ず軍事以外の教養も豊かと同じ一流の経営者は、必ず一流の趣味があります [続きを読む]
  • 真紅の美鈴^0^
  • 長女玲佳ちゃん久々帰国のため、千葉県の新種いちご真紅の美鈴を購入、いちご大好きな長女に食べてもらいたいです次女の名前は美鈴なので、このブランドは是非みんなに愛されるように祈っております [続きを読む]
  • シニアのためのスーパー!!!
  • 中国の紹介記事から、葛西にあるスーパーは、シニアのためにいろいろ工夫をしていることを知り、早速伺いました四フロアのうち、四階はコミュニティーセンターの役割があります。広々のスペースがあって、朝七時からいろいろプログラムを実施しています。ゆったりのカフェにも新聞、雑誌など自由に読めます。百種類超える豊富なイベントも幅広い世代のニーズに応えていますおじさんが前からイメージしたものを、ここで実践していま [続きを読む]
  • 清明の詩^0^
  • 清明清明時節雨紛紛,路上行人慾斷魂。借問酒家何處有?牧童遙指杏花村。清明の時節 雨粉粉路上の行人 魂を斷たんと欲す借問す酒家は 何れの處にか在る牧童遥かに指さす 杏花の村4月5日は中華圏の清明節であり、お墓参りの日でもあります。唐の時代の大詩人杜牧が、素晴らしい詩を残してくれました。これもまだおじさんが小さい時に、母親から教われたたくさんの名作の一つです。雨こそ降ってませんが、今宵はちょっと親に献杯 [続きを読む]
  • 素材を生かすための努力^0^
  • よい食材をお客様に満足できる料理にするために、様々な努力が必要ですこのあたり、新鮮な肉、魚、野菜、果物があり、自然風土もすばらしいです特にうれしいのは、この特徴を生かすために、熱心に頑張っている方々がいます最近、よく外国の友人が訪れてくるのですが、前日台湾とシンガポールの方が視察しに来ましたもともと老後の移住先を探しているためですが、離日する前に、もっと積極的にこの地方の素晴らしいところを海外にア [続きを読む]
  • 地方でいろいろ工夫をしています^0^
  • 先日、大手町の地下道を通るときに、多古町のポスターを拝見しましたそれぞれの地方で頑張ってるなという実感をしましたわが横芝光町も駅前で新しい情報交流館”ヨリドコロ”に移住者の専門窓口を開設する予定です本物の地方創生は、地道と継続的な努力が必要ですさらに大事なのは、それに相応しい企画と人材が必要です。田舎で人材がないという意見もありますがそれは人材の育ち方と使い方がわからない人の負け言葉ですおじさんは [続きを読む]