そりゃおかしいぜ第三章 さん プロフィール

  •  
そりゃおかしいぜ第三章さん: そりゃおかしいぜ第三章
ハンドル名そりゃおかしいぜ第三章 さん
ブログタイトルそりゃおかしいぜ第三章
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/okai1179
サイト紹介文北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界の政治を問う
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/12/18 18:03

そりゃおかしいぜ第三章 さんのブログ記事

  • 福島原発事故時の情報非公開、そしてその7年後の現在
  • 上の図は、福島原発事故後の気象情報や海流の情報を考慮した、放射性物質の流れをシュミレーションしたものである。地上では距離とは無関係に、飯館村方面に放射性物質の流れが濃いいことも見て取れる。このことを知りながら、飯館村は避難が数日遅れたのは、原発からの距離と自治体中心の避難を行っていたからに他ならない。問題は海洋はの流れである。日本には恒常的に西風が吹いている。障害物のない海洋への吹き流れと、海流に [続きを読む]
  • 忖度とボランティア、権力者が望むもの
  • ロシアのプーチンが大統領選挙で圧勝した。あけすけに彼は70%の得票を公言していた。中身はともかくとして、圧倒的な支持の元での選挙で、プーチンが負けるはずがなかった。なのに、各地では投票の不正が数限りなく行われれていた。支持の少なかった自治体が、プーチン当選後どのような見返りがあるか解っているからである。彼ら自治体の責任者は、圧倒的に支持していたという実績が欲しいのである。このような投票行動は、プー [続きを読む]
  • まだ51%の可能性が残されている
  • 世界的ベストセラー『銃・病原菌・鉄』で知られる、進化生物学者ジャレド・ダイアモンド博士がアメリカ・ロサンゼルスで、若者向けに行った特別授業が12回放送された。今回は”ヒトの秘密”と題されていたが、例によって神撫医学から文明論まで幅広い犯に及ぶ、ダイヤモンド氏独特の分析は、頭の柔らかい若者たちにとって理解し易かったように見える。子尾授業は、進化論から発して格差社会の矛盾を説き、温暖化などの地球環境の [続きを読む]
  • また一つ地方が切られる、三江線の廃線
  • 一昨年、三江線が廃線になると本ブログで述べた。とどまるところのない地方切り捨てである。詳しくは一昨年のブログをご覧いただきたいが、憲法で保障された健康で文化的な生活を、経済論理で切り捨ててしまうのである。国鉄が分割民営化になるときには、こんなことは一言も言わなかった。ウソばっかりである。今月いっぱいで三江線はなくなる。この見事に、江の川の美しさを堪能できる路線を廃線にする、日本の現状を都会の方々は [続きを読む]
  • 教育勅語信奉する安倍一派が起こした森友事件と前川氏の授業介入事件
  • 森友問題の発端は、安倍晋三とその一派が、教育勅語を掲げ戦前の国粋主義の教育体制に戻すべく懸命な連中を探していた時に近寄ってた、籠池にまんまと乗ったのである。どちらが乗ったと言えるか解らないが、同じ穴の狢であることに変わりない。そうしたい視点から森友問題を見ると、子どもたちに教育勅語を暗唱させる教育方針にほだされた安倍夫妻が乗った事件と言える。これと全く同質の時間が起きた。前川喜平文科省前事務次官の [続きを読む]
  • 佐川が悪い、こいつをとっちめて幕引きを図る安倍
  • 責任を下へ下へと押し付けようとする財務大臣の麻生太郎である。俺は悪くない、佐川が最終責任者だというのである。佐川をとっちめれば終わりというのである。佐川が悪いと切られ、その下の人が2人自死している。下っ端が自殺する事件に外れはないと言われている。今回の森友事件はこのアッキード事件を、「佐川事件」と呼ぶようにと自民党からの提案もある。佐川をヒール役に仕立てて、こいつが悪いと決めつけようというのである [続きを読む]
  • 森友問題の主犯は安倍昭惠でお付きの工作員の暗躍が
  • 一部では森友学園問題を”アッキード事件”と呼んでいるがまさしくその通りで、主犯者は安倍昭惠であることに間違いがない。言葉で指示や請願をした形跡は薄いが、今回「いい土地なので前へ進めて欲しい」という言質が、隠ぺい前の文書で確認された。安倍昭惠には多い時には5名もの各省庁からの、主に女性のお付きの人をはべらかしていた。このお付きの人たちが勝手知ったる各省庁に問いかけるという形で、圧力をかけていたのであ [続きを読む]
  • 権力の愛玩犬に堕したNHK、森友文書を「改ざん」といえない哀れさ
  • 今回の森友文書改ざんであるが、奇妙なことにNHKは「書きかえ」という言葉を外そうとしない。この問題が明らかになり始めた頃は、半数ほどのメディアが「書きかえ」という表現をしていたが、削除項目の多さやその内容の重要性から現在はほとんどが、「改ざん」という表現をしている。記者会見で菅官房長官は、「改ざんには当たらない、ほとんどの所はそのままであり書き変えたのは一部であり、書きかえであって、改ざんではない [続きを読む]
  • 早急に籠池夫妻を釈放し、代わって安倍晋三・昭惠を収監せよ
  • よくある、火事の現場に放火犯人が戻って、火事を見学して言うセリフである。「どうしてこうなったのか」との安倍晋三の発言は、何でばれてしまったのかという意味である。本ブログでは森友問題について、この13ヶ月間同じことを何度も何度も繰り返し書いている。そしてこの半月も同じことを書いている。森友文書の改ざんがはっきりしたからであり、そのすべてが13ヶ月前から書いてきたことへの、裏付けしていることにほかなら [続きを読む]
  • 政府・財務省に真相究明などできるわけない
  • 森友文書の改ざん問題は、誰もが判り切ったことをはっきり言と口にすることなく、事実関係の周辺のことばかり報道している。本ブログではっきりと何度も書いているように、「極右翼思想に固められ戦前の国粋主義に沿った小学校を作ろうと企んだ籠池に、自らの思想に近いと安倍晋三と昭惠が乗ったのを受けて、内閣人事局を背景に怯える国家公務員と地方務員と周辺が忖度の限りをした」のが、この事件の真相である。”安倍晋三記念小 [続きを読む]
  • 安倍信三にしてみれば、北朝鮮が安全な国家になってくれたら困るのである
  • 文在寅韓国大統領の特使として北朝鮮を訪問した大統領府の鄭義溶国家安保室長は6日、記者会見で訪朝結果を発表し4月末に軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で南北首脳会談を開催することで、北朝鮮側と合意したと明らかにした。南北は首脳間のホットラインの設置でも合意している。特使の鄭氏によると北朝鮮側は、朝鮮半島の非核化に対する意志を明確にし、北朝鮮に対する軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保証 [続きを読む]
  • 公文書改ざんは民主主義の根幹を揺るがす国家犯罪である
  • 今日(6日)開示するとしていた、森友関係の公文書改ざんについて、政府はゼロ回答をした。原本は大阪特捜部にあると言ったのである。捜査に影響があるというこじ付けを説明にした。「記憶にない」「記録もない」「書類は廃棄した」とゴマカシ続けた揚げ句、国会議員に辛うじて示された公文書も、改ざんしたものであった。今回のゼロ回答は、改ざんを間接的に認めたことに他ならない。見られたら拙いとの判断である。事実、財務省 [続きを読む]
  • トランプが仕掛けた抑止力は幻想でしかなく互いに高め競うことになる
  • NHKBS放送の、「ペリーの道」を見た。ウイリアム・ペリーはクリントン政権下で国防長官を務めた男である。黒船で日本に開国を迫ったペリー提督の5代後の子孫で、数学者を目指していた。国防庁長官時代には、GPSによる兵器などのハイテク化やステルス機の開発などを行っている。通常兵器による、抑止論を唱え戦力の相殺を目指した。その一方では、ソビエト共に4000発の核兵器の廃棄をするなど、核兵器の脅威を日本に投 [続きを読む]
  • シリアの内戦が凄惨を極めている
  • ここに掲載していた子供たちの死体は、数年前のイラクの戦争の画像のようでしたので、削除します。それの関わる文章の部分も削除します。後半だけ掲載します。ご容赦願いたい20年ほど前にシリアを訪れたことがる。イスラム国の夜は極めて安全である。飲み屋もなければ酔っ払いもない。おしゃべりなスリムの穂とたちは、陽が落ちると家族が集まって外で敷物をしいて団らんのひと時である。昼は働いているのかと思える人たちではあ [続きを読む]
  • 裁量労働制は”最良”でなく、”最低”労働制である
  • 「裁量労働制」とは、『その遂行に裁量性のある業務について、実労働時間ではなく成果で報酬を決めるため、一定の時間数だけ労働したものとみなす制度』とある。労働の成果の評価については、古くは勤務評定というのがあった。雇用者側の評価に偏ることは、はっきりしている。かつては労働者側が強く反発したものである。当初、この制度は研究開発の業務等に限定されていた。「専門業務型裁量労働制」とよばれ、労働時間を限定しず [続きを読む]