鑿の柄付け職人の日常 !! さん プロフィール

  •  
鑿の柄付け職人の日常 !!さん: 鑿の柄付け職人の日常 !!
ハンドル名鑿の柄付け職人の日常 !! さん
ブログタイトル鑿の柄付け職人の日常 !!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yoshitoshi39
サイト紹介文手道具存続の為に頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/12/10 17:45

鑿の柄付け職人の日常 !! さんのブログ記事

  • バチ鑿
  • よくうちに来られる高芝さんが持って来られた物です。今までは普通の追入れ鑿だけを作っておられましたが、最近は色々な物を作られるようになりました。その中に、初めて作ったと言われるバチ鑿がありました。平待ちのバチ鑿です。裏はこんな感じです。仕込み具合はこんな感じです。三枚裏の組鑿もありました。 [続きを読む]
  • オリジナルMyボールペン
  • この度の鍛冶でっせ!での初の試みです。三木の金物まつりでは木工部での手作り広場としていろんな方に手作りの楽しさを味わっていただいていました。物作りの面白さを味わって頂けるようこの度は木製ボールペン作りをしてみようと思います。試作で作った物を色々アレンジしてみました。旋盤でペーパーをあてただけの物です。木の感触がすごくいいのですが汚れが付くのが欠点です。そこで蜜蝋を塗って試す事にしました。パーツの失 [続きを読む]
  • 母の日
  • 5月の第二日曜日と言えば母の日です。父の日は存在感が薄いですが、母の日はすごいイベントです。忘れてるとお母さん方の気分を害します。自分はと言えば全然出来てません。男はアカン!と、よく聞きます。嫁の実家は送る物が毎年決まってます。一番上のお姉さんが仕切ってくれてるそうです。うちの姉も母親に毎年何か送ってます。その点、男はあきませんね〜!我が家では長女が嫁宛てに送ってました。嫁が箱を開けると。なんとか [続きを読む]
  • 樫芯持ち材料
  • 日曜日や休日にも作業があります。樫の芯持ちの製材した物を旋盤で丸めていくという作業です。平日にはなかなか手が回らまいので。製材の際に隠れ節を確認して撤去していってます。しかし丸めると節が出てきます。筋やシミのような模様も。同時作業で子供に手伝ってもらいました。非常に助かります。さびない様にニスや油はその時に塗りますが。 [続きを読む]
  • 中叩きの組鑿
  • 鑿鍛冶さんが持って来られました。最近あまり見なかった中叩きの組鑿でした。播州型で赤樫で付けました。少し厚目の鑿です。最近は厚めの鑿よく見ますね〜。裏は黒です。同じ日にした物で、問屋さんが持って来られた錬鉄の古鑿がありました。刻印は薄くて判りにくいです。裏は三枚裏でした。柄は黒檀を付けました。 [続きを読む]
  • 鍛冶でっせ!2018
  • 毎年5月の終わりにある三木のイベントと言えば鍛冶でっせ!です。メッセ三木で行われるの金物の展示博覧会で、日程は5月26・27日の土日です。昨年はうちは出てませんでしたが、今年は出る事になりました。今までと同じ事しててもしょうがないので、今回はボールペンを作りをします。昨年もイベントで木のボールペンがあったようですね。うちは本格的な物を作ります。ネット販売なんかでもでも2~3000木製ボールペンが売ってると思い [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク終了
  • この地区はゴールデンウィークに春祭りがあります。そのお手伝いもしつつする事があります。樫の芯持ちを製材・皮むきという工程があります。軽トラで運んで来てのはいいのだけれど天気が思わしくない。雨の予報でした。あいにく祭りの宵宮は雨でした。外の運んで来ていた木を雨が降る前に工場内へ移動。節を取り除いて製材した物を太さを分けて箱に。長い木も廃材です。大きい節は判りますが、丸めたら出てくる節があるのでペケで [続きを読む]
  • 太めの中尾
  • 三木の鑿鍛冶さんの錦清水さんが持って来られました。いつものと違うんです。鑿が厚く・マチが少し長くて込みが太いです。聞いてみますと太い中尾はやはり作り難いそうです。ちょくちょく他の鍛冶屋さんのでも見ます。口金を合わせてみました。こういうのは特に穴開けが重要です。大きく開けしまうと木の部分は無くなってしまうので。入れすぎて感じが判らないですね。でもうまくいきました。 [続きを読む]
  • 薄めの木成鑿
  • 木成鑿はよく付けるのですが、すごく薄めの木成鑿がありました。地面に置いた時木に当たらないようにとの依頼でした。鑿の歪みもよく見てあるんでしょうね〜!綺麗にはマチ木と一直線で付きました。大概マチのまん中辺りかどこかに隙間が出来る物ですが。気持ちいいくらい綺麗に合ってます。仕事をしていても充実感があります。 [続きを読む]
  • 古鑿 箱鑿
  • 鑿鍛冶さんが持って来られた物で、大工さんからの預かり物だそうです。黒檀の叩き段無しの柄を付けました。紙が巻いてある状態でしたので判らなかったのですが。内鋼かと思いきや箱鑿でした。改めて聞きましたら2寸3分だそうです。刻印には貞三とあり、よく聞きますと京都の鍛冶屋さんで「ていぞう」と読むそうです。この鍛冶屋さんは今は無いそうです。ヤスリ目も付いていていい感じですね〜。昔は京都・大阪にも鍛冶屋さんがたく [続きを読む]
  • 差す鑿
  • 仕込み途中で割れました。右の方が割れています。込みの付け根が結構太いんです。写真ではあまり太く見えませんが13mmのキリで開けてます。長さもそこそこあります。やり直しますと、今回はうまくいきました。逆に細いのも厄介なんですよ〜。食い違ったとしても下手に抜けませんので。仕込みは一発勝負です。5厘は特に怖いです。綺麗に入ったら心の中でガッツポーズが出ますよ。 [続きを読む]
  • 彫刻鑿
  • 新年度が始まる前あたりから忙しくなってきます。今回は彫刻鑿が重なりました。数があるとどうしても荒くなってしまいがちですが、そのは神経を細やかに。こちらの物は穴開け途中ですが。同じく繊細に。こちらはまだ全部木が揃っておりません。みんな同じ柄の様に見えますが、鍛冶屋さんによって柄の寸法や形が材質が全部違います。同じなら木を削る時でも楽ですけどそうはうまくいきません。鍛冶屋さんの個性も出ませんし。 [続きを読む]
  • 古鑿 38
  • 前回の鑿で三木の伝統工芸士であられた黒田利光さんの鑿。二代目黒田之盃。さかずきを変換すると杯ってなりましたが盃の字の方が正解だと思います。これも三木の鑿で宮永さんと?の古鑿です。三木の鑿にまっすぐな細めの柄です。一度磨り合わせしてありますので綺麗に合いました。三条(与板)の鑿に播州型です。口金の辺りが24mmの指定でしたので。この形の方が太く出来ます。古い口金と輪を使った例です。昔の口金の方が張ってい [続きを読む]
  • 油落とし石鹸
  • 鑿鍛冶さんとの会話の中で石鹸という話題になりました。うちも鑿を触る関係上手はいつも真っ黒です。液体石鹸でも落ちず指紋なんかは常に黒いまんまです。固形の洗濯石鹸でやってますがなかなかです。いろんなメーカーを試してもいまひとつ。そこで言われました「わしが使ってるもんはええで!」って事を聞いて早速買ってきました。試しでやると水は真っ黒。これ以上は落ちないと思っていたので。仕事をしていない人の手の様です。 [続きを読む]
  • 正繁鑿中叩き
  • 三木の伝統工芸士でもある宮脇正孝がちょくちょく持って来られる物です。「安平さんの指定や!」との事でした。なんかすごく嬉しいですね。錦さんも以前持って来られて事がありました。「安平さんでなければ自分で柄付けするわ」って言うとってや。指名されるってすごく嬉しく有り難い事です。鑿鍛冶さんもお礼の手紙を頂いたりしてすごく嬉しいと言われてました。昔の物と形が変わりましたね。関東型?厚く丈夫になってます。ヤス [続きを読む]
  • 黒田の杯
  • 三木の鑿で一番高い?昨年だったかな?もう亡くなられましたけど。すごく久しぶりに見ました。卸さんから来た物で「お客さんがすごく拘ってはる人で!」との事でした。何本かある中で見ましたこの鑿。カバーを外すとなんと黒田の杯でした。裏を返すと。中尾もこんな感じです。鋼入りはと言うとこんな感じです。いい感じで仕込みました。この後、磨り合わせて仕上げました。 [続きを読む]
  • 黒田杯
  • 三木の鑿で一番高い?もう亡くなられましたけど。すごく久しぶりに見ました。卸さんから来た物で「お客さんがすごく拘ってはる人で!」との事でした。何本かある中で見ましたこの鑿。カバーを外すとなんと黒田の杯でした。裏を返すと。 [続きを読む]
  • 黒檀の木鎚
  • 毎年この時期に頭を痛める仕事があります。何とか精度が出てクレームが無さそうな雰囲気です。これは明らかにクレーム。芯がずれてます。これもアウトとしました。どこが?って思われそうですけど拘れば拘るほど見えてきます。ひっくり返すと。棒の部分ですが全部アウトです。一番右は割れている。一番右は細くなりすぎ。中は微調整加工の途中です。小さくて細い物ほど難しいですね。仕事に入った頃は中級製品が多かったので「こん [続きを読む]
  • 古鑿 37
  • 越後地方の鑿と思います。黒檀柄を付けました。積層になっております。ちょっと判りにくいかと思いますが。アップだと少しは判りやすいかもです。これも積層材でした。越後産の鑿に播州型の柄を付ける事もちょくちょくあります。 [続きを読む]
  • 下がり輪調整 2
  • 卸さんから古鑿が入ってきました。輪を叩いて上の内側が膨れています。使って欲しいとの事で一緒に付いて来てました。ここまで叩いてるのは稀です。完全にふさがってます。普段は交換なんですが、今回は参考資料用としてしました。ボール盤で金切り道具を使って削りました。柄も見事に割れてました。この輪は少ししか面取りしてありません。三木の業者さんの輪ではなさそうですね。手で内面を取りました。今度なると再起不能なので [続きを読む]
  • 舟弘追い入れ鑿
  • 卸さんが持って来られた物です。白樫の芯持ちでの依頼でした。越後の鑿ですが播州型のイブシの合わせで付けました。今まで船津さんの鑿は刻印に砥の粉が残っているイメージがあったんですがこれは綺麗でした。以前に付けた物です。古鑿はよく回って来てましたが、10本組はすごく久しぶりに付ける感じがします。丁寧に作られてる鑿ですね〜。 [続きを読む]
  • 人と人との結びつき
  • 世間狭い時と気付く時がよくあります。この度も色々な人に助けて頂きました。長男が高校で初めてバレーを初めて基本を今日親子で勉強してみましたがなかなかうまく行きません。昨年春に県大会のビデをこっそり取りに行った時「なんでこんなとこにおるねん」と声を掛けられました。振り向くと中学校の先輩で少年バレーを教えてはる方と少女バレー教えてはる方でした。一人の方は同じ町内の方で昔からバレーをやってはり顔見知りでし [続きを読む]
  • 日曜日の出来事
  • 母親が車のタイヤパンクしたと言うので見てみる細めのビスを踏んでいました。姉が車を変える時に交換したタイヤです。その時にホイールも磨きました。いつもの工具で直しました。はみ出てるところを切って。ガソリンスタンドで空気圧調整してきて取り付けしました。何とか空気は止まってます。比類からは建具の戸車の交換です。家の建具も年と共に痛んできます。以前建具屋の叔父に戸車の付け替えをしてもらいました。数十年も経っ [続きを読む]
  • 手術
  • 昨日指の手術をしました。手術と言うのは小学生以来です。事の始まりは数年前仕事でかしめてた時左中指に何かが当たった衝撃がありました。その時は何とも無て数ヶ月後に曲げると膨れるという現象が起こってきました。てっきり筋何かが当たり痛めた物かと自己解釈してました。膨れてるだけで痛みもありません。2週間前指を痛めてレントゲンを撮ってもらうと左手中指に光る尖った物が映ってました。先生に尋ねると「金属が入ってい [続きを読む]