タブタブ さん プロフィール

  •  
タブタブさん: 北海道でノンビリと
ハンドル名タブタブ さん
ブログタイトル北海道でノンビリと
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/takaaki9464
サイト紹介文北海道はでっかいど〜 東北海道の隠れ観光スポットを紹介。
自由文タイトルを
「タブタブの何処かへ行こう」から
「北海道でノンビリと」へ変更しました。
オッサンのボケた頭では、この作業がなかなか出来なくて苦労しましたが何とかなりました(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2014/12/07 16:25

タブタブ さんのブログ記事

  • ヤギの誕生日
  • ルンバの誕生日だ。何歳になったのかは書かないことにして、本人の希望により焼肉バイキングの店へ行くことになった。肉が苦手なのに焼肉バイキングだなんて不思議に思うが、彼女の目的は焼肉以外のデザートやサラダ類なのだ。バイキング形式の焼肉店にしてみると肉を食べないのだから、カモだ。行先を知らないスリスリは何処へ連れて行かれるのかとワクワクしている。おっと、その前にT子さんから招待されていた合同華道展へ寄る [続きを読む]
  • 知床へ行こうと思ったのだけれど
  • 秋晴れの良い天気。急に知床まで行ってみようかと思ったのは、「出川哲朗の充電させてもらえませんか」を観たからだ。「天に続く道」と呼ばれる直線道路が紹介され、行ったことが無いことに気が付いて急に腰が軽くなった。「知床へ行ってくる」と一言残して家を出たのは10時。知床を目指すには遅すぎる出発時間だ。知床まで行くのなら早朝の6時には出ないと無理だろう。そう思いながら燃料を満タンにして新釧路川沿いを走っていた [続きを読む]
  • 少しでも頬を染めれば可愛いのに
  • 図書館へ行ったついでに、春採湖へ行った。久しぶりに湖を一周する4.7キロのウォーキングをするためだ。手に一眼を持ちウエイト代わり。時々立ち止まっては撮影を繰り返した。少し涼しげな風が心地良い。最初は釧路コールマイン(炭鉱)の専用線路に沿って歩くことになる。丘の上に見えるのは、ここ数年で私が3回手術を受けた病院だ。病室の窓から春採湖を見下ろしながら、(もう一度歩けるようになれば良いなぁ)と思っていたものだが [続きを読む]
  • 公売物件と豪華客船
  • 港に近い会場で公売が行なわれるとの情報を得た。税金を滞納して差し押さえた物を販売するらしい。最低入札価格が書かれている入札物件と会場の片隅で行われるセリ売り物件があるようだ。会場へ急いでいると巨船が目に入った。また豪華客船が入港していた。それも珍しく2隻が接岸しているのでPに車を置いて見に行った。1隻はパシフィックビーナス号で日本の船。そして少し離れた岸壁にはオランダのアムステルダム号が停泊していた [続きを読む]
  • 愛しさを感じた瞬間
  • 昨日の続き。春花ちゃんがいないファクトリーに用は無いのでさっさとオサラバしてESTAにある風月へ行った。ここは大阪のマイフレさんに教えてもらったお好み焼きが美味しいと云う店の支店だ。行列で30分程待ち、テーブルに着いたのだがお好み焼きが美味しいと説明しているのに焼きそばを食べようとするルンバ((怒))。大阪では目の前で全部調理してくれて「ハイどうぞ」だったのに、この店では「勝手に焼いて」システムのようだ。 [続きを読む]
  • 春花ちゃ〜〜〜ん
  • 少し遠いけれど頑張って札幌へ行くことにした。目的は春花ちゃんに逢いに行くためだ。逢いに行くと云うよりは見に行くと云った方が正しいのかも知れない。春花ちゃんって・・・・・誰? と云う人がいるかも知れないが、マジで可愛い美脚でも有名なHTB(北海道テレビ放送)の看板女子アナだ。丁度今、HTB祭が行なわれていると云うので会場の札幌ファクトリーまで車を飛ばしてみることにしたのだ。久しぶりの高速長距離走行に日頃のストレス [続きを読む]
  • XLではないけれど
  • これは困った。14日に厚岸漁協の感謝祭と釧路市内で行われる税金滞納の差し押さえ物件の競売とが重なっている。差し押さえ物件の競売はGクンからの情報で、見たことも参加したことも無いのでネタとしては面白そうだ。漁協の感謝祭は、車で1時間の厚岸町で行われ、炭火焼きのサンマとアサリの味噌汁がセットで100円だと書いてある。ムムムム・・・・・これは困ったと思っていたら、札幌ではHTB(北海道テレビ)主催でお祭りが行なわれてい [続きを読む]
  • 少しだけ 冒険してみようか
  • 長い間、体調不良が続いていて、それをできるだけ気にしないように押し殺した生活をしていた。具合が良くなったり悪くなったり。それで体重が少し落ちたのが嬉しい。歩いているとGパンがズリ下がるのだ。そして半年に一度の定期検査の日がやってきた。また再発していなければ良いのだが・・・・・結果、別の病気が見つかり抗生物質も含めて薬が3種類増えた。炎症を起こしているとのことで、これが体調不良の原因かも知れないのだが、炎 [続きを読む]
  • 気を抜かないで
  • ウォーキングを兼ねて夕暮れ近い団地の中へ出た。手には3枚のハガキ。1枚はCOOPのアンケートハガキで灯油50Lがもれなく貰える。もう1枚は車の保険会社のアンケートで何が当たるのかは忘れたが、とにかく何かが当たるらしい。残るもう1枚は駅前にある新聞販売店のもので、チラシの応募券を切り取って住所氏名を書いてハガキに貼り、投函するか販売店へ持参すると2種類のジャガイモ5kgが60名に当たると云う。だから歩きながら2枚はポ [続きを読む]
  • ボンキュッボン希望
  • マイフレのT子さんから「生け花を展示しているので見に来てほしい」とウッフンメールが入った。私に花を観賞する目は無いのだが、ウッフンのお誘いはできるだけ断らないようにしているので、いつもホイホイと出かける。私はウッフン系からの誘いを断るのが苦手だ。「来て」と云われれば行くし、「抱いて」と云われれば直ぐにハグする準備だけは怠らない。残念ながら過去に「抱いて」と云われたことが無いだけのハナシで大抵はアッ [続きを読む]
  • 釧路湿原の中を歩いた
  • 北斗にある湿原展望台を過ぎて坂道を下ると右手に広いPがあり、そこが恩根内にあるビジターセンターへの入口となっている。北斗のサテライト展望台から見下ろした湿原の中を歩けるように、このビジターセンターを起点として木道が整備されている。ビジターセンターは、休館日でもトイレだけは使えるようにと最近リニューアルされた。湿原の中を通る木道のルートは3つあって、距離が異なる。今日は その中から中回り40分のルートを [続きを読む]
  • 釧路湿原北斗展望台
  • 天気が良すぎて、我慢できずに外へ出た。近くを歩くのも飽きたので、車に乗って湿原展望台まで行き、ウォーキング代わりにサテライト展望台までの木道を歩くことにした。既に観光バスが3台停まっていて、ゾロゾロと歩く人が見えた。ヤチボウズ(谷地坊主)をイメージしたと云う湿原展望台からの眺めは、有料なのに展望はそれ程良く無い。館内の展示等は悪くないのだが、建っている場所が悪くて肝心の眺望がイマイチなので、「入らな [続きを読む]
  • 短く
  • 昨日のブログが長すぎたので、今日は短めに。天気が良いのに 一日中家に居て本を読んでいました。以上。 [続きを読む]
  • ほぼ 全滅
  • 国道のバイパスとなっている新道を車で通った。阿寒川を越える辺りはかなり高くなっていて、津波が発生した時には川沿いの道を逃げてきて階段を上がり、この高くなっている道路上に逃げることになっている。その階段上にはフェンスがあり、いつもはロックされているのだが今日は開いていて係員の姿が3人。点検でもしているのかと思ったのだが、午後1時から避難訓練があるのを思い出した。誰がフェンスの鍵を管理しているのかは知ら [続きを読む]
  • 朝から イライラ
  • 友人からサンマを送れと頼まれた。丁度 箱売り新鮮サンマのスーパーのチラシを見つけ発送料も特別料金と書いてあるので、いつもより早起きしサッサと朝食を済ませて着替えた。体調は良くないのだが、今日はとにかくスーパーの開店時間に合わせて動かなければならない。ルンバも同行するようで洗濯を早々に済ませ、開店と同時にサンマへ突撃する気マンマンのようだ。開店15分前に到着。入口のガラス戸は3つ並んでいて、真ん中が自動 [続きを読む]
  • ギリギリ セーフ
  • 台風24号が接近している。その中心は襟裳岬の南100余キロの所にあり、どんどん近づいている。テレビでは、色々なものが飛び太い木までが倒れている恐ろしい映像が流れたが、都会を通過してしまった後のことにはあまり興味が無いようで、今後の進路に関しては予想図がチラリと映し出されるだけ。そのチラリ予想図によると1時間程で台風は私の街を掠めるように北東へ進むようだ。暴風域を表している赤い円が街を飲み込む位置にある。 [続きを読む]
  • ダイヤモンド プリンセス
  • 少し風が強い中、英国船籍の豪華客船、ダイヤモンド プリンセス号が来ていると知った。しかし、この船はあまりにも大きすぎて数日前に客船が接岸した釧路川河口の岸壁には入港できないらしくて、貨物船が入港する離れた埠頭に巨体を現わしていた。長さは290mもあるらしい。見上げると首が痛くなる高さだ。丹頂の折鶴を受け取って嬉しそうな乗船客はズラリと並んだシャトルバスに乗り込んで市街地へ向かうようだ。歓迎の幕を広げて [続きを読む]
  • やっぱり 金は違う
  • 今日も 昨日ユサユサと胸を揺らせていた若奥様を見たくて、同じ時間にウォーキングに出ようかと思ったけれど体調がイマイチで断念。家で大人しくしていたのだが、体調は良くなくても薬を飲む必要上食事をとらなければならない。それで昼過ぎてから冷蔵庫内を探索。冷凍庫に入っていた「肉まん」を見つけて食べることにした。包装には井村屋の「金」の肉まん と書いてある。豚肩ロースを使用して 旨みたっぷりジューシー とかの表示 [続きを読む]
  • 良いものを見た
  • 今日は鬱(うつ)だ。診断を受けた分けではないけれど、自分的には「鬱」だ。朝から何も面白く無いし何をする気も起きない。ただ食べ物を口に入れて朝食を終え、2Fのベッドに横になったのだが本を読む気にもなれない。1時間程してから居間へ降りたら人の気配が無かった。「スーパーへ行きます」のメモを見つけ、改めて一人取り残されていたことを知った。することも無いので、気分を変えるためにも久しぶりにウォーキングに出てみる [続きを読む]
  • 観光客気分で
  • 釧路の港に、次々と客船がやってくる。釧路川河口を掘り下げて大型客船も接舷できるようにしたからだ。その岸壁からは数分の徒歩圏内に街の観光名所である北海道三大名橋のひとつ幣舞橋(ぬさまいばし)や市場、土産物店が入っている観光施設MOOがある。だから下船してノンビリ散策するだけで街の様子を楽しむことができるし、ツアーに申し込んでバスで湿原や摩周湖まで足を延ばす人もいるようだ。今日も図書館へ行くために街へ出る [続きを読む]
  • 下戸の二日酔い
  • 摩周を案内した母娘さんに私の特典付き名刺を渡した。この特典のことを知っている人は、かなり昔から私のブログを読んてくれている方だ。それで、お母様と娘さんに1枚ずつ名刺を渡したのだが、「うわっ、これで2枚だ」と大喜びの娘さん。実は特典と云うのは10枚集めるとジェームスと握手できると云うもので、今まで最高で4枚渡した人がいるけれど、5枚目はイラナイと拒否されているのだ。ジェームスは意外と人気が無いのかも知れな [続きを読む]
  • 清里から裏摩周へ
  • 前回の続き硫黄山を出て、実はこれからが旅の本番なのだ。裏摩周へ行ったことが無いと云うので、少し遠回りなのだが頑張ることにした。都合で17時には釧路へ戻りたいとT子さんに言われていたので、15時には帰りのルートに乗らなければならない。まだ余裕がありそうなので、「清里へ行ってみましょうか?」と提案。「じゃがいも焼酎の醸造所がある」と云った途端、目を輝かせて「行きたい」と声を揃えた呑兵衛オンナ3人。こうなると [続きを読む]
  • もし 放出してもバレない所
  • 摩周湖第一展望台からアイヌ語で神の湖カムイトゥーと呼ばれる摩周湖を堪能した後、さらに車を進めて第三展望台へ向かった。この道路は冬期除雪されないので後2ケ月もすると閉鎖される。第三展望台のPは路肩の余地で、「500円出せ」と云う奪衣婆はいない。Pから眺める下界は素晴らしく、白い地肌を見せる硫黄山の向こうには日本最大のカルデラ湖である屈斜路湖が少しだけ顔を覗かせている。道路脇の石段を上がると摩周岳が間近に [続きを読む]
  • 奪衣婆(だつえば)の棲む湖
  • アクセルを踏み込み、行列が出来る前に 何とか目指すラーメン店に着くことができた。食べ始めた頃には、次から次へと客が入りほぼ満席になった。次に目指すのは、北海道の象徴とも言える神の湖、摩周湖だ。直線道路をグングン上がるとPの入口に私が奪衣婆(だつえば)と陰口を叩いている駐車場係の婆さんが手を出した。奪衣婆とは、死者が三途の川を渡る時に服を全部剥ぎ取る婆さんのことだ。摩周湖が霧で全く見えなくてもヌーッと現 [続きを読む]
  • 気遣いの北海道観光
  • 女性を車に乗せて案内する時に、最も気を遣わなければならないのは、オチッコのことだ。都会とは違うのでコンビニが至る所にあるわけではない。そこで適当にオチッコできる場所をコースに挟むのが重要だ。その最初のオチッコポイントが塘路湖。山の中にある海跡湖で、カヌーツアーの起点ともなっている「レイクサイドとうろ」がある。そこには、湿原にある底なし沼のようなヤチマナコへズボッと入る体験ツアーまであることに驚く。 [続きを読む]