きものかわむら さん プロフィール

  •  
きものかわむらさん: かわむら呉服店ブログ
ハンドル名きものかわむら さん
ブログタイトルかわむら呉服店ブログ
ブログURLhttp://kimonokawamura.i-ra.jp/
サイト紹介文世界遺産のまち富士宮から、キモノにまつわる話をいろいろと綴っていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2014/12/11 21:12

きものかわむら さんのブログ記事

  • 七五三 京友禅四つ身
  • また急に暑いくらいの陽気になりました。なんとなく体が追い付いていかないように感じます。それでいて週明けはまた気温が下がるということで、皆様ご自愛ください。今日はこんな一品です。七五三、四つ身の着物です。型と手描きによる彩色の、豪華な一品。こういった絵羽物が、最近はずいぶんと少なくなっているようです。当店でもここ数年、首都圏を中心に遠方からの問い合わせや注文をいただくことが増えました。需要がないと見 [続きを読む]
  • 金彩友禅訪問着
  • 今日はこんな一品です。地紋を活かす金描きの訪問着。千切屋さんからの一品。地染にも多用されている暈しが、金描きでも美しく発揮されています。実を表す縫いも京都の仕事。どの仕事も繊細で、出すぎることはないものの確かな存在感と上質さを感じさせます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 慶長文様的雰囲気を持つ着尺
  • 今日はこんな一品を載せてみます。紅、黒、白色を基調とした総柄の、慶長文様的な雰囲気を持つ着尺。小紋としてはかなり重々しさがあります。賑やかではあると思います。おめでたいパーティーなどの席でも活躍しそう。着物が賑やかなので、帯は少し落ち着いて。杉村のなごや帯を合わせてみました。着る方の個性もありますし一概には言えないですが、着ることで明るく元気になるということも、衣服が持つ力の一つだなと感じることが [続きを読む]
  • 本加賀友禅訪問着とヤマキ織物袋帯
  • ともにここで取り上げたことのある同士ではあるのですが、組み合わせ例として紹介します。松任いちさん制作の本加賀友禅訪問着に、ヤマキ織物さんの袋帯を合わせてみました。加賀は五色が浜の風景を描いた一品。間の取り方、全体の流れに美しさを感じます。流れを作り、全体のテーマとも言える存在は「水」なので、帯もその流れに乗る形で選んでみました。ヤマキさんの特徴的な一品です。瑞嘉観世水。落ち着いた色目にも共通するも [続きを読む]
  • ヤマキ織物袋帯 モール唐花文
  • 個性的な柄表現が特徴の機屋さん、西陣ヤマキ織物さんからの一品です。モール唐花文。このブログを遡っていくと、同じ文様で様々な地色のものが出てくると思います。好きな文様なので色を変えて織ってもらっていましたが、とうとう黄色に手を伸ばしてしまいました。大人の帯には少ない地色だとは思いますが、意外に落ち着いた印象に仕上がっています。それでも十分に個性的ですけどね。フォーマル、カジュアル問わずに合わせること [続きを読む]
  • 西陣御召とすくい織八寸帯
  • 荒れた天気のあとには、モワっとした暖かさがやってきました。これもまさに春の天候でしょう。今日は組み合わせ例です。西陣の縞御召に、同じく西陣植山織物さんのすくい織八寸帯。瓢箪と唐草の組み合わせが酒脱な雰囲気を醸し出します。鶯茶に近い錆びた感覚の茶色地も魅力的。紬の節糸が複雑に表情を作ります。粋さのある縞御召との相性も良い感じ。おすすめな組み合わせです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 宮岸織物 麻八寸帯 虫文様
  • 夏の気軽な装いとして当店のお客様からも根強い人気を得ているシリーズ、宮岸織物さんの麻八寸帯です。今日はそのなかでも虫をテーマに紹介します。まずはトンボ文。こちらもトンボ。てんとう虫。これは何の虫でしょうか。詳しくないので分かりません。ざっくりとした麻の風合いとあわせて、素朴で味のある柄表現も魅力的です。夏のしゃれ着にはもってこいですし、浴衣姿に合わせればちょっとアップグレード感がありますね。文様を [続きを読む]
  • 手描きの小紋 蝶文様
  • 冷たい雨が降った翌日は、ずいぶんと暖かい春めいた気候になりました。やはり、寒いよりも暖かいほうが心も踊りますね。春をテーマにということで、今日はこんな一品。黒地に蝶を配した小紋。千切屋さんからの一品です。すべて手描き友禅で表された蝶たちは、ひとつひとつ皆違う模様や色で上げられています。手描きならではの贅沢な加工。仕立て上がってからの姿も楽しみです。今こちらの地方でも多くなってきている十三参りとか、 [続きを読む]
  • 仕立てについて
  • 今まで、わざわざここで書くまでもないと思い避けていたのですが、今日は当店の仕立てに対する考え方について記してみようと思います。近年の呉服仕立ての世界では、海外縫製の波が押し寄せてきています。レンタルやチェーン店などでは当たり前でしょうし、各地の専門店でも主流になってきていると聞いています。かくいう当店にも、十年以上前には熱心に海外縫製をすすめに来る業者さんがいました。そういう人たちの話を聞いている [続きを読む]
  • 更紗絵羽小紋とすくい織八寸帯
  • 今日はこんな組み合わせで。更紗文様の絵羽小紋にすくいの八寸帯です。とても細かい型染と、深く落ち着いた色表現に特徴のある一品です。気温が上がると予想されている日に見るには暑苦しい、などと言われてしまいそうですが、そこは少し我慢して見てください。以前、単独で紹介した植山正織物の手織りすくい八寸帯、「波状文」。色と動きに共通するものを感じる組み合わせをしてみました。今日はこの帯を活かす合わせ方を探してい [続きを読む]
  • 着尺から作る七五三着物
  • 子供時代の可愛さを表現するのに、今も昔もやはり赤の地色が最も人気があることは変わりありません。まして古典柄を選びたいという方の場合は尚更です。いろいろなイメージを持って来店しても、結局は赤を選んでいたということもよくある話です。と言うわけで、今日は七五三着物のなかで着尺で赤色系統を紹介します。地色として朱に近い色になります。花丸文。少しアンティーク調な雰囲気も感じさせる染め上がりです。こちらも朱色 [続きを読む]
  • 刺し子の浴衣 鯉
  • 好評の刺し子浴衣から、このバージョンを紹介します。勢い良くうねる鯉の連続模様。構図も面白いですし、柄にリズム感があるのが特徴ですね。独特の存在感を持った面白い浴衣になると思います。鯉という題材ですから、男女どちらのものにしても向きますね。こちらは同柄の二色もの。また少し違った印象になります。今年の浴衣もまた、色々と面白いものが揃ってきています。乞うご期待です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寿光織 色留袖
  • 今日も入学式や入園式を行っている学校があるようですね。新しい制服に身を包んだ子供たちが目につきます。我が子たちが通う小学校の入学式では、例年にも増してお母様方の着物姿が目立ったと聞きました。子供たちの門出を祝う席での衣装に着物を選択してくれる人が多いということですから、私たちとしても頼もしく感じますね。今日はこんな一品で。寿光織の色留袖。京の五条大橋あたりの情景を縫取りで表した一品です。一時期は本 [続きを読む]
  • 四つ身 絵羽
  • 今日は、当地周辺の小学校で入学式と始業式が行われました。うちの子供たちも新しい学年となって、楽しいやら不安やらのスタートを迎えているようです。今日は七五三関連で。本裁ち四つ身の一品。愛らしく遊ぶ人形柄が可愛らしくも特徴的な一品です。ちょうど小さな子供たちの姿を多く見たこともあり、これを取り上げてみたくなりました。四つ身の着物なども、最近では友禅物が少なくなってきているようで、まして個性のあるものは [続きを読む]
  • 染めの塩沢と博多紗八寸帯
  • 上がる気温に体が追いつかない感じですね。それとも、春眠暁を覚えずというのはこういうことを言うのでしょうか。今日はこんな組み合わせで。エジプトの壁画を型染で表した絵羽の塩沢に、博多織の紗八寸帯を合わせてみました。着物の形のなかでも、この独特な雰囲気は違和感なく収まっていますね。好みの同色系でまとめてみました。単衣の時期のおしゃれ着として提案します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蝶が舞う着物 本裁ち四つ身
  • 暖かくて、なんとなく心踊る週の始まりです。今日は、そんな明るい気持ちを全面に出した一品。原色系の蝶が舞う着物。本裁ち四つ身の絵羽物です。無線友禅で描き上げられた個性的な蝶が何と言っても特徴的です。好き嫌いはハッキリ分かれるタイプかと思いますが、お子さまの可愛らしさや明るさを表現するには相応しい一品じゃないでしょうか。七五三の時だけに止まらず、出来る限り長く楽しんでもらいたいです。そういえば、取引先 [続きを読む]
  • しゃれ長襦袢 猫
  • 入荷しました、猫柄。長襦袢地です。当店の顧客様のなかに安定して存在している猫好きな皆様には、久しぶりの朗報でしょう。マンガチックな表現が魅力です。長襦袢としてか、もしくは半分を使って羽裏としての利用をおすすめします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 手描き京友禅振袖
  • 今日は振袖です。京都の仕事。友禅、刺繍、金彩と、京友禅の教科書的な仕上がりですね。真面目な仕事を施された一枚。それは着姿にもしっかりと反映されます。緑は未来を表す色だと言われます。ある年代の方にとっては、振袖ではよく使われた色だと感じるのではないでしょうか。一時期あまり見かけなくなっていましたが、ここ数年また再注目されているようです。よく目にするようになってきました。若い時代を表現する衣装に使われ [続きを読む]
  • 京友禅小紋 トンボ文
  • 実際に外を歩いてみても、またはこういったSNSのなかでも、今まさに春真っ盛りといったところですね。年を重ねてきたせいか、以前よりも桜の便りが嬉しく感じられるようになってきました。下手な写真で収めたりして。そんな今時分は、店のなかでは夏の便りが次々に届きます。今日はこんな一品で。フジモトさんの小紋。絽の地に手描きのトンボ文です。可愛らしくもあり、粋な雰囲気も漂うトンボたち。若い方からご年配の方まで、エ [続きを読む]
  • レース足袋
  • また二日ほど投稿をサボってしまいました。申し訳ありません。この火、水と連休をいただき、「奈良公園の鹿と戯れたい」という子供たちの願いに応え、奈良を含む関西方面に旅行をしてきました。ついでに京都でちょっと仕入れも。これは小物屋さんでみつけた一品。レース足袋と、商品名にならって表記しましたが、足袋カバーとしての使い方が良いでしょうね。足袋の保護という機能性と、ファッション性の両方の面から優れものだと思 [続きを読む]
  • 植山織物つづれ袋帯 翔鳥天井文
  • 出張のため二日間出ていた間に、すっかり春らしい陽気になりました。自宅近くの公園にある桜の木々も色づいてきて、自然と気分が上がります。久しぶりの投稿はこんな一品で。飛翔する鳥の姿をつづれで表した格天井文。植山織物さんによるものです。細かい織表現が見事。縁起の良さや躍動感に溢れる意匠も、祝いの席などに相応しいですね。素晴らしい一品です。取材した先がどこだったのか、聞いたのですが失念してしまいました。今 [続きを読む]
  • 植山織物つづれ袋帯 翔鳥天井文
  • 出張のため二日間出ていた間に、すっかり春らしい陽気になりました。自宅近くの公園にある桜の木々も色づいてきて、自然と気分が上がります。久しぶりの投稿はこんな一品で。飛翔する鳥の姿をつづれで表した格天井文。植山織物さんによるものです。細かい織表現が見事。縁起の良さや躍動感に溢れる意匠も、祝いの席などに相応しいですね。素晴らしい一品です。取材した先がどこだったのか、聞いたのですが失念してしまいました。今 [続きを読む]
  • 振袖復権
  • 親子代々受け継がれる、本物の伝統美江戸時代に誕生した振袖は、成人式当日だけのコスプレではなく、永く未婚女性の第一礼装として格式を重視されてきました。しかし、今の状況を見ると振袖の本当の魅力が二十歳の祝いを迎える女性に届いていないのではないかと思います。着物を通じて日本女性の美を追求するかわむら呉服店の振袖は、本格友禅振袖。本場京都の友禅工房と直接取引し、当店の要望をその色柄に表現したオリジナル作品 [続きを読む]
  • 草木下染絽訪問着と織文意匠鈴木夏袋帯
  • 積もるほどの雪が降った次の日は、急に温度が上がって何だか変な感じですね。今日は夏物にします。十日町で活動している田村哲彦さんの夏物訪問着に、織文意匠鈴木の袋帯を合わせました。意匠化された波文様が幻想的な雰囲気を醸し出します。草木染料を下染に使用していることで、独特の渋味がある染め上がりに。帯はあえて同系色に。鈴木さんの唐衣錦シリーズからの一品です。品名は光彩遺繍文。比較的カッチリとした印象にまとめ [続きを読む]
  • 水をテーマに 京友禅訪問着
  • 昨日から降りだした雨は少し長く続くようですね。明日の休日も残念な天気になりそうです。雨からのつながりというわけではありませんが、今日はこんな一品です。手描き友禅の訪問着。京都の仕事です。江戸期の小袖に題材を求めた意匠化された水の表現が、今の時期にお目にかけるものとしても相応しいのではと思い、取り上げてみました。深山幽谷に落ちる滝が川の流れとなり、やがて大海に注ぐという、ひとつのドラマのような世界。 [続きを読む]