いしちゃん さん プロフィール

  •  
いしちゃんさん: 医師の気持ち
ハンドル名いしちゃん さん
ブログタイトル医師の気持ち
ブログURLhttp://ishitan.seesaa.net/
サイト紹介文医師の気持ち、想い、年収、マッチング、離婚、資格、逮捕、結婚、バイト、検索、医局のことなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2014/12/21 23:06

いしちゃん さんのブログ記事

  • 当直前 過ごし方
  • 当直前の過ごし方ってどんな風にしているものでしょうか?飲み会での話題でした。笑何もしない、普段通りに過ごすというのがやっぱり一番多かったのは若いドクターが多い飲み会だったからでしょうか。自分も含めてやや年齢が上がると当直の前日はいつもより早い時刻に就寝することが多い印象です。体力の衰え半端ねえっすな。笑中には飲みに行くぜ!という強者な医者もいました。だって当直の日は飲めないから1日分多めに飲んどく [続きを読む]
  • SGLT2阻害薬 種類
  • SGLT2阻害薬は7種類が販売されています。あっという間に糖尿病治療薬としては欠かせない薬剤となりましたね。ダパグリフロジン(フォシーガ)エンパグリフロジン(ジャディアンス)トホグリフロジン(アプルウェイ)カナグリフロジン(カナグル) 配合錠  カナリア(DPP-4阻害薬テネリグリプチンと)イプラグリフロジンL-プロリン(スーグラ) 日本発のSGLT2阻害薬 配合錠  スージャヌ(DPP-4阻害薬シタグリプチンと)ルセ [続きを読む]
  • リウマチ性多発筋痛症 診断
  • リウマチ性多発筋痛症の診断については救急をするならば知っておきたいものです。というのも高齢者の不明熱、原因不明の高CRP血症の鑑別として、結構よくある疾患だからです。ACR-EULARの分類基準を使います。(Arthritis Rheum. 2012 Apr;64(4):943-54.)他疾患(RA・SLE・血管炎・PM/DMなど)の除外の上50歳以上・両肩の疼痛・CRP or ESR上昇で朝のこわばり45分以上(2点)臀部の疼痛、股関節可動域(ROM)低下(1点)RFや抗CCP [続きを読む]
  • シクロスポリン
  • シクロスポリンを使うことになっています。研修医くんは言いました。成人スチル病でステロイド単独治療で治療困難だった症例について研修医くんとカンファレンスをした時のお話です。『そうだね、それでいいと思うよ。 MTXでも良いけれどこの症例は 血球のこともあるしCyAかな。 じゃあどのくらい処方する?』では、サンディミュンを・・・『ん? サンディミュン使うつもりなの?笑 久々に聞いたわ。笑』え・・・?サンディミ [続きを読む]
  • HIV HBV HCV
  • HIV患者さんではHBVやHCVの感染症の検査を忘れずにしたいものです。B型肝炎に関してはMSMの5-10%がHBs抗原陽性でその5-10倍の既感染者が存在するとされています。日本に昔からあるgenotype Cよりもgenotype Aが多いと言われています。(J Infect Chemother. 2012 Dec;18(6):883-90.)ちなみにHBV共感染があれば抗HBV作用のある抗HIV薬を2剤含むARTを行います。またHBワクチンも検討が必要です。(JAMA. 2011 Apr 13;305(14):1432-4 [続きを読む]
  • 嚥下 漢字
  • 嚥下の漢字ってどう書くんでしたっけ?ふと同期の看護師さんに訊かれたレジデントくんがこう答えました。「口と書いてツバメと書くといいですよ」すると・・・『つばめってどんな漢字なんですか? そんなん意味が分からへん!』と返答。笑燕ってなかなか書きませんからね。汗そして・・・”これだから頭がいいエリートは困る! 分かりやすく伝えることが 医者の腕の見せ所やと思いますよ”と先輩看護師さんがカットイン。最後に [続きを読む]
  • 肺非結核性抗酸菌症 菌種
  • 肺非結核性抗酸菌症では菌種を同定することが非常に重要です。ところでNTMってどんな菌がいるのでしょうか?研修医くんがふと呟きました。Non tuberculous Mycobacteriaとは別名Mycobacteria other than tubercle bacillus(MOTT)とも呼ばれることがあります。つまり結核菌群とらい菌以外の抗酸菌の総称で、約170種類存在するとされています。M. avium complex(MAC) M. avium M. intracellulareM. kansasiiM. abscessusM. for [続きを読む]
  • 救急患者 拒否
  • 救急患者を拒否するのは余程の理由がないとなかなか許されることではないですよね。たらい回しになっている間にどんどん病状が進んで助かる命が助けられないというリスクが潜んでいますからね。そんな救急患者についてカンファレンスをしていたときのこと。。。あるレジデントの先生がこう言いました。「自分はむしろ救急患者から拒否されました」え?どういうこと?「内科当直の時にたらい回しになっていると 救急隊から連絡があ [続きを読む]
  • 精神科医
  • 精神科医はダメ人間ほど成功するんや。忘年会で精神科の同期が言ってました。笑真面目に色々やってきて、勉強もできて医学部に入って医者になって、おまけにイケメンで精神的にも健全な奴はあかん。相手の悩みを分かる訳がないねん。一方俺みたいな勉強嫌いで、医者も家系で仕方なくなって、留年もして、色々と悩みまくったダメな奴ほど患者さんの気持ちが分かるんや。そしてそんなところから立ち直って何とか社会人をできている俺 [続きを読む]
  • 鳥インフルエンザ H7N9
  • 鳥インフルエンザのH7N9亜型は2013年に中国上海市でヒトへの感染が発生したため大きく注目されたものです。(N Engl J Med. 2013 May 16;368(20):1888-97.)特に重症肺炎となり死亡率が高いことから警戒が必要な亜型です。(N Engl J Med. 2013 Jun 13;368(24):2277-85.)一過性に出現してきただけなら良かったのですが、2013年の後も中国ではH7N9ウイルスの感染が報告されていて常在化したとも考えられています。市場がヒトへの感 [続きを読む]
  • レジデンピック
  • レジデンピック!?何だこれは!!面白そうだー。院内のポスターで見つけてしまいました。結果はどうなるかは分からないけれど、研修医のみんなと一緒に自分も挑戦してみようかな。そもそもできるのか?笑こういう楽しみながら学べるイベントはなかなか良い取り組みですね。ResidenpicというネーミングもまたGoodですね。よろしければ応援 お願いします!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 人工腎臓
  • 人工腎臓とは今の医療では人工腎臓装置のことを意味していて血液透析などのことを指しています。様々な課題が山積みです。しかーし!ここではそういうものではなく本当に腎臓を創るというお話です。最近はES細胞やiPS細胞を使って腎臓そのものを作るという研究が進んできています。試験管内で糸球体のようなものがある程度作れるようになってきています。Cell Stem Cell. 2014 Jan 2;14(1):53-67. Nat Biotechnol. 2015 Nov;33(11) [続きを読む]
  • エリテマトーデス ループス 意味
  • エリテマトーデスとは紅斑を意味しています。ループスは・・・SLEの説明をする時にいつも迷うところです。SLE 教科書で紹介したDuboisらのテキストではラテン語でオオカミの意味とされています。狼があたかも呑食する・咬む・砕くかの様な感覚を表現する顔面の紅斑性潰瘍を意味するものだったと記載されています。一方でリウマチ病学テキスト 改訂第2版では、後期ローマ帝国で多かった名字で何故皮疹の名前になっているかは不明と [続きを読む]
  • MEN1型
  • MEN1型の診断基準です。多発性内分泌腫瘍症診療ガイドブックによると・・・①原発性副甲状腺機能亢進症、膵消化管神経内分泌腫瘍NET、下垂体腫瘍の2つ以上 ②①の1つと一度近親者(親・子・同胞)にMEN1と診断された者がいる ③①の1つとMEN1遺伝子の病原性変異あり >>>いずれかで確定 となります。原発性副甲状腺機能亢進症、ガストリノーマやインスリノーマなどの膵消化管神経内分泌腫瘍NET、下垂体腫瘍、副腎皮質腫瘍、皮膚 [続きを読む]
  • SYNTAXスコア
  • 安定狭心症の治療としてPCIを行うのかCABGを行うのかは長期間結論がつかずにいました。これに決着をつけたのがSYNTAX研究だと思います。(Lancet. 2013 Feb 23;381(9867):629-38.)これはSYNTAXスコアを算出し点数が33以上ならCABGを行うべきであると結論されています。カテーテル治療をするのか心臓手術を受けるのかを計算できるというのは本当に凄いですよね。SYNTAXスコアは計算できるWebサイトが作成されており誰でも利用でき [続きを読む]
  • 女医 宝塚
  • 女医さんと話していると宝塚が好きという方が多い印象です。カッコいいですよね。関西で働いているからでしょうか。それとも自分も好きですからそんな話になるだけでしょうか。笑色々なきっかけがあるようです。学生時代に関西にきたら同級生に誘われたとか。研修医時代に婦人科のオーベンに指導いただいたとか。笑中には友達の結婚式でタカラジェンヌが親戚として来ていたという方も!熱烈さも色々です。ファンクラブに入って新し [続きを読む]
  • パーキンソン病 レボドパ
  • パーキンソン病の治療といえばレボドパですね。しかし国試でも出るレベルだと思いますが、しっかりと特徴を押さえていきましょう。特徴を知れば他の薬剤が色々と開発されてきた理由や目的がわかるでしょう。レボドパは半減期が短いのです。これが様々な問題の根源になる特徴です。Parkinson病の進行とともに、レボドパは治療有効血中濃度の閾値が上昇しジスキネジアなどの副作用を惹起する血中濃度の閾値が低下します。つまり次第 [続きを読む]
  • ワーファリン 過延長 対応
  • ワーファリンでPT-INRが過延長したときの対応は知っておきたいものです。心房細動でワーファリンを内服していた患者さんが口の中に血が出て止まらないと内科にやってきました。他院で関節痛に対して鎮痛薬としてNSAIDsをモリモリに盛られたようです。相互作用からかINRが10超えてる!!そんな事もありますからね。まず対応としては出血の評価です。頭蓋内出血、眼内出血、後腹膜出血、関節内出血、消化管出血、心嚢内出血筋肉内出 [続きを読む]
  • 難聴 患者 対応
  • 難聴の患者さんの対応はとても困ります。特に問診をする時に情報がスムーズに取れないので大変ですよね。「今日はー!どーされましたかー??」と大声で喋っている先生もいれば、プリンターから紙を取り出して手書きで色々と書いている先生もいます。しかしいずれもめんどくさい。ということで何かいいアイデアはないかと思っていた今日この頃。。。妙に無言の診察をしている研修医くんがいました。ふと覗いてみると。。。ワードを [続きを読む]
  • ALDH2
  • ALDH2とは2型アセトアルデヒド脱水素酵素を略して表したもので、エタノールの代謝物であるアセトアルデヒドを酸化する役割を果たしています。ALDH2には遺伝子多型があり、 ALDH2*1は野生型 、ALDH2*2は活性がほぼ欠損します。ALDH2*1/1 は日本人の50%です。 この人たちはフラッシング反応はなくお酒に強い人ということになります。 このタイプの代謝活性1とします。ALDH2*1/2 は日本人の40%です。このタイプの代謝活性は1/16です。 [続きを読む]
  • 退院時サマリ 駄目
  • 退院時サマリを書いているときに駄目だなーとしみじみと思う時があります。研修医くんが言いました。『ほうほう、どうしたどうした。』先生が退院時サマリーを書いているのを隣で仕事をしつつ見たことがあるんです。『なんと!それでそれで?』先生って退院サマリを描く時って殆どカルテを見返すことなく書いてたんです。『なるほどー。毎日のカルテでサマリを 上につけてるからなー。 そこさえ見れば要約に必要なことは全て書い [続きを読む]
  • watchful waiting
  • Watchful waitingとは無治療経過観察を意味しています。比較的ゆっくりとした経過を辿る悪性腫瘍に対して有害事象が少ない標準治療がない場合に行われます。病勢が進行してから治療を開始するという戦略です。Watchful waitingが標準となっている血液疾患は以下の通りだと思います。非進行期の慢性リンパ性白血病低腫瘍量の濾胞性リンパ腫やその他の低悪性度B細胞リンパ腫低腫瘍量のマントル細胞リンパ腫無症候性多発性骨髄腫低悪 [続きを読む]