カノン さん プロフィール

  •  
カノンさん: 病的姑vs嫁のヨーロッパ生活闘争記録
ハンドル名カノン さん
ブログタイトル病的姑vs嫁のヨーロッパ生活闘争記録
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mimimum-fighter/
サイト紹介文演技性人格障害の疑いがあり過干渉で虚言癖の姑に振り回されてメンヘル気味嫁の記録
自由文外国人の姑との嫁姑駆け引き(?)、日々過ごしていて気付いたことなども書いてゆきます。
姑に共依存、虚偽性障害と演技性人格障害の症状が見られるため、周囲にいる者としての記録と客観視するための状況の文章化も兼ねたブログでもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 192日(平均1.9回/週) - 参加 2014/12/04 06:57

カノン さんのブログ記事

  • やっぱり嘘だろうな!
  • やっぱりババアと過ごさずに済んだクリスマスは正解だ。精神的な楽さが凄く違う。今年はババアの焼くターキーも無いし、私がターキー焼く程の気合いもないので日本みたいにちょっとクリスマスっぽい夕飯に、日本みたくケーキを食べる為にデコレーションケーキを作るだけだけれど、そんなババア抜きのささやかなクリスマスを毎年過ごせれば良いかなと思った。ま、私、別にターキー好きじゃないしな!wwフレッドは好きで楽しみにして [続きを読む]
  • また始まった義母の悲劇の劇場!
  • 今日は昨夜ホワイトさんに会ったフレッドからの報告を書いていく。まず、ババアの入院理由は痛みの治療らしい。どこの病院に入院してるかはホワイトさんは言わなかったらしいが、ババアは入院中は外界とコンタクトが取れないのだという。携帯使用禁止ってことか?よくわからないけど、たとえ病室内周囲使用禁止でも今やどこの病院にも携帯使用可ゾーンがあるのにちょっと謎な入院だ。ホワイトさんはババアの入院している病院名も言 [続きを読む]
  • 義母とのクリスマス会が中止になったお♪
  • 前回の記事を書く前に現状に変化があったために報告。なんと!ババアとのクリスマス会が中止になりました!!\(^o^)/一昨日、フレッドがホワイトさんからメールが来たらしく、「ババアが入院したからクリスマスもババアは病院。だから今年のクリスマス会は中止。でも、退院したら食事会するって。」と報告された。入院理由は書いてなかったそうだ。結局、後に食事会する予定ならば正確には延期ということなのだが、それでもババ [続きを読む]
  • 義母の隠された攻撃性
  • 今回はババアの隠された攻撃性について分析する。前回も触れたが、ババアは私に暴言や暴力や嫌味攻撃などの直接的な攻撃はしてきていない。なのに何故こんなにもババアと付き合うと嫌な気持ちになるのかを考えていこうと思う。ババアがするあてつけ行為は何なのだろう?嫌がらせに取っても良いのかとすら考える程のハッキリしない・意図の見えづらい、"私や旦那にとっては嫌な事"をし続けるのはなんの意味があるのだろう?そんなこ [続きを読む]
  • ババア半年の法則と交流の分析
  • 今回は、ババアとの交流の経緯を省みて気付いたことや今後のババアへの対応についての私の考えをまとめたい。まず、時期の流れを見て、わざわざ緑の文字にしたことで気付いた方もいるだろうが、ババアとぶつかったり何かトラブルが起きたりするのはだいたい半年周期というものが見えてきた。私とババアの交流には、ご覧の通り距離置き期間が長短期間を問わずボチボチある。で、私が思うに距離置き期間でリセットと多分ババアは考え [続きを読む]
  • 義母との交流の記録2016--現在まで
  • 今回は現在の状況に至るまでの2016.4月からの大まかなババアとの交流の流れを書き出して行く。2013〜2014の苦い経験を経て少しは学んだはずなのに、今現在の私の気持ちはまた2014年の年末のようにババアを疎遠にしたくなっている。精神状態は2014年のように悪い訳ではないのが救いだがババアへの嫌悪は相変わらずだ。なぜこうなってしまったのか経過を見ていきたい。●2016.3 私は臨月を迎え、月半ばからババアが頻繁に訪問する [続きを読む]
  • 義母との交流の記録2014-2016
  • 今回は前回に引き続いて2014-2016年の経過を見る。●2014.4 旦那の提案により、ババアとババアの誕生日祝いを兼ねた食事会旦那はまたババアと私に仲良くやってもらいたかったらしい。一ヶ月だけでも距離置きされ、私に拒否されたと思ったらしいババアはこの食事会の最中私と目を合わせないようにしていた。しかし、私は旦那の為にババアとまた交流しなくてはと思い食事会終了時に無理してババアと仲直り。これが間違いだった。こ [続きを読む]
  • 義母との交流の記録2013-2014
  • 今回は私の頭の整理の為に、記録ノートとしてババアと私の交流の浮き沈みを書いていく。ここに客観的になって書き出すことで、私との対人関係におけるババアを冷静に見たいのとババア影響下による自分の精神状態の変化も追いたい。まずは、ババアとの本格的な交流開始からの一年間を。(過去記事に詳細があるものもありますが、記事にしようと思っていて書けていなかったこともあります。)●2013.4 〜 結婚・妊娠を期にこのババアの [続きを読む]
  • やめてと言ってもやめない女。それは昔からだった。
  • クリスマスとニコラウスの日に関しての余談がある。聞く耳を持たないババアは今に始まったことではなく、フレッドの幼少期から変わらないということを示すフレッドの経験談から私が義母という生き物に感じたことを今回は書いていく。毎年毎年クリスマスや、イースターには孫(1歳児と4歳児)に向けて沢山のチョコレートを持って来るババア。この冬と春の二つの時期は、ドイツでもチョコを子供にあげるのが習慣のようでこの時期になる [続きを読む]
  • 繰り返される愚行
  • 今回は前回の続きでババアの自己中メールに対するフレッドの返信だ。「クリスマスプレゼントに関しては了解した。ニコラウスの日のプレゼントについては、僕らが事前に要らないと言った服とぬいぐるみを持ってくるとは、あなたは僕らの言っていることをリスペクトしていない証拠。老いを言い訳にするな!!これからも何か孫達に買いたいのなら、買う前にまず僕に聞いて。これは以前から何度も何度も言っているのに出来ないなんて、 [続きを読む]
  • メールやり取りから火がついた義母への怒り
  • 今週のババアとフレッドのやり取りの続きだ。フレッドのメールに対し、ババアは翌日返信してきた。「私娘のクリスマスプレゼントはもう買っちゃったわ。私娘ちゃんが前に欲しいと言ったアナ雪の人形よ。欲しがっていた物なんだから良いと思った。くれたメールについてだけど、ワタシをこれ以上メールで叩くのをやめて!ワタシは年老いてるのよ。だからニコラウスの日のプレゼントについては感謝してくれたって良いくらいな事だと思 [続きを読む]
  • 旦那も義母の行動にイライラしていた
  • 実は今週頭からババアとフレッドがメールでやり取りしていてニコラウスの日から始まった自己中ババアとのクリスマス週間の闘いの一連になるのでホワイトさんの話はちょっと脇に置いて、こちらをまず記録しておく。ニコラウスの日にババアがうちに来た時、ババアは今週水曜に私娘とクリスマスプレゼントを選びに行きたいと提案してきたので私とフレッドはババアが勝手に買ってくるよりは、私娘がお祖母ちゃんと一緒に選びに行って好 [続きを読む]
  • 義母を増長させるホワイトさん
  • 今回はこのブログでもよく登場するババアの取り巻きでありお世話係でもあるホワイトさんについて改めて詳細を書こうと思う。ホワイトさんは70歳になったくらいの小柄で人の良さが外見からも滲み出ている真面目なドイツ人男性だ。自営業をしていて、離婚歴があり前妻との間には成人した子供が二人。でも、今は一人暮らしでババアの犬と一緒に暮らしている。そして、専らババアの足としてババア専用のタクシーをしたり、時にはお金も [続きを読む]
  • 義母のセックスアピールと恋愛
  • 今回はババアを知るためにババアと元カレの話をもとにババアの親密な人間関係である恋愛と性におけるババアの性質を分析したいと思う。なぜなら、このブログでうっすらとババアの特徴として触れている演技性パーソナリティー障害の傾向に"不適切なほどの誘惑的、挑発的な性的な行動があり場面を選ばない。"とあり、今までこのブログに私が書いてきた記事で伝わるかはわからないがそれ以外の項目はこのパーソナリティ障害の傾向がバ [続きを読む]
  • 義母と元カレ
  • ババアの隣人付き合いの話に続いて今回もババアの人となりを対人関係から見ていきたくババアと元カレについての話を書こうと思う。記憶整理と自分なりの分析のために年月も記録しておく。ババアと元カレは2016年の五月に別れるまで腐れ縁のように(ババア曰く8年間)くっついたり離れたりしながら付き合ってきたようだ。私がババアと出会った頃はちゃんと付き合っていたらしく、ババアが言うにはプロポーズまでされたらしい。ババア [続きを読む]
  • やっぱり義母との付き合いは後味が物凄く悪い
  • やっぱりクリスマスは憂鬱だ。すでに今日、ニコラウスの日にババアが持って来たぬいぐるみや服を見てイライラする自分がいる。ババアを可哀想な人って思って受け取ってはみたものの、やっぱり受け取らない方が良かったのではないかと思ってしまう。今日になってよく考えてみたら、せっかくババアにハッキリぬいぐるみや服を要らないと言ったことを私は実際には受け取ったことにより自分から無かったことにしてしまったのではないか [続きを読む]
  • 義母とW夫妻の関係を見て分析したこと
  • 前回の続きだ。ババアが言うにはW夫妻の家で晩酌に付き合っていて(ババアは酒が飲めない)シリア難民の話をしていたところ、いきなりW夫から怒鳴られたとのことだった。「オマエのファンタジーなんぞ聞きたくないわ!」とか、ババアのシリア難民に対する意見を言った際にそんな感じに言われたらしい。W夫妻は二人共酔っ払っていて、なんやかんやババアはW夫に罵られ、婦人もババアをフォローすることなく夫の肩を持ち最終的にバ [続きを読む]
  • 義母の隣人夫妻
  • 前々回に引き続き、義母の隣人関係の話だ。今回の登場人物は、一時期義母と仲良くしていた隣人のW夫妻。この人達は、私がババアと大々的に距離を置いていた約一年の間に新しく引っ越して来たらしい。ババアのアパートメントの庭付きの地上階に住んでいて、年代は60歳代でババアと同じくらい。共働き夫婦で、経済的に余裕がありそうに見えるドイツ人カップルだ。ババアが友達と言う人達はババアから話に聞く限り何故かなかなかリッ [続きを読む]
  • 今日はドイツはニコラウスの日
  • 流れをぶった斬るが、ババアがうちに来訪したので書いておく。(※写真追加しました)ドイツはニコラウス(サンタクロースのことをドイツはニコラウスと呼ぶ)の日というのがあってクリスマス以外のこの日にも、ドイツの子供達はお菓子(チョコレートが主流)やちょっとしたプレゼントが貰える日。ちなみに、ドイツでは、クリスマスに届くプレゼントはサンタクロースではなくて、天使が運んでくるのだとか。だから、サンタクロースが来訪 [続きを読む]
  • 義母の隣人付き合い
  • 今日はババアの周りの隣人達について書いていく。ババアから以前聞いた隣人エピソードには、ババアは新しい自転車を買った時に、アパートメントの周りの敷地内の自転車置き場に置いておいたら自転車のタイヤ二つに穴を開けられパンクしたということがあった。ババアは「買ったばかりなのによ!同じアパートメントに住むあいつがやったにちがいない!!」と息巻いていて犯人に心当たりがあるようだった。この話はこれでおしまいなの [続きを読む]
  • 隣人に悪態をつく義母
  • 今回もババアが他人に無駄に喧嘩腰になる話だ。これは去年の2月のことだ。ドイツでは2月にファッシングという、ハロウィンの様に人々が仮装する週がある。ハロウィンのようなホラー色よりはどちらかというとカーニバルな感じ。去年は私も初めて子供達とババアと娘の幼稚園で開催されたファッシングのパーティ参加したのだが、その時の話だ。私の家から幼稚園までは歩いて行ける距離なので、私達は家で仮装コスチュームに着替えて行 [続きを読む]
  • 義母の悪どさを見抜いた隣人
  • 一週間風邪にやられていました。体調不良の時にババアのことを考えたくもなくブログもお休みという感じだったが、今日からまた再開したいと思う。まだまだたくさんあるババアのネタをどこから書いていこうと思っていたが、昨日、実は私と同じマンションに住む住人からババアについて変な事を言われたので今日はその話と、続いて次からはババアと隣人達のことも書いていこうと思う。昨日、マンションの共用部を掃除しているオッサン [続きを読む]
  • 義母と編み物〜余談
  • 今回はババアと編み物に関しての余談なのだが、前回までの記事にあるようにババアが既製品を自作と偽ってまでも編み物得意アピールをしてくるので、そうまでしてアピールするならば、出来ないってことはないよなと考え、去年の冬前に私は実際にババアに編み物を頼んでみたのだった。これは別に意地悪でもなんでもなく、私は本当に、冬に向けて寝る時用の子供用のニットのベストが欲しかったからだ。このニットのベストというのがな [続きを読む]
  • 虚言スイッチと編み物
  • これは、去年のことだった。前記事のニットパーカーをババアが自作と偽ってくれたのが丁度2014年の秋くらいだったから私はまだババアを "平気で嘘つける人" と思ってはいても虚言癖…ましてや自分が得意と称する領域で既製品を自作と偽ることをする人間だとは思っていなかったので、あのニットパーカーがババア作と言うのに疑問視はしていても今のように嘘だと思うことに納得はしていなかった頃だった。私はババアのような人間に対 [続きを読む]
  • 既製品を自作と偽る義母を分析
  • さて、前回の続きだが、探してきしたよ♪まずはババアが自作(共同作品)と持ってきたニットパーカーがこれだ!!色使いといい、アップリケといい、なかなかユニークすぎる作品だ。これを見た、私が既製品か自作かで意見を求めた友人の一人はやっぱり編み目が綺麗で整然としているから既製品。でもアップリケや刺繍は手作りっぽいからババアが既製品にアレンジしただけだろう、と言った。他の友人は、編み物が好きなお母さんに見せて [続きを読む]