Yoshi@LC5820osaka さん プロフィール

  •  
Yoshi@LC5820osakaさん: MINTETSU teacup AutoPage
ハンドル名Yoshi@LC5820osaka さん
ブログタイトルMINTETSU teacup AutoPage
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/tobufan31601/
サイト紹介文私が大好きな近鉄電車を中心に鉄道など乗り物の話題を取り上げていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供438回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2014/12/14 17:29

Yoshi@LC5820osaka さんのブログ記事

  • 準急に充当される阪急7300系の2+6
  • [画像] 阪急京都本線の摂津市付近は直線区間なので撮影しやすく、自社の車両のほか大阪市交の66系も通過するので面白味があります。66系は堺筋線直通列車のみの充当ですが準急は全て阪急の車両で運行されるので各駅に停車する普通電車だけであり、駅通過が楽しめないのが残念なところです。 京都本線を走る列車は梅田発着の普通と準急に一部7両編成がありますが多くは8両編成で、7300系以降の車両では同系と8300系に8両固定と梅 [続きを読む]
  • 終夜運転の阪伊乙特急で活躍した新旧の8両編成
  •  近鉄の終夜運転は大阪〜伊勢間及び名古屋〜伊勢間といった長距離の運行があるのが魅力的で、特急は汎用形や30000系ビスタEX、23000系伊勢志摩ライナーのほか21000系アーバンライナーplusも使われるので見所満載です。21000系の伊勢方面への運行は名伊間は定期列車があるものの阪伊間は1本も無く、終夜運転の時にしか見ることが出来ないため貴重です。[画像] 輸送力を確保するため汎用形による列車は8両編成も多く設定され、オー [続きを読む]
  • 特急表示が無かった頃の近鉄30000系ビスタEX
  •  新塗装化と喫煙ルーム設置で再リニューアル当初とは雰囲気が変わった感じがする近鉄30000系ビスタEXですが原色(ビスタEX塗装)で喫煙ルーム有りがいる一方で新塗装なのに喫煙ルーム無しもいるので今が趣味的に面白いところであり、しっかり記録していきたいと思っています。実際に乗るなら塗装に関係無く喫煙ルーム有りの編成の方が良いですが・・・[画像] 30000系は最初の大規模リニューアルでビスタEXになってからは前面の特急 [続きを読む]
  • 快速急行に充当されるルミナリエ副標付きの阪神電車
  •  早いもので2017(平成29)年も残り半分を切ってしまいましたが私の中では既に来年の鉄活動の計画を練っているところであり、近鉄は当然ですが5年以上撮影から遠ざかっている阪神の鋼製車とジェットカー、そして山陽電車の記録もしたいと思っています。今年は残念ながら撮影する機会に恵まれませんでしたが来年はルミナリエの副標付き列車も撮影したいと思っており、ルミナリエそのものにも行きたいと思っています。[画像] 阪神で [続きを読む]
  • 特急で活躍する阪急9300系
  • [画像] 土曜日(9日)に正雀車庫で見た阪急9300系C#9301×8の室内改造(?)ですが床やつり革がそのままな所を見るとロングシート化は無い気がしており、新しいクロスシートになって運用に復帰しそうな気がしています。どんな内装になるのかが楽しみですが座席定員の減少につながる2&1のクロスシートは避けてほしいと思っており、現行通り2&2のクロスシートを続けてほしいです。 9300系は日中は特急にのみ充当され、歴代の特急専用 [続きを読む]
  • 創立50周年を迎えた北大阪急行電鉄
  • [画像] 江坂と千里中央を結び、大阪市営地下鉄御堂筋線の延長線のような形を取っている北大阪急行電鉄南北線は1970(昭和45)年2月24日に開業し、当初は日本万国博覧会(万国博)への観客輸送のために万国博中央口駅まで運行されていました。万国博の期間中は千里中央は仮設駅で、そこから全ての列車が会場線に直通して万国博中央口まで運行していましたが現在もトンネルに分岐の跡が残っており、車内から確認出来ます。 北急南北線 [続きを読む]
  • 2+4+2で阪奈間急行に充当される近鉄VVVF車&8000系
  •  12月も間もなく半分が過ぎようとしていますが近鉄からは未だに新春全線パスの発売が無く、今年は無しがほぼ100%確定した感があります。阪神・近鉄初詣1dayチケットは購入しているので阪奈間と大阪線の一部は楽しめますがこれを機に5年以上撮影していない阪神のジェットカーでも記録しようと思っており、新しい5700系にも乗りたいと思っています。[画像] 近鉄の阪奈間は阪神に直通しない急行が土休日だと終日8両編成になり、様々 [続きを読む]
  • 逆組成で急行に充当される近鉄1400系&1422系
  •  既に色々な所で話題になっていますが大阪線車両の方向幕から区間快速が姿を消し、代わって「区間準急 大和朝倉」や「普通 大和朝倉」といった非常時に使うと見られる表示が追加されています。大和朝倉は大阪方に片渡りがあり、下り1番のりばから大阪方面へ折り返すことが可能ですが幕に追加したということは定期運行でもするつもりなのか気になります。[画像] 幕を一部変更したということは来年3月頃にダイヤ変更があると推測出 [続きを読む]
  • 阪奈間急行に充当される近鉄5800系DH02
  •  近鉄の阪奈間急行は土休日ダイヤだと終日8両編成になり、そのうちの1運用は阪神乗り入れ対応車が充てられていますが朝9時台に大阪難波を発車する奈良行きで唯一布施で特急に抜かれる列車(931レ)がその運用なのを確認しており、運が良いと5800系DH02が充当されることもあるので注目したいです。ただ8両編成だと奈良方に1252系か9020系が2両連結されるので大阪方からしか狙えませんが・・・[画像] 大阪上本町の地下ホームに到着す [続きを読む]
  • 土曜日(9日)の阪急正雀車庫の様子
  •  土曜日(9日)に阪急正雀車庫へ行ったのは能勢電鉄7200系の様子を見るのが目的だったのですが座席が取り外された9300系やその他阪急車も撮影したので取り上げていきたいと思います。9300系は既に取り上げ済ですが・・・[画像] JR線沿いの道路からよく見える場所には8000系の中間車C#8554がいました。宝塚線所属のC#8004×8(日生エクスプレス対応車)に組み込まれていますが機器が1つだけ新しくなっていたのが確認出来、何か工事が [続きを読む]
  • 室内改造(?)が始まった阪急9300系
  •  土曜日(9日)は能勢電鉄へ譲渡される元阪急7000系・6000系の改造車7200系C#7200×4の様子を見に正雀へ行った私ですが当日はパンタグラフを降ろして眠りについており、土曜日だから作業はお休みだったんだなって思ってしまいました。他に編成をバラされた9300系C#9301×8がいましたがまだ車齢15年に達していないのに屋外で一体何の工事をするのかが気になります。[画像] 車庫の奥で留置されている9300系の中間車です。大きな窓と [続きを読む]
  • 昨年はセガトレインでも活躍した青い京急2100形
  •  昨年の今頃は京急で青い2100形を使ったセガトレインが運行されており、車体への装飾は勿論車内も全てセガの広告になっていたので特別感がありましたが元々それの有る青い電車(ブルースカイトレイン)を選んだことで京急の本気を感じられ、近鉄のヒストリートレイン(5800系DH02)の運行開始当初を思い出します。あちらは今も装飾の一部を除去した上で運用に入っていますが車内は一般広告で、乗ってしまったら普通の電車と変わりませ [続きを読む]
  • 近距離ローカルに充当される近鉄5200系ほか6両編成
  •  土休日日中の近鉄大阪線は阪伊間急行の間合いで5200系による大阪上本町〜高安(一部河内国分)間の普通電車を見ることが出来ますが、3扉転換クロスシートの近距離普通というのは大阪線では日常の姿であっても名古屋近辺では見ることが出来ないので貴重だと思うことがあり、撮影出来たらラッキーと言えます。[画像] 弥刀〜長瀬間を走る1422系VW24ほか6両編成の大阪上本町行き普通です。この列車は河内国分13:22発の1360レで折り返 [続きを読む]
  • 営業運転が待ち遠しい能勢電鉄7200系
  •  昨日の話になるのですが阪急正雀車庫にいる能勢電鉄7200系が気になったので見に行って来ました。能勢電では1500系や1700系を置き換えるため阪急から5100系を譲り受け、尼崎の阪神車両メンテナンスで各種改造工事を受けた上で5100系としてデビューしていますがそれに続く新形式ということで注目しており、営業運転開始が待ち遠しいです。[画像] 車庫内で3300系C#3391と並ぶ7200系C#7250です。塗装は阪急時代と変わっていないので [続きを読む]
  • 近鉄今里駅にあるレトロな案内表示器
  •  日曜日(3日)の話になるのですが私用で近鉄今里駅を使う機会があり、折角なので駅の構造を調べていたら改札口の前にいかにも昭和な感じの先発列車を案内する表示器と時計があったので驚いてしまい、「上本町に近い所でレトロな物を見るとは思わなかった!」って思ってしまいました。[画像] 案内表示器と時計です。時刻表は時計を挟んで左右にありますが左側が大阪上本町方面と大阪難波・尼崎方面、右側が生駒・学園前・大和西大 [続きを読む]
  • 近鉄鈴鹿線平田町駅と2000系
  •  近鉄鈴鹿線の終点平田町は1面1線の小さな駅ながら旭化成や本田技研工業へ徒歩で行けることもあり鈴鹿線の駅では一番利用客が多く、鈴鹿サーキットへも駅前からタクシーを使えば15分程度で行けるため最寄り駅の1つになっていると言えます。旭化成や本田技研の近くにはイオンモール鈴鹿があるほか旭化成の向かい側にはルートイン鈴鹿があり、大浴場のあるホテルなので近鉄週末フリーパスを使って撮影・乗車する時はここに宿泊する [続きを読む]
  • KOBEルミナリエの副標を付けた阪神電車(2016年)
  •  最近の話ですが約20年ぶりに鉄道ピクトリアルの阪神特集が発売され、私鉄特集を楽しみにしている私にとっては嬉しいことでした。しかし近鉄との相互直通運転が始まった2009(平成21)年3月20日から8年過ぎての発売は「遅い!」とも思ってしまい、2009年に一度発売して今回もう一度発売してくれれば尚嬉しかったです。[画像] 今回は昨年撮影したKOBEルミナリエの副標を付けた1000系と9000系を取り上げますが場所は全て大阪上本町で [続きを読む]
  • 湯の山線の運用に入る近鉄2000系
  •  近鉄四日市の6番(または5番)のりばに発着する湯の山線の列車を見ると標準塗装車は形式に関係無く前面に大きな板が取り付けられており、3両ワンマンの普通電車なのに特別な感じに見えてしまいます。現在取り付けられている板は2代目(?)で前は折り鶴の絵が入ったピンク色の物が取り付けられていました。[画像] 四日市に到着する2000系XT09です。湯の山線では同系のほかに2444系や1010系も入線するので2000系がほぼ専属で使われる [続きを読む]
  • 深夜の宇治山田に到着する阪伊・名伊間急行
  •  12月に入り、次の終夜運転の撮影をどうするか考えている私ですが未だに新春全線パスの発売が無く、今回は無しと判断して阪神〜近鉄間の撮影に専念することを視野に入れています。両社の路線(近鉄は大阪難波〜奈良間と生駒ケーブル鳥居前〜宝山寺間のみ)で利用出来る阪神・近鉄初詣1dayチケットを購入し、上本町から乗ることにしていますがHD(ホールディングス)化されてからの近鉄は何だか落ちた感があり、新年振る舞いイベントだ [続きを読む]
  • 外観は昭和、でも車内は現代風の近鉄2000系XT10
  •  1979(昭和54)年に全廃されたビスタカー10100系の一部機器を流用して新造された2000系も最近になってワンマン対応になっているXT03以降を対象にB更新が少しずつ進められていますが今年施工されたXT10は内装が大幅に変わり、2610系X27と同じ化粧板や床材、更につり革の増設と座席へのスタンションポール設置が行われていました。ただ他社のリニューアルで見られる車内表示器やドアチャイムの設置は見送られており、その点は近鉄ら [続きを読む]
  • 更新が待ち遠しい近鉄の初期VVVF車
  •  ここ最近の近鉄の一般車は丸ボディ車のB更新位しか見所が無く、車齢30年以上になる初期VVVF車の1422系・1230系・6400系の本格的な更新工事が始まらないこともあって「他社にどんどん差をつけられていいのか」って思ってしまうこともありますが2610系X27や2000系XT10で採用された内装デザインは次期新車やVVVF車の更新でも採用することを見越してあれにしたと思われ、新車やVVVF車の更新では液晶ディスプレイとドアチャイムは間違 [続きを読む]
  • 逆組成で活躍する近鉄2430系W41
  •  少し前の話になりますが近鉄2430系の2両固定車W41のMc車モ2441のパンタグラフが下枠交差形に取り替えられているのを確認し、「2610系や2800系ならともかく2430系までパンタ交換するなんて・・・」って思ってしまいました。かつて存在した1810系の1パンタ車(H14・H24・H25、いずれも下枠交差形パンタ)を思わせるスタイルで懐かしく感じましたが1810系は上本町に入ることが無かったのでそこが違うところです。[画像] 俊徳道を通過 [続きを読む]
  • 終夜運転のローカル列車で活躍した近鉄1259系と1440系
  •  近鉄の伊勢地区における終夜運転は特急・急行だけでなく2両ワンマンの普通電車も運行され、どの駅からでも伊勢神宮へ行けるように配慮しているのが有り難いですが松ヶ崎や東松阪といった特急・急行通過駅に年1回とは言え深夜に列車が発着しているのが凄く、日中と同じ感覚で利用出来ることに驚いてしまいました。[画像] 宇治山田で折り返す1259系VC59のローカル列車です。私的には1201系と並んで見る機会が多い形式ですが日中は [続きを読む]
  • 赤い電車に戻っていく(!?)京急新1000形
  • [画像] 京急新1000形のステンレス車は昨年度新造分より車体全体にラッピングをするようになり、6両固定車は1600番台になったほか車端部にサービスコンセントを備えたクロスシートが設置されましたが今年度分の新造車はラッピングを止め、アルミ車と同じように塗装仕上げにしたため「真の赤い電車が復活した」って思ってしまいました。大手私鉄のステンレス車で塗装仕上げというと南海1000系(1051Fは除く)がありますがどちらも車端 [続きを読む]
  • 白塚ローカルに充当される近鉄2000系XT01
  • [画像] 近鉄名古屋線系統の3両編成列車は様々な車両が見られるので趣味的にも面白く、特に見る機会が多いのは2000系ですが同系のうち初期に造られたXT01とXT02は台車が10100系ビスタカーから流用した古いタイプ(KD-41J・KD-41L)でパンタグラフも同系から流用したひし形を搭載しているためXT03以降に比べ古臭い印象を受けます。現時点ではまだB更新を受けていないほかワンマン対応にもなっていないので原則として本線である名古屋 [続きを読む]