絵入り随筆 エッセィ・つぶやき さん プロフィール

  •  
 絵入り随筆 エッセィ・つぶやきさん:  絵入り随筆 エッセィ・つぶやき
ハンドル名 絵入り随筆 エッセィ・つぶやき さん
ブログタイトル 絵入り随筆 エッセィ・つぶやき
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yuuyuutakemura
サイト紹介文自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供322回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2014/12/19 23:15

絵入り随筆 エッセィ・つぶやき さんのブログ記事

  • 富岡八幡宮・能の奉納
  • 知人が富岡八幡宮で能の奉納に出演するというので、出掛けました。能の奉納はプロの能楽師が出演するのですが、前座で能を学んでいる友人達が仕舞や謡を披露するのです。カメラ等は禁止というのでプロの舞台は写せませんでした。友人の出た場面だけはそっと写しましたがお咎めはありませんでした。連吟したのは櫻川というかなり長いものだったので終わりの方では息切れする方も居ましたが知人が必死でリードして何とか様になったと [続きを読む]
  • 夏が終わると糖尿病患者が続出するそうです。
  • 私が通っているクリニックにこんな表示が張り出してありました。夏の暑さに、つい飲んでしまう清涼飲料水や水分補給液飲料に含まれている砂糖の危険性についての告知です。先日の朝日新聞の投書欄にも内科医が「夏の終わりには糖尿病患者が急増する、清涼飲料の飲み過ぎが原因だ、」と言う趣旨でした。私はホット紅茶やコーヒーに砂糖は入れませんが、入れる人でも角砂糖を1〜2個入れれば充分甘さを感じることでしょう。それが冷たい [続きを読む]
  • 海野宿から小布施町へ
  • 小布施は栗の名産地として有名です。江戸時代、北斎が何回もこの地を訪れ、数々の作品を残しています。その折りスポンサーになって北斎を支えた造り酒屋は今でも盛業中です。そこのレストランでお昼にしました。昼食後、北斎館で北斎漫画展に行きました。北斎の浮世絵は世界的に有名ですが、漫画の方も素晴らしい描写力です。北斎の漫画は、欧州に輸出された陶器の包み紙になっていて、それを見たオランダ人が北斎の画才を発見したの [続きを読む]
  • 文政10年(1827年)
  • 私が散歩の目的地にしている神社には狛犬が奉納されています。奉納したのは文政10年と台座に彫られています。191年前に奉納されたのです。この狛犬さんは200年近い時間、参拝人を見守ってきたのです。頑丈な石造りですからこの後も何百年もここを護り続けることでしょう。和暦の記載だと調べないと西暦に置き換えることは出来ません。来年から運転免許証の有効期限が西暦記載になるそうですが、生年月日や交付年月日は和暦 [続きを読む]
  • 秋の気配
  • 立秋を過ぎて太陽の昇る場所も時間もかなり違ってきました。猛暑は相変わらずですが、秋は確実に近づいています。道端の栗のいがも少しだけ大きくなったみたいです。 [続きを読む]
  • ミラクルでラック作り
  • 昨日は工作に励みました。市の施設ミラクルで小学生から大人まで一緒に同じものを作る楽しい企画です。一枚の杉板からカットされた部材を組み立てます。金槌や錐をを持つのも初めてという子も居るから講師の説明は懇切丁寧の極みです。私は20分位で組み立て完了です。バーナーで炙って木目を強調し、ニスで仕上げラックの完成です。酷暑の半日を冷房の効いた室内の工作室で過ごせました。それで費用は材料代だけの1500円、申し訳 [続きを読む]
  • 越谷市郷土研究会の新事務所
  • 越谷市郷土研究会の新事務所が以前のコンビニエンスストアから旧日光街道沿いの古い蔵へ移転しました。余り見栄えは良いとは言えませんが郷土研究の趣旨には似合って居ます。土蔵は冬は暖かく夏はひんやり、とお思いでしょうが今年の夏はそうはいきません。前の日の熱気が籠もったまま次の日の強烈な日射に晒されるのですから冷房の壊れた満員電車という感じの熱気でさながら、ピザ釜の中もかくやと言う有様です。さすが辛抱強い越 [続きを読む]
  • 新入りさんです。
  • ご家族に病人が出て18年間飼い続けたクサガメを飼って欲しいという記事に応募して新しい仲間がやってきました。18歳にしては小振りだと思うのですが、元気の良い亀さんです。直ぐに水に潜ったり石に登ったりと新しい住みかを楽しんでいました。 [続きを読む]
  • ちびた鉛筆
  • 私が水彩画を描くときには鉛筆でスケッチしてから色を置いていきます。日本画や版画の手法に似ています。洋画や日本画でも朦朧体という手法では線ではなく面で描くのですが私の表現力ではいきなり色を置く手法は使えません。鉛筆は三菱のハイユニが一番使い勝手が良いです。6BからFの硬さの異なる鉛筆を使い分けています。私の感じではドイツのステッドラーなどはユニより品質が落ちます。ステッドラーと普通の緑色の三菱鉛筆が同 [続きを読む]
  • 隅田川の花火大会を見物
  • 台東区の産業会館屋上に入れるチャンスをゲットしたので旧友を誘い出掛けました。第一会場と第二会場が同時に眺められる好立地です。お弁当も付いていますし飲み物もふんだんに用意されています。下町のことですから同席した初対面の方とも気さくにお話しできます。七時に始まりました。終了時まで居ると混雑するので少し前に退席しました。電車が隅田川を渡るときフィナーレに近いから盛大に打ち上げていました。花火が川面に映っ [続きを読む]
  • 到来の桃
  • ご近所のHさんから今年も岡山産の桃を戴きました。今年の桃はまだ食べていなかったので初物になります。初物を食べると七十五日だか長生きできるそうですが、昨今はハウス栽培とか抑制栽培とかで食べ物に季節感が薄れていますので七十五日はともかく、一ヶ月位は長生きできそうです。 [続きを読む]
  • 日本の健康保険制度
  • 先日NHKで外国人が日本の充実した健康保険制度を悪用して様々な手管を使って日本の健康保険に加入し高度な医療を受けていると報道されていました。2DKの住宅に十数人の外国人扶養家族が入居していて健康保険に加入し医療を受けているケースもあるそうです。中国人が運営する保険加入のノウハウを伝授する会社も複数存在するそうです。私の罹っている病気の治療には自己負担だと薬剤費だけで20万円を超える高額な費用が掛かります。 [続きを読む]
  • 山葡萄
  • 山葡萄は成長力が強く放っておくとたちまち辺り一面に蔓延ります。蔓延る力は薮枯らしと良い勝負ですが、山葡萄の方は食べられるので大事にしています。伸びた蔓を切り取り、柔らかそうな葉を茹でておしたしで食べています。ちょっと酸味があり、歯ごたえがあって美味しいです。何より無農薬で安心して食べられます。箸休めには持って来いです。 [続きを読む]
  • 砧(きぬた)
  • 砧という地名はご存じでしょうが、今回の砧は能楽の演題です。演ずるには大変難しい演目だそうですが、私はその内容や背景についてのレクチャーを受けています。砧の本来の意味は昔のアイロンみたいなもので木の棒に布を巻き付けた道具で生乾きの衣類を蓙などに包んで砧でたたくと皺が伸びた仕上がりになるのだそうです。9月には奥川先生の公演が宝生能楽堂であるので前売り券をゲットしてあります。能楽の公演は芝居などと違い1回 [続きを読む]
  • ブラックベリーの収穫
  • 門の脇に植えてあるブラックベリーが今年も沢山実を付けてくれました。木苺の類いは毎日少しずつ実るので、収穫は毎日行わねばなりません。面倒ではありますがこの時期の朝の恒例作業です。今年の収穫はこの瓶に四本が満タンになっています。一瓶に7kgのブラックベリーと同量の砂糖が入っています。砂糖に漬け込むと砂糖に浸透圧でブラックベリーのエキスがしみ出してきて綺麗な赤色のシロップが出来ます。酸化抑制剤も腐敗防止剤 [続きを読む]
  • これなんの花 7
  • 草花ですが一本の茎から赤白2色の花が咲いています。花桃の花では色を咲き分ける物がありますし、梅の花で紅白を咲き分けるのは接ぎ木をしているのですが花では紅白を咲き分けるのは珍しいと思いました。私が知識が足りないから、他にももっとあるのかも知れませんが。 [続きを読む]
  • 苔三種
  • 紐みたいな苔、葉っぱみたいな苔、ビロードみたいな苔、三種を密閉容器に植えました。霧を吹いて密閉すると数ヶ月はメンテナンスフリーなのです。陽に当てると蒸れてしまうからそれさえ気をつければ大丈夫らしいです。お金も手間も掛からない地味な楽しみです。 [続きを読む]
  • ホームドクターが医院を移設中です。
  • ホームドクターのH医院が今の場所から我が家の直ぐ近くに移転します。今の場所は我が家から700mくらいですが今度は100m位の場所になります。H医院はO先生が開院され65歳で引退されるに当たり今のI先生があとを引き継がれたのです。今度はI先生が自前の医院を作られるのです。今の医院は空き家になるのか?それとも別の皮膚科とか眼科とかが開設されるのか?いずれにしても私には便利になることですから有り難いことです。 [続きを読む]
  • スイカ
  • 松本の知人から今年もスイカが届きました。一日冷やしてから戴きました。熱暑の恵みか今年のは特に甘みが強い様です。私が子供の頃はスイカには塩を振って食べたものですが今のはそんなことをしなくとも十分美味しいです。皮も昔はもっと厚くて白い部分は漬物にして食べた記憶があります。 [続きを読む]
  • ピコとQちゃん
  • ピコは頻繁にQちゃんの住まいを訪問します。Qちゃんに親愛の情を示しているように見えますがQちゃんの方は迷惑らしく鋭い声を出して突きに掛かります。ピコは逃げて突かれることはないんですが懲りずにまたQちゃんの篭に舞い戻ります。これを一日に何回も繰り返すのです。両方とも牡ですから恋愛感情ではなく、ピコはだれとでも友好的に付き合う性格でQちゃんは孤独を好む性格なのだろうと考えています。 [続きを読む]
  • 隣地の工事
  • 長年お付き合いのあった隣家が突然引っ越していき、隣家は解体して新しい家が工事に入りました。猛暑の中、工事する人はさぞ大変なことでしょう。熱中症などに気をつけて無事に工事が進むよう願っています。 [続きを読む]
  • ミケランジェロ展に行きました。
  • 今夏最高気温が予想される中、チャレンジ精神で猛暑の都内へ出掛けました。とは言っても、車でですから往復の道中は涼しい車の中でした。ミケランジェロ展は上野公園の西洋美術館ですから、精養軒に車を置き公園内も少し遠回りでも木陰を選んで歩きました。展覧会はミケランジェロ展というのは少し烏滸がましい感じで正確に表現するならミケランジェロにちなんだ企画展と言う方が良いと思える内容でした。まあ、それでも何点かはミ [続きを読む]