目指せ! 標高1122メートル さん プロフィール

  •  
目指せ! 標高1122メートルさん: 目指せ! 標高1122メートル
ハンドル名目指せ! 標高1122メートル さん
ブログタイトル目指せ! 標高1122メートル
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/aim1122
サイト紹介文山の神にお供して歩きつづける、ある山のぼら〜の記録。山と冒険の本もとりあげるよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/12/07 21:57

目指せ! 標高1122メートル さんのブログ記事

  • 鳥海山・月山プロローグ〜鳥海山登山口へ
  • 祓川キャンプ場 標高 1145m 秋田県2018年8月12日(日) 晴れメンバー 山の神と私お待ちかねのお盆休み。天候が怪しいと思っていたが、なんとか13日までは安定しそうだということで、かねてから予定していた鳥海山を目指すことにした。12日朝4:00頃起床し、テントや食糧、お茶のペットボトル、ザックに登山靴、着替えなどの入ったバッグを次々に車に運ぶ。空がだいぶ明るくなった4:35自宅を出発した。東北道では、油断してい [続きを読む]
  • 鳥海山って、いつ行ったんだっけ?
  • 山の神が鳥海山には行ったことがないというものだから、鳥海山計画をつくった。それが3年前の2015年秋。鳥海山のあとに二百名山で標高1365mの神室山も予定していた。しかし今回の山行は夏、お盆。しかも連日猛暑日を記録するうだるような暑さ。標高の低い山には行きたくない。自ら熱中症になりたいと志願して行くようなものだ。周囲の山で高いのはどこだろうかと地図を見て、あっさりと月山と決まった。鳥海山に話を戻そう。私は鮮 [続きを読む]
  • 命のために食らう『肉弾』
  • 『肉弾』川?秋子(角川書店)前作の『颶風の王』にすでに萌芽はあった。人は食べなければ、死んでしまう。口に運ぶ物は、植物であったり、動物であったりするけれども、すべて元は生きていたものだ。自分が生きるためには、ほかの命を奪わなければならない。この小説は、究極といってもいいほどの、命のやり取りが描かれる。目を背けたくなるほどの残酷さ、すさまじさで、それは読者の面前に投げだされる。本の装丁から察しがつ [続きを読む]
  • 「情熱大陸」平出和也さん、次はK2未踏ルート
  • 2009年にピオレドールを受賞した世界的に有名な登山家、平出和也さんがTBS系「情熱大陸」7/29(日)に出演していた(「天才クライマーが人生をかけて挑むK2」)。録画していたその番組をほぼ1週間遅れで昨日の夕方視聴した。平出さんといえば、昨年シスパーレ(7611m)北東壁を完登したのがすごかったらしいが、あいにくそれをとり上げたNHKの番組は見逃してしまった。再放送をたぶんやった(?)のだろうけど、それも気づかずじま [続きを読む]
  • 東吾妻山&一切経山Part3〜不動沢から五色沼・一切経山
  • 一切経山 標高 1948.8m 福島県2018年7月15日(日) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 6:55不動沢登山口駐車場7:10--7:44賽河原7:53--慶応山荘分岐--8:50硯石8:58--大根森--9:53五色沼10:02--10:30頃 一切経山山頂10:40--11:10五色沼(昼食)11:45--12:25硯石12:30--13:14賽河原下部13:24--13:52駐車場4:30頃野鳥のさえずりで目を覚ます。浄土平野営場の朝は早い。登山者は早くも起き出して、朝餉のした [続きを読む]
  • 東吾妻山&一切経山Part2〜浄土平野営場
  • 浄土平野営場 標高 約1600m2018年7月14日(土)東吾妻山から下山し、山の神とともに予約しておいた浄土平野営場に泊まった。どんなところなのか、あまり情報収集をしていなかったこともあり、テントサイトに入っていくときは、ちょっとドキドキだった。まずは管理している吾妻小舎で山の神と私、2名分の代金を支払う。・大人2名 @600×2 ¥1,200 ・サイト料金1区画 ¥1,000合計¥2,200空いている好きな場所にどうぞ、決まったら [続きを読む]
  • 東吾妻山&一切経山Part1〜東吾妻山へ
  • 東吾妻山 標高 1974.7m 福島県2018年7月14日(土) 曇りときどき晴れ |メンバー 山の神と私コースタイム 9:36兎平駐車場9:51--吾妻小舎--浄土平ビジターセンター--レストハウス10:30--11:11酸ヶ平避難小屋分岐付近11:21--鎌沼--姥ヶ原--12:28東吾妻山山頂(昼食)13:00--14:09影場平14:20--14:44鳥子平--15:30頃 吾妻小舎4:44予定より遅れて車で自宅を出発した。3連休初日とあって交通量は多く、ときどきスピ [続きを読む]
  • 登山守
  • 乗鞍本宮の登山守先の3連休で乗鞍に行ったという会社の山ガール(?!)から登山のお守りをもらった。ありがとう!猛暑で脱水症状を引き起こしかねない今年の夏山。ザックにくくりつけておけば、少しは涼風に恵まれ、救われるかもしれない。ちなみにその3連休、山の神と私は東吾妻山と一切経山を訪れていた。山頂は涼しかったのだけれど、登山口ですでに22,3℃もあり、しかも直射日光と無風攻撃。ねっとりとまとわりつく、ねばこい [続きを読む]
  • NHK「世界最大級!ラオス絶景の未踏洞窟に挑む」
  • 当ブログでもとりあげた『洞窟ばか』の著者、吉田勝次さんが隊長を務めるラオス未踏洞窟探検行が今年(2018年)の3月に敢行された。その模様は、NHKが密着取材し、巨大ホールを発見するまでの顛末を紹介した。http://www4.nhk.or.jp/P4980/x/2018-07-16/21/17072/2602052/番組によれば、世界の巨大洞窟は、容積、ホールの大きさ、長さをものさしにして以下の3つが世界一であるとし、今回の発見は、それに及ばずとも、匹敵する規模 [続きを読む]
  • ジョン・ミューア・トレイルにグッと来る『野生のベリージャム』
  • 『野生のベリージャム』小島聖(青幻舎)刊行直後に見つけ、おもしろそうな山の本だと最初は思った。しかしネットで検索していたら、明らかに女性向けと思しき刊行イベントの告知を見てしまい、なあんだと思った。山ガール向けなのか。自分が読むべき本ではないと考えを改めた。そのまましばらくの間、本のことを忘れていたのだが、たまたま毎日新聞や読売新聞に掲載されたこの本の書評を目にすることになった。思わぬ再会だ。 [続きを読む]
  • 冒険・登山・ネイチャーのお奨め本
  • 雨の日は、読書だよねえと下書きしていたら、なんと梅雨が開けてしまった。6月に開けてしまうなんて信じられないのだが、地球温暖化でますます天気も気候もおかしくなってきている。これからの夏は、6月から10月頭までの4ヵ月+αみたいなことになるのだろう。今年は猛暑が続くらしいから、体にはくれぐれも気をつけよう。とくにワールドカップで盛り上がる7/15までは、睡眠不足に注意だ。本題に戻って、遅まきながら本の紹介。いま [続きを読む]
  • 想像を絶するハードな探検『極夜行』
  • 『極夜行』角幡唯介(文藝春秋)「明けない夜はない」なんて、よく悩み疲れた人に慰めの言葉をかけるけれども、この探検は来る日も来る日も夜が明けない、恐ろしいものだ。ではなぜ角幡さんは、こんな探検を思いついたのだろう。この本の冒頭で、そもそも現代において探検とはなんだと彼は投げかけている。地理的な探検は、もう終わった。地球上に未知なる場所はもうないと続ける。未踏峰はあるけれども、たんにルートが開拓され [続きを読む]
  • NHK BS「小野田さんと、雪男を探した男〜鈴木紀夫の冒険と死〜」
  • だいぶ前に番組告知があって、いつやるんだろうと思っていたら、いつの間にか放送していて見逃していた番組、NHK BSプレミアム「小野田さんと、雪男を探した男〜鈴木紀夫の冒険と死〜」。再放送するのをたまたま見つけて録画した。どんなとり上げ方をしたのだろうかと興味津々でみた。再現ドラマと関係者へのインタビューで綴られた番組で、小野田元少尉がフィリピン・ルバング島から帰国した70年代の時代状況、時代の空気を表現す [続きを読む]
  • 慢性痛の治し方、「ガッテン」を見て納得。
  • ひところほどではないにしろ、私はいまだに腰痛に苦しめられている。なかなか完治しないのは、どうやら側坐核という脳の部位のはたらきが低下しているらしい。5月9日(水)放送のNHK「ガッテン」で慢性痛をとり上げていて、そんな聞きなれない脳の部位を解説していた。番組名:「痛みを“脳”で克服! “慢性痛”治療革命」前にこのブログでもとリ上げたけれども、慢性痛のメカニズムは、長く継続して痛みを覚えると、やがてその [続きを読む]
  • シロヤシオ&ヤマツツジ満開の八方ヶ原・大入道
  • 大入道 標高 1402.4m 剣ヶ峰 1540m 名無しのピーク 1590m 栃木県2017年5月20日(日) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 8:22山の駅たかはら8:40--9:00頃 小間々台分岐--10:00大入道10:10--11:10剣ヶ峰--11:35八海山神社(昼食)12:20--13:10大間々台13:22--14:10山の駅たかはら5:06自宅を出る。今日は平日なのかと錯覚するくらい東北道の交通量は少なめ。順調に進み佐野SAで朝食をとる。建屋から出て、いま [続きを読む]
  • 山用ベストは私の必需品
  • GW山行の準備ポケットがいっぱいついたベストは、私にとってはもう手放せないアイテムだ。ポーチに小間物を入れる人は多いだろうけど、やはりこれが便利。財布や携帯電話、車・自宅のキーなどの貴重品に加え、バンダナやティッシュ、たばこ、ライター、携帯灰皿、地図、計画書など、すぐに取り出して使いそうなものは、どんどん入れる。そのせいで、時にベストが大リーグ養成ギブスなみに異常に重くなったりするが、それはご愛嬌だ [続きを読む]
  • 浦島太郎伝説の寝覚の床
  • 2018年5月5日(日) 晴れ メンバー 山の神と私せいなの森キャンプ場から横川山と南沢山に登ったあと、温泉宿にチェックインするまで時間があり、当初は大桑の道の駅を回るだけで寄る予定はなかった寝覚の床(ねざめのとこ)へ立ち寄ることになった。きっかけは山の神の「見てみたい」のひと言だった。最寄の町営駐車場に車を入れる(¥500;隣接する公園の駐車場は無料らしい)。左:臨川(りんせん)寺から寝覚の床を見下ろす [続きを読む]
  • 栗城史多くん追悼
  • 栗城史多くん(35歳)がエベレストで亡くなった。今年のチャレンジで8回目だったという。共同通信によれば、Kuriki was descending from 7,400 meters when he slipped and died.ということだ。公式フェイスブックでは、体調を崩し、登頂を断念して下り始めたと報告しているが、どうやら下山中に滑落したようだ。標高6400メートルのキャンプII近くで今朝遺体が発見された。当ブログでは、栗城くんに対して、けっこう辛辣なことを書 [続きを読む]
  • 草原の横川山と南沢山
  • 南沢山 標高 1564m 横川山 1619m 長野県2018年5月5日(土) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 7:08せいなの森キャンプ場手前の駐車場7:30頃--7:40南沢山登山口--8:06休憩8:11--8:53沢コース(廃道)分岐9:02--9:47南沢山山頂9:53--10:25横川山(昼食)11:05頃--11:58沢コース分岐12:03--12:55登山口13:00頃--13:12駐車場前泊は無料の大平峠県民の森キャンプ場。クマ出没注意の喚起看板と寒冷渦の寒さの [続きを読む]
  • 大平峠県民の森、夏焼山へ
  • 夏焼(なつやけ)山 標高 1502.9m 長野県2018年5月4日(金) 曇り、雨、あられ、晴れ →→→メンバー 山の神と私コースタイム 9:05大平峠広場9:30--旧大平街道--10:06旧大平街道入口(大平街道=車道との合流地点)10:15--木曽見茶屋(閉鎖中)--パノラマコース--11:27夏焼山山頂(昼食)11:58--展望コース・摺古木コース--13:05奥石コースのベンチ13:10--管理棟--ツツジコース--14:08分岐14:13--14:25大平峠広 [続きを読む]
  • マイルストーンのヘッドランプ
  • マイルストーン MS-B3(昨シーズンモデル) 好日山荘にて購入¥3,758前に使っていたLEDのヘッドランプは、電池の液漏れであっけなく昇天してしまったな。そろそろ山の準備をしようかと思っていたころ、ふと思い出した。ヘッドランプを新調しよう。山の神も、じゃあ、私もとなり、好日山荘に向かうことになった。さっそく売り場で物色するも、皆なかなかのお値段で躊躇しまくる。店員はマイルストーンの最新モデルの機能を説明して [続きを読む]
  • 花の都公園から平尾山・大平山
  • 長池山 標高 1178m 大平(おおひら)山 1295.4m 平尾山 1290m 山梨県2018年4月22日(日) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 7:14花の都公園第2駐車場先のスペース7:25頃--花庵--別荘地--8:18尾根8:27--長池山--飯盛山--9:04大平山9:10頃--9:52平尾山10:06--10:38大平山(昼食)11:17--飯盛山は巻いてピストン--11:40花庵11:50--11:55駐車スペース1月にスノーシューに行って以来の山行になる。腰痛と花粉が [続きを読む]
  • リハビリ山行後、筋肉痛に襲われる!
  • 筋肉痛にも効くフェルビナクGWを目前に控えた4/22(日)、少しは歩いておくかと、1月のスノーシュー以来という久々の山行に山の神と繰り出した。山行記録は、後日アップということで、今日は無残な顛末を。私はここ20年くらいは筋肉痛とは無縁だったのだけれども、かなりひどい状態になった。そもそもが腰痛が脚へ下りてきていて、ふくらはぎには常にハリと違和感があった。そこへもってきて登山だ。当然来るよね。下山後にすで [続きを読む]
  • 腰痛撃退の最終兵器!
  • 『すごい整体 体の痛みが13秒でスーッと消える!』上原考一(SBクリエイティブ)『人生を変える幸せの腰痛学校』。ちょっと前にこの本は腰痛撃退の画期的な本と書いたけれども、なかなか治らない。そこで次はこれ。考え方は、『腰痛学校』と共通する部分が多く、痛みの元はやはり脳だと断言している。実際に痛んでいるときの感覚を脳はしつこく記憶していて、痛くもないのにちょっとした違和感やストレスなどでそれを再現 [続きを読む]