みかんとプラム・プルーンとブルーベリー さん プロフィール

  •  
みかんとプラム・プルーンとブルーベリーさん: みかん プラム ブルーベリー 柿 桃46品種栽培
ハンドル名みかんとプラム・プルーンとブルーベリー さん
ブログタイトルみかん プラム ブルーベリー 柿 桃46品種栽培
ブログURLhttps://plum10.exblog.jp/
サイト紹介文狭い土地にみかん、プラム、ブルーベリー、桃、柿を46品種栽培。プラムと柿は不織布ポット栽培。
自由文みかんは16品種、温州早生・興津・青島・せとか・はるみ・清美・不知火・夏津美などを栽培。プラム・プルーン10品種と柿の「太秋」「富有」は不織布ポット利用の根域制限栽培。
趣味のウメちゃん果樹園。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/12/16 20:07

みかんとプラム・プルーンとブルーベリー さんのブログ記事

  • 玉ねぎの種を直播きした
  • 9月26日、玉ねぎの「貝塚早生黄」(極早生、9月中下旬種まきで4月中旬〜5月上旬収穫時期)を畑にマルチシート直播きした。袋には270粒入っている。マルチシートの穴に2・3粒づつ撒いた。 [続きを読む]
  • 冷蔵庫にあったスモモ「スイートかれん」美味しい
  • 7月25日、冷蔵庫に「スイートかれん」が1個あった。収穫したのは、1・2週間前か日数ははっきりしない。食べてみた。むーん、梨のような食感。甘く少し酸味があるが美味しい。いつもは、だいたい台所に2・3日以上置いて、食べていたのだが、冷蔵庫に1週間以上入れておいてから食べるのも、スモモを美味しく食べる方法と分かった。 [続きを読む]
  • 栽培2年目のスモモ「サマービュート」初収穫 食べてみた
  • 2016年7月末に購入して、12月上旬に不織布ポット「JマスターK60」で地面に植えしたスモモの「サマービュート」、今年は初めて3個程実が生った。苗を購入してからおよそ2年目で果実を収穫できた。7月16日に 最後の1個を食べてみた。香りはない。少し甘く酸っぱさがある。まあまあの味か。「貴陽」とその味が非常に似ている、と言うか現時点で私には「サマービュート」と「貴陽」との味の大きな違いが... [続きを読む]
  • スモモ「貴陽」今年最後の1個 まあまあ美味しい
  • 7月15日、袋掛けしてあったスモモ「貴陽」の最後の一個をとって食べた。やや甘く、種周りは少し酸っぱさがある。食べた後、甘味が残る。香りはほとんどない。7月8日に食べた時よりは美味しいが、物凄く美味しいわけではなく、まあまあ美味しい。「貴陽」の収穫時期は、7月8日では早い。今年に限っては7月15日前後か。貴陽は、10数個袋掛けしたので、鳥には食べられなかった。また、病気にも罹らな... [続きを読む]
  • 桃「あかつきネオ」収穫 美味しい
  • 桃の「あかつきネオ」収穫し、食べてみた。甘くて美味しい。スーパーで売られている安い桃より甘くて美味しい。地植えしてから1年数か月。今年は、十数個実が生り、袋掛けを何個かした。桃の「あかつきネオ」は今のところ、病気にもならず、アリなどにもあまり食われることもなく育てやすい。その点「夢あさま」は、果実が茶色くなる病気?に罹るは、何故かアリや虫などにも食われる。にほんブログ村果... [続きを読む]
  • スモモ「スイートかれん」収穫 美味しい
  • スモモ「スイートかれん」を収穫して、食べてみた。美味しい。「彩の姫」ほど、柔らかくなく、良い香りもしないが、「彩の姫」より甘さがある。見た目はあまりいい色ではないが、スモモ「スイートかれん」は今のところ一番美味しい。ハリウッドで、2・3回人工授粉したが、数十個実が付き喜んだが、鳥にほとんど食われてしまった。およそ10個ぐらい無事であった。にほんブログ村果樹菜園 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 高級スモモ「貴陽」初収穫 食べてみた
  • 憧れであった高級スモモ「貴陽」を7月8日初収穫した。「貴陽」の収穫時期は7月下旬と思っていたが、近所のスーパーで、山梨産の「貴陽」が売られていた。早速家に帰ってから、「貴陽」を収穫した。 そして、食べてみた。これが「貴陽」の味?。少し甘いがやや酸っぱさもある。果汁は「彩の姫」の方が圧倒的に多い。香りも「彩の姫」の方が良い。昨年一個だけ実っていたが、自然落果して食べ損ねた。今年... [続きを読む]
  • スモモの「スカーレット」実が変な形 病気でしょうか
  • スモモの「スカーレット」、最近果実が変な形になってきた。病気でしょうか。(ふくろみ病の一種?)スモモの「スカーレット」植えてから3年数ヶ月経った。ようやく果実が数十個生り、今年は食べられると思ったら、ご覧の様に果実が変な形。およそ8割ぐらいが下の写真の様に下部が膨らんでいる。こんなんでは食べる気がしない。写真の一番下の実は、膨らみがそれほどでもない。にほんブログ村果樹菜... [続きを読む]
  • 収穫間近のスモモ「彩の姫」「貴陽」など8種類の写真
  • 収穫間近のスモモの「彩の姫」をはじめ、「貴陽」、「サマービュート」、「秋姫」、「スカーレット」、「太陽」「サンタローザ」プラスプルーンの「ブルーフル」の写真。6月24日撮影。ハリウッドも植えていて今年は数十個実が生り、赤くなっていたが、昨日見たら何と、1個もなかった。鳥に食べられたのだろう。「彩の姫」、例年なら後1週間程で収穫できるのに、ほとんど赤く色づいてこない。にほんブログ... [続きを読む]
  • スモモ「貴陽」に袋掛けする
  • スモモ「貴陽」に10数個実が生った。昨年は1個だけ生ったが、自然落果して食べることができなかった。今年は、授粉樹の「ハリウッド」で3回ぐらい人工授粉したのだが、僅かに10数個だけ実が生った。「貴陽」は、平成26年の12月に植えたので、植えてから4年半経っている。スモモ「彩の姫」も同じ年に植えて、今年は100個以上実が生ったのに比べて、「貴陽」は「彩の姫」のおよそ十分の1しか実が生... [続きを読む]
  • スモモの美味しい「彩の姫」今日の様子
  • スモモの甘くて美味しい「彩の姫」。昨年は30数個実が生ったが、今年は100個以上実が生っている。昨年の初収穫は6月26日であった。今日は18日なので、昨年並みであるならば後8日余りで収穫できるのであるが、下の写真、ご覧の通りまだ青い。まあ、7月に入ったなら、収穫できるでしょう。楽しみである。にほんブログ村果樹菜園 ブログランキングへ [続きを読む]
  • キュウリの「ときわかぜみどり」初収穫できた。
  • キュウリの病気に強くおいしい「ときわかぜみどり」の種を、4月上旬育苗箱に撒き、2.3週前に畑に植え付けた。昨日、そのキュウリの「ときわかぜみどり」を6本初収穫できた。食べてみた。スーパーで売っているものとほとんど変わらない気がする。ただし、形は中央付近が細く、あまり良い形とは言えない。種を撒いてからおよそ70日前後で無事に収穫できた。今のところ、うどんこ病にもかかっていないのでひと... [続きを読む]
  • みかんの「早香」の接ぎ木 成功と失敗
  • 4月3日、青島みかんに4か所「早香」を接ぎ木した。・「早香」について:収穫時期12月上中旬、糖度13度、温州みかん×ポンカンの組み合わせ。少しポンカンの味がして美味しい。接ぎ木してから2か月以上経った今、2か所は成功し、1か所は失敗した。残りの1か所は枯れてはいないので、今のところ成功したと思いたい。下の写真は失敗。もう少し穂木を台木に差し込むようにしたらうまくいってたと思う。... [続きを読む]
  • ロメインレタス 初収穫 食べてみた
  • ロメインレタスの種を育苗箱に種まきしたのは、3月下旬。5月上旬に畑に苗を植え、すぐに、網目の大きさ0.8mmの防虫シートで覆った。網目の大きさが1mmだとアブラムシ等が入り込む可能性が大なので0.8mmにした。ロメインレタスの収穫は、球がまとまり始めた半球状態になったとき、だそうだが、種を撒いてから、およそ70日の現在、0.8mmの防虫シートの効果かアブラムシもついていないようだし... [続きを読む]
  • ほうれん草初収穫 苦土石灰のお陰か病気なし
  • ほうれん草の種を、4月上旬畑に直播きした。条間は15cmで、5条植えとした。種を撒く直前に、1平方メートル当たり苦土石灰をおよそ100g、牛糞堆肥をスコップで適当に、化成肥料(N:P:K=8:8:8)を1およそ100g)ほどこした。間引きは2回ほど行った。本葉が3・4枚の時、苦土石灰の粉を葉に振りかけた。病害虫の予防のため。草丈が数センチの時、下葉が黄色くなったていたのが... [続きを読む]
  • ウリハムシ対策に苦土石灰粉状が有効だった
  • ウリハムシ対策・予防には、苦土石灰の粉を葉に振りかけるのが効果的であった。キュウリの苗を畑に植えたとたん、葉に穴がどんどんあいていく。ウリハムシが葉を食べていたのだ。ウリハムシ対策に・「手で摑まえる」 とあったので、ウリハムシを手で摑まえようとしても、簡単に逃げられてしまう。この方法は無理。・「農薬を使う」は、無農薬で野菜を育てたいので、農薬は使わない。そこで、野菜の病害虫... [続きを読む]
  • みかん「清美」の接ぎ木に成功
  • 4月2日に「青島みかん」に「清美」を接ぎ木した。接ぎ木してから2か月経った現在、5か所接ぎ木した中の4か所が成功したようです。一番下の写真は芽接ぎしたのだが、新梢が出ていないが枯れてはいないようであるので、とりあえず成功したことにする。上から3番目の写真は、一か所に2つの穂木を接ぎ木したのだが、1つは成功、他の1つは失敗した。2・3か所接ぎ木ができたらよいと思っていたのが、4か所もう... [続きを読む]
  • 柑橘類の施肥時期
  • 先日、みかんに鶏ふんを施したが、柑橘類の施肥時期は、・不知火、せとか はるみ は3月上、4月上、6月上、8月上、11月上・清美、甘夏、ネーブル は3月上、6月上、9月上、11月上・温州みかん は3月下、6月中、10月下にほんブログ村果樹菜園 ブログランキングへ [続きを読む]
  • みかん「不知火」「清美」などに鶏ふんを施す
  • 今日、みかんの「清美」「スイートスプリング」「不知火」「せとか」「早香」「興津」「ネーブル」など10数品種に、スコップで鶏ふんを施した。柑橘類の木は20本ぐらいあるので、肥料はほとんど鶏ふんだけにしている。鶏ふん1袋15kg、20本の木には少し足りなかった。清美ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーースイートスプリングにほんブログ村果樹菜園 ブログランキングへ [続きを読む]
  • キュウリの追肥 鶏ふんと化成肥料では育ちに違いがでるのか
  • 鶏ふんのデメリット・鶏ふんは効果が出るまで3〜4週間かかる。(速効性が有るとういう人もいる。)・発酵ガスが発生する・鶏ふんに含まれている尿酸→アンモニア→肥料焼けする・追肥には向かない?・鶏の餌に石灰分が多いので過剰に施すとphのバランスが崩れる。・病気に罹りやすい、害虫が発生する。これでは、鶏ふんを野菜に使うことを躊躇ってしまう。鶏ふんを使うと本当に育ちが悪くなり、まと... [続きを読む]