新村正幸A さん プロフィール

  •  
新村正幸Aさん: 人間力を育てよう!
ハンドル名新村正幸A さん
ブログタイトル人間力を育てよう!
ブログURLhttp://blog.kuruten.jp/pekepeke
サイト紹介文人が社会で一番最後に信用されるのは、才能でも能力でもなく人間力です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/12/12 13:30

新村正幸A さんのブログ記事

  • いじめは卑怯な人間のすること
  • 子供の頃でしたかな。中学生の頃。クラスの女子と男子4,5人で新任の副担任の男性教師のことを。「あいつ生意気だ、いじめてやろう」と言って策略をしていました。その副担任の授業中に、ひとりが筆入れを落としたら一斉に周りの皆が筆入れを落とそうという計画。自分は聴いているだけで何も口出ししませんでした。「おいおいそりゃ卑怯者のすることだろう・・・」と言いたかった。計画通りにいじめは実行されました。すぐに先生 [続きを読む]
  • 夢に見た瞬間
  • 未来予測という言葉があります。絶えず変化し続ける現代に合わせて自分も変わってゆく。でも、自分が昔のまま変わりたくなければ。それは自由なのだと思います。変わることのない情熱と愛がある。愛は永遠に死なないし変わることがない。昔も今も情熱と愛は変わっていません。当然愛の形は変化を続けていますが、基本は変わっていません。お互い好きな人同士が寄り添いあって小さな愛を形成する。ありふれた日常に守られて人間は生 [続きを読む]
  • プライドが高いんです・・・
  • 自分のブログ人気ないなあ・・・素直な感想だけど、人気ブロガーみたく大勢の人にチヤホヤされたいよ。一円の得にもならないことを何年も続けて、何の得になるんだろうか。毎日更新しないけど、確認チェックは毎日してる。もう今じゃ惰性で記事を書いてる。自分でも面白くないと思ってる。でも自滅だけはしたくないな。くたばるもんか!媚びを売れないんです・・・プライドが高いんです・・・トップを取りたい欲望があるし、注目を [続きを読む]
  • 甘いのねん
  • 人の弱さを認めなさい。それが占いの新しい教訓だった。俺は自分にも他人にも厳しすぎる。自分に厳しい戒めを課し、他人にもそれを強要しようとする。規律や常識を重んじるからだと思うけど。硬いのは人受けが悪いよねえ。自分に厳しい原因は、子供の頃から父親と母親にひとつも誉められなかったからだと思う。いつも父親と教師に叱られていて、決して誉められなかった。唯一小学校の教師に絵を誉められたことぐらい。コンクールで [続きを読む]
  • お前はポジティブ
  • お前を幸せのど真ん中に叩き落してやる!お前の泣き顔なんて笑顔に変えてやる!いいか!お前の人生はお前のもんだ!お前が今日を後悔して生きるなら、俺がそれを喰ってやる!お前の悔しい想いは、俺の御馳走だ!世の中と折り合いなんかつけるんじゃない!徹底的に自分にこだわれ!ありふれた毎日に退屈しているのなら、俺が毎日を輝きに変えてやる!お前の隣で笑っていてくれる人に、感謝状を贈るぞ!お前を宜しくお願いします!ふ [続きを読む]
  • 20XX年、イケメンは絶滅した!
  • 20XX年、世界からイケメンが居なくなった。イケメンと呼ばれる男がみな死に絶えたのだ。神の気まぐれだろうか?かつては見た目がイケている男は、世間からもてはやされ、女の黄色い歓声を浴び、イケメンは無敵とさえささやかれるほどだった。イケメンが女を喰い、世の中を動かしていた。これに不満を募らせていたブサイクメン達が、肩身が狭い思いで募らせていた。「加藤さん(仮名)、私を好きにしてください」「田中さん(仮名 [続きを読む]
  • スマホ毎月1万
  • 自分が住むような田舎はドコモじゃないとすぐ圏外になるからドコモ使ってる。ガラケーの時代は毎月2千円くらいで済んだのに。スマホのiPhoneを買うと、毎月1万円の支払いになった。文句も言わずに携帯料金毎月1万円支払ってる。昔ボーダフォンのガラケー使ってるときは、毎月6千円で自宅が圏外だった。文句も言わずに毎月支払った。パソコンの光ネットの料金が6千円で、2カ月で3万2千円通信料払ってる。にしてもドコモボッ [続きを読む]
  • 栄光回廊
  • こころを偽ってはいけない。魂の叫びを聞くんだ、自分の真の声を。何が嫌で何が好きなのか、はっきりとさせたらいい。どんなポーカーフェイスでも営業スマイルでも、自分に嘘はつけない。相変わらず微々たる銭のために働いて帰る毎日。聴くところによると、世の中は浮かれているらしい。ああ誰かこの疼きを静めてくれ、病んだ魂を。慰めを金で買う時代、人のこころは買えるか。どんな傷も一瞬で癒してしまう、安心に守られて。夢見 [続きを読む]
  • 文明圏アゲイン
  • 文明圏に生きている。文明は謳歌され、人々が平和に暮らしている。わけはないわな。世界は問題を抱えて人々は行き場を見失っている。浮世ではイケメンが世界を牛耳り、ブサイクを崖っぷちに追いやる。見た目で決められてしまうご時世、美しいものはカタチあるものにあらず。大切なものが見えない、こんな時代に何を語ろうか。古今東西、音楽や書はイノセンスを語る。誰もが慣れ親しんでいるはずのイノセンスを、人々は無意識にとら [続きを読む]
  • ひとりで食べるご飯は
  • うちの家族はみな仲が悪い。俺が考えるに、その原因は、一緒に食事をしないからだと思う。みんな別々に、一人でご飯を食べる。うちの家系は挨拶をしない。ただいまもお帰りも言わない、無言だ。子供のころから両親は共働きで忙しく、母親が作ってくれる晩御飯のおかずは、目玉焼きかマルシンハンバーグ、もしくは赤いウィンナー一品のみ。幼いころからいつも一人でご飯を食べていた、50歳になった今でも一人で食べる。ろくにおか [続きを読む]
  • 自分こそが最強最悪の敵!
  • 命が命を喰らう世界。人間も、他の生命を奪わなければ生きては行けない。スーパーやコンビニエンスストアに加工調理された食品が並ぶ。それらはすべて命だ!(野菜や花などの植物も生きている)人間以外の命を処刑して口に入れる毎日。命を奪うのが嫌なら、仏門に入り即身仏に成るしかない(法律で禁止されているが)我らは多くの犠牲の上に生きている。この星に産まれ落ちる理由が罪の償いならば。ただ生きているだけでも、罪を加 [続きを読む]
  • 悲しみ泥棒
  • わしは悲しみ泥棒じゃあ!お前の憎しみを置いてゆけえ!お前の悲しみを置いてゆけえ!お前の重荷となるすべてのものを置いてゆけえ!身ぐるみ全部はいでやるう!お前が日々悩み、移ろいゆく日常に退屈しているなら!わしが全部それを喰ってやる!お前のネガティブ要素は全部わしの栄養源じゃあ!わしに喰われたお前の闇は、お前が懐かしいと泣いておるぞ!お前が愛する喜びに目覚めた時!この世に産まれた事に感謝するじゃろう!わ [続きを読む]
  • 人間力を育てよう
  • 感受性やきめ細やかな精神は、成長の段階では弱いものです。多感な子供は、一度に多くを感じ取る、愛ある人間です。もしも些細な事で悲しみ、辛く感じる心があるのなら。人としての痛みを感じる事が出来る、人間力の豊かな人になるでしょう。怒りや憎しみは、やはり闇と同じ意味です。腹のうちを隠して探り合い、互いを見下して中傷する世界。この世界は美しいと人は言いますが。この世界の人の心は醜い歴史でした。強くこだわり過 [続きを読む]
  • 死刑制度は人間のカン違い
  •    【死ぬ事は責任を取っていません】はじめに結論を言いますが。地球人の人間の文明は全て間違っています。まともに育たなかった大人が、欲望の為に創った文明です。物質の世界に産まれたからと、心を無視した結果です。今も心がないがしろにされています。気がつきませんか?常識人ぶって知識人ぶってる大人が、心を知りません。今でも日本に定められる 【死刑制度】これはまちがいです、カン違いからくる誤った判断。死刑は [続きを読む]
  • 人間にはコミュニケーション能力がある
  • 人間にはコミュニケーション能力がある。実はそれは大変優秀な技術です。人が社会で信用される一番の基準である人間力が関係します。言葉を発して、相手が理解できるように会話する。会話はキャッチボールによく例えられます。どんなに自分が理解して欲しくても、まず話しかけて相手の話を聞くことから始めます。コミュニケーション努力をしなければ仲良くなる事は出来ないのです。太平洋戦争前の日本総理大臣は「話せばわかる」と [続きを読む]
  • きれいごとです。
  • きれいごとをいくら語っても。自分の中に潜んでいる病んでいる部分、汚れた部分は語らない。自分も汚れている、決して聖者なんかじゃない。こんなことを言うと、なんだか肩の力が抜ける。電波で繋がっても、心は繋がりはしないし。スマートフォンという名のデブフォンが市場を席巻している携帯業界。余分な機能を盛り込んだデブの携帯、デブフォン。携帯電話をいつも持ち歩いて、どこにいても特定されてしまう。携帯会社は高額な料 [続きを読む]
  • 優世代戦闘機・姫
  • きれいごとをいくら語っても。自分の中に潜んでいる病んでいる部分、汚れた部分は語らない。自分も汚れている、決して聖者なんかじゃない。こんなことを言うと、なんだか肩の力が抜ける。電波で繋がっても、心は繋がりはしないし。スマートフォンという名のデブフォンが市場を席巻している携帯業界。余分な機能を盛り込んだデブの携帯、デブフォン。携帯電話をいつも持ち歩いて、どこにいても特定されてしまう。携帯会社は高額な料 [続きを読む]
  • おっさんを逃げ道に使っている
  • 僕はデイケアへは週一くらいで通っている。就労継続B型へ行ったときは、午後にデイケアへ寄るから、正確な数字じゃないけど。就労でも、私語は禁止じゃないから、作業しながら無駄話ができる。大勢の人と沢山話ができたときは、嬉しい気持ちで帰れる。反対に、全然話ができなかったときは、寂しい気持ちで帰る。人が好きなんだよ。そりゃあひねくれた人や邪な人、そりが合わない人もいるけど、素直な気持ちでお話ができた時は、嬉 [続きを読む]
  • 寝てます。
  • 今日も一日中寝てました。毎日毎日、就労訓練も行かないで、エアコンと扇風機をつけて寝てばかり。ずっと寝ていたい。何も考えずに、夢を見続けていたい。あたまが空っぽになるまで。夕方4時ごろ起きて晩御飯食べて酒呑んで晩酌して、パソコンとにらめっこして。ナマケモノですね完全に。心臓の狭心症が楽になるたびに、例えようのない幸せな気持ちになります。トドみたいなデブのおっさんが、いくらきれいなことを言っても恥ずか [続きを読む]
  • 幸せを感じる心
  • 何にもないことに感動して、感極まって。嬉しくって泣きたくなる。今この瞬間に生きていることが嬉しい。幸せを感じる心は、歪んだもの病んだものを寄せ付けない。清くて透明でまっすぐなもの。どこまでも魂の純度を透過して、透き通ってゆく。どれくらい時間が経っただろう。その時代の空を見上げながら、幾つもの想いをダブらせたいんだ。とりあえず、ここから始めよう。繰り返す歴史の狭間で、何度も涙を流したタマシイは。二度 [続きを読む]
  • ステキな孤独
  • 夜の匂い、ステキな孤独が訪れる。甘酸っぱいときめきに守られて、夢を見る。今夜も星が降る。ため息と切なさが、些細な日常を覆い隠す。孤独なんて言ってないで、あなたと一緒に笑いたい。同じ空を見上げて同じ空気を吸って、瞳を交わしたい。きれいごとばかり言っても、こころはきれいにはならない。澱んだ下水道のように、汚臭にまみれて。何を掲げて何を説くのだろう。苦しい夜をいくつも超えて、あなたは此処へやってきた。遠 [続きを読む]
  • 孤独と踊れ
  • 僕は群れない、馴れ合いが苦手だ。僕たちが生まれ育った日本国は平和で豊かな国だ。おじいちゃんおばあちゃんが子供だった頃、世界が悲惨な戦争の渦に巻き込まれていたなんて、今では想像がつかない。戦後の平和憲法があったから、日本は奇跡的な復興を果たし、今の繁栄を築いた。右翼の人はよっぽど日本平和憲法が嫌いみたいだ。平和が好きな人たちを平和ボケと呼んで、争いが当たり前だと説く。同じアジアの国、ベトナムでも戦争 [続きを読む]
  • マスコミが先導して世間にいじめられる
  • 個人的なことを語る。産まれて生きてきた生は激しい季節。トラウマを抱えて、心が癒されることを望んだ。精神科の主治医にカウンセリングは向いてないから駄目だと言われる。若い頃受診していた総合病院は、自分には相性が悪かったみたい。いろんなことがあった。働くだけの人生では味わえなかった挫折と輝きがあった。挫折が趣味だった。心は絶えずドキドキしていつも葛藤していた。中卒でずうっと働き続けた友人が言うには、「お [続きを読む]