そらまめ さん プロフィール

  •  
そらまめさん: そらまめ〜楽しみのかけら探し
ハンドル名そらまめ さん
ブログタイトルそらまめ〜楽しみのかけら探し
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/351960
サイト紹介文生まれ育った松江に多くの人が訪れるよう松江紹介。日々、手編みとガーデニングを楽しむ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/12/20 07:15

そらまめ さんのブログ記事

  • ダリアの花束
  • 松江市大正町Lamparfe「ダリアを束ねる」に参加。3種類のダリアとカーネーション、ケイトウなどと、ココナッツブラウンのヒペリカムと葉物を用いて自然な形のスパイラルブーケ。コスモスや穂先のようなパニカムを上に出して遊ばせると野に咲く雰囲気が感じられる。赤いダリアは「絶唱」。ボール咲きの「オズの魔法使い」は、見る方向で違う色合いが出てくる。上の面をややフラットにして、最後にキイチゴの葉を添えて、ラッピング [続きを読む]
  • 10月の快復するハオルチア
  • 冬に水をやり過ぎて、春に根が無くなったハオルチアは、土の入れ替えをして、二階のベランダに移動した。「このまま枯れてしまうのか」と心配したが、夏を上手く乗り越えて、茶色くなった葉先の一部は、緑色を取り戻し花芽が出てきた。一方夏の暑さで葉が茶色になったハオルチアは、少づつ緑色を取り戻しつつある。枯れた葉は、引き抜かない方が良いらしい。ずっと元気なハオルチアもいますが、気温が5度以下になると、生育できな [続きを読む]
  • ベランダ菜園〜ベビーレタス
  • 娘がベランダ菜園を初めて、3週間、ベビーレタスがすくすく成長。2階だと、ナメクジやダンゴムシがやってこないのが良いですね。前庭は、長期間葉を採取出来たフレッシュエンサイを引き抜く前に、葉先だけ最後の収穫をしました。夏の植物を抜いて、秋春の植物に植え替えるか毎年迷いますが、今年は早めに、パンジーやチューリップを植え込む予定です。 [続きを読む]
  • 次男の結婚式は東京にて
  • 次男の結婚式は、双方の両親が上京して執り行われました。花嫁は、三人姉妹の真ん中で、故郷は新潟。長男の時に感じたように、「嫁を貰う」と言うより、「お嫁さんに息子を嫁がせる」心もち。親戚と友人の穏やかな披露宴。席に座って、美味しい料理とお酒を堪能しました。最後に新婦のお姉さんが歌を披露され、聞き惚れました。今回は前回の記憶が新しく「そつなくできるか」「留め袖の重みに耐えられるか」と悩みの日々が続いたが [続きを読む]
  • とっとり花回廊のサルビアとコスモス
  • 晴天のとっとり花回廊(9月30日)母も連れ3人で、サルビアの丘に向かいます。順次花が咲くように、工夫がされ、丘の上に立って見渡すと、ドーム方面は満開で、大山方面は、ポツポツ咲いてるサルビアでした。春ユリで埋まる秘密の花園は、秋はコスモスがそよいでいました。まだ、咲き始めでしたが、我が家のコスモスより背丈が低く茎が太く、黄緑と緑が混じった葉の色合いが、何とも美しかった。ここからも大山を眺めることが出来ま [続きを読む]
  • 無事に咲いたホトトギスと赤いダリア
  • ホトトギスの葉や花芽は美味しいらしく、毎年毛虫がたかり、スプレー片手に、戦いを繰り広げていたのですが、今年は、全く虫が寄り付かず、ホトトギスの花が、無事咲いた。一輪で、絵になる秋の花。今年購入して植えたダリアが、ひょろひょろと伸び、夏を越して、やらやっと赤い花を咲かせました。去年鉢植えで、あまり花が咲かなかった白花のダリアは、花壇で元気を取り戻し、次々と開花。球根の植物は、今年がダメでも来年は、き [続きを読む]
  • 川土手のコスモス咲く
  • 春に川土手の草むしりをすると、落ちた種が芽を出して、秋にはコスモスが咲いてきます。夫の苦労が実る秋です。風が吹いても倒れないように、棒で支えたり、ちょっとした手助けが、小さな楽しみ。蕾が多いので満開は、まだまだ先。 [続きを読む]
  • 多肉植物〜セダムの森を作る
  • 先日「趣味の園芸」で、多肉アートが紹介された。「セダムを使って、森のような風景を作ろう」的な画面を見て、「我が家にあるセダムの鉢に、高さのある多肉植物を挿し込んだら良いかも」と思い立ち、試作してみた。まず、はみ出したセダムを切り込んで、中の隙間に詰めて形を整え、背の高い緑の多肉植物を 2本植え込んだ。もう一つの鉢には、斑入りの緑のセダムをポツポツと植え、トナカイを飾った。多肉植物で、ジオラマを作っ [続きを読む]
  • チランジアに実がついた
  • 細い葉を持つチランジア、朱色の花が咲いた後、4つの実が付きました。触ると、かなり固い。チランジアを育てて、はや8年、「チランジアの実を 見る日が来るなんて」(感動)この後の展開が、楽しみです。チランジアの種を蒔くことが、出来るでしょうか? [続きを読む]
  • 蕾色付くフジバカマ
  • 庭のフジバカマの蕾が、濃い桃色に色付いてきました。「いつ咲くのか」と、毎日眺めるのが楽しみな秋の花です。蕾のまま切り取って、部屋に飾るのも良いのでしょう。庭の片隅に紫式部が、赤紫の実を付けました。根元から先端に向かって、色が濃く染まっていくようです。 [続きを読む]
  • 秋の野の花咲く吾妻山
  • 秋の野の花が咲く吾妻山に登りました。広島と島根の県境にあるこの山は、野草の宝庫です。山裾には、沢山のマツムシソウやワレモコウが自生していました。山に登るのを忘れて、写真撮影に夢中になります。なだらかな稜線を登っていくと、アキノキリンソウやフウチソウが溢れんばかりに顔をのぞかせています。赤い実のアキグミや丸い実をつけるフウセンカズラ、 台風になぎ倒されても花開くトリカブト。1時間ほどで山頂です。赤い屋 [続きを読む]
  • 秋の実ものアレンジ〜レッスン参加
  • 大正町の花屋Lamparfeで「秋の実もの収穫祭」のレッスンを受けた。アレンジを習うのは、久しぶり。「少し腕を磨きたい」「教えを請いたい」と思っていたので、絶好の機会。店の奥の小さな喫茶店があるくらいのスペースで、秋の実を沢山使ったラウンドのアレンジメントを 教えて貰った。「上から下へ、色々な物を次々と」「花を傷つけるような実は、最初に」「器の縁から、実がこぼれる感じ」と1時間ほどで仕上がり、ひつ [続きを読む]
  • クリプタンサスの子株と新たな花
  • およそ2年の間で、子株から親株に成長するクリプタンサス。育てるのに、少し息の長い植物です。花が咲き終わった親株から、子株が大きく成長して、もう一株に、新たな花が咲き始めました。葉の茶色の深い紫と銀色のストライプ模様が、素敵です。子株がある程度大きくなれば切り取って、鉢に植え替えます。その時点で、親株の役目が終わります。毎回親株を捨てるとき、古びた自分と重なって、「役目が無くなったら、もう要らないの [続きを読む]
  • 母と平田の吾郷屋さんへ
  • 地元紙「りびえーる」に載った吾郷屋は、昔、平田の墓参りの際、母と立ち寄った親戚の家でした。幼かった兄と私は、歓待されるのを良いことに、中庭の細くくびれた木をよじ登ったりして、遊んだものです。(木綿街道の來間屋生姜糖本舗から道路を西に渡り、宇美神社手前)母と顔なじみの若き店主による手作業で作られたノートなどが、販売。白紙のページに何を埋めるのか、真価が問われるので、あらじかじめ考えて行った方が、いい [続きを読む]
  • 秋の花がちらほら咲く庭
  • 近年植えた多年草ダンギクが、今年も咲きました。下の方から順番に、浮輪のような塊の花が咲くのが面白い。あちらこちらで満開のコスモスも見かけるけれど、川土手に夫が育てているコスモスの花が、やっとこのくらい。9月に入って、タマスダレは、絶え間なく咲いて、風に揺れ、見ているだけで癒されます。 [続きを読む]
  • 松江駅南口近辺の花屋とパン屋
  • 松江駅の南側、大正町に出来た花屋Lamparfe。いつだったか売布神社の先にある珈琲屋イマジンの前に店を開かれているのを、車の中から拝見して、いつか花を買ってみたいと思った。facebookによると、車での移動販売も行われるようです。 駅からテクテク歩いて、行ってみました。初めて目にする名前の秋めいた草花や実が、ディスプレーされ、多肉植物も販売されていました。その中から、シックな桃色カーネーション [続きを読む]
  • 秋の大山〜ワレモコウ
  • 「桝水や豪円山にワレモコウが咲いている」との記事を見て、大山に出かけた。豪円山付近を散策したところ、数か所にちょっぴり発見。(桝水高原の方が、沢山生息しているのかも)秋の七草、藤袴の花が、咲いていた。平地では、野生で見られなくなった貴重な花。七草のひとつ、萩も満開。スキー場の草むらにはイナゴがピョンピョン。 晴れ予想だったのに、曇り空の大山です。ススキがたなびき、風が雲を押しのけ少しだけ大山山頂が [続きを読む]
  • ベンケイソウと庭の花アレンジ
  • 9月になると、花屋の店先に並ぶベンケイソウ。多肉植物で、セダムとも呼ばれます。庭で育てているセダムは、地を這うタイプで、花の色は黄色ですが、よく見れば、花の形は同じです。庭のジニア、蕾の藤袴、白い千日紅などを加えて、初秋のアレンジ。ベンケイソウの存在感に、他の花が圧倒されています。 [続きを読む]
  • 秋風そよ吹く香木の森〜ドライブ
  • 家族で運転を交代しつつ2時間半、遠路はるばる邑南町香木の森に着きました。駐車場前の公園入口には、沢山の時計草が咲いていました。夏の終わり、秋風の吹く公園は、思っていたより花が咲いています。宿根サルビアとひまわりの色のコントラストや、淡い水色の花と淡いピンクの千日紅の色合わせが良かった。しっかりと手入れされた庭をみると、管理する人の苦労が分かり、ほれぼれ。予約をかけていたA級グルメのAJIKURAに、初めて [続きを読む]
  • 8月の終わりのハオルチア
  • 夏の間、2階のベランダの日陰で過ごしているハオルチアたちは、35度超えの日が多かったせいか、表面が白っぽいお疲れ色です。これは、年中あまり変わらない色合い。6月に根腐れが発覚して、土を入れ替えた株は、中心部の葉先の色が、茶色から緑へと回復したような気がする。日の光で赤茶色に変色した部分は、秋には元の緑に戻ります。株分けしたハオルチアは、暑さに全く動じることなく元気です。10月の終わりまで、このまま外で育 [続きを読む]
  • 2年越しのカルーナの花
  • 近年、よく売られていたカルーナ。庭の高低差をつける高さのアクセントとして植えたのですが、雪で横倒しとなり、背丈の伸びたセロリの下で、密やかに生き、「あら!」と気が付くと、2年越しの花を咲かせていました。ツツジ科の常緑低木、大きく育つといいなあ。(今の高さは、30センチ)7月に植えた星形の花ペンタス。花が咲き終わったら、花先から二節の下をチョキンと切り戻すと、花がまた付くようです。8月の終わりは、くたび [続きを読む]
  • 安来鷹入りの滝へ行ってみる
  • 以前地元紙に掲載された、安来の鷹入りの滝へ行ってみました。伯太のチューリップ祭りが行われる辺りを過ぎると、〔鷹入りの滝まで、○○キロ〕との、立て看板次々と現れが誘導してくれました。駐車場から20分、登り坂の遊歩道を歩くと、無数の小さな滝を見ることが出来、階段を上がるたびに、なんと、カエルが飛びピョンピョン出してきました。その多くが、トノサマガエル。茶色のカエル二にも会えて、嬉しかった。ブヨがわんさか [続きを読む]
  • タマスダレの花咲く頃
  • 夏の終わり、ヒガンバナ科のタマスダレが、家の周りをぐるりと咲き始めます。松江は、今日最高気温35度予想。残暑厳しき日は、庭の花を切り取って、コップに挿し込み、パーシャルから食パンを一枚引き抜いて、ひとりで、自分のサンドイッチを作り、庭のルッコラを添えてみる。家の中で、自分を自分で癒す夏の日。 [続きを読む]
  • 花壇を縁どる〜宿根トレニア
  • 暑さに弱い宿根トレニアは、日中ぐったりとして、夕方水をかけると、すっくと立ちあがり夏を越している。地を這う習性で、株が大きく広がり、それをニコニコと眺めている。挿し芽で増やした株は、花壇を縁取るまでに成長。水やりは、これからは控えめで良さそう。甥家族が来訪して、楽しかった。お盆が過ぎて、ひと段落。今日はひとりで、息抜き。たまには、いいのか。自分の心の洗濯。(スカラベ136の抹茶クレープ) [続きを読む]