菊水山だより さん プロフィール

  •  
菊水山だよりさん: 菊水山だより
ハンドル名菊水山だより さん
ブログタイトル菊水山だより
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/194012je3sgh
サイト紹介文神戸市北区菊水山散策の記録、報告。ときどき菊水山から脱出して山登り、街歩きなどの記録と報告。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/12/06 20:26

菊水山だより さんのブログ記事

  • まだ元気アカタテハ 2
  • この2,3日、アカタテハらしい蝶が飛んでいくのをチラッと目撃していたのですが、やっとシャッターチャンスを得ました。まだまだ元気なようです。昨日は日没まで山頂に居て下山しました。かなり暗くなった山道を、ランプを点けず足元を見つめて歩いていたのですが、気がつくと大きなイノシシが目の前に。思わずドキッとしたのですが、イノシシも驚いたらしく、身をひるがえし谷へ一目散に下りていきました。ほんの一瞬のことで、 [続きを読む]
  • 霜月のゆり
  • ゆりは夏の花だと思っていました。あの暑かった日々、家の周りには自生のゆりがたくさん咲きました。ところが、「今年一番の寒さ…」のことばが日々の天気予報に登場するようになって、ゆりが咲き始めました。写真はいずれも今朝、撮影しました。 [続きを読む]
  • まだ元気アカタテハ
  • きょうは朝から風もなく晴れあがりきのうに続き暖かくなりました。もしや、と早めに菊水山に登ったのですが、複数のアカタテハが日向ぼっこをしていました。                    行く秋を惜しんでいるかのようでした。あと何度か日向ぼっこを繰り返しながら冬を迎えるのでしょう。春まで生き延びるエネルギーがどこにあるのか、不思議です。午前中はテングチョウの来訪です。           [続きを読む]
  • 10月31日の小豆島落日
  • 昨10月31日は風もおさまり、好天に恵まれました。菊水山から眺める落日はどのあたりまで移動したか、とこの日も遅めに登りました。小豆島がよく見えていました。眩しい夕日が星が城山を大きく南にそれて沈んでいきました。むかしむかし、わたしは当地区の一角、神戸市北区君影町の高台に住んでいました。その頃アマチュア無線を始めたばかり、ベランダから144MHz/FM1Wで香川県小豆島との交信に成功しいたく感動したもので [続きを読む]
  • 小豆島・星が城山の落日
  • 明日から天気は下り坂、星が城山の落日にぎりぎり間に合いました。約80km離れた菊水山からの眺めです。太陽が沈みはじめ、小豆島の星が城山あたりがシルエットとなって現れます。拡大して見ます。25日の当ブログの写真とちがって、太陽が白く抜けてしまったのが残念です。次のチャンスは来年2月です。この時の明石海峡です。菊水山山頂です。最後は本日のわが家のお客様、テングチョウです。 [続きを読む]
  • ダイヤモンド星が城…ならず
  • そろそろ小豆島の星が城山の上に夕日が落ちる時期ではないかと3日前から日没前に菊水山に登っているのですが、もうちょっとでした。夕日を眺めているとヘリコプターが飛んできました。実は今夕、肉眼では小豆島は全く見えませんでした。でも上の写真、島影がかすかに写っています。さすがデジカメ。ということで本日の夕日は星が城山の北側斜面に落ちていきました。台風21号が通り過ぎた昨日、わが家にツマグロヒョウモンの来訪 [続きを読む]
  • 雨上がりの菊水山
  • 風邪をひいたり、野暮用と雨が続いたり、ほんっとに久しぶりの菊水山です。天気予報では午後から明日の午前中にかけてお日様マークがついていましたので、もしや…と夕焼けを期待して登りました。山頂到着は5時ごろです。うす暗く太陽も見えず、虫の子1匹いませんでした。あたりの谷からは霧が登っていました。東のながめ、遠く山上にアンテナが見えているのは摩耶山です。西側、遠くは高取山から須磨アルプス。淡路島はかすんで [続きを読む]
  • 再開発工事中の北区鈴蘭台界隈
  • 夏が過ぎ、日々秋が深まっています。菊水山もずいぶん寂しくなってきました。次の写真は何度もブログで紹介していますが菊水山山頂からの眺め、今日現在の神戸市北区鈴蘭台周辺の風景です。写真の中央やや下が神鉄鈴蘭台駅のあるところで現在再開発の工事が進行中です。次の写真のやや右、屋根にクレーンが乗っているのが再開発ビルで、上部のシートが少し外されています。こうして見ると容量の大きなビルですね。ビルの左に見える [続きを読む]
  • 明石海峡大橋主塔からの眺め
  • 明石海峡大橋の主塔に登って来ました。神戸から淡路まで橋の長さは3、911mだそうです。主塔の高さは海面から約289m、岸から主塔まで960m。神戸側主塔の上から淡路側を眺めます。東側、黒っぽい山並みは須磨アルプス、右端が鉢伏山です。8月17日の当ブログをご参照ください。左の薄く見えるのは摩耶・六甲山方面ですが、菊水山は確認できませんでした。北側の眺めです。山陽自動車道三木Jctから南下し神戸淡路鳴門 [続きを読む]
  • 山梨で出会ったのはアカボシゴマダラ??
  • 昨日のブログの続きです。南アルプスを眺めた後、田んぼの間の道を歩いているとアサギマダラと思しき蝶が飛んできて、一瞬わたしの足に停まったかと思うとサッと飛んで行ってしまいました。しばらくしてまた飛んできて近くにとまった時に撮ったのが次の写真です。ファインダーを通して気がついたのは後ろ羽の端に赤い模様があることです。アサギマダラじゃないのか?…その後日本自然保護協会のパンフレットを見たときこれだっ!と [続きを読む]
  • 富士山とマンホール
  • 先週15日から昨日20日まで山梨県北杜市へ行ってきました。この間台風18号の通過があって天候の回復は18日になりました。18日の朝目が覚めると天候を確認、早速散歩へ。黄金色の田んぼの向こうに富士山がくっきりと見えました。でも前日来の強風のため稲穂が少々乱れていました。そしてふと足元を見るとマンホールが。富士山とマンホール、変な組み合わせです。マンホールには野鳥の絵とおおいずみの文字が。最近マンホー [続きを読む]
  • 台風前の夕焼け
  • 台風が日本列島の南方に近づくと夕焼けが異様にきれいに見えることがある、と以前から考えていました、経験的に。そこで台風18号が近づいた13日の日没前に菊水山に登って来ました。山頂で初めに気がついたのは西側の低いところに茶色の変な雲がたなびいていることでした。子供の頃読んだ漫画に妖怪が雲に隠れて近づいてくる…というのがあったような。雲の下に香川県小豆島が写っています。6時10分、日が沈み始めます。茶色 [続きを読む]
  • 秋の空
  • 昨夜は久しぶりに扇風機を止め、布団を被って寝ました。夜中に目覚めることもなく朝までぐっすり。今朝は気持ちの良い秋空、こんな日は気分がいいですね。 [続きを読む]
  • 秋ちかし
  • 秋ちかしを思わせるセミの大合唱は前回触れました。今回は合唱団のメンバー紹介です。いずれも菊水山でこの2,3日の間に偶然出会ったときの写真です。ミンミンゼミアブラゼミツクツクボウシあちこちの空き地に白いゆりの花が目立つ昨今ですが、わが家の前にもつぎつぎに咲き始めました。空きちかし、ですね。 [続きを読む]
  • ツクツクボウシ大合唱
  • 前線が南下した当地方、気温は高いながらも爽やかな1日となり、菊水山ではツクツクボウシにミンミンゼミを加えての大合唱が聞かれました。夏も終わりに近づいた感じです。以下の写真は昨日と本日の撮影です。先ずはコジャノメ、陽射しを避けるように葉陰にひっそりと。図鑑のコジャノメに比べて羽のもようがりっぱです。次は後ろ羽が傷つき裏側しか見えていないのですが、カラスアゲハでしょうか?つづいてキチョウです。めったに [続きを読む]
  • 鉢伏山からの眺め
  • 8月16日神戸・須磨浦公園からロープウエイで鉢伏山に登り、山上の遊園地付近を散策してきました。暑い一日でした。菊水山とは一味違う眺めです。東には西神戸の市街地。写真中央右寄りに須磨海水浴場が見えます。砂浜と隣接しているJR須磨駅と山陽本線、その左に国道2号線が見えています。視線を少し右へ振ると大阪方面の上空に分厚い雲が発達しています。中央、白い船の左上海上に神戸空港。鉢伏山の南麓、海岸線沿いに山陽本 [続きを読む]
  • モンキアゲハ
  • モンキアゲハは最もよく出会う蝶のひとつですが、今シーズン初めてシャッターチャンスに恵まれました。この時期、羽の傷みが激しいですね。暗かったのでシャッター1/250秒、内臓フラッシュを同調させています。高速シャッターで早い動きを完全に止めて、画面に1点の破たんもない昨今のデジタル画像も結構ですが、ちょっとブレのある写真に、フィルム写真の懐かしさを感じます。いえ、負け惜しみではなく。 [続きを読む]
  • 夏の友だち
  • わたしの小学校下級生の頃、夏休みは連日トンボ釣りに明け暮れていました。戦争中の米軍による爆撃で出来た大きな穴に水が溜まって池ができ、夏には大量のトンボが発生しました。1匹つかまえて糸にくくって飛ばせば何匹でも釣れたものです。楽しい毎日でした。久しぶりにアカタテハに出会いました。どこにでもいる昆虫たち。顔、かたち、色と千差万別、可愛い友達です。 [続きを読む]