起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログ さん プロフィール

  •  
起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログさん: 起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログ
ハンドル名起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログ さん
ブログタイトル起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ucf6601
サイト紹介文銀座Wall Builではたらく社長のブログ。独立自尊の精神、士魂商才、法華経の実践と実証。衆生所遊楽。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/12/06 12:56

起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログ さんのブログ記事

  • 男の品格と器量、本物が残る時代へ【生き方備忘録】
  • (写真:プリンシプル【principle】*のない日本、白洲次郎。戦後GHQより「従順ならざる唯一の日本人」と評された。日本にもこんな反骨精神のある人物がいたのかと感銘した。他にも「白洲次郎の生き方」という本もある)*プリンシプル【principle】:ここでは「信条、理念」訳すのが適切か。日本人としての理念・信条本物は、決して立場の強いものの顔色を伺い、迎合したりせず、周りに流されず、「自分の信念principle」というものを [続きを読む]
  • 使命を自覚できれば人生はおもしろい!! 【人生羅針盤アーカイブ】
  • (写真:筆者、自宅書斎にて)2009年、起業3年10ヶ月目に記載した記事をいま改めて見直してみるといろいろと考えさせられる。たしかに自分の使命を自覚できれば人生はおもしろい!!最近、いろいろな方から、仕事がおもしろくない、人生そのものがおもしろくない、とよく愚痴を聞くことが多くなりました。それは、自分の「使命」を自覚していないからかもしれません。自らの意思とは別にダラダラと惰性に流される。日々の生活には張り [続きを読む]
  • さらなる高みをめざして、酒を酌み交わす。
  • (この一日の始まり太陽のエネルギーが満ち溢れる、この夜明け前の空が私は好きだ。)さらなる高みをめざして▼高みを目指して日々努力する人、こういう人と酒を酌み交わすのはとても楽しい。一方、なんら目標を持たず、なんら人生について思慮もせず、日々だらだら、のんべんだらりと生きている人とは価値観もあわない、話もしようとも思わない。なぜなら、何ら得るものがないから。いや、そのような人間にはなるまいとの意味で得る [続きを読む]
  • 中秋節、月餅と戦略、情報共有の重要性【新規事業立ち上げ参考】
  • (写真:香港財閥である新華集団(Sun Wah Group)の友人から頂いた、月餅裡面有鹹蛋。好吃!多謝你!)月餅と戦略中秋節、月餅と戦略、情報共有の重要性。2010年に記載した記事新規事業立ち上げにあたり、見直してみると、いまさらながら参考になります。いかに情報の伝達と共有が重要か、そのことに、みなが共感し想いを共有する、ということに。中秋節(旧暦8月15日)9月中旬毎年この季節になると上海や香港の関係の会社や友 [続きを読む]
  • Elvis Presley - It's Now Or Never このチャンスは逃さない
  • Elvis Presley It's Now Or NeverIt's now or never,このチャンスは逃さないチャンスは確実に掴む。It's now or never,Come hold me tightKiss me my darling,Be mine tonightTomorrow will be too late,It's now or neverMy love won't wait.When I first saw youWith your smile so tenderMy heart was captured,My soul surrenderedI'd spend a lifetimeWaiting for the right timeNow that your nearThe time is here at la [続きを読む]
  • 【子供教育備忘録】日本の未来を憂いる。斜陽日本。
  • 【子供教育備忘録】日本の未来を憂いる。落日と、むべなるかな日本昨今、自分の将来に対して余り夢や希望が持てない若者が増えてきている。ゆとり教育や将来が明るく見えない社会など政治社会、教育環境とさまざまな要因があると思いますが、私が思うに将来に夢を持てないのは、単に将来が明るく見えないからというよりも、むしろ過酷な努力をしてまで人生の目標に挑戦するより、給料が減ってきているといっても、デフレのなか安く [続きを読む]
  • 【法道院学・備忘録】桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す
  • 桃李不言 下自成蹊 桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す徳ある者の下には黙っていても自然と人々が集まってくる。桃や李(すもも)は言葉を発することはないが、その美しい華と美味しい実の魅力にひかれて人々が集まり、その下に自然と道ができることを例えた言葉。( 出典は史記の李将軍伝)6月度、ご報恩御講にて法道院主管である八木日照御能化より衆生身心御書をひかれ、信心をする目的の一つとして、自らの人格を磨いていくこ [続きを読む]