日本を弱体化させる勢力は許さない! さん プロフィール

  •  
日本を弱体化させる勢力は許さない!さん: 日本を弱体化させる勢力は許さない!
ハンドル名日本を弱体化させる勢力は許さない! さん
ブログタイトル日本を弱体化させる勢力は許さない!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/1079sasa
サイト紹介文日本は内から外から日本の属国化が進んでいる。日本を守らなければならない!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/12/06 13:09

日本を弱体化させる勢力は許さない! さんのブログ記事

  • 『恐怖を消す方法』大川隆法総裁
  • 「若い人には、問題が大きく見えすぎる傾向があります。若い人の場合、困難や問題が、ものすごく大きな山のように見え、解決できないように思えて、退転してしまうことが多いのです。」(大川隆法『Think Big!』177ページ)「私は、みなさんに、『恐怖を消す方法』を教えましょう。それは、『自分が最も恐れていることに挑戦する』ということです。みなさんが一番恐れていることに挑戦し、それと闘ったときに、その恐怖は消えます。 [続きを読む]
  • 新聞社の上層部の人達とは、学生運動で戦い、挫折した人達だ。
  • 新聞社の上層部の人達とは、日本を崩壊したソ連の共産主義にするために革命を起こそうと学生運動で戦い、挫折した人達だ。 その人達がマスコミの会社のトップになり、昔のリベンジを今頃している。つまり、いまだに日本を共産主義、社会主義、マルクス・レーニン主義に導こうとしている。それだから新聞の記事は常に反日・左翼で安倍さんを攻撃しているる。 マルクス、共産主義はソ連が崩壊して、歴史が否定しているというのに、 [続きを読む]
  • 日本を絶対にチベットやウイグルのようにしてはならない!
  • 日本を絶対にチベットやウイグルのようにしてはならない!自分の国を守るために抑止力を持つべきだ。 『◆「大中華帝国」の再興を狙う中国 中国は1978年の?小平による改革開放路線によって、それまでの社会主義経済を捨て、市場経済体制に移行しました。 その経済成長は目覚ましく、この二十年のGDPの成長率は実に10%前後で、GDPはすでにドイツ、日本を抜いて世界第二位の経済大国になっています。 そして中国はその経済力を [続きを読む]
  • 害毒を流し続けている朝日新聞
  • 毎日、多くの国民の心に害毒を流し続けている朝日新聞。北朝鮮を地上の楽園と報道し、数万人の人を帰国させ地獄を経験させた。また従軍慰安婦、南京大虐殺などなかったことを報道し、これを真実とさせてしまった。 自虐史観も真実とし国民を洗脳している。日本を弱体化させ、中国の手先となり果てている。なぜこのような新聞をお金を払って読むのか、愚かだ。お金を払って朝日新聞を読むことによって自分自身を狂わせているてるの [続きを読む]
  • 日本軍の南京占領後、南京に戻ってきた住民
  • すでに多くの人は知っていると思いますが、おさらいです。正しい歴史を知り、日本に誇りをもち、中国の恫喝にき然と反論し日本を守りましょう。 『南京に戻ってきた住民  南京市の人口は、日本軍の南京への攻撃開始前に約20万人でした。20万人しかいない所で、どうやって30万人を殺せるでしょう。しかも日本軍の南京占領後、南京市民の多くは平和が回復した南京に戻ってきて、1ヶ月後に人口は約25万人に増えているのです。も [続きを読む]
  • 富の法則
  • 『「愛とは与えることである」という考えがありますが、この「富の法則」においても、まったく同じことが言えるのです。 奪う愛とは、すなわち、 他の人から搾取(さくしゅ)する思いであり、 「他の人々が不幸になっても、自分だけが富めばよい」 という考えですが、こうした狭い考えによって 自分自身の富が大きくなることはありません。 しかし、世の人々を潤そう(うるおそう)として、 幸福にしようとして、 素晴らしい仕 [続きを読む]
  • 感謝を忘れてならない
  • 人生に勝利せよ! 人はすぐに感謝を忘れてしまう。 感謝を忘れた時、おごり、高ぶり 本当は多くの事を与えられているのに、もっと欲しい、 まだ足りない、なぜ与えられないと、怒りと、むさぼる愚かな思いが出てくる。 そんな思いではマイナスな事を引き寄せてしまう。 感謝を忘れると身を滅ぼすことになる。 常に感謝を忘れてはならない。 [続きを読む]
  • 左翼はただ長生きしたいだけ
  • 左翼の人達は、神も仏もあの世もないと思っているので、この世で、いかに長生きすることしか考えていない。 だからこそ、自分の命を短くするかもしれない危険と思われる原発、軍事力などに対して異常に反対している。他がどうなってもいい自分さえ長く生きたいというだけだ。 中国の侵略や核ミサイルに対しての抑止力を持てばより長生きできるのに、これにも反対している。愚かである。もっと、私利私欲でなく日本全体のことを考 [続きを読む]
  • 私の人生を変えた一冊の本
  • 現在、61歳ですが31歳の時までは劣等感が強く、自己卑下、消極的、人と話すことが苦手、自分で自分の性格が嫌いでネクラで、いつも死にたいと思っていました。 その為にアルバイトを含めると転職は20回近くになっていました。 もうダメだと人生をあきらめていました。 しかし、わたしは高校生の時から、なぜ生きなければいけないのか、何の目的で生きているのか、なぜ勉強しなければいけないのか、人間はどこから生まれどこに [続きを読む]
  • 自虐史観を撲滅せよ!
  • 私は教科書問題で今だに自虐史観を教えていると聞き、またなぜマスコミは全て左翼で自虐史観なのか疑問に思い、歴史の本を何冊か読んでみました。 するとまったく違う歴史の真実と我々が自虐史で洗脳されていたことがわかりました。我々の父祖は戦争で残虐非道な行為をしたのではなく、追いつめられて自存自衛の目的と欧米の植民地にされ、搾取され苦しんでいたアジアの国を独立させるために戦い、その結果アジアで33カ国、アフ [続きを読む]
  • 「何があっても大丈夫!」逆境をバネに
  • 小学5年で自宅に引きこもり、自殺を考える日々父と母が昔から幸福の科学の会員でした。私も幼い頃に入会していましたが、当時は信じていませんでした。「こうあるべき」という気持ちが自分を縛っている感じがして嫌だったのです。それでもいい子ぶって育ってきたので、何も文句を言わずにいました。しかし小学5年生の時、転校した先でのいじめもあり、突然何かがプッチンと切れて不登校になりました。それから3、4年間ずっと自宅に [続きを読む]
  • 顕在化する米中覇権争い、潮目は台湾[HRPニュースファイル1891]
  • http://hrp-newsfile.jp/2018/3338/幸福実現党・岡山県本部統括支部長 たなべ雄治◆「台湾旅行法」成立アメリカと台湾の間の政府高官レベルの訪問を促進する法律「台湾旅行法」が、3月16日にアメリカで成立しました。正式には国交のなかったアメリカと台湾の間で、準外交関係が成立することになりました。アメリカからは3月20日に、国務省のウォン次官補代理が訪台しています。中国は反発しており、同日には中国海軍の空母「 [続きを読む]
  • 金正恩・習近平の電撃会談は「トランプへの恐れ」の表れ
  • https://the-liberty.com/article.php?item_id=14294  《本記事のポイント》・冷え込んでいた中朝が、急速に接近・トランプ政権の高官交代でまるで"戦時内閣"!?・金正恩・習近平が「震え上がった」という見方もできる金正恩・朝鮮労働党委員長が電撃訪中し、習近平・中国国家主席と初会談したことが、国際社会を激震させています。両首脳は、中朝関係を改善させることで一致し、金正恩氏は核問題を話し合う「六カ国協議」に復帰 [続きを読む]
  • 顕在化する米中覇権争い、潮目は台湾[HRPニュースファイル1891]
  • 顕在化する米中覇権争い、潮目は台湾[HRPニュースファイル1891]http://hrp-newsfile.jp/2018/3338/幸福実現党・岡山県本部統括支部長 たなべ雄治◆「台湾旅行法」成立アメリカと台湾の間の政府高官レベルの訪問を促進する法律「台湾旅行法」が、3月16日にアメリカで成立しました。正式には国交のなかったアメリカと台湾の間で、準外交関係が成立することになりました。アメリカからは3月20日に、国務省のウォン次官補代理が訪 [続きを読む]
  • 財務省、12日に国会報告。森友文書の書き換え認める!!
  • https://this.kiji.is/345139472235234401財務省は10日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書に書き換えがあったと認める方針を固めた。当初の記述を削除した例が複数判明したとの調査結果をまとめ、12日に国会に報告する。関与した近畿財務局の担当職員や本省幹部らの懲戒処分を検討する。野党は「政権の隠蔽体質」への批判を強める構えで、安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相の政治責任を問う声が与党で高ま [続きを読む]