そりゃおかしいぜ第三章 さん プロフィール

  •  
そりゃおかしいぜ第三章さん: そりゃおかしいぜ第三章
ハンドル名そりゃおかしいぜ第三章 さん
ブログタイトルそりゃおかしいぜ第三章
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/okai1179
サイト紹介文北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界の政治を問う
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2014/12/18 18:03

そりゃおかしいぜ第三章 さんのブログ記事

  • 財政再建を放棄させたアベノミクス、「骨抜きの方針」
  • 安倍内閣は、今年の「骨太の方針」を今日(10日)に閣議決定した。来年10月に消費税を10%にすることを決めた。この政権は今だけよけれが、しけも政権の支持者が増えればいいのであって、将来のことや本来のあるべき姿など全く考慮しないことが、この方針からはっきり分かった。基礎的財政収支を黒字化を目指し、財政健全化目標の達成時期をこれまでは2020年としていたがそれを5年延ばし、2025年度に先送りした。単 [続きを読む]
  • 企業のためにプラスチック汚染すら放置する安倍晋三
  • 上の写真は、アホウドリのヒナのお腹の中である。食事経験が浅く成長期で食欲の旺盛なヒナが、見えるものや浮遊するもの次々と食べたことが伺える。アホウドリは人類が住む陸地から遠く離れた大洋の中にいる鳥である。プラスチックの海洋汚染が深刻で広範囲及んでいることが推測される。5ミリ以下のものを一般的にマイクロプラスチックと呼ぶ。私たち人類が利便性の元に、主に石油から大量に生産したものである。紫外線に分解され [続きを読む]
  • 金正恩にしてやられたトランプ
  • アメリカと北朝鮮(朝鮮民主主義共和国)との歴史的会談が、シンガポールで行われた。世界の隅々までいきわたっている、メディアを使った政治ショーの感が強い。それも、中間選挙を控えたトランプは、散々叩かれたG7を半日早めて駆けつけライブで、この政治ショーの状況をアメリカのゴールデンタイムにぶつけ流した。トランプには、この会談を成功させなければならない、極めて大きな理由があった。共同声明は、短く4点に集約され [続きを読む]
  • そして誰も信用されず、相手にもされなくなった安倍晋三外交
  • 上の写真は、G7の控えでの首脳たちの会話する状況である。G7そのものがが、欧米先進国首脳の集まりでサロン的集まりではあるが、世界経済をけん引するものでもない。あくまで、世界の資源と富をいち早く取り込み繁栄した国家と言える。日本もアジアでいち早く近代化を、周辺国への侵略などで成し遂げている。G7は巣した国家の自己満足と、優越性と一種の陶酔感によって冷戦下に始まった集まりである。G7は首脳たちが話し合 [続きを読む]
  • 「拉致問題」の政治的美味しさを堪能する安倍晋三
  • トランプと金正恩の歴史的米朝首脳会談を目前に、トランプ詣でに駆けつけた安倍晋三である。私は注文つけに行ったと書いたが、実は、「お金を出すから、拉致問題を格好だけでもいいから出してちょうだい」と、金を差し出していたのである。軍用機・航空機・農産物など数千億円の購入を知ろと、トランプが注文つけていたのである。中間線検挙に向けて、目に見える成果が欲しいトランプの思惑に乗ったのである。途上国には金をばら撒 [続きを読む]
  • 「公権力とは潔く距離を保つ」是枝監督にアッパレ
  • 何とも好き嫌いの激しい、しかも政治的に狭量で恣意的な安倍政権である。人気者にはせっせと国民栄誉賞を乱発する安倍晋三であるが、政治的判断基準が何ともさもしい限りである。昨年のノーベル文学賞受賞、カズオイシグロ氏に、早速称賛の電話をしている。彼は日本人とはいえ受賞対象の作品は、日本文学とは言えるものではない。それでも彼が日本人としての称賛はあっても良いかとは思う。ところが同時に受賞した、ICAN(核兵 [続きを読む]
  • こんな時期にトランプに注文つけに行く安倍晋三の奇怪さ
  • 安倍晋三が凝りもせず又々トランプ詣でにアメリカに行った。トランプが大統領選挙に勝って以来、4回目の米国訪問である。各首脳会議などに合わせて行われる会談や、無数の電話会話も数えると、安倍のトランプ接触のレベルは日米関係史においても前例がない多さになる。しかも、今回はこれまでのすべてのアメリカ訪問とは異なって深刻である。6月7日に予定されている安倍・トランプ会談は、北朝鮮に対して打つ手のない安倍のワラ [続きを読む]
  • 「ウソアベアソウ」(回文)は膠着した現実を回避する
  • 「ウソアベアソウ」とはよくできた回文(上から読んでも下から読んでも同じ文)である。財務省の報告内容は、明らかに安倍晋三が、「関係していたら、総理も議員も辞める」と息巻いた翌日から、佐川宣寿の支持で改ざんが始まっている。誰が見ても総理に忖度していることは明かである。麻生は、「それが判れば苦労はない」と嘯いている。国民はみんな分かっている。これだけの事実を並べていながら、しらばくれているのは、政権にし [続きを読む]
  • 北朝鮮が日本外しではなく安倍外しをする当然の理由
  • 北朝鮮の高官が米朝会談が迫る中日本に対して、「解決済みの拉致問題について騒ぐ前に、過去の罪悪をまず謝罪し、賠償すべきだ」と述べたのである。これは明かに、いまだに異次元の経済制裁を言い続ける、安倍晋三への挑戦であり日本外しの発言といえる。トランプですら経済制裁の無意味さを認めていて、これからテーブルにあたって制裁の緩和を前提にした発言をしている。日本にとって拉致問題と慰安婦問題はアキレス腱である。そ [続きを読む]
  • 「国民栄誉賞」という政権の私物化、ここでも安倍政権は異常である
  • 福田赳夫首相が、総理大臣表彰として設けたのが、国民栄誉賞である。今年で41年になる。王貞治がホームランの世界記録を検証したかったのであるが、時の首相の権限で対象を選ぶ恣意的な賞になっている。これまで今回の羽生弓弦で27人になるが、個人顕彰でありがなら、サッカーのなでしこジャパンが規定を外れて団体で選ばれている。これまで、死亡後の表彰が12名もあるのおかしな話であるがが、このところは減少傾向にある。 [続きを読む]
  • それでは安倍の外交や経済が上手く行っているのか
  • 安倍晋三の支持率が常時40%を維持するが、その支持の根拠は経済と外交でうまく行っているとの誤評価である。アベノミクスは不富裕層をより豊かにし、貧困層をより増大させたし、農業を破たんへの道へと歩ませ、地方が疲弊する現状にある。富裕層と都会の人たちとが恩恵を戴いていて、そうした人たちがアホでも右翼でも不正のやりたい放題の嘘つき首相でも支持しているのである。公然と嘘を重ね、日本の恥としか思えないような内 [続きを読む]
  • 全く馬鹿げて見てられない安倍答弁の幼児性
  • これほど、森友加計学園問題関与が明らかになってもまだ、森友学園に妻は関わってない、獣医学部開設についても加計ありきではやっていなと、安倍晋三に言い通させるのはいったい何だろう。山本太郎の言うように、もうこれはアウトですよというのが通常人の感覚であろうが、安倍晋三にいはそれがない。サイコパスというほどの高度な問題でもない。もっと低俗で鈍感な感性が生んだものである。証人喚問を御旗に掲げる、野党の体たら [続きを読む]
  • 嘘と突き通しても又新たな事実や文書が出てくるさ
  • 加計学園は昨日(26日)、今治市の獣医学部開設について、安倍晋三首相が2015年2月に学園の加計孝太郎理事長と面会したとする県の新文書の記載について、面会は「実際にはなかった」とし、県と市に誤った情報を伝えていたとのコメントを発表した。根拠もなく一方的に報道にファックスを流すくらいなら、国会の証人喚問に応じるべきだと思うが、せめて記者会見でもやって、教育者の矜持を見せて欲しいものである。首相は国会 [続きを読む]
  • 外交経験もない異質で身勝手な同質のトランプと金正恩、茶番のやり取り
  • 外交経験が全くないまま、ひょんなことから国家のトップに就いたトランプと金正恩である。自分が全てを決定する、しなければ気が済まない、ある意味裸の大様でしかいられない、本来であれば為政者に全く不向きな二人である。手加減ができない。相手の気持ちや立場を知ろうともしないし、忖度もない。手加減を知らない不規則発言や態度は、言葉や態度ほど重くもなく、意味もなく中身もない。今回の米朝会談のやり取りを言葉の中身で [続きを読む]
  • 酪農の助成金が乳製品価格を上げ、巨大規模の足腰の弱い酪農家を作り出す
  • 今北海道の健全な酪農家はバブル状態である。乳価はどんどん高くなるし、乳牛の個体販売が信じられないくらい高いからである。バブルでなく経営内容が危ういのは、政府が薦める巨大酪農家である。巨大酪農家に危機感がないのは、補助金漬けで経営内容に実態を自覚していないからである。健全な酪農家は、農地面積にあった乳牛を飼育し、牧草を主体とした自給飼料によって、牛にも土地にも負荷をかけない営農をしている。上の絵のよ [続きを読む]
  • 本気で日本農業潰しを始めた安倍晋三
  • 安倍晋三が政権を執ってから、この国は経済の実態の一部しか反映しない指標を目くらましに使って、富裕層をより豊かにし貧困層を増やすことを経済政策としてきた。日本経済が豊かに見えるのは、金を動きが激しいだけであって、実体経済や国民の生活などまったく関係ないことなのである。実体経済の典型例は、農業であり食糧である。安倍晋三が政権を執ってから、日本の農業を支えてきた多くの法律や組織を排除し、ノーガードで打ち [続きを読む]