日本を弱体化させる勢力は許さない! さん プロフィール

  •  
日本を弱体化させる勢力は許さない!さん: 日本を弱体化させる勢力は許さない!
ハンドル名日本を弱体化させる勢力は許さない! さん
ブログタイトル日本を弱体化させる勢力は許さない!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/1079sasa
サイト紹介文日本は内から外から日本の属国化が進んでいる。日本を守らなければならない!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2014/12/06 13:09

日本を弱体化させる勢力は許さない! さんのブログ記事

  • 「死は永遠の別れではない」大川隆法
  • 死は、肉体人間にとっては確かに悲しいことではありますが、霊的な目から見れば、あの世への旅立ちであって、本来の世界に還ることです。この世の生活は、外国の学校に留学しているようなものであり、留学が終わって本国に還ることが死なのです。『「アイム・ファイン!」になるための7つのヒント』P.157※幸福の科学出版http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M358123&c=10209&d=203d※Amazonhttp://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M358124&c=10209 [続きを読む]
  • 「嫉妬を祝福の心に入れ替える」大川隆法
  • みなさんが心に感じる嫉妬が、「本当は、この人のようになりたい」と思う人に対するものであることを、素直に認めることができたならば、嫉妬の心を抑えて、逆に祝福の心を持っていただきたいのです。祝福の心は「肯定の心」です。「かくありたい」と願う心です。祝福の心は、「他の人の幸福を願う心」なのです。『真実への目覚め』P.117※幸福の科学出版http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=47&utm_source= [続きを読む]
  • 「想念(思い)の具象化(現実化)に必要な事とは・・・」大川隆法総裁
  • 「想念を描いたならば、それを、一定の時間、描きつずける」ということです。最低三年間、同じことを思い続けていれば、その途中で、、多少かたちが変わることがあっても、何らかの実現ということはありうることだと私は思います。そして長い目で見れば、十年間、一つのことを思い続けて、それが実現しないということは少ないのではないかと思います。それは、現代の日本のように、非常に繁栄している国においては、さまざまな協力 [続きを読む]
  • 「創造力の正体」大川隆法総裁
  • 創造力の正体は、実は感謝・報恩行です。その裏にある精神的なものは、感謝・報恩の気持ちなのです。「世の中の人々に、もっと成功し、発展し、喜んでもらえるようなものをつくり出したい」という情熱が、創造性の源になっているのです。『心を育てる「徳」の教育』P.166※幸福の科学出版http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M356294&c=10209&d=203d※Amazonhttp://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M356295&c=10209&d=203d--------------- [続きを読む]
  • 余命5カ月、ステージ4の末期の乳がんが治った!(体験談)
  • https://happy-science.jp/info/2015/13028/ふとしたときに気づいた右胸の違和感。内科を受診した私に告げられた診断結果は、ステージ4の末期の乳がんでした。(K.Kさん/女性/神奈川県)体験談「人の役に立って生きたい」運命を変えた心の力どんなに治療をしても進行が止まらない「ガンがにぎりこぶし大で、リンパ節や骨などあちこちに転移していて、手術ができる状態ではありません」。医者から余命5カ月の診断を受けた私は、あ [続きを読む]
  • 【奇跡を起こす力】大川隆法
  • 愛とは何かというと、「よかれ」という念いです。「栄えよ」という念いです。「幸せになれ」という念いです。そうした念いが結実して、さまざまな現実として現象化してきたのです。みなさんは、この世界というものを考える際に、その奥にある愛を知り、愛が奇跡を起こす力であるということを知らなくてはなりません。愛とは、そのように偉大なる力を起こすものなのです。『若き日のエル・カンターレ』P.184より [続きを読む]
  • 【豊かになる事を焦らなくていい】大川隆法総裁
  • 幸福の科学は正直な宗教である。経済的に豊かになる本を出せば、世間の人々が眉をひそめるかもしれず、マスコミからも「タタイてやろうか」と思われるものなのに、正直に堂々とその原理を説いている。というのも、お金もうけを第一目標にせず、自己形成や他人のために尽くすことを考えて、一日一生のつもりで生きていると、他の人々が押し上げてくれて、いつのまにか成功することを知っているからである。『心が豊かになる法則』 [続きを読む]
  • 「強い意志を得る方法とは・・・・・・・」大川隆法総裁
  • 「『生まれつきの意志の強さ』などを信じてはいけません。『強い意志は、さまざまな環境の中で、苦しみを打ち破ることによって得られる力である』と信じたほうがよいのです。そのようにして、絶えざる自分の成長を目指すべきです。」(大川隆法『ストロング・マインド』233ページ)「人生においては、試練を幾つか経験しなければいけないことになっています。これは、人生の問題集として用意されているものなので、逃げることはでき [続きを読む]
  • 【天国に還るために】大川隆法
  • 「できるだけ多くの人に、私の著書を読むだけでなく、信者になって、霊界の知識を持つと同時に、生きているうちに、きちんと人生を反省していただきたい。また、祈りや瞑想を精舎などで経験していただきたい」と思います。それが高級霊界とのコンタクト(接触)のツール(道具)になります。そういうものを持っていることが大事です。反省や祈り、経文の読誦などは、異次元の高級霊界とつながるための“携帯電話”なのです。それを [続きを読む]
  • 【人生は変えられる】大川隆法
  • 心のなかに明るい光を入れることによって、悪いものは消えていきます。明るい種子をまくことによって、そして、それが成長し、花開くことによって、暗いものは心のなかから駆逐されていくものなのです。みなさんは決して過去の事実だけで自分を規定してはなりません。『ダイナマイト思考』P.111よ [続きを読む]
  • 【仕事における調整能力の重要性】大川隆法
  • 個人としての書類仕事のうまさも大事ですが、「ほかの人との付き合い方によって、仕事の進み具合が左右される」という問題もあるのです。特に、“プロジェクト案件”風に大勢の人がかかわって、何かを仕上げようとするものの場合には、「人間関係の調整能力」や「多くの人たちをまとめていく能力」、「引っ張っていく能力」等は、非常に重要な能力の一つです。『人に嫌われる法則』P.34より [続きを読む]
  • 幸福実現党 党首 釈量子の略歴
  • https://shaku-ryoko.net/profile/プロフィール釈量子の略歴名前釈 量子(しゃく りょうこ)1969年11月10日 東京都小平市生まれ経歴小平市立小平第一中学校卒業國學院高等学校卒業國學院大學文学部史学科卒業大手企業勤務を経て、1994年に宗教法人幸福の科学に入局広報局、『ザ・リバティ』編集部、学生局長、青年局長、常務理事などを歴任幸福実現党青年局長、女性局長を経て、2013年7月から党首に就任星座さそり座血液型A [続きを読む]
  • 「理想と現実の考え方」
  • 現実に屈するなら理想などはないほうがよいのであって、理想は現実を屈服させるためにこそあるのです。みなさんは、その理想をもって、現実の壁、岩盤のような厳しい抵抗を打ち砕いていかねばならないわけです。『未知なるものへの挑戦』P.84※幸福の科学出版http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M371976&c=10209&d=203d※Amazonhttp://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M371977&c=10209&d=203d----------------------メルマガ本日の格言は、幸福の科 [続きを読む]
  • 「繁栄の神に近づく方法とは、プラスファクターとは何か・・・・・」
  • 「潜在意識へのインプットは影響力が大きいため、寝る前に、富や繁栄、成功等を肯定する思想を心のなかに落として寝る癖をつけたほうがよいと思います。それは、誰にでも可能なことだと思います。《中略》わりに単純なことですが、「考え方というものは、磁石のような力を持つ」ということです。《中略》つまり、マイナスのことを考えていると、マイナスのものが寄ってきます。逆に、プラスのことを考えていると、そのプラスのエネ [続きを読む]
  • 【謙虚と優しさ】
  • 反省は、また別の基準から言うとするならば、「自分自身に対しては謙虚であれ。人に対しては優しくあれ」という言葉に翻訳することが可能でしょう。「何をどのように反省したらよいかが分からない」ということであるならば、この二つの言葉を中心に考えていただきたいのです。『幸福の科学とは何か』P.132より [続きを読む]
  • 【幸福な人の考え方】大川隆法
  • 自分のことはあまり考えず、一生懸命、ほかの人の世話をしたり、心配をしてあげたりしている人のほうが、実は、幸福であることが多いと言えます。『心を癒す ストレス・フリーの幸福論』P.58より【法で人生を照らす】私は法を示すが、私は真理をさし示すが、その真理を魂の理解とし、そして己が人生を照らすのは、あなた方一人ひとりなのである。『悟りの極致とは何か』P.155より [続きを読む]