シオン さん プロフィール

  •  
シオンさん: ケローナの丘の上から
ハンドル名シオン さん
ブログタイトルケローナの丘の上から
ブログURLhttp://daihime.com
サイト紹介文自然がいっぱいのカナダの町、ケローナで家を建築中。町の様子や家づくりの様子を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/12/06 09:05

シオン さんのブログ記事

  • 新しいベッド
  • わんこってどうして床に置いてあるものが自分のベッドだとわかるのでしょうか?それがたとえ、自分よりもずっと大きなものであっても。姫のベッド、大翔が引き継いでくれました。ベッドでもあり、おもちゃでもあり。大輔も古いソファーを掘って遊んでいました。子犬って同じようなことをしますねー。大きすぎるベッドだけなのもねーと大翔サイズのを買いました。わんこって小さめのベッドのほうが安心するそうなので。ところがなか [続きを読む]
  • 噛みつき王子、物編
  • 大翔、私達の手だけでなく、何でも噛みます。日本で買ってきたヨーグルトメーカーの詰め物。レーザープリンターのインクが入っていた箱。赤ちゃん用のウェットティッシュ(大翔の足ふき用)が入っていたプラスチックの箱。冬の間家の中に避難しているアロエ。苦くない? 食べて大丈夫?今の所お腹も壊していないので、大丈夫なのでしょうねぇ。同じく冬の間家の中に避難している八重咲きジェラニウム。枯れたところを切っていたら [続きを読む]
  • 噛みつき王子
  • 大ちゃん、子犬ですから、噛みます。噛みます。子犬の尖った歯が痛いです。そう言えば、大輔も噛むので、よく叱っていた思い出があります。姫は大輔を噛んでいたので、私達は被害を受けませんでした。ブリーダーさんに、この子は噛まないほうだと言われました。これで噛まない子なら、噛む子はどんななのでしょう?いつ頃、歯が抜け変わるのでしょう?大人の歯になる頃には噛まなくなっているのでしょうか?寝ている時は天使なので [続きを読む]
  • あくび
  • 大翔、あくびをする時に声が出ます。ナーバスになっている時には100%、普通の時は70%ぐらいの割合で。大輔も姫もそんなことはなかったので、はじめに聞いた時にはびっくりしました。可愛いので、動画に残したいと思ったのですが、撮るのは至難の業。実家にいた時に2日だけ使ったケージの中で。そして、やっと撮れた今日の動画です。可愛いでしょ? [続きを読む]
  • 病院へ
  • 2回目の予防注射をしてもらいに病院に行ってきました。ちょっとドキドキの大翔くん。来ていたわんこと遊びたそうでしたが、この注射が終わるまでお預けです。1回目の予防注射はブリーダーさんの所にいた時に済ませてもらっていました。カナダでの初めての病院です。診察台に乗せられて、やや横に開いた耳が「不安だぞ〜」と訴えているようです。診察の間も、鼻から入れらたケンネルコフの薬も、予防接種もおとなしくしていてくれま [続きを読む]
  • フリーの庭
  • 家の周りのフェンス、まだ完全には出来上がっていないのですが、夫がぐる〜っと見まわった結果、大翔が逃げ出せるような隙間は無いということになり、大翔は晴れてフリーになりました。走り回り、枝や花を齧り、好き放題です。松ぼっくり賞味中。悪い顔してます。何かを噛んでいるのです。追いかけると、もちろん逃げます。ここまでおいで〜って言ってる?植木鉢の上に乗るのは止めましょう。上に積もっている雪を食べているのです [続きを読む]
  • ケローナへ
  • ようやくバンクーバーに到着し、入国審査を通過。日本は入国は機械ですが、税関はまだ機内で配られる申告書に手書きで記入したのが必要ですよね。カナダでは着いてから機械に入国と税関の必要事項を入力するので、その分省力化されています。その後、動物検疫へ。動植物の検疫が一緒になっていて、5人ぐらい前に待っていました。私の前の人は大きなタッパーに入った肉類を没収されてました。大翔はというと、書類をチラッと見ただ [続きを読む]
  • 成田、そして機上で
  • 日本の航空会社って機内に犬を持ち込ませてくれないのです。仕方がないので、エアー・カナダ。しかも、持ち込めるのはエコノミークラスのみ。ところが、この航空会社も機内持ち込みの子犬は生後3ヶ月以上でないといけないという規則があります。その他諸々の事情の為、カナダ行きは11月9日になりました。大翔、写真で見ると大きく見えるので、本当に飛行機の座席の下に納まるのか?と日本に行く前からドキドキでした。カナダへ出発 [続きを読む]
  • ブリーダーさん宅から実家へ
  • 11月3日、大翔をブリーダーさん宅から引き取りに行きました。大翔は8月2日生まれです。戌年生まれで獅子座。ブリーダーさんにお伺いのメールを出したのが、7月の半ば。それから指折り数えて待っていました。賑やかな姫柴の庭で生まれ育った子を、遠くのカナダまで連れて行ってしまいます。お母さんや妹と遊べるのもこれが最後。申し訳ない気もしたりして。ブリーダーのコロスケさん、お母さんのイチョ子ちゃん、お父さんのAくん、 [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして。我が家の新入り、たいしょうです。漢字は大翔と書きますが、我が家の大将と言う意味も含めています。こちらの友人に名前の意味をきかれた時は、ボスっていう意味だよ〜と説明してます。我が家に着いた日には雪が薄っすらと積もっていました。5時間かけてバンクーバーから車に揺られて来たというのに、元気いっぱいだった大翔、初めての雪に大喜び。我が家の庭も大翔が来て嬉しそうです。家の周りをぐる〜っとフェン [続きを読む]
  • 鹿のこと
  • 今日はサンクスギビング(感謝祭)で祝日です。カナダのサンクスギビングはアメリカよりも1ヶ月早いのです。感謝祭は基本的に収穫に感謝するお祭りなので、寒いカナダでは早いというのは納得です。我が家の車道で若い牡鹿達が群れていました。若い雌が一頭だけ混じっているようですが。鹿も人間もティーンエージャーは群れがちなのでしょうか?(笑)鹿は英語でdeerと言います。雄雌の区別をつける場合には雌鹿はdoe、牡鹿はstag又 [続きを読む]
  • 紅鮭に敬礼!
  • アダムス川は北米で紅鮭が産卵の為に数多く帰ってくる川として有名です。4年ごとの周期で鮭の数が多くなります。何百万匹という鮭が川を上ってくるのだそうです。今年がその4年目に当たるというので、見に行ってきました。多い時には川が鮭で真っ赤になるほどらしいのですが、少々まだ時期が早かったようです。しかもあいにくの雨で見づらいのですが、赤いのがそうです。かなり川の流れが速いのです。ここまで来るのに大変な体力を [続きを読む]
  • またゴルフです
  • ゴルフの話題が続いてしまっていますが、昨日はトーナメントでした。と言っても、普通にプレーするのではなく、“ショットガン”と呼ばれるスタート形式です。それぞれのチームが各ホールから一斉にスタート。私達のチームは2ホールからスタートしてコースを回り、1ホールが最終ホールでした。そして、各プレーヤーの得点ではなく、チーム戦です。いちばん良いショットの場所からチームの全員が次のショットを打ち、またその中のい [続きを読む]
  • ゴルフ場風景
  • 早朝ゴルフ、7時少し前で気温が4.5℃です。池から湯気が上がっています。寒い〜を連発しながらティーオフ。4ホール目ぐらいでやっと暖かくなってきました。早朝ゴルフは今シーズンは打ち止めのようです。日中はまだ大丈夫。これは午後3時ごろの画像。虹がかかっていました。どちらも9ホールだけ。ゴルフはいつまでたっても下手の横好きですが、ゴルフを通じてたくさん友人が出来たので良しとしましょう(笑) [続きを読む]
  • ワイナリー3軒
  • ここケローナには40を越えるワイナリーがあります。近隣の町を合わせたオカナガン地方だと200を越えます。かなりよりどりみどり状態です。先週は続けて3軒のワイナリーへ行ってきました。50th Parallel Winery。ここは去年まではただのワイナリーだったのですが、今年に増築してレストランを併設しました。レストランの評判が良いので、行ってみたかったのでした。20人ぐらいのグループで行く機会がありました。前菜のサラダはレス [続きを読む]
  • 早朝ゴルフ
  • 北海道の地震で大きな被害がでているとか。日本列島、災害続きですね。被害に遭った方々にお見舞い申し上げます。早く復旧しますように。行政に災害防止と災害後の対策をしっかりとお願いしたいものです。こちらも山火事の可能性がある間は貴重品をまとめて置き、旅行に行く時も持って出ていました。最近、涼しくなってきて、山火事も鎮火の方向に向かっているようです。ですが、まだ州内で400カ所ぐらい燃えているらしいです。2週 [続きを読む]
  • ガーデニング用の物置
  • 久しぶりに家の話題です。ペンキ塗りをしています。これが使われるのはここ。ガーデニング用の物置、兼、冬の間のバイクの収納庫です。家の中もまだ完成とは言えないのですが、夏の間は外で出来る仕事で忙しいのです。ドアにもペンキを塗る予定なのですが、屋根の色に合わせた赤にするか、枠に合わせた濃いグレーにするかで意見が分かれています。こちらは反対側から見た物置。バイクがスッと入れられるようにドアが大きくなってい [続きを読む]
  • ウィスラーへ
  • バンクーバーに用事があって、その帰りにはじめてウィスラーに寄ってきました。ウィスラーはスキーリゾートとして有名ですが、最近は夏の観光客のほうが多いのだそうです。町の中心は綺麗に整備されていて、車は通行止めの道が多く、歩きやすい所でした。あちらこちらに流れる小川は氷河が溶けた水なので、コバルトブルーです。美術館もあります。木をふんだんに使った建物が素敵でした。泊ったホテル。部屋では手作りのモンスター [続きを読む]
  • 野菜と果物と
  • 相変わらず煙いケローナです。採れたて野菜と果物の季節。近所の果樹園では桃が鈴なりです。黄桃と白桃、そしてアイスバーグという珍しい種類のも混じっています。この季節限定、生いちじくとヤギのチーズのピザを作りました。いちじくが甘くて感激です。ご馳走様〜♪ [続きを読む]
  • 煙いです
  • 旅レポを書き終えてヤレヤレと、すっかりサボっていました。八月も早くも中盤ですね。今年もあちらこちらで山火事が多いです。BC州だけで450件を超えるそうです。周辺の山火事だけでなく、カリフォルニア州や、遠くはシベリアあたりの山火事の煙まで漂って来ているそうで、煙いです。遠くの景色、霞んで見えるのは煙のせいです。暑いし、煙いし、と愚痴っていたらさっき久しぶりににわか雨が降って20度まで気温が下がりました。お [続きを読む]
  • 旅の終りとその後
  • ミケーネやエピダウロスの遺跡を見て回っている間、ナフリオンのアパートに3泊しました。ずっとホテルに泊まるより、時にはキッチンや洗濯機のあるアパートが便利です。ギリシャの最後の宿泊地は空港の近くの海辺の町です。ナフリオンから2時間ほどで着いてしまうので、その前にコリントスの遺跡へ行く予定でした。ところが、ここで再び、にわか雨。かなり遺跡巡りにも飽きてきていたので、コリントス遺跡は見送ることにしました。 [続きを読む]
  • エピダウロス
  • だらだらと続いている旅レポですが、今回と次回で終わりです。見ていただいて、ありがとうございます。今回の遺跡はエピダウロスです。朝に行ってみたらにわか雨に遭いました。諦めずに雨が止むのを待って、再び訪問。遺跡巡りもお天気に恵まれないと大変です。この遺跡は、この辺りが生誕の地とされる医神アスクレピオスの聖域で、紀元前5世紀から紀元4世紀まで、治癒の場所として多くの人々の信仰を集めました。精神的な癒しだけ [続きを読む]
  • 真夏の楽しみ
  • 旅レポも終わりに近づいてきていますが、再び違う話題です。Spearhead wineryというお気に入りのワイナリーへ、シェークスピアの喜劇「真夏の世の夢」を見に行きました。ギリシャの旅レポ中に、偶然ですが、この話はギリシャのアテネ郊外の森の出来事という設定です。ぶどう畑に囲まれた芝生が舞台です。夜の7時でもまだ暑くて明るくて、しかも、妖精ちゃん達も走り回っていました。フラッシュなしなら撮影もOKの野外舞台です。妖 [続きを読む]
  • ネメア
  • 古代ミケーネ遺跡の次にネメアの遺跡に行きました。ここはあまり知られていないと思うのですが、古代にはオリンピアに続く競技大会の開催地でした。日本オリンピック委員会のサイトによると、「オリンピア地方で行われていた「オリンピア祭典競技」のほかに、コリント地方の「イストミアン・ゲームズ」、ネメア地方の「ネメアン・ゲームズ」、デルフォイ地方の「ピシアン・ゲ ームズ」などが4大祭典競技として知られています。」 [続きを読む]
  • ミケーネ
  • 再び旅レポです。お待たせしました〜。愛しのミケーネです!と、ひとりで盛り上がっております。紀元前1600年から1100年に栄えた青銅器時代末期の文明です。ドイツの考古学者シュリーマンが、幼い頃からホメロスの叙事詩「イリアード」で語られるトロイア戦争が実際あったことを信じ、トロイアとミケーネを発掘したというのは有名な話です。獅子の門。城砦に入るにはここを通ります。紀元前1240年ぐらいのものだそうです。今から30 [続きを読む]