交通事故にご用心 さん プロフィール

  •  
交通事故にご用心さん: 交通事故弁護士相談広場
ハンドル名交通事故にご用心 さん
ブログタイトル交通事故弁護士相談広場
ブログURLhttps://www.jicobengo.com/
サイト紹介文交通事故に遭ってしまった場合の対応方法など知っておきたい情報を掲載しています。
自由文交通事故・弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 26日(平均4.3回/週) - 参加 2014/12/16 13:49

交通事故にご用心 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自転車での交通事故|自動車と自転車での事故対応・過失割合まとめ
  • 自転車事故は、歩行者の事故とも自動車同士の事故とも異なる特性を持っています。事故に備えるためには、自転車保険に加入しておきましょう。自転車事故の場合、自動車よりも自転車の過失割合が小さくなります。自転車事故の被害に遭ったら、自転車保険や自動車保険の弁護士費用特約を利用できるのかを確認して、早めに弁護士に相談しましょう。自転車事故の特性とは自転車は、非常に便利な乗り物ですから、日常的に乗り回している [続きを読む]
  • 弁護士費用特約を利用しよう!弁護士への交通事故相談費用がタダに
  • 交通事故の被害に遭ったら弁護士費用特約を利用すると、費用負担なしに弁護士に対応を依頼できます。家族の自動車保険の特約も使えますし、歩行中の事故、友人の車に乗っていたときの事故でも使えます。依頼する弁護士は、自分で選ぶことができますし、特約を使っても保険の等級は下がりません。まずは自分の保険会社に特約を使えるかどうか確認して、使えるなら忘れず利用しましょう。弁護士費用特約とは交通事故に遭ったら、弁護 [続きを読む]
  • 交通事故は弁護士基準で慰謝料が増額する理由まとめ【完全版】
  • 交通事故で相手の保険会社と示談交渉をするときには、弁護士基準を使って計算すると金額が大幅にアップします。被害者が自分で話合いをすると弁護士基準を適用してもらえないので、高額な賠償金の支払いを受けたいなら弁護士に対応を依頼しましょう。できるだけ早いタイミングで、交通事故問題に強い弁護士を探して相談することがお勧めです。基準によって交通事故の慰謝料がこんなに変わる!交通事故に遭って慰謝料請求をするとき [続きを読む]
  • 交通事故の加害者が不起訴の場合、検察審査会に訴える手段がある
  • 刑事告訴を行えるのは検察の検事だけで、被害者は警察に通報し事故の状況を訴えることしかできません。。起訴または不起訴の判断も検事が行うため、不起訴となれば刑事上の罰を与えられません。但し最後の手段として、不起訴でも検察審査会に訴えるという方法があります。検察だけが持つ公訴権不起訴となった場合、被害者に残される道は検察審査会のみ刑事事件において、被害者が加害者に刑事における刑罰を与えたいと考えた時、ま [続きを読む]
  • 交通事故でのむち打ち|慰謝料相場と損しないための対処法
  • 交通事故でむち打ちになると、痛みやしびれ、めまいや耳鳴りなどの症状が出ます。まずは症状固定するまで通院を継続し、被害者請求の方法で後遺障害認定を受けましょう。弁護士に示談交渉を依頼すると、弁護士基準が適用されて、高額な慰謝料を獲得することができます。正当な賠償金の支払いを得るためにも、交通事故問題に強い弁護士に相談しましょう。交通事故でよくある症状「むち打ち」とはむち打ちとは交通事故に遭ったとき、 [続きを読む]
  • 交通事故の加害者が許せない!刑罰を与えたい!と考えるなら
  • 加害者が不誠実な対応を示してきた場合、示談には絶対に合意しないことが大事となります。弁護士の力を借りて調停・裁判へと進まないと、本当の意味で加害者に罰則を与えることはできないためです。一旦合意してしまった示談内容はほとんど取り消すことができません。加害者の対応に満足できない時、被害者は何ができるのか?交通事故の示談交渉を、事故の当事者同士で直接行うことは少なくなっています。加害者が加入する任意保険 [続きを読む]
  • 交通事故の加害者に刑事罰を与える方法はない?
  • 交通事故は「犯罪」 交通事故の被害に遭ったとき、加害者の対応が酷いので、被害者が憤りを感じることはよくあります。保険会社の対応を任せきりにしていて、一回も謝りに来ない加害者もいますし、死亡事故でお葬式にも来ない加害者もいます。それどころか、自分の過失を小さくするために、嘘をついて被害者の過失を大きくしようとする加害者も存在します。このようなとき、加害者に刑事罰を与えることができます。刑事罰は、懲役 [続きを読む]
  • 交通事故の示談交渉まとめ〜弁護士に依頼するメリットはさまざま
  • 交通事故被害に遭って相手と示談交渉をするとき、弁護士に依頼するとさまざまなメリットがあります。弁護士・裁判基準で計算してくれるので賠償金の金額が上がりますし、過失割合が減るので請求金額を減らされずに済みます。精神的にも楽になって、治療に専念できます。弁護士費用を支払っても十分に利益があるので、示談交渉するときには高越事故問題に強い弁護士に依頼しましょう。交通事故の示談とは交通事故で被害者になったら [続きを読む]
  • 交通事故の過失割合とは?過失割合決定の流れと保険会社に任せてはいけない理由
  • 交通事故で被害者となり、相手に賠償金を支払ってもらうとき、自分に過失割合があったらその分賠償金額から減らされてしまいます。過失割合を減らすためには、まずは過失割合の適切な基準を知りましょう。そして、証拠を集めてしっかりと交渉することが必要です。被害者が自分で対応すると不利になることが多いので、困ったときには弁護士に相談しましょう。交通事故の過失割合とは交通事故の過失割合とは、事故の当事者それぞれに [続きを読む]
  • 交通事故の弁護士費用の相場~初回相談・着手金無料の弁護士も
  • 弁護士費用の自由化後、交通事故でも弁護士は費用の詳細を明らかにし、依頼者の希望に沿って説明を行うことが多い。初回相談無料の弁護士も多く、自分にはどの弁護士が適正か、先に料金を確認すれば良い。旧料金体系と比較するのも手だが、安ければ良いというものでもありません。交通事故の弁護士費用は、複数の弁護士に相談して比較弁護士に依頼する前に無料相談を活用しよう交通事故後の示談交渉、後遺障害等級認定の申請、また [続きを読む]
  • 自賠責保険の慰謝料計算方法と慰謝料相場
  • 傷害に対する自賠責保険の慰謝料は、治療期間内の被害者の傷害の状態や実治療日数などを勘案し、1日あたりの金額で計算されます。後遺障害に対しては、後遺障害等級によって支払い基準があり、死亡した場合は、遺族慰謝料請求権者の人数によって定められています。自賠責保険の慰謝料傷害、後遺障害、死亡に分けて基準が設けられている自賠責保険は自動車責任賠償責任保険の略称で、強制保険とも呼ばれるように、あらゆる車両が加 [続きを読む]
  • むち打ち症の症状と治療法〜交通事故の後遺症に多い頚椎捻挫〜
  • むち打ち症は、追突、衝突などの交通事故、または急停車などによって首がむちのようにしなったために起こる症状の総称。症状に基づき、頚椎捻挫型、神経根症型、脊髄損傷型分かれ、整形外科や整骨院・接骨院で治療を行うのが一般的だが、後遺症も残りやすい。多くの症状がみられるむち打ち症正しく理解して整形外科で診断を。治療は整骨院・接骨院でも可交通事故が原因となって起こる傷害のうち、約半数がむち打ち症と言われていま [続きを読む]
  • 交通事故による負傷の治療〜整形外科と整骨院・接骨院の違いを知る
  • 交通事故による負傷は、まず医師の診察と治療を受けなければ損害賠償請求は行えません。そして完治するまで治療を続け、後遺障害が残ってしまったならば等級認定を受けます。その際、医師の診断がなければ治療費請求や後遺障害認定に支障が出る場合があるので注意が必要です。交通事故による負傷の治療は整形外科でも整骨院・接骨院でも同じ後遺障害申請については整形外科の医師による後遺障害診断書が必要!交通事故に遭い負傷し [続きを読む]
  • 自転車事故の慰謝料と過失割合〜自動車、歩行者との事故〜
  • 免許取得の必要がなく、誰でも簡単に乗ることができる自転車だが、道路交通法上は車両に分類され、交通事故を起こした場合の損害賠償責任は自動車と同じだ。しかし保険制度が整備されておらず、死亡事故などを起こしてしまった場合は非常に困難な状況に陥ります。自転車事故の示談交渉は当事者同士が行うケースが多い弁護士に相談して適正な損害賠償を得よう免許の取得が不要で、子どもからお年寄りまで気軽に乗ることができる自転 [続きを読む]
  • 過去の記事 …