むさしのけん さん プロフィール

  •  
むさしのけんさん: むさしのけん
ハンドル名むさしのけん さん
ブログタイトルむさしのけん
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ooguisyuu
サイト紹介文還暦を過ぎて剣道を再開した男の物語
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/12/02 16:37

むさしのけん さんのブログ記事

  • 腰攻め
  • 余りにも思う事多くて、今日は何を書こうかと悩みました。昨日の稽古、これからのむさしに、多くの指針を与えてくれました。稽古の後、挨拶に並んだ方々に、素晴らしい大先生の教えが有りました。左足を見せられ、左足踵で呼吸をするという言葉を、いただきました。ちょうど、このブログ一年ほど前に、鉄腕アトムの足裏ロケットの記事を書いた事が有ります。おそらく全く同じことを言っていると思います。一年前に足裏ロケットの観 [続きを読む]
  • 気を知る
  • むさしの絶対姿勢を作りだす方法、もう前回述べました。蹲踞から立ち上がるとき、無意識の内に、気が溜まっているかどうかで、攻めながらも楽に、立ち上がることが出来るかが決まります。何も考えず、どすんと、腰を落としてしまえば、もう攻める気では立ち上がれません。踏ん張る、無駄な力に体が支配されます。これが肉体を力で動かすか、気で動かすかの違い差です。座る途中で、いつでも立ち上がれる気が入っていれば、無駄な力 [続きを読む]
  • 絶対姿勢が生まれる
  • 先日の稽古、急な仕事が入り、剣道は休みました。相撲の構えイメージ、前みつを取りに行く動き、小指薬指を使う、完璧な上半身の締まった鉄の細胞の塊から生まれる、見えない剣、右手打ちを大先生方々に試したかったのに、一週間、延びました。まあその間より一層、失われていた、むさしの往年の右手パワーを、もっともっと、高める仕上げる予定です。相撲の右四つ左四つイメージから、両腕小指薬指の働き使い方が、完全に戻っただ [続きを読む]
  • 右手戻る
  • 緩んでいた右肩、使えなかった右手を、左四つの構えで甦った左腕、左小指薬指に習い、右腕肩も直そうと、今度は右四つの構えで、右前みつを取りに行くイメージをしてみました。右脇が締まり、肘は下を向き、二の腕拳は上を向き、肩が下がり、脇が締められ、右小指薬指の二本のみで、楽々竹刀を持つ、振れるようになりました。全く左側と同じ現象が生まれました。相撲の両前みつを取りに行く、柔らかい肉体と、足元からの、強靭な細 [続きを読む]
  • 気を使う
  • 左脚太腿と臀部骨盤を鍛えようと、開脚屈伸をしていました。左足を深く曲げ、再び、起き上がろうとする時、筋肉力の違いに気づきました。今までは、深く曲げる時、後ろに倒れまいと、でん部太腿に、踏ん張り頑張る力が入ります、今度は起き上がるとき、この支える力以上の力が必要となります。これが今までのやり方、後ろに倒れまいと筋肉を硬直させながら、踏ん張りながら、再び持ち上げます。でもこの頑張る力では、体は何度も持 [続きを読む]
  • 左四つの構えで戦う
  • 左四つの構えで、左前みつを取りに行くイメージの左半身の構えをすると、竹刀の握り方と、振りと打ちが変わりました。素晴らしいです。特に、外を向いていた左太腿と膝、股が締り、骨盤との緩み無くなり、完全に一丸化、左脚の向きが元に、正常に戻りました。そして、脚から、腹胸脇に繋がり、左二の腕拳が上を向き、肘が下を向き、脇が締まり、脇に繋がる小指薬指側に、強力な鉄の細胞の塊繋がりが生まれました。小指薬指二本で、 [続きを読む]
  • 左四つの構え
  • 左太腿股の向きと締めと、右肩の緩みが治れば、もう、姿勢矯正は終わったも同じです。右膝の緩み外への曲りからくる、左腰骨盤の浮き上がりという、右に傾いた姿勢に、気づいてから、もう何年になるか、肉体の鍛錬と併せて、姿勢矯正の為の、裏山登り、ガニ股歩き等、もうこのブログで述べてきた、数え切れないくらいの工夫をしてきて、やっと、見た目の姿勢矯正は、昨年、成し遂げましたが、激しい剣道の動きの中では、完全に、姿 [続きを読む]
  • やっと、腰で打てるようになってきた
  • 全く気づかなかった右肩の緩みが、脇を締め、二の腕拳・胸肩甲骨と一丸化、この筋肉骨格の意識で、右肩の構えが戻って来ました。往年の、右手刀の打ち方が戻って来ました、右腕を鞭のようにしならせ。打つ事ができるようになりました。左胸二の腕拳脇の鉄の塊一丸化から、左腕が完全復活したように、右腕も、もうこれで完全復活です。これでやっと左右対称の肩の形が出来上がりました、ほんの数ミリの違い、見た目では、ほとんど解 [続きを読む]
  • 面応じ面、斬り落としが出た
  • 近年稀にみる、左足腰左肩腕、左半身の働きが戻って来ました。構えを、道場の鏡で見ると、もう完璧に、左サイドが、押し出し、勝っています。やっと、左サイドの姿勢が、見た目の作られた姿勢ではない、力パワーの、鉄の細胞の塊一丸として、日常的に、戻って来ました、左足裏を思い切り、右回りさせる、これで、左膝から左太股・左臀部と繋がり、左腰背中をひねり出し、左肩甲骨を押し出し、左胸を突き出し、左肩から腕こぶしが前 [続きを読む]
  • 左胸張り出す
  • 痛風で、親指付け根が腫れて、全く親指を日常的に使えなくなって、何十年経ちました。外反母趾が進行してしまい、今は人差し指の下に、親指は、曲がっまま、隣の指の下に潜ってしまっています、知らない人には、足が外を向いていると、誤解されるほどに、親指が外を向いています。素晴らしい大先生にも、足の向きが悪いと注意されましたが、実は外反母趾でと、足の指を見せると、びっくりされて、痛くはないのですかと聞かれました [続きを読む]
  • 最後の矯正始まる
  • 左脚の向きの誤りに、気づきました。思ってた以上に、左足が、左骨盤からの緩み、外側へ歪曲していることに気づきました。情けない、もう大分前に、姿勢矯正なったと考えてから、もうどれほどになるのか、まだ、左足の構え備えが、定まっていなかったのか、悔しい思いです。最近気づいた、右肩の緩みにしろ。この左足にしろ、むさしが考えていた以上に、狂っていた、歪んでいた事が解りました。異常な位に、左足を、右に回してみる [続きを読む]
  • スタミナ切れ
  • 基本稽古の前の一人稽古、二刀素振り・早や素振りを含め300回、その後、基本稽古、そして、地稽古とやりすぎました。真夏ほどの暑さが無かったゆえに、返って、稽古をしすぎました。もうくたくた、昼寝をしても、眼を開けられず、起きられず、最悪です。朝、あんパンを食べ、体力準備していたのに、昼も食べ、夕方も、欲しくなり、食べました、小さいプチあんパンですが、こんなに食べるとは、相当疲れが溜まっていました。昼食後 [続きを読む]
  • 右肩が緩んでいた
  • 長年の骨盤の歪み緩みからきていたのか、右胸二の腕脇の一丸化、鉄の細胞の塊を意識するようになっても、左二の腕肩に比べて、右二の腕肩は、中々、締りませんでした。右肩から左足のクロスラインを気に留め、素振りをする内に、右わきの締めと左足の絞りを連動形つける事により全身一体の動きが取れるようになってきました。同時に、右肩で上げ、右肩で打つ素振りをする内に、右肩の緩みずれに気づきました。右手右肘の力を抜こう [続きを読む]
  • 左太腿を考える
  • 昔40代、剣道を再再開したとき、どうしたら、早く剣道の動きが戻るか、鍛えるかと、考えた時、動物を見習おうと、最大のスピードを生み出すのは、どの部分どの筋肉かと、考えたことがあります。早く走る、馬を見て考えていました、膝から下には、ほとんど筋肉は有りません、太腿尻でん部に筋肉は集中しています。人間も太腿尻を意識すれば、早く走れるのでは、剣道では出足が良くなるのでは、と考えました。そのこと上の人にを言う [続きを読む]
  • 第三の救世主、クロスライン
  • 二人の大先生相手に、又しても、面余し面が出ました。1人はかろうじて、避けられましたが、もう1人は、完璧に、面を打ちました、大きく振りかぶって打つ技なので、衝撃も大きく、この大先生の普段の打ちとは、比較にならない位、強過ぎて、一瞬、認めるのを避けておられました。又、嫌われるかな・・・もう相当、むさしの球体バリヤーが、完成に近づいて来ています。観の目の関しては、完全に、球体バリヤーは、完成しました。後は [続きを読む]
  • 第二の救世主現れる
  • 右胸脇二の腕鉄の細胞一丸化により、右手首手の内は、更に柔らかくなり、自由自在の往年の右手の働きが、復活してきました。もう難題だった、右肘肩にも余分な力が入らず、剣先の軌道が定まりました。左から始まった、鉄の細胞の塊一丸化の発想が、むさしの、どうしても治らなかった右腕欠陥を、完全に修復してくれました。今更ながらに、左太腿腰を述べることは、情けない、出来て当たり前の事柄なので、心苦しいのですが、左骨盤 [続きを読む]
  • 救世主現れる
  • むさしの自動進化、鉄の塊の細胞イメージが、奇跡を生み出しました。あの忌み嫌った、職業病だった、何十年と苦しみ続けられてきた、当たる瞬間、竹刀を、竹刀を左へずらしてしまう、右肘、右肩から、完全に力が抜けました。意識を右胸脇の細胞鉄板化に集中すると、腕肩に全く余分な力が、入らなくなりました。あ!これだ!意識しなくても、真っ直ぐに正面を捉えられる。打つ瞬間の、両腕手の内をコントロールするのは、首の付け根 [続きを読む]
  • 右手の使い方、左右対称
  • 包丁を使う仕事柄、無駄な押す力が、右肩・肘に入ってしまう癖を治そうと、考えを改め、右手に負けない左腕を作ろうとし始めてから、左上腕二頭筋を左胸に密着させ、左上腕三頭筋二の腕拳が上を・外を向く位の気持ちで構えると、左肩甲骨が、押し込まれ、左胸が前に出ます。左胸の張り出しは、この一連の流れ、上半身筋肉細胞の、収縮一丸化でした。左胸・左脇、左二の腕、左肩甲骨の首の付け根の核心から、そして左腰臀部へ、左足 [続きを読む]
  • 面応じ返し面
  • 二人の大先生に、偶然、同じ技が出ました。応じようとか、返そうとかは、全く、考えていませんでした。大先生相手に、後の先の業は、99%考えたことは有りません。大先生の剣が面に来る、とっさに受け流し、同時に、前に出て、開いた面を、打っていました。一人は表から、一人は裏から、前に出て、打っていました。大先生二人に、こんな大業が出てくるなんて・・・むさし、究極の姿勢、独楽の球体バリヤーが、完成してきた証しです [続きを読む]
  • 影を感じる
  • むさしの球体バリヤーの説明をします。むさしが剣道を始めたとき、一番最初に実践で習ったことは、見切り、相手の動きを感じることです。相手は、むさしを打つためには、一歩動かなくてはならない、一歩、出なくては、剣は届かないと教えられました。しかし、受ける方は守る方は、半歩でいいと教えられました。むさしの見切り、全身細胞一丸の気エネルギー、球体バリヤーの、根本、半歩の動きをすることです。相手の剣を躱すのは、 [続きを読む]
  • 猛暑・夏バテ
  • この夏初めて、稽古を半分で、切り上げ帰りました。もう基本稽古だけで、スタミナは消耗していました。道場は30度を超えているので、無理しないでくださいとの、全員への、お達しがありました。もう今日は無理してはいけないと、稽古は、半分で、止めました。家に帰っても、だるい、立ち上がると、くらくらと、めまいの一歩手前の状態です、軽い熱中症かも。手に力が入りません、完全に夏バテも来ていますね。明日は、辛い、チゲ [続きを読む]
  • 指先から全身へ
  • 教科書どうりでない、むさしの人差し指を使う事、理解しがたいと思います。高校時代から、続けてきた、むさしの剣道の全てを作ってきた、竹刀を二本持つ、二刀素振りを振り返って、考えてみました。剣道を始めたとき、腕肩手の力をつけるために、竹刀二本を持ち、尻まで叩く素振りを始めました。当然、手の平を伸ばし、親指側と指先で竹刀を支え、素振りすることになります。やがて、指先に力が付き、竹刀一本を持った時でも、二刀 [続きを読む]
  • 死闘!
  • 一年前の記事に、開脚屈伸で左足が完全に曲がらないことが書いてありました。2〜3カ月続けている、左片足飛びのお蔭か、もう完全に、曲げることができるようになりました、左骨盤が締まりました。道場に早く行き、開脚左足屈伸をすると、深々と何度でもできるようになっていました。まだ少しは、曲げたとき、力を入れて、維持しなければなりませんが、ほぼ、右足の屈伸、近くなってきています。以前、壁だと述べていた道場1・2の [続きを読む]
  • 右手の使い方、鍔・剣先を飛ばす
  • 右手も左手も、基本的には、小指、薬指を中心に、力を入れて握ると、どの教科書にも載っています。むさしも、何十年と、小指薬指に力を入れ竹刀を振ってきましたが、還暦を過ぎて、剣道を再開して以来、疑問に思う事が多々生じて来ました。力任せの時代も過ぎ、もっと合理的な手の内を考えるようになりました。もっと人差し指、親指を使うべきだと、指全体を使ってもいいのではと、考えるようになりました。握力が弱ってきたからだ [続きを読む]
  • 全身一丸鉄の細胞パワー球体バリヤーへ
  • 日曜日の稽古前の、尾骶骨と、首の付け根の、気を繋げてみようという閃きから、一気に、背中背骨が、全身一丸の鉄の塊、究極の細胞パワー姿勢を、一気に作り出しました。まるで、むさしの体が、鳥の様です、不思議な位に、弓なりの姿勢、背骨を弓を引くように、縮めると、体が、足が、軽くなりました。踵が、自然に浮き上がり、反重力のパワー姿勢が生まれてきました。鳥が空を飛ぶとき、頭首を上げ、尻尻尾を上げ、背中を縮めます [続きを読む]