アスペルガー大王 さん プロフィール

  •  
アスペルガー大王さん: アスペルガー帝国の逆襲
ハンドル名アスペルガー大王 さん
ブログタイトルアスペルガー帝国の逆襲
ブログURLhttp://asdaiou.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文アスペルガー症候群、ADHDなど発達障害に関する全般について当事者の俺が好きに書くぜ。
自由文アスペルガー症候群の諸氏を集めてアスペルガー帝国を築くぜ。三日で崩壊しそうだが(笑)アスペルガーの底力を見せつけてやろうぜ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/12/09 13:41

アスペルガー大王 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ADHDの最期
  • 嫁の父親と祖父、俺の父親、叔父が立て続けに死んだが、全員に共通するのがADHDであること。4人とも俺から見るとADHDで、それぞれの人生を全うした。ちょっと長くなるが、俺の備忘録として残しておきたい。  嫁の父親 自動車ディーラーに勤めて洗車を担当していたが、バブル景気に乗じて車の洗車屋として独立し、勤めていたディーラーからの依頼を受けて洗車をする仕事をしていたが、バブル崩壊と同時に仕事がなくなり [続きを読む]
  • 昨年は大変だった
  • すっかり間が開いてしまい、今年初ブログが三月だ。昨年はいろいろあったな。  嫁の祖父が死んだり、俺の父親が入退院を繰り返した後で最近、死んだり、親戚のおじさんが認知症になって山の中で行方不明になったり、仕事関係で俺の言動が気に入らなかった権力を持つ人物が、直接俺に文句を言わずにフォロワー6000人いるツイッターで実名はなかったが俺個人を特定できる形で中傷してきたり(リアルアカウントがないのでノーダメー [続きを読む]
  • 借金問題終了
  • 嫁の実家が勝手に地獄に落ちたら、結局、俺達まで巻き込まれてしまうのは明白なので、放っておく訳にもいかないと思い、嫁に借金総額を調べてもらうために、母親と一緒に信用保証協会へ行ってもらった。結論から言えば、俺が公示資料の見方を間違えていた。借金の代位弁済額は総額1500万円で、今回の競売によって700万円で遠くの不動産屋が買ってくれたので、残りは800万円。代位弁済には利子はつかず、延滞した年だけ14%の損害金 [続きを読む]
  • 借金問題
  • なんか、気付いたら4月以来更新していなかった。ガラケーをスマホにしたら、子どもがポケモンGOをインストールして、俺が仕事中に外回りでモンスターボール集めをしているうちに楽しくなってきて、はまってしまった。図鑑コンプリートを目指すようになって現在に至る。ついに図鑑の完成が努力ではどうにもならない所まで来たので飽きてきたところだ。俺は、なんかを集めたり分類したりするのが好きなんだな、と改めて確認したりし [続きを読む]
  • たて続けに葬儀
  • 信用保証協会への電話でのクレームに効果があったようで、借金の請求書が届かなくなった。良かった良かった。  ここの所忙しく、嫁の父親の一周忌が終わったとたんに嫁の祖父が死んで葬式だ。こっちは叔父さんが施主をやって、喪主である嫁の祖母が葬儀代を出してくれたので助かった。母親が金を出すことになったら、また俺が財布になってしまうところだった。  施主の叔父さんが「俺は会社を経営しているから、俺の知り合いだ [続きを読む]
  • 連帯債務者
  • 連帯債務というのは親が死ぬと自動的に子どもが相続するものらしい。親が死んでから三ヶ月以内に相続を放棄すれば連帯債務者を免れることが出来るが、三ヶ月たっていても相続があることを知らなかったという申し立てをして弁護士に相談すれば、六ヶ月以内ならなんとか相続を放棄できることもあるらしい。  うちの場合は借金があることを嫁の母親に聞かされたのが父親が死んでから半年後で、信用保証協会も半年たって連帯債務者に [続きを読む]
  • 連帯債務者だった
  • 昨日のブログで「何があっても一円も返さない。これで解決だ!」なんて書いているが、世の中はそんなに甘くない。  昨日の俺はなんて無知で間抜けな奴なんだ、と今の俺は思っている。金に絡む法律は貸す方に有利で、借りる方は徹底的に搾取されるしかない。  借りる奴が悪いんだ。嫌なら借りるなってことだろう。  俺は借金なんて一度もしたことがない。会社を経営していて大金持ちだった曽祖父が連帯保証人になったばかりに [続きを読む]
  • 借金対策
  • 昨日から借金対策を考えていたが、問題は一日で解決した。結論としては「一円も払わない」ということだ。  まず、問題を整理してみると、現在、確実な情報は嫁の母親が多額の借金をしていることと、信用保証協会が娘である俺の嫁に支払いを請求してきたという、この二点だけだ。  信用保証協会は債権回収のプロフェッショナルだから、金を回収するためならば、法的なグレーゾーンで汚い手口を使って来る可能性もあるということ [続きを読む]
  • 連帯保証人になっていた
  • 嫁の母親を甘く見ていた。いつの間にか嫁が借金の一部について連帯保証人になっていたらしく、借金800万円の支払い請求がうちに来た。 どういうことだ。嫁は連帯保証人になった記憶はないという。嫁は実印も持っていないため、母親が勝手に嫁の実印を作って印鑑登録をして保証人に仕立て上げたということか。嫁の実印が今でも母親の手の内にあるんじゃ、やりたい放題じゃん。なんとか奪還しなくては。こういうのは犯罪じゃない [続きを読む]
  • 最近あったこと
  • 気付いたら4カ月間も更新していなかったので、たまにはブログらしく近況報告でも書いてみようか。  去年はダンスとかやって楽しかったなと思いつつ、最近の出来事をまとめてみよう。  嫁の父親が急死した。  嫁の母親が「明日までに払わなければならない葬式代が払えないから」と葬式が全部終わった後、支払いを嫁に丸投げ。俺が百万円近い代金を支払うはめになった。はじめから分かっていれば施主になるんだった。  義父 [続きを読む]
  • ④人の操作術を極めた積極奇異型(悟り型)
  • 尊大型と間違われやすいタイプ。積極奇異型はリーダーの資質を生まれ持っているので、人をコントロールして支配する技術を磨くことが最も重要なことだと俺は思う。リーダーとは人を使う、動かす技術が高い人がやるべきで、本人が全てをできる必要はない。把握して管理できていればいい。人をコントロールすると聞くと悪い印象を持つ人は多いと思うが、社会のあらゆる面で人は誰かにコントロールされていることに気付いていない人が [続きを読む]
  • ③極めて能力の高い積極奇異型(天才型)
  • 孤立型とよく間違われるタイプ。積極奇異型の中でも生まれ持った能力が特出して高い人や、目標が明確で努力家の人の中には、高い能力で人の批判を退け、人に媚びへつらわなくても実力で道を切り開くタイプの人もいる。行く先々で人気者になったり、才能を妬まれて嫌がらせをされたりと、運次第で環境や待遇は大きく変わってくるが、いずれにしても、実力で相手をねじ伏せるタイプの人は社会に出て孤立し、つまずいて自己肯定感を低 [続きを読む]
  • ②自己肯定感が低下した積極奇異型(自己肯定感低下型)
  • 受動型とよく間違われているタイプ。自分自身の特性に気付いて自分自身を全否定し、自己肯定感が低下して「自分はダメな人間だ」と思いこんだり、定型発達者や社会を恨んで不登校や引きこもりになってしまうようなケースは回復が難しいと思う。  積極奇異型は、人に指示を出して組織を仕切ったり、中心となって引っ張っていくなど組織を支配している状態こそが本来の姿であり、人の指図を受け、服従するような立場にあっては実力 [続きを読む]
  • ①無自覚で独善的な積極奇異型(独善型)
  • 自分にとってのメリットを優先させて、心底納得はできないものの「自分より強いもの、優れたものに学ぶ。そのためには我慢もする」という選択をした人は、俺が以前、書いた積極奇異型の特徴に近い人物像になっていくと思う。  *本人の自覚と()内は実際の姿  本人の自覚としては、悪意(自分基準で)のある人間を許さず、徹底的に(正論で)戦い、弱者(自分を慕う人、同じ考えの人限定)を助け、「強きを挫き弱きを助く」正 [続きを読む]
  • 積極奇異型の4分類
  • 積極奇異型の基本的な特徴を以前、書いたが、生育過程で選択しやすい行動を選んだ末に行きついた一つの形であり、社会では「勝ち組」と呼ばれ、無自覚で独善的な積極奇異型の特徴をまとめたもの。俺は会社では扱いが厄介な人を全て上司から押し付けられているため、仕事では、このタイプの人と関わることが非常に多い。  俺から見た主観や本人から聞いた生育歴、周囲の人の話などを総合して、特徴として共通している部分を挙げて [続きを読む]
  • 過去の記事 …