@脱サラ PANさん さん プロフィール

  •  
@脱サラ PANさんさん: 若者の脱サラバックパッカー!!
ハンドル名@脱サラ PANさん さん
ブログタイトル若者の脱サラバックパッカー!!
ブログURLhttp://datsusarabackpacker.blog.jp/
サイト紹介文日本人旅行者の為になる情報提供を目指したブログです!日本人の皆様が楽しく旅ができますように!!
自由文脱サラした青年による初めての海外一人旅。旅二日目で早速睡眠薬強盗にあい、チャオプラヤー川岸に遺棄されました。生きてます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/12/24 22:44

@脱サラ PANさん さんのブログ記事

  • ラオス2日目 可愛い女の子と出会う!
  • 2015年9月下旬ラオスの首都ヴィエンチャンに到着して2日目。町の中心地から遠い所に、ラオスに来る深夜バスで一緒だったタイ人家族と共に泊まってしまったので、この日は町の中心地付近に移動する。朝、タイ人家族の部屋をノックしたら、彼らは既に朝食を食べに行ったのか、部屋にはいなかったので、「ありがとう」という手紙をドアに挟んで、私は宿を出た。中心地までは歩いて20分程で着いた。この辺りは、ホテルやゲストハウスや [続きを読む]
  • 初めての移動!ラオス1日目!首都ヴィエンチャン
  • 2014年9月タイから夜行バスでラオスの首都ヴィエンチャンに着いた。私にとって、始めての国移動だった。初体験だ。初めて自分で陸路で移動をした!因みに、ラオスについては何も知らない。本当に一切、何の情報も持たずに来た。そもそもラオスという国名も日本から旅立つ直前に知ったし、まぁ、聞いたことくらいはあったと思うけど、それが東南アジアにあるなんて知らなかった。バンコクに来て、宿で皆と話していると、たいてい、 [続きを読む]
  • 後編・満身創痍!ゴーキョの峠越え エベレストトレッキング
  • このトレッキングで1番キツかったゴーキョの峠越え。今度はさっき登ってきた峠を下る。こんなそり立つ岩壁を超えてきたということは、当然同じように急な傾斜を下らないといけないわけで。くだりも相応なヤバさだった。一目瞭然だ。はっきり言って、この峠は登るより下る方がキツそうだ。傾斜がハンパない。ということは、こっち側から登ってきた人達は私らよりもキツイかもしれない。降り始めて、道じゃないような石の瓦礫のかた [続きを読む]
  • ついに下山開始!ゾンラに向かう!エベレストトレッキング
  • ネパール・ヒマラヤ標高5100メートル ゴラクシェプ村早朝にエベレストトレッキングのメインである、標高5600メートルのカラパタールに登ってきた私とユウキ君。さあ、これからついに下山を開始する。いわゆる、折り返しだ!標高が下がると思うと嬉しい!嬉しすぎる!標高が下がれば酸素濃度も濃くなるし、寒さも幾分やわらぐ。ずっと登り続けた私達には、この折り返し地点は非常に嬉しい。ただ、私達は真っ直ぐには下山をしない。 [続きを読む]
  • ツラすぎたカラパタール登頂・エベレストトレッキング
  • ネパール・ヒマラヤ標高5,140メートル ゴラクシェプ村(Gorak Shep)この日は、カラパタールというエベレストが真ん前で拝める山に登り、それからゾンラという村に行くプラン。カラパタールは、一応このトレッキングのメインにあたる。なぜなら、エベレストを目の前に見ることができるから。多くのトレッカーにとってここが終着点だ。エベレストトレッキングといえば、このカラパタールに登る事を目的としたものが多い。私達は、エベ [続きを読む]
  • ここがエベレストベースキャンプだ!
  • ネパール・ヒマラヤ標高4,930メートル ロブチェ村高山病の頭痛のせいでまともにぐっすりは眠れない日々が続いている。確実に高山病の症状ではあるが、どのレベルの痛さまでいったら危険かの判断がわからないため、とりあえず進もう。毎日、大概目覚ましがなる前の5時台には目覚める。目覚めてからは、着替えやパッキング等をゆっくりと時間をかけて行い、7時半位には居間に行って朝食を食べる。この日は標高5,150メートルのゴラク [続きを読む]
  • いいケツ姉ちゃんを追って高地順応登山!ディンボチェ
  • ネパール・ヒマラヤ 標高4400メートル ディンボチェ村エベレストトレッキング8日目高地順応のため、この日もここディンボチェ村に泊まる。同じ村に泊まるのは、前進したい私には正直苦痛だが、高山病対策の為やむを得ない。さて、この日は、高地順応を兼ねて近くの山にトレッキングに行く。標高5200メートル辺りまで行って降りてくるという、プランだ。朝の9時前にはユウキ君と彼のガイドと出発した。今までのトレッキングのよう [続きを読む]
  • ディンボチェ到着! エベレストトレッキング
  • ネパール・ヒマラヤ ディボチェ標高3,780メートルエベレストトレッキング8日目この日はディンボチェという標高4410メートルにある村を目指す。つまり、高度だけでいうと600メートル以上登ることとなる。エベレストトレッキングにおいて勘違いしてはいけないのは、600メートル登ると聞くと、ずっと登りだと考えてしまうが、実際にトレッキングをしてみると分かるが、その600メートル上に行く間には、下りもある。そのため、登った [続きを読む]
  • タンボチェ超え エベレストトレッキング
  • ネパール・ヒマラヤ 標高3400メートル ナムチェバザールエベレストトレッキング7日目この日はタンボチェという村を目指す。朝の6時に起床し、7時にご飯を食べ、昨日会ったユウキ君と待ち合わせをした通りに8時半に行く。一応、ここに8時半にいなければお互いに先に行こうという話にはなっていたが、数分だけ待つ事にした。5分待ったが、ユウキ君は現れなかったので一人で出発することにした。一人で黙々とタンボチェに向かい歩く [続きを読む]
  • ナムチェでの出会い。エベレストトレッキング6日目
  • ネパール・ヒマラヤナムチェ・標高3,400メートルナムチェバザール滞在2日目 午後お昼過ぎには、高地順応の為に行った標高3,800メートルのクムジュンという村から帰っってきた。やることがないので、ナムチェバザールを一人でフラフラ。お土産屋などのお店を見たりしていたら、通りに明らかに日本人な青年を発見。なんかキョロキョロとしていた。「何探してるんですか?」と日本語で話しかけた。彼の名はユウキ君(仮名)。どうや [続きを読む]
  • 天空の村ナムチェに到着 ああああああめっちゃキツイ
  • ネパール・ヒマラヤエベレストトレッキング5日目チェプルンという、ルクラの近くの村朝7時にご飯を食べ、宿を出発。この日はナムチェという、標高3,400メートル台にある村を目指す。地図でいうと、あの赤いスタート地点から写真手前のナムチェまで目指すということ。写真でみるとちょっとヤバイことやっていたなと改めて実感する。ナムチェは、エベレストトレッキングのルートで1番栄えている村であり、トレッカーや登山者の休憩地 [続きを読む]
  • 親切なシェルパの宿に泊まる チェプルン
  • 2017年ヒマラヤのパイヤ(PAIYA)という村エベレスト・トレッキング4日目朝6時には目覚め、宿で朝飯を食べてから出発。今日の目標はルクラを超えること。ルクラとは、エベレスト街道の始まりの場所。そう、殆どのトレッカーがこのルクラまで飛行機で来て、ここからエベレストトレッキングを開始するのだ。その地点はここからかなり近いので、正直、今日は確実にルクラを越えることができる。昼頃には超えるだろう。ルクラは越える [続きを読む]
  • エベレスト3日目 初めて雨に降られる
  • 2017年11月エベレストトレッキング3日目ジュビンという村に宿泊していた。早く寝た割に寝坊し、7時半頃に目覚める。朝食は昨夜と同じヌードルとチャイだけ。無料で沸騰した熱湯を水筒に入れもらう。このあたりの標高だと、まだ無料でお湯をくれる。水を買うと高いので、煮沸したお湯を醒まして飲むのだ。さて、ここの宿はお気に入り。家族が良い人!特に娘さんがとても親切で愛嬌もある。帰りはまたここに泊まりたいと思った。さて [続きを読む]
  • エベレスト街道2日目で膝を壊す。そして仲間がリタイア
  • エベレストトレッキング1日目で高山病の症状が出たため、数百メートル下山し、リングムという村の少し上にあるロッジに宿泊することにした私。高山病の症状の1つである吐き気がしたため、ほとんど食欲も無く、スープだけを頼んで夕食を終わらせた。他の宿泊客は全てネパール人のシェルパやポーターなど地元の奴だけだった。日が暮れてからのロッジはかなり寒い。やはり標高が2500メートルくらいの為、昨日よりもかなり冷える。ホッ [続きを読む]
  • みんなに見られながらうんちをする。パキスタン・フンザに向かう
  • パキスタンのラワルピンディを出発してバスで北部フンザに向かった。バスで一夜を過ごし、そして翌朝。8時くらいにカラコルムハイウェイを走るバスで目覚める。相変わらずやることはないが、相変わらずバスの中から見る景色は雄大で素晴らしい。断崖絶壁の灰色の岩山と狭い崖道、舗装もされていないボコボコ道から見る眼下の深緑色のインダス川。そんな景色を何時間も走っているとき、私は休憩中に飲んだチャイのミルクに当たった [続きを読む]
  • エベレストトレッキング1日目 いきなり全員はぐれる
  • 2017年ネパール・サッレリ朝の5時過ぎにサッレリ村のロッジで目覚める。この日は7時からトレッキングを開始する予定であった。取りあえずトイレ 。トレイからの景色がすばらしい!朝ごはんを軽く食べ、チャイを飲んで。宿代と昨日からの食事を清算。宿代入れて一人750ルピー(750円くらい)。昨日食べたときに特に料金をいちいち確認していなかったので、思っていたよりも高かった。というのも、ここに来る前に、カトマンズで地元 [続きを読む]
  • 長谷川メモリアルスクール In フンザ・パキスタン
  • 2015年パキスタン・フンザ最初に言っておくが写真はない。朝5時くらいに起きて、4キロ離れたアーリアバードという町までヒッチハイクで行き、6時からジムでトレーニングをする。そのあと、カリマバードに戻ってみんなと朝ごはん。午後は暇だ。フンザから行ける大概の観光スポットには行ってしまった為、やる事がないので、ついに数日前にヨウジさんからお薦めされた長谷川メモリアルスクールに行くことにした。長谷川メモリアルス [続きを読む]
  • みんなでパスー氷河へ。パキスタン
  • パキスタン バルディスタン州フンザこの日は、いつものメンバーで出かける最後の日となった。いつものメンバーとは、韓国人女性2名と男性1名、そして日本人の私とケンさんの合計5人。マサは行かないらしく宿に残る。そして最近フンザにきたばかりの韓国人の大学生スーパーも含め6人でパスー氷河に行くことになった。フンザから行ける主要なアクティビティスポットとしては、ここに行けば全て制覇したようなものだ。パスーが氷河だ [続きを読む]
  • サッレリに出発!エベレストトレッキング出発の地に向かう
  • 2017年ネパール・カトマンズこの日は我々のエベレストトレッキングの出発地であるサルーという地域のサッレリという村へジープで出発する日。ここ拡大迎えのジープがタメルのランタバスパークに朝の4時45分に迎えにくるので、3時半に起床。トイレと、ちょっとしたパッキングの残りを終え、同部屋の小春ちゃんと一緒に宿の受付に向かう。ここで33歳の長期バックパッカー(小春ちゃんが無理やりトレッキング誘った)のケンジさんを待つ [続きを読む]
  • カトマンズでトレッキング用品を揃えるにはここ!
  • 2017年ネパール・カトマンズネパールに来てから5日目。ついに安いトレッキング用品店を見つけた。ネパール出発前に日本で色々とネット上の情報を調べたところ、カトマンズのタメル地区ではかなり安くトレッキング用品を購入できるという情報を得ていた。寝袋やダウンジャケットなら1日40〜60ルピー(40円〜60円強)程度らしい。しかし実際に行ってみると、確かに売っている商品は安いが、期待している程の値段ではなかった。レンタル [続きを読む]