CLASSIC ROCK LOVE さん プロフィール

  •  
CLASSIC ROCK LOVEさん: CLASSIC ROCK LOVE
ハンドル名CLASSIC ROCK LOVE さん
ブログタイトルCLASSIC ROCK LOVE
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/flamebyflame
サイト紹介文70年代、80年代のロックとその周辺の音楽について 気の向くままつぶやきます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/12/21 20:23

CLASSIC ROCK LOVE さんのブログ記事

  • Supper's Ready Illustrated / GENESIS
  • Supper's Ready Illustrated 知人からのリクエストがあり、この動画をアップします。イラストとロックの名曲のコラボの動画です。イラストと英語歌詞で、何となく曲の世界がわかってきますね。面白い効果です。非常にデリケートなジェネシスのモザイクのような音楽を見直す機会になると思います。初期ジェネシスは聴きこむとどっぷり浸ってしまいそうです。 [続きを読む]
  • ACDC - Whole Lotta Rosie (Live at the Hippodrome Golders Green London-1977)
  • ACDC - Whole Lotta Rosie (Live at the Hippodrome Golders Green London-1977) 先月、AC/DCのリズムギタリスト、リフ・メイカーであったマルコム・ヤングが亡くなりました。あの、リフの鬼のようなAC/DCの鉄壁のサウンドの要となっていた人物です。弟のアンガス・ヤングが派手に前面に出てパフォーマンスを繰り広げる中、アンプの前に陣取って、縁の下の力持ちのように、強靭なギターリフを刻んでいました。ご冥福をお祈りいたし [続きを読む]
  • Harem Scarem - "Here Today Gone Tomorrow" (Official Music Video)
  • Harem Scarem - "Here Today Gone Tomorrow" (Official Music Video) 2017年現在のハーレム・スキャーレムです。25年前とあまりにも容姿が違うので、同じバンドとは思えないくらいですが(前回アップした「honesty」のビデオと比較すると驚愕の変化です)、音楽は相変わらず、素晴らしい。ちょっとハードなイントロから始まりますが、甘くとろけるようなサビの素晴らしい美旋律は、このバンドの真骨頂。何回も聴きたくなるメロデ [続きを読む]
  • Harem Scarem - Honestly
  • Harem Scarem - Honestly メロディアスハードロックの最高峰、ハーレム・スキャーレムはカナダのバンドです。一般のロックファンは知らないかもしれないんですが、ハードロック&ヘヴィ・メタルのファンにとっては、超有名です。演奏力、ボーカルのうまさはまさに日本人好み。この手のロックが流行っていた時期の最後のほうにデビューしたため、知名度が低く、マニアックな人気に支えられてバンドを継続してきてました。一時期は解 [続きを読む]
  • Lynyrd Skynyrd - Whiskey Rock-A-Roller
  • Lynyrd Skynyrd - Whiskey Rock-A-Roller 飛行機事故を皮切りに、全盛期のメンバーがゲイリー・ロッシントンを除き、みんな早死にしてしまったという悲劇のバンドですが、アメリカ本土だけでなく、ヨーロッパ(特にイギリス)、ここ日本でもすごく愛されているバンドです。サザンロックバンドとしては、たぶんオールマンより人気の幅が広いような感じがします。オールマンというのは演奏はうまいのですが、ちょっと、玄人好みの [続きを読む]
  • John Lennon - Imagine
  • John Lennon - Imagine この曲は私より5才くらい上の方(つまり60才前後の方)には絶対的な人気を持っていますね。私が中学生の頃、ビートルズのヒット曲をすべて聴きつくした頃、その年頃の方にこの曲をよく勧められました。当時、私はハードロック、プロブレに夢中になり始めていたので、この曲をそれほど聴かなかったのですが、年を取るにつれ、この曲でジーンとくるようになります。ジョンのソロではまさに代表作だと思いま [続きを読む]
  • Animals - House Of The Rising Sun (1964)
  • Animals - House Of The Rising Sun (1964) このバンドのヴォーカル、エリック・バードンにとっては、一世一代の名演だったと思います。この曲のもつインパクトは永遠に消えない。シンプルなロックバラードですが、耳に残りますねー。元々は伝統的なフォークソングだったのを、ブルースっぽい解釈で、パワフルにしたのがよかったのでしょうね。 [続きを読む]
  • Carole King - I Feel The Earth Move (1971)
  • Carole King - I Feel The Earth Move (1971) 花王ビオレuのテレビCMにこの曲の日本人歌手によるカバーが使われているんですよね。おおっ、かっこいい!久々に聴いた!と思って、載せることにしました。ピアノだけでのロック調の音楽をやるというのは、イメージ的にはあのレオン・ラッセルが有名だと思うのですが、キャロルもいいですねー。声の質もこういう曲に会ってます。それんしても、広告代理店の曲選びのセンスは渋い。だっ [続きを読む]
  • 名曲だよ。ダウンアンダーだけじゃない! Men At Work - Overkill
  • Men At Work - Overkill 久々にこの曲を聴きました。当時アメリカのヒットチャートにかぶりついていた人は、聴くと思い出すかもしれません。大ヒット曲「ダウン・アンダー」を取り上げようかなと思いつつ、別の曲を探していたら、この曲を見つけたんです。いやーっ、かっこいいです。背中がゾクゾクする感じです。音がスカスカなのに、高揚感が凄い!正直言って、ポリスに似ているかもしれないけど、管楽器が入っているので、ちょ [続きを読む]
  • Elton John - Goodbye Yellow Brick Road
  • Elton John - Goodbye Yellow Brick Road your song と並ぶエルトンの名バラードですね。何となくビートルズっぽいと思うのは私だけでしょうか?日本人好きのメロディではなく、ちょっとひねりの効いたメロディラインですが、じっくり聴くと味が出てきます。全盛期の彼の姿は、独特ですね。トレードマークのメガネは強烈でした。2014.12.21の your song の記事のところの動画は削除されたので、新しく貼り付けました [続きを読む]
  • King Crimson - In The Wake Of Poseidon (OFFICIAL)
  • King Crimson - In The Wake Of Poseidon (OFFICIAL) キング・クリムゾンというと、最も聴きやすい「クリムゾンキングの宮殿」と「レッド」の2枚で完結してしまう人が多いんですよね。まあ、わからないでもないです。単純にかっこいいですからね。でも、もし余裕があれば、ほかの作品も聴いてもらいたいなあと思うのがファンの心理。この作品はセカンドアルバムで、グレッグ・レイクが参加したもう一つの作品です。ファーストアル [続きを読む]
  • Gary Moore - Empty Rooms 1984
  • Gary Moore - Empty Rooms 1984 泣きのギタリスト、必殺の名バラード「エンプティ・ルーム」です。この人の速弾きも素晴らしいんですが、泣きのバラードも素晴らしい。胸にジーンとするこの曲は本当に光っています。彼は、一時ロックの表舞台から姿を消して、再び戻ってきそうになったときに、突然50代でこの世を旅立ちました。才能のある人だったので、非常に惜しかったです。日本人が大好きな泣きのギターをやらせたらピカイチ [続きを読む]
  • Guns N' Roses - Yesterdays
  • Guns N' Roses - Yesterdays ガンズ特集の最後の曲はこの曲。親しみやすいメロディが印象に残る。割とアレンジは平凡であるが、アクセル・ローズの歌唱が半端ないほど迫力。バラードだと思うが・・・アクセルの熱唱を聴くと、ちょっと違うかも。思い起こすと、ガンズは古き良き時代のメロディをもつアメリカン・ハードロックバンドで最後に活躍したバンドだった。このあと、90年代は、グランジ、オルタナティブロックが隆盛を [続きを読む]
  • Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine
  • Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine イントロのくせになるテーマリフレインと、その後に入ってくる、ベースラインのかっこよさで、参ってしまう。歌メロも素晴らしい。ポップな曲ではあるものの、アレンジとやはりアクセル・ローズの歌唱が只者ではない曲である。短期間でスーパースターに上り詰めて、一時は「社会現象」的な人気を得た彼らの凄みを感じる曲である。名曲だと思う。 [続きを読む]
  • Guns N' Roses - Welcome To The Jungle
  • Guns N' Roses - Welcome To The Jungle エアロスミス、モトリー・クルーと特集したら、やっぱり流れ的にこのバンドを取り上げてみたくなる。野生的なバンドのDNAを引き継ぐバンドだからだ。80年代前半頃までの洋楽しか聴かないクラシックロックファンは1980年代末にデビューしたこのバンドにはあまり興味が湧かないかもしれないけど(笑)私は、この曲を初めて聴いたときに、「まるでエアロスミス見たいだ!」と驚愕した [続きを読む]
  • Motley Crue - Home Sweet Home Live @ Carnival of Sins
  • Motley Crue - Home Sweet Home Live @ Carnival of Sins このブログでこの曲を出すのはたぶん3回目です。モトリーを語るなら、この曲抜きでは語れません。エアロのドリームオンと同様、最強のパワーバラードです。大合唱になって当然の素晴らしい曲です。この曲があるからこそ、彼らはただのメタルバンド、ハードロックバンドにならなかったような気がします。スタジオバージョンも聴きましょう。圧倒的な名曲です。 [続きを読む]
  • Mötley Crüe - Smokin' In The Boys Room
  • Mötley Crüe - Smokin' In The Boys Room 80年代のバッドボーイズロックンロールバンドの代表格、モトリー・クルーの個性を感じる曲です。アメリカのスモーキンブギみたいなイメージでしょうか?サビの部分のノリの良さが秀逸です。猥雑というか、下品というか、そこがロックっぽいというイメージを持ったバンドです。エアロスミス、モトリー、そしてガンズ。3つのバンドはとにかくボーカルの個性がすごいですね。 [続きを読む]