オーマ さん プロフィール

  •  
オーマさん: 汚れなき子どもたち
ハンドル名オーマ さん
ブログタイトル汚れなき子どもたち
ブログURLhttps://ameblo.jp/inakagurashi2008/
サイト紹介文自慢の孫は自閉症です。だけどこんなに可愛い孫を神様が下さった。この子の名前は叶(カナウ)
自由文自閉症って障害者なの? 今は子どもだから、お砂遊びに夢中だけど、上手なんです。さらさら落とす砂はまるで砂時計、カナウの目に見えるもの、耳に聞こえるものは、何だろう。知りたいと思います。

 今日は公園から4キロも歩いて帰りました。おばあちゃんのお土産に、きれいな銀杏を1枚持って....金よりも美しい綺麗な綺麗な銀杏の葉っぱ。ありがとう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/12/09 18:41

オーマ さんのブログ記事

  • 相撲の決まり手
  • 区内にある高田川部屋から、カナウの学校に、今年もお相撲さんが来てくれました。先日先生との稽古中、いやにゃ〜といい逃げてしまったカナウ。さて、カナウ丸はどんな相撲を見せてくれるのでしょうか。ハッケヨ〜イ 残った 残った 行司の掛け声で立ち上がりました。おやおや、お相撲さんの大きなお腹に頭をつけて押し出すのかと思いきやなんと、なんんと、顔をつけて押し出してしまったのです。あの決まり手はなんぞや  顔 [続きを読む]
  • 秋晴れの畑
  •  久しく良い天気ではなかった。昨日カナウは両親と富津の公園に行った。どんな公園かわからないけど、広い公園で、心一杯秋を楽しんでいるだろう。 ばあちゃんは猫に睡眠を邪魔されて、眠れないのを明るくなるまで待ち、朝6時に車に乗った。外房の海の近くで作っている野菜畑の手入れである。 今日はカナウは内房、ばあちゃんは外房、カナウは、東京湾の方で、ばあちゃんは、九十九里浜の真ん中より少しだけ銚子寄りのところ [続きを読む]
  • 痛いって言えた
  •  カナウ(9歳)の言葉は少ない。でもそれはそれは元気です。たくさん運動もするので、ひょろひょろした少年ではない。体感もしっかりしている。 立ち姿や、椅子に座っても姿勢がいい。黙っていたら障害があるとは解らない。だから困ることも多い。大きい声で騒ぐこともあるし、9歳なのに、負んぶ、といい続ける。 負んぶはしません、ばあちゃんは言う。もう出来なくなったのだ。あの小さかったカナウはもういない。赤ちゃん [続きを読む]
  • 対戦者がいなくなった
  •  カナウの学校では、もうすぐ大相撲部屋の力士がやってきて、子供たちと相撲をとったりしてくれる。カナウ丸はその練習をしています。東〜カナウ丸〜と呼び出しもあります。 頑張らないと大きなお相撲さんを倒せません。先生と稽古しています。ヨイショヨイショと押したりしていると、先生が今度はカナウ君が先生を押し出して!!と後ろを向きました。 先生を後ろから頑張って押すのよ!!、はい押して!!、ドンと押していい [続きを読む]
  • 超 超青田刈り
  •  今日ある就労施設の開所があって、ばあチャン見学に行ってきました。京葉道路すっ飛ばして行ってきたのは内房の富津(フッツ)ここはまだ独身だった50年ぐらい前、夜中に出て車の中で朝を待ったところです。ナガラミと言う巻貝をたくさん採った海の近くだけど、今日の場所は山をくねくね、ナビがなかったら絶対いけなかった場所。カナウの将来を心配している娘が、行って見てきてと言うのでやってきました。B型就労施設で障が [続きを読む]
  • サヨちゃん、さようなら
  • カナウと療育園で一緒だったサヨちゃんが亡くなった。おとなしく言葉は少ないが元気な女の子だった。その訃報にエツと驚いた。カナウとはお水遊びの友達だった。サヨちゃんが水を汲み、カナウがその水をペットボトルに注ぐ、それを飽きもせず二人でいつまでもやるのだった。流れ作業のように美しく、せっせと働く人のようだった。サヨちゃんの汲んだ水を1滴もこぼさずに上手にペットボトルに入れる。そんなことを1時間でもやってい [続きを読む]
  • えびがに釣りからの連想
  •  夏休み時々だが、カナウもデイサービスに行った。児童は放課後デイサービスと言うが、夏休みだから学校はない、なので放課後デイサービスは、午前中からやっているところが多い。 カナウは午後からだけやっているところと、午前中からやっているところの2箇所を都合で使い分けた。お母さんは午後からだけの方が本当はいいらしい。 午前中思い切り遊んでこれるから、デイに行ったら、狭い部屋で、ソファーに座っているか、本 [続きを読む]
  • 魚になりたい
  •  台風が来ています。カナウ一家は1泊だけですが旅行です。茨城だから、雨ならホテルに入る前に水族館でも行ったらどう とメールすると、娘が水族館はダメ、以前魚たちの泳ぐのを見て、ズボンを脱いでしまったのよ。もう少しでオムツも、、、、、、、 そんなの我慢できるわけないのよ、自分もあの中に入り泳ぐんだと思ってしまうもの。そうなのか、カナウは魚も自分と同じで、楽しく泳いで遊んでいると思ってしまうんだね。  [続きを読む]
  • 柴又花火はばあちゃんの家で
  • 柴又の花火でした。6時前勢いよくやってきたカナウは、靴も脱がないで走って入ってきた。ばあちゃんとお母さんに、靴、靴、靴と言われます。いつものことです。 ばあちゃんの家はマンションの4階。ちょうど柴又方面に窓があります。ベランダにはミニトマト、ゴーヤが育っています。 困ったことはゴーヤは4階まで蝶も虫も来ないので、花が咲くと朝のうちに雄花を採り受粉してやります。地植えの畑とは違い、面倒が掛かる割には実 [続きを読む]
  • 夏休み始まる
  •  暑い暑い夏休みが始まった。夏休みが始まる半月も前から、東京は毎日30度超え。梅雨とは名ばかり、雨なんかちっとも降らず、ギラギラ太陽が憎らしくもある。 ばあちゃんは我侭で、夏の暑いのは嫌だ、冬の寒いのは嫌だ、と言っている。でもどっちかと言うと夏の暑い方が体にはきついように思う。 エアコンは24時間付けっぱなし、老猫がいるので、出かけるときも付けっぱなし、外に出せないマンション暮らしだもの仕方ない [続きを読む]
  • 9歳になりました
  • カナウは昨日9歳になりました。 あの夏の日産院からの電話を受け、何処かへでかけたカナウのお父さんに 「早く病院に行くように、産まれそうだって、」 と電話した日を忘れません。 ばあちゃんは産まれたばかりの赤ちゃんを見た。2700gぐらいの子だったので、顔は少年のようでした。小さな手を握り、無事に生まれてくれたことに感謝しました。 それからが大変。生まれてくる子に何一つ用意してなかったのです。オムツ [続きを読む]
  • 学校でちょっと怪我
  •  カナウが教室で顎を怪我したと電話が入り、家の近くの皮膚科に受診するから、保険証を持ってきてくださいとのこと。 皮膚科の前で少し待つと、学年主任の男性の先生と、担任の先生に手を引かれてやってきました。なんとも嬉しそうにニコニコしている。タクシーで来たのだそうだ。 手をつないでいないと貼ってあるバンソコウを取ってしまうのだ。嬉しいなタクシーに乗れて、先生二人を1人占め、そんな感じに見えた。 その傷 [続きを読む]
  • 笛吹き記念日
  •  おととい笛を吹くことが出来ました。飲み物はほとんどストローだし、吹くということが出来ませんでした。だからしゃぼん玉も自分で出来たことはなかったのです。 おまわりさんが交通整理で吹くような笛です。ピーと鳴りました。ああ〜やっと吹くことが出来た。原子の人カナウ、これで火お越しができるよ。 それより今度の誕生日ケーキを買い蝋燭を吹いてみようか。9本だよできるかな、途中で嫌になってしまうかもね。蝋燭は [続きを読む]
  • ドリンクバー
  •  カナウも時々ですがいろんな経験をさせたいと、ファミリーレストランに連れて行く時があります。もちろん1人で連れて行くことは出来ませんが。 日曜日雨だったので、外遊びできないため、日帰り温泉に部屋を3時間貸切り行くことにしました。午後2時の約束だったので、それまで少しでも歩かせようと、大きなショッピングモールに寄りました。 お昼になったので大戸やで食事することにし、ばあちゃんが入店までを待ちました [続きを読む]
  • 発達検査
  •  久しぶりにカナウは発達検査を受けました。2歳から通っていた療育園でやっていた発達検査は、区外のため今回からは受けられないそうです。 それにあまりにも療育園が満杯になってしまったのだそうです。初めて言った2才の頃、泣いてばかりだったカナウは、少しずつほんの少しずつ成長し、検査の結果知能は2歳2ヶ月でした。1歳半までは皆さんと同じ成長をし、その後は1年に1ヶ月ずつの成長をしているのです。それは12年で1 [続きを読む]
  • 少子化の一つかも
  •  少子化の理由は一つではない、挙げればきりがないが少し挙げてみよう。一つは共働きが多くなった。それも経済的な理由。 今は終身雇用も減り、働く環境も大きく変わった。正規雇用家庭も減った。季節雇用、派遣社員。パート、アルバイト、非常勤雇用と働く人の収入は、両親が働いても大手の会社の半分に満たない。  私たちの地域では、平均収入は一世帯300万から400万くらいだと思う。東京でも中央の方の町と、下町で格差 [続きを読む]
  • 重度の知的障がい者の銀メダル
  • 早朝NHKである少女の走りが紹介されました。  今年春まで特別支援学校高等部に通学していた女の子です。2年前赴任してきた先生が、その走りを見てこれはいけると指導し始め、見る見るうちに開花して言ったのです。 まずコミニケーションが取れませんでした。言葉はあまり話しません。初めての人は苦手です。根気よく根気よく指導し、なんとか通じないものかと思案し、ウサギと言ってみました。なんとウサギのようにハードル [続きを読む]
  • ハードルは飛ぶものよ
  • カナウの学校は、今日参観日だった。体育が参観だったが、ばあちゃんは行けませんでした。お母さん1人が参観してきて聞いた話です。ハードルと言っても低いものだったそうです。走ってきてピョンと飛べば飛び越せるのですが、カナウは違います。ハードルの前で両足そろえて、エイとばかり高く飛び、なんとそのハードルに器用に乗って立っています。フラッともしません。なんで立ってるの?みんな大笑い、ヤヤヤ、ハードルってそ [続きを読む]
  • 給食はパンを
  • カナウの給食の係りは、今は友達がパンを配るように言います。前にやったスープを配るのは、ちょっと無理。だって、カナウ君は走って持っていくから、ついた時は中身がカラッポになるんだもの。そういうわけで、毎日がパン配り、パンは走って持って行っても、こぼれません。でもね、友達は知らないけれど、大好きな揚げパンは、ちょっとだけ、ペロツと舐める時もあります。給食はおいしくて、たくさん食べてくるようです。職の細い [続きを読む]
  • お母さんの運転
  •  私の娘K子は運転免許証を持っているが、ほとんど運転はしていなかった。カナウを後ろの席に乗せお世話をしないといけないから。 大体普段は73歳のばあちゃんが運転し、休日のお出かけはお父さんが運転している。カナウは後ろの席で、ご飯を食べたり、お菓子を食べたり、お茶を飲んだりしていることが多く、そのためゴミ袋はいつも一杯になる。菓子の落としたもの、ガムの噛んだもの、下のマットにくっついている。   [続きを読む]
  • 声が大きすぎる
  •  カナウの学校では、先日耳鼻科の検診があった。白衣の先生を見ただけで、ものすごい大声でギャーと騒いだらしい。白衣は嫌い。きっと嫌なことをされる、そんな風に思っているらしい。 最近では小児科の先生も白衣を着ない診療所もあると聞いた。普通のシャツで診療をするのだ。そんな先生ならカナウはきっと泣かないで、抱っこして、とか負んぶ、とか言ってしまうだろう。 カナウの定義はこうだ。自分より大きい人を大人だと [続きを読む]
  • ケンケンではなかったけれど
  •  運動会見に行ってきました。ラジオ体操が終り、徒競走が1年生から始まった。父兄席は下級生の親が優先で前に座れます。上級生が競技する時は上級生の父兄が優先席にでます。 1年生の可愛いこと。小さいねまだ、歩いている子、ママを見つけてママ席に行ってしまう子、一生懸命走ってなかなかいいぞ〜ガンバレと思っていたら、いきなり方向を変え教室の方に入ってしまった子。 競争、勝つ、1番、そんな言葉はここにはない。 そ [続きを読む]
  • 明日は運動会
  • 練習してきた運動会、いよいよ明日になりました。ばあちゃん暑がりのカナウをとっ捕まえて、散髪しました。散発中ず〜とイヤダ、イヤダ、と言っていたが、嫌でも切ります。 今日こそはと心を鬼にし、隙バサミ、櫛、髪切りハサミと椅子を用意し、お風呂場へ、カナウをタライに入れ右に左に、前に後ろにとくるくる回しながら、まずすきバサミでバッサ、バッサと切り落とす。 櫛で余分な髪を落とし、後はすべて感。左手で少しずつ [続きを読む]
  • 連休最終日は渋滞なし
  •  連休中カナウは近場で過ごしました。障がい者のスポーツ施設では、大好きなトランポリン、高く高くもっと高く飛んだかと思えば、ケンケン飛び、1本足でも高く飛べます。 楽しくて止められないかと思ったら、チラチラと他競技を見ています。やりたいのかなと連れていくと、バスケットボールをやっています。 カナウもやってみました。しっかり持って、ポンと投げるとスッポリと網に入りました。やった〜これは楽しいドンド [続きを読む]
  • サッカーにスカウト
  •  公園でいつものように遊んでいると、ちらちらとこっちを見ている紳士がいる。目はカナウを追っているようだ。少年でも今は変なおじさんから悪戯されることもある。気をつけないといけない、と思っていたらその人が近づいてくる。そして「日本体育教育教会」の人だと言うではないか。カナウにサッカーをやりませんかと言う。今の子供たちはサッカーをやってはいても、体が出来ていないからまず体作りから始めないといけないそう [続きを読む]