Yoshi@LC5820osaka さん プロフィール

  •  
Yoshi@LC5820osakaさん: MINTETSU teacup AutoPage
ハンドル名Yoshi@LC5820osaka さん
ブログタイトルMINTETSU teacup AutoPage
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/tobufan31601/
サイト紹介文私が大好きな近鉄電車を中心に鉄道など乗り物の話題を取り上げていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供449回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2014/12/14 17:29

Yoshi@LC5820osaka さんのブログ記事

  • 普通電車で活躍する近鉄1000系
  •  近鉄名古屋線の3両編成列車は丸ボディ車の比率が非常に高く、Mc車にひし形パンタを2基搭載する1000系も元気に活躍していますが抑速制動の無い古参車であることは否定出来ず、普通電車ならともかく準急に充当されているのを見ると「優等列車に使うのかい!」って思うこともあります。朝ラッシュ時には3+3の急行に充当されることもあり、趣味的には面白くても乗る方にしたらハズレだなって感じる程なので他の形式が来てくれるのを [続きを読む]
  • 普通電車に充当される近鉄8000系70番台車
  •  両先頭車と中間車で車体の構造が異なるのが特徴の近鉄8000系3両固定車も今はB78とB79の2編成だけになり、常に両編成を連結した3+3の6両編成で使われていますが阪奈間では更に他編成を連結して8両や10両で運用に入ることもあるので注目しており、土休日ダイヤの8両急行に入ってくれたら珍編成が何度でも撮影出来るので有り難いです。京橿間の急行に充当されることもありますが3+3はどの運用に入っても注目であり、開けた場所で撮 [続きを読む]
  • 北千住ローカルに充当される東武10030系
  •  16日(日)から17日(月、敬老の日)にかけて東京へ帰省していた私ですが実家へは16日のお昼頃へ行き、夜は東武浅草駅に近い所にあるホテルに宿泊しました。チェックインが19時過ぎになってしまったので部屋に荷物を置いた後直ぐに食事に行き、そのまま区間急行の撮影をするために浅草から東武線に乗り牛田へ向かいました。[画像](2018.9.16撮影) 土休日ダイヤの区間急行は午前中の列車が終了すると浅草21:12発の館林行き(2519レ)ま [続きを読む]
  • 東武東上線下赤塚駅と私
  •  皆様、いつもMINTETSU teacup AutoPage〜鉄道中心の乗り物ブログを御覧頂きましてありがとうございます。2004(平成16)年9月にこのブログを立ち上げて今年で14周年、当初はTOBU teacup AutoPage〜東武鉄道情報サイトとして始めましたが2005(平成17)年8月に結婚し、2006(平成18)年8月に妻の家庭の事情で大阪へ移ったため東武中心でやることが困難になり、民鉄中心に拡大してMINTETSU teacup AutoPageになりました。当初はサブタイ [続きを読む]
  • 普通電車で活躍する阪神9000系
  •  近鉄線内を走る阪神車は1000系と9000系の2形式で、1000系には2両固定車があるので快速急行では同系と9000系の連結も見られますが先頭同士の連結部は当然幌もつないでおり、阪神らしい顔の9000系と角張った感じの1000系が幌をつないで通り抜け可能という変わった(?)光景が見られます。9000系は単独でも快速急行から普通まで幅広く充当され、近鉄奈良へも頻繁に顔を出していますが阪神らしいスタイルを持つ車両が奈良へ顔を出すの [続きを読む]
  • 普通電車で活躍する近鉄2800系名泗編成
  •  かつては複数の編成が存在した近鉄の名泗コンサルタントラッピングも今では2800系AX09が細々と運行されているだけになり、伊勢志摩地区では見ることが出来なくなったので寂しさを感じることもありますが伊勢の主要3駅(伊勢市・宇治山田・五十鈴川)でそれを見た時は「かなり派手なラッピングだな」って思ったこともあり、一際目立つ存在でした。現在運行中のAX09もこれまでの編成同様全面ラッピングなので目立つ存在ですが非ワン [続きを読む]
  • 阪奈間急行に活躍する近鉄9820系
  •  私は土休日ダイヤの日に乗車と撮影をすることが多いので阪奈間急行は8両編成の印象が強いのですが平日の日中は6両編成になるのでたまに見ると違和感があり、他の急行では感じない短さを感じることもある程です。阪神直通に対応する9820系等が充当されることもあるほか京都市交烏丸線直通に対応する3200系・3220系も充当されるので趣味的にも面白いですが烏丸線対応車の阪奈間急行は平日しか設定が無いので乗車と撮影をする機会が [続きを読む]
  • 青山町急行に充当される近鉄2800系&1422系
  •  かつては2両・3両・4両の各固定編成が揃っていた大阪線の2800系も今は4両固定車だけになり、トイレの有るAX17を除いて大阪上本町〜青山町間での活躍がメインになっていますが快速急行から普通まで幅広く充当され、日中に急行での姿を見ると2610系と大して変わらない印象を受けます。2610系も名張急行や青山町急行に充当されますがロングシート主体になった今は2800系との設備の差は少なくなり、同じ感覚で利用出来ます。[画像](2 [続きを読む]
  • 阪奈間急行で活躍する近鉄8000系&8400系
  •  近鉄の阪奈間急行は土休日だと終日8両編成になり、丸ボディ車の4+4も当たり前のように見ることが出来ますが特に古い8000系や8400系だけで組んだ編成は昭和の近鉄電車そのもので、レトロな速達列車って感じです。同じ区間を走る特急も古い12200系が活躍していますが大阪線に比べ新しい車両が集まっている感じがする阪奈間で古い車両を多く見ると置き換えが止まっていることを強く実感し、一般車は最新技術を多く取り入れた車両を [続きを読む]
  • 名伊間急行に充当される近鉄2610系L/C車
  •  現ダイヤになってから近鉄の名伊間急行は停車駅が2つ増えると共にスジが変更され、名古屋発の下りでは毎時41分発になったため少しだけ違和感がありますが車両は変わっていないので乗ってしまえばそれ程違和感は感じられず、今までの感覚で利用出来ます。充当車両は5200系列とトイレ付きの4扉車ですが日中はクロスシートに座れる可能性が高く、私も上り名古屋行きでクロスシート状態のL/C車に当たったことがあります。[画像](2017 [続きを読む]
  • 松阪急行に充当される近鉄5200系VX02
  •  現ダイヤになってから名古屋線の急行は南が丘と桃園にも停車するようになり、その分津新町〜伊勢中川間で普通電車の本数が削減されましたが大阪線と違ってこちらは停車駅が増えても遅くなった感じが殆どせず、松阪急行と名伊間急行のスジが一部入れ替わった以外はほぼ従来通りって感じがしました。充当車両も1400系FC07が加わった以外はダイヤ変更前と変わっておらず、1200系と丸ボディ車の混成(FC92・FC93)も相変わらずなので今 [続きを読む]
  • 青山町急行に充当される近鉄2430系AG37
  •  奈良・京都・橿原線系統と大阪・名古屋線系統でそれぞれ走っているオリックスレンタカーのラッピング車を見ると、奈良・京都・橿原線系統がシリーズ21(9820系EH21)を使っているのに大阪・名古屋線系統は丸ボディの古参車で、見比べると格差を感じることがあります。大阪線は2430系AG37、名古屋線は2800系AX13が選ばれ、どちらも急行に充当されていますがAG37はトイレが無いので阪伊間列車には充当されず、AX13との並びが見られな [続きを読む]
  • 阪神直通に活躍する近鉄9820系EH21
  •  近鉄では奈良・京都・橿原線系統と大阪・名古屋線系統でオリックスレンタカーの部分ラッピング車を運行しており、このうち奈良・京都・橿原線系統は9820系EH21が使われていますが同系はラッピング車が多く、長期に渡って運行しているKIPSカードの2編成(EH24・EH25)や2025大阪万博誘致のEH26を含めると4編成になるので「担当者が9820系好きなのか?」って思ってしまうこともあり、9020系に施すことの多い志摩スペイン村や近鉄ライ [続きを読む]
  • 快速急行に充当される阪神1000系HS57
  •  阪奈間を走る近鉄電車はラッピング車両が複数あるので見ていて面白く、自社車両だけでなく阪神車にも2編成いるので尚更そう感じますが阪神の2編成はどちらも1000系で、後から運行を開始した「Go!Go! 灘五郷!」(HS57)は全面ラッピングに近い仕上がりなので気に入っています。当初は前面にマークが無く、物足りない感じもしていたのですが側面のラッピングの色に合わせたマークが追加されてからはそうは思わなくなり、寧ろ特別 [続きを読む]
  • 区間準急に充当される近鉄5800系DH02
  •  大阪近辺を走る近鉄電車の特別塗装車は先に取り上げた5200系VX05(2250系塗装)のほか5800系DH02(大軌デボ1形塗装)があり、どちらも快速急行から普通まで幅広く活躍しますがDH02は阪神直通列車を中心に充当されているため近鉄のエリアではない兵庫県内でも見ることが出来、神戸の地下線でこれを見た時は今も驚くことがあります。神戸市内へ入るのは快速急行だけですが山陽電鉄の車両も走る阪神本線内では目立つ存在であり、魚崎な [続きを読む]
  • 阪伊間急行に充当される近鉄5200系VX05
  •  近鉄が運行している特別塗装車の一つである5200系VX05は黄色と紺色のツートンカラーで、車番も銀色になっているため特別感を強く感じられますがこの塗装は昔特急車として活躍した2250系に使われていたもので、3扉転換クロスシートの5200系にもよく似合っています。主に大阪線で活躍しますが阪伊間急行で山田・鳥羽線にも入るので松阪・伊勢エリアでの撮影も可能で、宮川橋梁を渡る姿を狙うのも良いです。[画像](2018.6.2 長瀬〜 [続きを読む]
  • 観光特急として活躍する近鉄16200系「青の交響曲」
  •  現在の近鉄には一般車から改造した特別な車両が2種類あり、1つは昨日取り上げた2013系「TSUDOI」。もう1つは南大阪線・吉野線で観光特急として活躍する16200系「青の交響曲」です。2013系は特急車ではないので豪華さは控えめですが16200系はオールデラックスシートのハイグレード車として整備されているため26000系さくらライナーよりも車両のレベルが高く、見る度に乗りたい気分にさせてくれます。[画像](2018.7.14 橿原神宮前 [続きを読む]
  • 湯の山線で活躍する近鉄2013系「TSUDOI」
  •  リニューアルと塗装変更でイメージが大きく変わった近鉄2013系「TSUDOI」ですが湯の山線での活躍が続いているためか「すっかり湯の山に馴染んでるなぁ」って感じてしまい、湯の山に関係しない運用に入っているとイレギュラーって思ってしまう程です。「TSUDOI」の湯の山線での活躍は近鉄エリアキャンペーン「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」の一環として行われており、第1弾としてリアル謎解き列車が運行されましたが10月からは第2 [続きを読む]
  • 阪伊間急行に充当される近鉄2610系&2410系
  •  私が近鉄を使って長距離移動をする際、伊勢方面は往復共に阪伊間急行を利用することが多いですが現ダイヤになってから5200系に乗車出来る機会が少なくなり、残念なダイヤになってしまったと感じることもあります。土休日ダイヤだと朝8時台までの下り阪伊間急行は721レ(大阪上本町7:10発五十鈴川行き)を除いて全て2610系で、B更新で内装を一新しているとは言えロングシート・和式トイレではサービスダウンもいいところです。ただX [続きを読む]
  • 浜寺付近を走る阪堺1001形「青らん」
  •  南海本線の諏訪ノ森〜浜寺公園間にある諏訪ノ森3号踏切道は阪堺電車が近くを走っているので両方の車両を見ることが出来、南海の撮影の合間に阪堺を撮影することも出来るので面白いですが浜寺付近まで来る阪堺電車は本数が少なく、日中は1時間あたり5本なため待ち時間が長くなります。阪堺線の本数が少ない区間は他に恵美須町〜住吉間がありますがあちらは更に少なく、1時間あたり3本しかありません。[画像](2018.8.25 船尾〜浜寺 [続きを読む]
  • 名伊間急行に充当される近鉄5200系&9000系
  •  昨年初めてきんてつ鉄道まつりの塩浜会場へ行くことが出来た私ですが移動には急行を利用し、往路は大阪上本町→伊勢中川→塩浜。復路は塩浜→五十鈴川と五十鈴川→大阪上本町の乗り継ぎをしました。週末フリーパスを使ったので復路に名伊と阪伊を五十鈴川で乗り継ぐことが出来たのですが時間に余裕があるため同駅では一旦改札を出て三重交通バスを眺め、改めて入り直して阪伊間急行に乗りました。[画像](2018.7.16 近鉄四日市に [続きを読む]
  • 本線の普通車で活躍する南海1000系&8000系
  •  南海本線の普通車は4または6両編成で運行され、6両編成の列車では8000系+1000系のような異車種連結編成になることもありますが1000系のうち初期に造られた車両は車体の幅が狭く、車側灯がかさ上げされているのが特徴です。6両編成の普通車は難波〜和歌山市間の全線で走っていますが新旧様々な車両が充当され、泉北高速鉄道からやって来た3000系も見られるので趣味的に面白いです。[画像](2018.8.25 諏訪ノ森〜浜寺公園間にて撮影 [続きを読む]
  • 快速急行に充当される近鉄9820系
  •  近鉄がタブレット端末による自動放送を導入し始めた頃、枚岡の放送を聞く度に違和感を覚え「何で変な発音をするんだ?」ってよく思っていましたがそう感じた人が多かったのか現在はまともな発音に変わっており、違和感が無くなりました。瓢箪山から額田・石切へ移動する時に枚岡は避けられない場所であり、必ず放送を聞かないといけないのでまともになって良かったと思っており、ホッとしています。[画像](2018.9.1 枚岡にて撮影 [続きを読む]
  • 普通電車で活躍する近鉄9820系万博誘致ラッピング車
  •  近鉄では奈良・京都・橿原線系統と大阪線で2025大阪万博誘致のラッピング車を運行し、私も両方撮影しましたが奈良・京都・橿原線系統の方は9820系EH26が充てられ、部分ラッピング車が比較的多い同系を更に面白くしています。主に近鉄〜阪神間の列車に充当されるので額田付近など阪奈間の撮影ポイントで待っていればほぼ確実に記録出来ますが区間準急と普通電車は単独での充当になるので狙いやすく、時間をかけて1両ずつ撮影する [続きを読む]
  • 名阪甲特急で活躍する近鉄21000系
  •  毎年恒例だったきんてつ鉄道まつりの高安会場における21000系の運転台見学が今年は無く、代わりに23000系の運転台見学が実施されることになりましたが21000系の時はMMユニットの関係でモ21500-モ21600で展示され、モ21500形のパンタグラフは上昇していました。最初は並べば見学出来たのですが行列になる程の人気だったため後に整理券を配布する方式に変わり、人数制限が設けられてしまいました。[画像](2018.7.16 米野にて撮影) [続きを読む]