みい さん プロフィール

  •  
みいさん: シングルママと4人の男の子
ハンドル名みい さん
ブログタイトルシングルママと4人の男の子
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/hmtssk/
サイト紹介文主人と死別し、4人の男の子をひとりで育てています。5人寄り添って楽しく暮らしています。
自由文長男が全国統一小学生テストで全国30位以内に入り、小4の夏休みにアメリカのアイビーリーグ視察団に参加させてもらいました。準備や体験談など少しずつ書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/12/15 23:58

みい さんのブログ記事

  • 浜学園公開テスト 12月結果
  • 長男(小4)が先週受けた浜学園の公開テストの結果が返ってきました。立ち位置の確認のために塾外生として1年生の頃から時々受けています。浜学園の難しい公開テストとはいえ1年生は平均点が高く差が見えにくいので、1年生の頃は3年生の公開テストも時々受けていました。さすがに2年飛び級だと平均点くらいしか取れないのですが、手応えのある問題は刺激になり家でも自由に考えるきっかけにもなりました。難しい問題にチャレンジする [続きを読む]
  • 次男が芽吹いてきた。子供を信じる
  • 「人が芽吹く」というのはおかしいですが、そう表現するのが一番しっくりきています。私は次男(小1)の事をずっと気にかけていました。今までも書いてきた通り、次男はのんびり屋で天然でおっとりした男の子です。長男は幼稚園を卒園するまでに小学校で習う全ての漢字を読み、6年生までの算数を独学でマスターしていました。一方次男は幼児期や幼稚園時代は漢字にも算数にも興味がなく、ほぼ将棋と妖怪メダルで過ごしました。私は子供 [続きを読む]
  • 奈良の大仏さまを見に
  • 今日は奈良の大仏さまを見に行ってきました。長男は小さい頃に来たことがあるんだけど、他の3人は奈良も初めて。車で1時間くらいで着きました。奈良の大仏さまを見た次男は、手を合わせて深々と礼をして長い間お願い事をしていました。そして頭が混乱したのか、そのあと鹿とぶつかったときにごめんって言って同じように手を合わせて礼をしていました。次男くん…、それ鹿だから…大仏さまに参拝したあとは子供達のお楽しみの鹿のせ [続きを読む]
  • 気持ちが沈むのは寝不足が原因かも
  • ここ最近気持ちが沈むことが多くて、特別何かあったわけでもないのに何だろうと思ってたんだけど、どうやら寝不足が影響してたみたい。妹にLINEして鬱々とするって言ったら、寝るに限るよって言われて…自分の好きな本を読んだりとか、好きなテレビを見たりとか、やりたい勉強や趣味をしたりとか、そういう自分の事は子供が起きている時はできないから、子供が寝たあとだけが自分の時間で、毎晩もう少し…もう少し…と自分の時間を [続きを読む]
  • 小学校の個人懇談でした
  • 今日は長男と次男の小学校の個人懇談でした。まずは次男(小1)からでした。次男の担任の先生は、長男の2年生のときの担任でもあります。次男は入学当初からおっとりしてて行動が遅いことや授業中に姿勢が崩れることなどを指摘されていて、私は気にかかっていました。長男もどちらかというとおっとりしてて頭に花が咲いているようなほんわかしたイメージなのですが、次男はそれに輪をかけてのんびり屋です。1学期の懇談ではそういう [続きを読む]
  • 4兄弟に家事を
  • 今日は午前中、みんなでリビングの掃除をして近所の公園へ遊びに行きました。今子供たちにしている教育のひとつに「家事」があります。私の母は正看護師で、末の妹が3歳になるくらいからフルタイムの夜勤ありで働いていました。忙しかったのもあり、家事はちゃっちゃと自分で済ませてしまい、子供達にはさせませんでした。私たちに教えるにも手間と時間がかかるし、私たちが家事をやるスピードの遅さが勿体なかったのでしょう。三姉 [続きを読む]
  • 長男がZ会をやめたいと言い出した
  • 週末、朝ごはんを食べているときに長男が沈んだ顔で「Z会やめたい。」と言い出した。中学受験をする長男のために、今年の4月から始めたもの。塾に行っておらず、中学受験対策というものを全くしていなかったため、通塾するまでの対策として取らせていた。4月から始めて10月までの7ヶ月間、何も問題ないように見えた。突然のことでびっくりして理由を尋ねたら、教材がしないままたまってきてしまったと言う。iPadを持ってきてもらって [続きを読む]
  • 次男と将棋
  • 長男と次男が将棋を習い始めたのは、次男がきっかけでした。幼稚園の時に長男が父親から将棋を教わったのですが、その時は長男はあまり興味を示しませんでした。それからしばらくして父親が亡くなったあと、ふとしたきっかけで長男が次男に将棋を教えて二人で遊びで指し始めました。長男が小2、次男が年中さんで4歳の終わり頃です。それをきっかけに次男が将棋にハマり、休日は朝起きてから夜寝るまでご飯とお風呂の時間を除いてず [続きを読む]
  • 次男はうちのゆるキャラ
  • 前回の東大王の録画を今日の午後やっと見てたんだけど、クラウチングスタートは元々何の動物をヒントに考案されたものでしょうという問題があった。長男と私はチーターと答えたのだけど(正解はカンガルーでした。カンガルーの姿勢からのスタートらしい)、次男は「鳩!」と言った。鳩?!(笑)と思って理由を聞いたら、『くらべる図鑑』でチーターよりも伝書鳩の方がスピードが速いと書いてあったと言う。じゃあ、鳩の真似してスタート [続きを読む]
  • チェスと伊丹スカイパークと図書館
  • 朝、長男の机から何やらムーディな曲が流れてきました。何だろうと覗いて見るとチェスのアプリをやっていました。数日前にiPadにチェスのアプリを入れていい?と聞いてきてて、初心者用のアプリを入れてやり方を覚えた様子。長男と次男は将棋を習っているのですが、将棋をやっている子は囲碁やオセロやチェスにも興味を持つみたいです。うちはゲーム機は持ってないのですが、その代わりにiPadで将棋やパズルゲームや学力バトルなど [続きを読む]
  • 全国統一小学生テスト、成績表が返ってきました
  • 今日の午後、全国統一小学生テストの返却がありました。自己採点より6点下がり、順位は4教科で全国48位でした。決勝進出は50位以内なのですが、今回は同点多数で選ばれなかったようです。今回の反省点として、時計を持たせてなかったことをとても悔やんでいます。今回受けた教室は塾の自習室だったようで、机ごとに壁が設置してあったそうです(ラーメンの一蘭のような。簡易個室みたいな)。集中できるからいいじゃないと思ったけど [続きを読む]
  • 習い事
  • 日曜日の午前中は浜学園の公開テストを受けに行くつもりだったのですが(立ち位置の確認のため塾外生として時々受けています)、私が申し込みを忘れていてウェブで申し込みできなかったので今回は受けませんでした。来月は受けようと思います。テストの予定が無くなったので宝塚の公園に行きました。走り回って遊ぶ子供たち。習い事は長男と次男が将棋をやっているだけで、運動系の習い事をさせていないので代わりと言ったらなんです [続きを読む]
  • 土曜日は五月山動物園と本棚の整理
  • 土曜日は五月山動物園に行きました。ここは無料の小さな動物園ながら、珍しいウォンバットやエミュー、アルパカ、オカピー、羊、やぎ、アライグマ、豚など様々な動物がいて、さらにふれあいの時間にはポニーやウサギやモルモットやニワトリにエサをやったり触れあったりできます。無料ということで、長男が小さい頃から何度もお世話になっています(*^^*)隣に遊具のある公園もあり、子連れにはありがたい場所です。ポニーワラビー。 [続きを読む]
  • 栗にはなぜイガがあるんだろう
  • 今日はいつもの公園へ。快晴で暖かくて公園日和でした。三男が幼稚園の遠足で拾ってきた栗をやっと昨日栗ご飯にしたのですが(栗をむくのは本当に心が折れる…)、栗って何でこんなむきにくいんやろ、そもそも何で最初イガにくるまれてるんやろと疑問を持ちました。ドングリなんてポロッとむけるし、食べて〜運んで〜の気持ち丸出しなのに…と、今日公園でドングリむいてみてますます疑問に。調べてみたら、どうやらまだ木にある時に [続きを読む]
  • 大阪城へ行ってきました
  • 日曜日は大阪に用があったので、ついでと言ったらなんですが大阪城に行ってきました。私は関西にはかれこれ15年以上住んでいて、子供たちも生まれてからずっと関西在住なのに大阪城に行ったことはありませんでした。なぜかって、人が多すぎるというイメージがあったからです。日本全国や海外からの観光客でいっぱいなんやろな、小さい子連れて歩くのしんどいな、と。さらに歴史に興味のある子が今までいなかったので何となく先伸ば [続きを読む]
  • 伊丹市立美術館へ
  • 今日の午前中は伊丹市立美術館へ行ってきました。『はじめてのおつかい』などの絵本の作家さんの原画展をやっていたので子供も喜ぶかなと思って。亡き旦那さんは絵が大好きで、長男が生まれる前の二人きりの最後のデートは美術館で、長男の妊娠中に岩手に単身赴任していた時は素人ながら暇を使って絵を描いていました。木の下に座っているのが私だそうです。今も玄関に飾ってあります。子供たちも美術館は初めてじゃないけれど、絵 [続きを読む]
  • 全国統一小学生テスト、自己採点
  • 長男が全国統一小学生テストを受けてきました(次男は受けていません)。前回はアメリカ行きがかかっていたので理科と社会は問題集で対策をしていったのですが、今回は今の実力を試すという意味で対策はせずに参加しました。自己採点をしたのですが、社会が大変悪かったです(^_^;)それこそ初めて見るような悪い点で…関西では社会は入試科目ではないのでZ会も取ってないし仕方ないのかなと思いましたが、問題を見るとどれも大人にと [続きを読む]
  • ワンオペ育児の利点②
  • ドラマの『コウノドリ』が好きで毎週見ているのですが、前回はワンオペ育児の母親が産後うつになってしまう話でした。ドラマの中で「社会から取り残されている気分になる」といった主旨の言葉を母親が言っていたと思うのですが、そういった事は10年間一度も思ったことがありません。でも子育てのお母さん方からよくこの言葉は聞きます。なぜ思ったことがないのかと考えてみたら、大学で習った幼児教育学、教育心理学が私の心の中で大 [続きを読む]
  • ワンオペ育児の利点
  • ワンオペ育児という言葉の意味を最近知ったのだけど、長男が生まれてから今まで10年間、私はほとんどワンオペ育児だった。長男が産まれた頃はちょうど旦那さんは仕事が忙しく、毎日深夜に帰宅していた。長男が生後3ヶ月の時に、旦那さんに人見知りして泣いたくらい旦那さんはいつも家にいなかった。私の実家も旦那さんの実家も新幹線で何時間レベルの遠方。近くに親戚もなし。初めての育児は一人きりだった。そして長男が1歳3ヶ月 [続きを読む]
  • 家事は最低限しかしない
  • 子供が起きている間はとにかく家事より子供とのふれあい優先で…と思って子育てしていると、家はいつも散らかっていて、家事はすべて中途半端で残されています。結婚してすぐ長男を妊娠したんだけど、長男が生まれてからずっとキッチンがきれいに片付いていたり、洗濯物がすべて終わっていたりしたことがない(^_^;)いつも何かが完了しないまま残ってる。旦那さんにはチクリと言われてたし、何とかしなきゃと思って片付けの本を買っ [続きを読む]
  • 書いていることに責任が持てない
  • 私は詰め込み型の早期教育をしない育児をしていて、その原型となったのは大学時代に真剣に学んだ「教育心理学」と「幼児教育学」、専門学校時代に学んだ「発達障害児教育」と「脳(言語)」、それから自分の育った家庭環境と妹達や夫の育ち方です。大学、専門学校時代はまるで将来子供を持ったときにどのように子育てをすれば良いかを学びに行っていたようなものだと、今振り返って思います。脳のシナプスが複雑に増えたのは豊富な環境でたく [続きを読む]
  • 四男と生パスタ屋さんへ
  • 今日は四男に私の歯医者に付き合ってもらった。歯医者の帰りにレストランを見た四男がお昼にレストランに行きたい!と言い出した。外食はいつも家族全員で行くので、私と四男だけで行くって他の子に悪い気がしたのだけど、午前中私の歯医者のために四男は遊びに行けなかったし、上3人は美味しい給食を食べてるし、たまには外で食べてもいいよね…と言い訳して行ってきた。生パスタのお店。四男はレストラン!とぴょんぴょん飛び跳 [続きを読む]
  • 幼稚園の園庭解放へ
  • 今日は四男と幼稚園の園庭解放へ行きました。園庭で遊んでいると三男が教室にいるのが見えました(*^^*)四男についてまわっていると、仲の良い園長先生に「4番目はお母さんを独り占めできていいね〜」と言われました。「私も余裕ですしね(*^^*)」と言うと、「ほんと、やっとゆっくりできますね」と言ってくださいました。長男が年長さんの時に旦那さんが亡くなったので、幼稚園の先生方はお葬式にも出席してくださり、あの時の私の混乱を [続きを読む]
  • 長男は漢字中毒
  • 長男は1歳10ヶ月でひらがなを全部読めるようになり、2歳を過ぎた頃から今度は漢字に興味を持ちました。漢字を見ると何と読むか聞いてくるようになったので、小学3年生までで習う易しい漢字が載っている三省堂の『こどもかんじじてん』を買い与えました。2歳の始めに買い与えたその日からこの辞典ばかり読むようになり、漢字の音読み、訓読みから、書き順、画数、言葉集め、熟語など、その漢字に関して書かれている事を隅々まで読ん [続きを読む]
  • 幼稚園の帰りにいつもの公園へ
  • 子供はいつまでも子供じゃなくて、いつかはおじいちゃん、おばあちゃんになるって話をしてて、しゅんちゃん(三男)もけいちゃん(四男)もいつか子供を持つのよって話をしてた。そうしたら三男が思いを打ち明けた。「大人になって子供生むの嫌だな。子供嫌いだから…」突然の発言にびっくりして、自分も子供やんと言いたい気持ちを抑えて「なんで嫌いなん?」と聞いた。「男の子供は大人になっておじいちゃんになるでしょ?そうしたら車の [続きを読む]