そりゃおかしいぜ第三章 さん プロフィール

  •  
そりゃおかしいぜ第三章さん: そりゃおかしいぜ第三章
ハンドル名そりゃおかしいぜ第三章 さん
ブログタイトルそりゃおかしいぜ第三章
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/okai1179
サイト紹介文北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界の政治を問う
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供294回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2014/12/18 18:03

そりゃおかしいぜ第三章 さんのブログ記事

  • 辺野古新基地建設を井上ひさし流に考察する
  • 自民党は普天間基地の代替えを理由に、辺野古に新基地を建設する。国と県が対立する極めて難しい問題である。こんな”むずかしい”問題は井上ひさし風に考えてみると良い。〇むずかしいことは、やさしくこの巨大基地は戦争への道具である。近隣諸国を威圧するばかりでなく、アメリカが望むところへなら何時でも何でも兵力も武器も運ぶことが迅速にできる代物である。それを国家の安全保障のために必要とするというのが、安倍晋三と [続きを読む]
  • いずもを空母化の改修をして戦闘機を乗せないという誤魔化し
  • 昨日、いずもを空母化することを指摘したが、これは明かに憲法違反である。専守防衛を逸脱した、空母は戦闘機を搭載しなければ意味がない。しかしそれでは、空母になってしまう。安倍晋三ですら、これは空母でないとバレバレの嘘をつくのは、空母は専守防衛を逸脱することを認識しているからに他ならない。出雲の甲板を耐熱化処理をするとのことである。これは未完成のステルス戦闘機F35Bが垂直に着艦する時に、ジェットエンジ [続きを読む]
  • 空母いずもが近隣諸国を威圧する
  • 日本海軍の戦艦出雲は、日中戦争開始と同時に上海に第三艦隊の旗船として停留威圧し、中国軍の標的になっていた。5年前の広島原爆投下の日に、平仮名にしてはいるが出雲の名を受け継いだ、戦後最大の艦船”いずも”が進水している。巨大なこの艦船は何処から見ても、航空母艦である。専守防衛の自衛隊はこれを攻撃的な空母とは呼べない。中国がウクライナから購入したポンコツ空母とほぼ同じか、所によっては上回る同型の、空母い [続きを読む]
  • 論議をしない、出来ない、やる気がない安倍晋三とその取り巻き
  • 安倍晋三は、上辺は外国人労働者の受け入れを拡大するためとする、入管難民法などの改正案を国会に提案したが、全く予備の調査もしていないし詳細な対策には全く何もなく、法案成立してから考えるというものである。ともかく4月から法律を有効にさせたいだけである。安倍の思い付きとは思えない。財界からの要請であるのは、この出鱈目で日本人労働者の賃金を格段に低下させる法律を褒め千切っていることで解る。これはこれまでの [続きを読む]
  • 4年振りにCO2排出量増加
  • 環境問題に取り組む国連総会の補助機関、国連環境計画(UNEP)は、2018年度版の「排出ギャップ報告書」を発表した。報告書は、世界の二酸化炭素(CO2)総排出量が4年ぶりに増加したと報告している。報告書は、2017年の排出量増加は経済成長が要因であるとし、各国による炭素排出量の削減努力は行き詰まっていると報告している。2015年に採択された「パリ協定」が定めた目標を達成するには、世界のCO2排出量 [続きを読む]
  • オスプレイを凌ぐ欠陥戦闘機F35B を100機購入する
  • 11月30日の日米首脳会談のあとトランプはすこぶる上機嫌であった。「シンゾーがF35を沢山購入してくれることになった。」と述べたのである。F35はオスプレイも真っ青の欠陥機、アメリカ国内では未完成戦闘機といわれている代物である。陸軍、海軍、海兵隊の要求を取り入れた結果、重量が増し鈍重になっているだけではない。基盤になるコンピューターが未完成で、機関砲や赤外線銃も使用できない状態である。整備不良で引 [続きを読む]
  • 極めて危険なゲノム編集のヒトへの応用
  • いずれやるなら中国でやられるだろうと思っていた。ゲノム編集のヒトへの恣意的な応用である。すでに家畜や水産の世界では普及し始めていると警告を本ブログでも行っている。異様な風貌の家畜や魚はすでに人々の胃腑を満たしている。こうした生産性の向上は食糧危機に対応するなどと思われているが、そうしたことは起きない。生産業者が儲けて、新たに人口が増えるだだけである。食料は自ら生産しなければ、食糧問題は解決しない。 [続きを読む]
  • 誰もが反対する「地位協定」何故なくならない
  • 辺野新古基地増設に賛成していた(選挙では卑怯なことに一言も触れていないが)自民党推薦の沖縄県知事選挙候補でさえ、日米地位協定を見直すと公約していた。票が欲しいために嘘を言っていたのは、その後の安倍閣僚の発言で判明している。入閣前にはかなり通りにかなった発言をしていた河野太郎外務大臣は、意味不明の官僚文書を何度のもわたって繰り返し読み上げていた。地位協定とは治外法権である。日米地協定の正式名称は、「 [続きを読む]
  • カルロス・ゴーン対応はこれからが見もの
  • カルロス・ゴーンが11月19日に逮捕されて10日が過ぎた。海外では拘留機関が長いなど様々な日本の対応に異論が出てきている。この逮捕劇は今後思わぬ方向へ発展する可能性がある。今日オランダで、ルノーと日産と三菱が定期会合を行っている。三社それぞれのトップに居座り、三社協議の核になっていたカルロス・ゴーンが欠席で行われる初の会合である。10日経って違和感のあることがいくつかある。日産社長の西川しが極めて [続きを読む]
  • 水さえ投資対象になる怖ろしい国家へ
  • 麻生太郎が、2013年4月19日G20で訪れたワシントンで「日本の全ての水道事業を民営化する」と公言していた。まともな発言ができない麻生太郎であるが、財務大臣であり副総理でもあった。麻生は海外に日本の水道事業投資を煽ったのである。あまり広く報道されていないこの発言はいま現実となっている。水は人の生命を支える食料の一部である。日本は降水量が多く世界的にも多雨地帯であり、起伏が多く森林が国土の7割を占 [続きを読む]
  • 来年から10年間、国連が「家族農業の10年」とした理由とは
  • 国連は2014年を家族農業年として一年間、家族型農業の重要性を訴え支援してきた。そして昨年12月に開かれた国連総会で、2019年から2028年までの10年間を「家族農業の10年」とすることが採択された。国連は家族農業の重要性を訴えている。本ブログでも家族農業を中心とする小農業の重要性を当時から書いている。家族農業の重要性を再度にわたって訴えに、家族型農業の人たちは期待を寄せている。大型農業が国際競 [続きを読む]
  • 憲法審査会の本部長が下村委員長が「職場放棄」
  • 憲法審査会が無理を通して結論を出そうとしているが、前例がない審査会の行方は誰もが手探りである。自民党憲法改正推進本部は、安倍晋三の腹心の下村博文推進本部長が、野党を「職場放棄」と批判し、野党から反発をかって結局は辞任した。何のことない自分の方が「職場放棄」したのである。そもそも自民党提案の、自衛隊を憲法に明記するという、自民党内の何処の誰とも検討も協議もせず、ビデオ報告を総裁の立場として提案したも [続きを読む]
  • 私欲にまみれた経営トップ、富裕層はケチである
  • 日産自動車のカルロス・ゴーン会長が逮捕された。この5年にわたり、有価証券報告書に報酬を50億円近く過少に記載していたという容疑である。この5年間の報酬は、50億円であるから、倍の金額を隠していたことになる。更に分かっただけでも、4件の数億円する住宅を関連会社に購入させて、自らに提供させていたことも判明した。平成11年に社長に就任し、一兆円を超える赤字を単年度で償還して、日産を一気に世界二位の自動車 [続きを読む]
  • 「古い悪魔」を世に出したのはトランプである
  • マクロンの、第一次世界大戦終結100周年記念式典の言葉がAPECで具体化して決裂した。マクロンはまるで1930年代のようだと、ナショナリズムを基盤にした「古い悪魔」とよび、自分(自国)さえよければ、他はどうなってもいいという排他主義を、名指しこそしなかったがアメリカのトランプを厳しく非難した。ナショナリズムが全体主義を生みだした。古い悪魔が台頭してきていると指摘した。パプアニューギニアで開催されて [続きを読む]
  • マタマタ辞任署名中の麻生太郎の暴言
  • 日ごろから新聞は読まないと自慢する、知性の欠片もないマンガ大好きの麻生太郎である。暴言妄言の類は枚挙に暇がない。他人への配慮や状況などお構いなしの世間知らずの無教養には呆れるばかりであるが、それもすっかり慣れっこになった。今回の発言は容認できない。麻生太郎は昨日(17日)、市長選の応援のために訪れた福岡市内で街頭演説し、東大卒の北橋健治北九州市長を「人の税金を使って学校に行った男」と信じられない批 [続きを読む]
  • やったふり外交の北方領土の問題点
  • 安倍晋三がマタマタ期待感を持たせる、やっている振り外交を展開している。1956年の日ソ共同宣言に立ち戻り交渉を加速すると言った。この共同宣言は日本の終戦後の権利や立場などの戦後処理に加えて、歯舞・色丹の引き渡しを前提として、日ソ平和条約の締結をするというものである。ソ日共同宣言は、1956年12月8日に日本と当時のソビエト連邦によって批准された条約だが、1960年に日本が日米安全保障条約を締結され [続きを読む]
  • そもそも素人集団の政権である
  • パソコンやったことないサイバーセキュリティ―担当大臣が非難されている。非難というより呆れかえったものだと、続けて「USBご存知ですか」と問われて、後ろの官僚を見たが意味不明の回答をしている。国権の府、行政のトップが何とも情けない、恥ずべき大臣である。安倍政権になってこんなことは恒常的に続いている。共産党の志位委員長にポツダム宣言のこと問われて、「(つまびらか)に読んでいない」と回答している。つまび [続きを読む]
  • フェイクニュースであるが、
  • 余りにもばかばかしい安倍晋三の政権。以下はフェイクニュースである。ABE「大谷翔平がアメリカで新人賞とったぞ。”国民栄誉賞”何とかできんか。」SUGA「・・それはちょっと早いのでは・・」ABE「そうか、なんなら、池江璃花子に大阪なおみと伊藤美誠と、えーっとフィギアの紀平梨花も一緒にどうか。」TRIMAKI「検討してみます。」SUGA「政権でただ一人の看板女性を入閣させましたが、看板倒れのようです。 [続きを読む]
  • 60年使うつもりか東海第二原発
  • 東京から120キロで首都圏唯一の茨城県の東海第二原発が、原子力規制委員会の再稼働許可のお墨付きをもらった。規制委員会は40年を超える原発を老朽化で再稼働検査の対象としていない。東海第二原発は今月26日で40年になるが、9月に規制委員会から再稼働の認可を受けている。ギリギリセーフという事になる。やり方が汚い。東海第二原発は東日本大震災の被災を受けている。冷却電源が動いたのは3日後であった。これで被災 [続きを読む]