あずき さん プロフィール

  •  
あずきさん: おばちゃんは今も嫁です
ハンドル名あずき さん
ブログタイトルおばちゃんは今も嫁です
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/ymkms-yuki/
サイト紹介文舅姑 おまけに小姑 なにもない訳あるわけない たった一人 他人のなかがんばってるもんね
自由文30年経っても、モヤモヤした気持ちは晴れません

山ほどある愚痴を綴ってみました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 5日(平均8.4回/週) - 参加 2014/12/13 06:31

あずき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ばばの棲み処
  • 脅威的な回復でばばは退院しなくてはいけなくなった。と言われても・・・・・ 全介助になってしまった婆の在宅介護を、持病がある私ができるはずがない。     障老介護介護する側が必ずしも健康であるとは限らない。共倒れはさけたいものです。 で次の受け入れ先を決めなくてはいけない。 およそ一年前から予約待ちの特別養護老人ホームの声が、ここにきてようやく声がかかった面談・診査等の時間を要するため、直ぐには受け [続きを読む]
  • やっぱり
  • 六人部屋にたった一人で、大口を開けてねてる ばば 。見えるか見えないか解らないが、あたしを見るなりソッポ向く。(かわいくない)(やっぱり来ない方がよかった)この嫌悪感は長い間をかけて積み重なってきたもの。一度だって、この人には心を開く事はなかった。気を許すことはなかった。 あたしと初めて顔を合わせたあの日から…。 [続きを読む]
  • 心許せず
  • ばばの兄弟は8人?9人?の1番上。ばばが93なので弟妹たちは80代。 中には亡くなってる人もいる。元気な時は、他人の都合も考えず、喋ることを生き甲斐(スピーカーと近所では言われてた) とし、ずーとあたしのやることなすこと、言葉の1語一句を,親戚・友人・そしてご近所と洩らしその口は休むことなく動いていた。血が繋がったものだけが、身内だと想いそして頼りにしていた。いつもアタシは茅の外あたしにとっての嫁入り先は [続きを読む]
  • そして…
  • 先日の事。旦那が恐る恐る(笑)私に言う「ばあちゃんの退院にむけて面談(懇談)がある…と連絡があった」と。私「ハァ???」(・・;) (ウソ?)‼!全身の脱力感と共に、ばばのほくそ笑む顔がよぎった。このまま又、在宅介護なんて事になってしまわないか。 どれだけ.いつまで あたしを苦しめる? [続きを読む]
  • ぶちまけていいですか3
  • (ついに来た‼)(二度と戻ってこない)口から物も食べなくなり、水分もろくにとらない。 なかなか動かない旦那を促して、ばばを病院に連れて行った「老衰ですね。このまま点滴のみの処置で、様子をみましょう」入院したばば。とりあえず ばばの部屋の掃除して、座敷の 掃除。障子も補正し、座布団、仏壇を綺麗にして、お寺様のお茶まで準備。喪服も準備した。なのに…なのに…。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …