電波犯罪と超科学 さん プロフィール

  •  
電波犯罪と超科学さん: 電波犯罪と超科学
ハンドル名電波犯罪と超科学 さん
ブログタイトル電波犯罪と超科学
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tasuku44
サイト紹介文電波犯罪を告発する。98年ネットで日本初の告発。被害は20年。彼らの手口を詳しく解説。また最先端の精神世
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/12/09 10:41

電波犯罪と超科学 さんのブログ記事

  • 労働生産性で人の価値をはかるな ←それは給料泥棒のセリフだよ。
  • こんにちは LGBTを特別扱いするな、と逆差別を訴えた杉田水脈議員だった。保守系の雑誌に投稿した彼女の提言。それは、生産性(子供が産めない)ない者のことを過剰に議論して、政府はLGBTに過度にお金をかけるのはよくない、と解釈されるものだった。  そこのあった一文「(レズやゲイのパートナー)は、生産性がない(子供は産めないという意味)」に左翼はかみついた。それは差別にあたるというのが左翼新聞はいちゃもんをつけた。 [続きを読む]
  • 世界のニュース--アメリカ人もフェイクニュースが多いと感じている
  • こんにちは 『米国人7割、大手メディアに「フェイクニュースある」と回答=世論調査』(大紀元) アメリカ人は7割がニュースに意図的な扇動や印象操作があると思っている。日本のメディアはそんな米メディアの報道を、そのまま引用する。フェイクニュースの再生産率は、日本で7割。アメリカメディアのフェイクニュースを日本人に伝えるとは、アメリカの伝道者か? 『豪州TVへ中国大使館から怒りの電話 放送中止要求、TV側「応じな [続きを読む]
  • きんぽうげ中毒には、大黄甘草湯が効いた--民間療法、私の体験のみ
  • こんにちは 『【社説】文大統領は「最低賃金引き上げの肯定的効果」の根拠を示せ』(朝鮮日報 6/2) 日本では日共が最低賃金の経済実態に基づかない無理やりの引き上げを公約に掲げる。韓国はそれをした。自営業者がバイトを雇わなくなり、失業率が増大して、町にあふれる。若者は就職先がなくなり、悲鳴をあげている。 最低賃金の過剰な引き上げは、経済破壊をもたらす公約だということを韓国が実証した。上記記事を読むと、ど [続きを読む]
  • 最近、地方の政策は気がきいている。
  • こんにちは 最近、地方の政策は気がきいている。 バス停まで遠かったが、一つ近くにできて、便利になった。これまでバス停は中学校前、伏尾台センター前にあった。歩いて100mかかる。両者の距離は300mと短く、これまで誰もその中間に作ることを思いつかなかった。が、どちららも府営住宅から遠く、不便だった。が、数年前に誰の思いつきか、その中間に、私の家の裏に一つできた。府営住宅の人々はそれでだいぶ楽になった。私も。 [続きを読む]
  • 現状、経済封鎖で、北朝鮮は経済が発展するわけない
  • こんにちは『変わる北朝鮮 街中にいちゃこらカップル、そしてセグウェイ…。写真家が見たリアル』(ハフポスト 5/27)  北朝鮮を美人にあふれる地上の楽園のように撮る写真家 八沢亜里氏。平壌に美人が多く、ファッションも洗練されてきて、経済発展をしたという。そこが幻想だ。彼は平壌が資本主義の新しい製品が入り、極貧ではなくなり、少しましになったことを写真で紹介する。  「現政権は富裕層を黙認しつつ経済を牽引させ [続きを読む]
  • 懲戒請求者の個人情報を当弁護士に教えるのは多分、非がないよ。
  • こんにちは 余命さんとこの大量に懲戒請求した件 大量の懲戒請求は市民運動で左翼がよく使う手口だ。私は筋がよくないと思うのだけど。当然、左翼側の弁護士は、この大量懲戒請求の弱点を知っている。そこをついてきたのだろう。  私がここに、個人情報の取扱について、弁護士会が当弁護士に請求主の情報をすべて教えたのは、問題があるかもしれない、と書いた。それで盛り上がっているようだが、ここは裁判のポイントではない [続きを読む]
  • 懲戒請求が業務妨害だと訴えたら、最高裁で却下された。その判決文
  • こんにちは  余命4年時事日記を時々、読む。あそこの作戦は、よくわからない。明確な方針が出なくて、多数が困惑しているようだ。左側につけ入る隙を見せるのが狙いか? 私は弁護士の世界を何も知らない。今後の成り行きを見通せないので、ネットを検索していたら、みつかった。  テレビで大量の懲戒請求の呼びかけを受けたことで名誉感情を害され、精神的苦痛受け、業務が妨害されたなど広島の弁護士が橋下徹氏を訴えた。その [続きを読む]
  • カンヌ映画祭で評判の是枝裕和監督はBPOの委員で、左の人間
  • こんにちは  共産党員は、みんなサタニスト・マルクスの信者と判明 『親友はみんなサタニスト マルクス悪魔への道(下)』(大紀元 5/17) マルクスは狂人で神ではなく、悪魔を信じていたようだ。無神論者がきいて呆れるマルクスの本質。 『実はクリスチャンだった カール・マルクス悪魔への道(上)』(大紀元 5/17)カンヌ映画祭で評判の是枝裕和監督はBPOの委員で、左の人間映画「万引き家族」でカンヌ映画祭で評判の是枝裕 [続きを読む]