kkai0318 さん プロフィール

  •  
kkai0318さん: Sauntering
ハンドル名kkai0318 さん
ブログタイトルSauntering
ブログURLhttps://furusabi.exblog.jp/
サイト紹介文気に入った物、コトをつらつらと。 キャンプ、登山、釣り、ガーデニング、時々車を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/12/03 22:15

kkai0318 さんのブログ記事

  • 作業とフライ
  • 夜中に作業が続いています。今、絶賛レストア中のドライバーを。アンティークのマイナスドライバーです。持ち手の木が腐っていたので、新しく木を嵌め込んでみました。梅の木の原木から削って取り付けてみましたが、電動系を使わずに手作業なので時間が掛かる・・・。使った主要な工具はこれだけ。製材されていない自然... [続きを読む]
  • Fountainballpoint pen
  • 2ヶ月くらい前。ちょっとメモを取っている時に、ペンを落としてしまった。テーブルの上ではなく、立ったままだったので、ペン先が見事に割れてしまったのです。このパーカー75は、ビンテージと言っていいほど古いものでしたがいい感じの細字で、かなり気に入って使っていました。しかし握りにヒビが入っていて、インクも漏れる。「そろそろ限界かな・・・」... [続きを読む]
  • Day trip 2 (end of the rainy season 2018)
  • 愛知と言ったら行く所は一つ。二村さんの鍛冶場です。(熱き想いは過去記事にみっちり書いてあるので、お時間あれば・・)何度来たことか・・・毎回来ても変わらず楽しい。今回はちょっと相談事があって来ました。自分の持っているピッケルで聞きたい事がたくさん。当ブログでよく登場するピッケルですが、石突きが無... [続きを読む]
  • Day trip 1 (end of the rainy season 2018)
  • 小さな旅に行ってきました。(都合上、愛知県の岡崎から始まります)--------------週末に行く所が出来て、新幹線の予約を取ろうとしましたが・・。ふと思い、鈍行列車で行くことにしました。約5時間半掛かる予定ですが、車窓からの景色をのんびり眺めながら行きたかった。始発電車に... [続きを読む]
  • Canoe & Surface 2018 急
  • お昼をお腹いっぱい食べるとまどろむ・・・。全員が集まっているので、ここぞとばかり、撮影します。やっぱり人のカヌー&タックルは気になります。カヌコレから。隣の芝は青い・・・。整然と、美しく使いやすそうに見えます。相当マニアックな道具が沢山です。ルアコレ。... [続きを読む]
  • Canoe & Surface 2018 破
  • キャンプを撤収して、集合地に到着。この時のワクワクは言語に表現しづらい。続々と集合場所に集まってきた。大体の人が初めましてということですが、事前の連絡を取っていたので何となく、薄々、誰が誰だか分かる。自分も含めて遠慮がちですが、急いで仲良くしようとかがありません。でも好きなものは一緒。同じ趣味を持つと、気持ちはとても楽なのです。... [続きを読む]
  • Canoe & Surface 2018 序
  • またまた更新が遅くなりましたが・・・。先週、カヌーの集まりに参加してきました。--------------「カナディアンカヌーに乗って、釣りしてランチしてコーシー飲んでウハウハしよう」Keepslowly の加藤さんのそんな呼び掛けで総勢14艇、26人が埼玉県某所に集結しました。自分としては、普段交... [続きを読む]
  • Off the Grid 2018
  • 田植え後、カブで数時間か掛けて調布までやってきました。UL系の展示会、オフザグリッドです。去年も来たので、流石に道に迷うことは無いだろうと油断してました。しっかり道をロストして、夕方に到着。このイベントも年々と変化をしています。大きく躍進したメーカー、小規模に戻ったメーカー。情報伝播があっと... [続きを読む]
  • 田植え 2018
  • 田植えをやってきました。神奈川県某所にて、いつものメンバーとです。稲刈り・脱穀・餅つき・お飾りとやってきたのですが、田植えは初めて。年々作業を増やして、更に楽しい時間を増やそうと思います。----------------朝早かったので、出発前に庭の手入れをします。朝の光は緑が綺麗。ルリマツリも順調に咲いて... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 11(Last)
  • 最終日。九州ともお別れです。(※今日の記事は長め)弾丸とも言える日程でしたが、最終日はゆっくりします。川べりを歩きます。素朴に、思い出に浸るのも良いもんです。水面に何か魚がいるので、河原に出てみます。ここはモクズカニがたくさん居たのですが、現在は姿が見えず。... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 10
  • 阿蘇を後にして、まだまだ先へ。なだらかでおおらかな地形の中を縫うように走ります。あ!いきなり・・・。大分県に入ります。すぐに着いたのが竹田。ちょっと寄り道です。街の通りに興味深い物が・・・。こんなお店があると、じっくり見てしまうんだな。-----... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 9
  • 阿蘇は黄緑と茶色の世界。火口を離れると、ひたすら黄緑です。雄大な。日本に、こんな場所があったなんて。ただ広い、これって貴重です。関東でこの気持ちになるには山に登るか、海に行くしか無い。風渡る。遠くから見えない空気の流れが来る。草を通して感じることができます。深呼吸をして、... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 8
  • 阿蘇山。生涯3度目となるこの山ですが、間が開きすぎて初めて来たように感じる。しかも、こんないい天気は初めてです。記憶の中と景色が全然違います。こんな道を行く。関西や九州のライダーが必ず来る場所。走っていると、日本にいるとはにわかに信じがたい感覚になる。ガードレールも無いのってスッキリしています。... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 7
  • 高千穂峡もそろそろ混んできたので、別の場所へ。渓谷全体が緑に包まれていて、ゆっくり歩くだけでも何だかスッキリします。遊び歩く、そのもの。こうした願掛けも。「幸せになれますように」なんてあります。ここにこうして来られるのは、幸せなんじゃなかろうか。なんだかちょっと面白い。しかし神様は忙し... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 6
  • 昨夜は話が脱線してしまったので、旅に戻ります。----------両方の崖が次第に高くなってきて・・・。こんな景色になってきます。この部分、芸術的です。ただ撮っただけでも絵画的。岩と水の為せるわざ・・・あと時間も。核心部が近づいてきた。おお・・・。... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 5
  • 静かな渓谷沿いに車を走らせます。ここらへんに来たらみんな必ず寄る所へ。(「寄る」というより多くの人は目的地です)穏やかな山里を抜け、国道よりひたすら下る。突如として、深い谷がそこにありました。国の天然記念物、高千穂峡です。車を停めて、渓谷沿いを歩きます。... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 4
  • --------------今夜はちょっと長め。昨日PCがフリーズしてしまい、記事が無くなってしまいました。-----------------寄り道が続いています。ここは駅ですが、見て分かるように線路がありません。この路線は10年前に廃線となりました。記憶にある方もい... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 3
  • 今、行縢の滝(むかばきのたき)に居ます。何度見返しても読めない漢字・・・。宮崎の方ならスッと読めるようです。凄い落差なのに、音がしない。岩盤の表面をサラサラ流れているので、こうした不思議な感じに。威圧感が無い滝です。風が吹くと水のシャワーに包まれ・・・。ビショビショです(笑滝の下... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 2
  • 今。神話の国、宮崎県に来ています。今日の予報は雨だったはずですが・・・。超が付くほどの快晴です。山側は随分昔に来たことがあるのですが、殆ど記憶に無い。なので、初めて来た感覚で各地を回ります。ちょっと込み入った所も行くので、ザック同伴。フレームパックの元祖、Berganse。... [続きを読む]
  • Journey to the Shore 序
  • ちょっとした旅に出ました。まあ、至って普通の旅ですが・・・フラリと。三浦の城ヶ島を飛び越え・・・。雲の上を通り・・・。雲から降りたら雨。梅雨入り予報前ですが、天気予報は全て雨。想定済み過ぎて、何一つガッカリしません。この時期の雨はなかなか好きです。(... [続きを読む]