そりゃおかしいぜ第三章 さん プロフィール

  •  
そりゃおかしいぜ第三章さん: そりゃおかしいぜ第三章
ハンドル名そりゃおかしいぜ第三章 さん
ブログタイトルそりゃおかしいぜ第三章
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/okai1179
サイト紹介文北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界の政治を問う
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2014/12/18 18:03

そりゃおかしいぜ第三章 さんのブログ記事

  • 報道されない安倍の失政
  • ほぼ完全に日露会談は破たんしている。もう二年も前になるが山口での日露首脳会談は、事前にマスコミが北方領土問題の糸口を見つけるだの、何時変換されるのだろうとか、散々持ち上げていた。結果、プーチンに3000億円もの経済支援を献上したに過ぎない。プーチンは長々と日露の領土経過を述べたが(安倍のように官僚の文書を呼んだのではない)、ほぼ正確な歴史経過を述べたのには驚かされた。領土問題は一歩問題は一歩も動か [続きを読む]
  • 職業意識が薄れるプロがいなくなる社会
  • 数年間のことである。余りにも増えたエゾシカの処分に自衛隊が駆り出されたことがある。150名ほどの2つの部隊の隊員が、二日に渡ってエゾシカを山野を追いかけた。結果1頭処分できただけである。ベテランのハンターなら、一日で数頭のエゾシカを処分できるだろう。今回周防大島で2歳の幼児が三日間も行方不明になって、連日150名以上の捜索隊が動員して捜索したが発見できなかった。誰もが失望感に陥るころ、ボランティア [続きを読む]
  • 8月15日は終戦の日ではない、日本独自の「終戦記念の日」である
  • 昨日8月15日は終戦の日ではない。正確にはポツダム宣言を受け入れた日(8月14日)の翌日に、国民にそれを昭和天皇が「耐えがたきを・・・ 耐え」と、正午に国民にラジオで知らせた日である。中国や台湾それに朝鮮などは、その日にすべてが終わっているから終戦の日でも構わない。ポツダム宣言に署名している国だからである。韓国は8月15日を「光復節」として、北朝鮮は「祖国解放記念日」としてそれぞれ日本からの解放さ [続きを読む]
  • 天皇の言葉は憲法を強く意識したものである
  • 平成最後の、つまり現天皇として最後になる終戦記念の日の今日、政府主催の「全国戦没者追悼式」が日本武道館で開かれ、天皇は言葉を述べられた。「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」という言葉を新たに足し、「全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和とわが国の一層の発展を祈ります」とつないだ。静かに反戦の意思を述べ、憲法を意識した内容と言える。「謙虚に歴史と [続きを読む]
  • 安倍晋三批判が忽然とメディアから消えた
  • 安倍晋三の批判がメディアから一斉に姿を消した。まるで何もなかったかのごとくに、総裁選だの憲法改正への提言などが報じられるようになった。何度もしつこく繰り返すが、安倍晋三は安保関連法も共謀罪も全く説明ができずに、数多の法案を全く同じ処方で通した。森友加計問題でも、丁寧とは程遠く”ホラ、僕のこと悪く言う人誰もいなかったヨ”とばかりに、知らぬ半兵衛を決め込んだままである。ほんの一月前までは、報道番組はも [続きを読む]
  • 毒には毒をもって制すの典型か、まるで生徒会長選びのような
  • 石破茂が自民党総裁選に手を上げた。思い込みの激しい戦争おたくの男である。石破は会見で、「政治・行政の信頼回復100日プラン」をつくり、年内に実行し、(1)謙虚で正直で国民の思いに近い政治(2)透明・公平・公正な政治、行政(3)課題に正面から挑み決断する政治、の3点を「取り戻す」とのことである。安倍晋三の弱点森友加計問題を意識した内容である。逆にいえば、安倍晋三のやっていることは、公正でないし、透明 [続きを読む]
  • 異常気象の認識と食糧の自給を高める必要性を
  • 日本の報道は、暑い暑いの報道で熱波に見舞われる本州の40度を、熱く何度も報道している。しかし同じ日本の当地、北海道の東の果ては今年は冷夏である。一昨日の朝は3.6度しかなかった。今日も雨が降って14度にしかならない。寒くてたまらん。日本は熱波に襲われているだけではない。アメリカのデトロイトは観測が始まって以来の、143年振りの寒波の夏である。数百年生きると言われている、アフリカののバオバブの木が枯 [続きを読む]
  • イランへの経済制裁、これは政治でもなければ外交でもない
  • トランプの身勝手な外交が留まるところがない。今回のイラン核合意からの離脱、そして経済制裁の発動は最早異常行動ともいえる。単にイランへの経済制裁にとどまらないからである。イラン核合意のメンバーの主要EU諸国にロシアと中国を敵に回すからである。トランプはかつてない経済制裁と述べている。それは同時にこれらの国々との経済交流、流通、貿易を不均衡ににもなるからである。ましてや中東の大国、イランがアメリカにひ [続きを読む]
  • 辺野古の埋め立てが始まろうとしているその矢先に沖縄翁長知事死去
  • 沖縄県知事の翁長雄志氏が亡くなられた。つい先だって知人を膵臓がんで亡くしたが、翁長氏も同病と知りとても案じていた。今年11月に任期が切れるが、ぎりぎりまで自らの立候補の判断を伸ばしていた。任期一年目と知り、少々驚いた。翁長知事は7月27日に名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認について、「公益に適合しない」などの理由で撤回すると表明。31日に沖縄防衛局の言い分を聞くための聴聞通知書を県が防衛局 [続きを読む]
  • この人には羞恥心がないんだろうな
  • 毎年の広島長崎の演説が陳腐だ、去年同じだ、長崎でも同じこと言っていると官僚の作文を読み上げて、馬鹿にされている安倍晋三である。今年はそうした批判に多少配慮したのであろう、手短に仕立て上げてもらった文章を読み上げている。『広島、長崎の悲劇を再び繰り返してはならない。唯一の戦争被爆国として、「核兵器のない世界」の実現に向けて、粘り強く努力を重ねていくこと。それは、我が国の使命です。』と読み上げている。 [続きを読む]
  • 女性は輝く必要などない、ただ平等であれば良い
  • 東京医科大学で入試の不正が発覚した。文科省の官僚が、息子の入試に増点してもらっていたことが発覚した。これは重大な事件であるが、お役人が権威を発露したことである。許されないことであるが、大したことでない。深刻なのは、それに続いて発覚した女性の受験者に一律減点していたことである。女性の合格者を排除したこともさることながら、点数が及ばなかった男性を合格させていたことになる。少なくとも、今年の受験者で振る [続きを読む]
  • 加計学園の消滅する日
  • 加計学園の理事者は安倍晋三とその仲間たちと配偶者の寄り合いである。あるいは理事者としていた者は、安倍内閣の周辺を固める要職や場を与えられる、逆のパターンである。理事者を親族で固めるのは一向にかまわない。組織が硬直しようがそれも経営である。しかし、彼らが政治の権力の中枢と阿吽の関係になったり、人事の交流を行うのは政治の私物化になり、あってならないことである。ましてや、政治家の奥方が理事や顧問に名を連 [続きを読む]
  • 日本を再起不能国家へと導く安倍晋三
  • 本ブログではこれまで安倍晋三の悪口を散々書いてきたが、それらのすべてが残念ながらほとんど指摘通りに、あるいはそれ以上の結果としてこの国に汚点を残してしまった。それらは、この国の将来を明るくする材料など、見事に何一つとしてない。〇これまで日本が培ってきた平和を基軸にしてきた体制の破壊何といっても平和憲法を、ありとあらゆる手法で否定してきたことに尽きる。安保関連法(戦争法)を成立させ、これまで自民党で [続きを読む]
  • 稲田朋美のウルトラ右翼は健在である
  • ウルトラ右翼の稲田朋美が本音を語った。日本会議中野支部は中野サンプラザで「第2回安倍晋三内閣を勝手に!草の根で応援する夕べ」というイベントを開催した。稲田朋美が喋った。その後のツイートが上記のものである。「支部長は大先輩の内野経一郎弁護士。法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」 この女に現行憲法の意味を押し付けても意味がないのは了解しているが [続きを読む]
  • プラスチックによる海洋汚染が深刻であり先進国の責任
  • 海洋汚染、それもプラスチックによる汚染と環境破壊が進行している。海水に溶融しないプラスチックによる汚染は、因果関係が明確で可視的である。日本語で多くの画像で知らせてくれるサイトがある。プラスチックによる汚染を画像で教えてくれるサイト、などがネットの多く存在する。廃棄されたプラスチックの海のなかで、生活の糧になるものを探す少年。Reduce(減らす) Reuse(再利用) Recycle(再利用)の三 [続きを読む]
  • 報復手段として死刑を希望する日本人
  • 死刑に反対である。日本には江渡時代に培われた合法制度の”仇討ち”があり、いまだにその概念を抱く人たちが多い。死刑制度に賛成が80%を超える。そのために報道もこれに乗っている。親族を殺害された被害者に処刑が執行されて喜ぶ発言を促している。今月にオーム真理教事件の死刑確定者が二度に分けて13名の犯人が処刑された。最高責任者の法務大臣は、7名の生命を奪う処刑の前夜には安倍三選の飲み会とはなんと無神経なこ [続きを読む]
  • 冷戦構造を引きずる、硬直した安倍型ナショナリズム
  • 北朝鮮は今日(27日)、朝鮮戦争で戦死したアメリカ兵の遺骨55人分を返還した。アメリカ軍の輸送機が北朝鮮の元山の葛空港から、韓国ソウルの烏山のアメリカ軍基地に移送した。8月1日に返還式典をする。27日は休戦協定の日(北朝鮮では戦勝記念日)である。これは極めて大きな記事である。朝鮮半島は極めて大きな変化の中にある。日本のメディアはこうした動きに、ほぼ無関心である。朝鮮半島の危機のレベルは大きく下がっ [続きを読む]
  • まるで中学生のホームルーム授業のような公文書扱い注意
  • BS8のプライムタイム、「改ざん防止になるか?”新”公文書管理案を徹底検証」を見たが、何とも情けないの一言である。自民党の竹見敬二は、「罰則を強化すると官僚が萎縮する」と発言して平然としていた。事実をしっかり何の虚偽もなければ萎縮などすることはない。むしろ公文書の客観的な価値が高いことを認められるのであるから、仕事に誇りを持てることになるはずである。上記のように公文書とはないかを規定するのであるが [続きを読む]
  • 自浄能力どころか人物さえいなくなった自民党
  • 人材をなくし、自浄能力を喪失した自民党を実感する日である。今日岸田文雄元外相が、自民党総裁選に立候補しないと表明した。安倍の三選を協力する代わりに、次の次の総裁の席を譲ってもらうための、岸田の戦略である。次の次を期待して下がった総裁候補は過去数多くいたがにはロクなのがいないし、惨めな結果しか待っていない。政治家としての発露より、自己保全と地位を望む政治家に政治を語る資格があるとは思えない。岸田文雄 [続きを読む]
  • イージスアショア購入を止め、財政再建に向けよ
  • 上の図は、産経新聞が得意気に示している、イージスアショア配備の図である。二基を秋田と山口に設置して、北朝鮮のミサイルから日本全土を守り迎撃するという図である。漫画そのものである。ミサイルを本気で日本に打ち込むのなら、日本海にズラーッと並んだ原発を狙うに決まっている。山口は玄海原発と大飯原発や能登志賀原発からほど遠いし、秋田は北海道の泊原発や新潟の柏崎の真ん中である。撃ち込まれるミサイルを側面から撃 [続きを読む]
  • 自己保全を優先しプーチンにすっかりやられっ放しのトランプ
  • ロンドンで25万人の帰れデモの洗礼を受けた後、トランプはわざわざモスクワまでまで出掛けて、大統領選挙にロシアは関与しいないとプーチンに言ってもらった。クリミア併合やウクライナ問題それにシリア内戦で、欧米から経済制裁を受けて深刻なロシア経済立のたて直しのまたとないチャンスである。トランプというカモががネギ背負ってモスクワに来てくれた。経済的な孤立からの脱却にまたとないチャンスである。プーチンのロシア [続きを読む]