ヒロ さん プロフィール

  •  
ヒロさん: ぼちぼちお遍路(野宿修行?)
ハンドル名ヒロ さん
ブログタイトルぼちぼちお遍路(野宿修行?)
ブログURLhttp://ohenro108.blog.fc2.com/
サイト紹介文お遍路を車でまわり、歩きでお遍路を始め野宿遍路さんに出会ってから自分でも野宿がしたくなりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/12/27 19:12

ヒロ さんのブログ記事

  • 車で車中泊お遍路
  • 1巡目の歩きお遍路の時に42番札所佛木寺のお参りをしようと山門に向かっていると駐車場に1台のワンボックスの車が入りお遍路さんが降りてこられました。挨拶をしますと車の中で寝泊まりしてお遍路をしているとの事でした。車で1巡目の時は宿泊まりでしたので2巡目は車中泊でやってみたいと思いました。いまから11年も前になりますが、車中泊のために色々調べて車中泊お遍路をしてみました。車中泊お遍路の入り口ですポチッとクリッ [続きを読む]
  • 泊った野宿場所12
  • 81番札所白峰寺を打ってから野宿リストに載っている中山休息所に移動しました。東屋の中央部に作りつけの机や椅子がないのでテントが張りやすい場所でした。東屋のすぐ近くに綺麗なトイレがありますが、トイレの水は飲用に出来ないと書いてありました。山の中ですので、車の音もほとんど気にならずにゆっくり休む事が出来ました。現在では、遍路道沿いの82番札所手前に五色台こどもおもてなし処の遍路小屋があります。男女別の [続きを読む]
  • 泊った野宿場所11
  • 65番札所三角寺の参拝前に野宿しようとしたら昔は遍路道沿いにある戸川公園がありましたが、ある時から野宿禁止になりました。ですので、遍路道から少し外れるのですが、野宿が許されている三島公園に野宿する事にしました。綺麗なトイレもありますし夜露をしのぐ屋根のある東屋があります。温かい時期ですとテントだけで寝袋も必要ないのですが、時期によってはそれなりの準備が必要となります。テントの中で横になるまでは気に [続きを読む]
  • 泊った野宿場所10
  • 泊った野宿場所と言う題材で書いていますが、この場所には泊った事もないのですが色々な野宿お遍路さんが紹介されているので杖ノ渕を訪ねてみました。もちろん、野宿リストにも紹介されているスポットです。48番札所の近くにあり順打ちですと少し足を延ばせば「ていれぎの湯」にはいってから野宿する事が出来ます。野宿するには、管理人さんに納め札をお渡しする事が必要となっています。広い東屋の中に何張りものテントが張れる [続きを読む]
  • 泊った野宿場所9
  • 歩くたびに見かけるお遍路無料宿の看板に中はどのようになっているか気になっていました。ある時、中はどのようになっているのだろうと戸を開けてみると中にお遍路さんがいて、ここに泊まろうとしていました。画像にご本人を写さない約束で建物の中を写してみました。畳もあるし布団もあり快適に眠る事が出来そうでした。さらに進んだ場所にある野宿遍路さんや野宿リストに紹介されている千人宿大師堂に泊めて頂きました。大師堂の [続きを読む]
  • 泊った野宿場所8
  • 38番札所金剛福寺に向かう遍路道沿いにあり野宿遍路さん、野宿リストに紹介されている場所にじんべい広場があります。ちょうど私が野宿しようとした日の翌朝に日曜市があるよと地元の方に教えて頂きました。また、運が良ければ無料でジンベイザメを見る事が出来ると言われました。広場にある建物の中には何張りもテントを張る事ができ野宿する事が認められています。私はテントを張って野宿したのですが、残念ながら画像を残すの [続きを読む]
  • 泊った野宿場所7
  • 37番札所を打って38番札所に向かうと野宿リストにも載っている佐賀公園があります。今までの歩きのお遍路で気にはしていなかったのでどこに泊まって良い場所か分かりませんでした。ドライブイン幡多路までいって食事をして夕食としました。女将さんに野宿場所を聞くと少し戻ったところで野宿しているのをよく見かけると言われました。食事を済ませて少し戻ると棚下に良い野宿場所を見つけてテントを張りました。時期が11月初旬だっ [続きを読む]
  • 泊った野宿場所6
  • 野宿も目指してのお遍路でしたので35リットルのリュックの中にテントや寝袋など宿泊まりのお参りよりも多くの物を詰め込みました。当然にリュックの重量も重くなり、歩く速度も遅くなり足腰への負担も大きくなってしまいました。23番札所を過ぎてからの平坦のアスファルトの上の歩きで足に豆が出来てしまいました。民宿徳増で宿泊して朝出発し三津漁港あたりで足が痛くなり歩く事が出来なくなってしまいました。病院で診てもらうた [続きを読む]
  • 泊った野宿場所5
  • 別格4番鯖大師の近くに大砂海水浴場があり、そこにはキャンプ場も併設されています。ちょうど大砂荘の隣にあり、大砂荘で管理されていました。キャンプ場の利用料金が500円だったと思うのですが、シーズンオフでおトイレも閉鎖されていたのですが開けて下さって無料で使わさせていただきました。どこにテントを張ろうかと考えていたら炊事場の所が良いのではとのアドバイスを頂きました。屋根があるので夜露に濡れなくて朝テン [続きを読む]
  • 泊った野宿場所4
  • 20番札所鶴林寺、21番札所太龍寺を打って旧坂口屋の前を通り195線とぶつかる阿瀬比で右折して少し進むと道の駅わじきがあります。ここは、野宿お遍路さんや野宿リストに紹介されています。到着して道の駅の食堂で食事をして夕食としました。道の駅わじきにはトイレがありますが、少し離れた駐車場にも立派なトイレがあります。道の駅の営業が終わってからテントを張ろうと待っていますと青年がやってきました。テント泊りで [続きを読む]
  • 泊った野宿場所3
  • 19番札所立江寺を打って別格3番の慈眼寺に向かう途中横瀬橋を渡ってすぐに左折し1000mぐらい進むと前川キャンプ場があります。東屋、炊事場、BBQ設備、水洗トイレ、テントサイトがありますが無料で利用できます。利用する場合は、キャンプ場に隣接してある管理人さんの家に行って申し込みをしなくてはなりません。キャンプ場は、道のどん詰まりにあるので車などは通りません。前に川が流れているので常に水の流れる音が聞 [続きを読む]
  • 泊った野宿場所2
  • こちらも野宿お遍路さんや野宿リストに紹介されている野宿場所です。39番札所延光寺を打って松尾峠を越えると遍路道から1300mぐらい外れています。39番札所から56号線を歩くと遍路途上にあるあけぼのグランドです。グランドの改修などでしばらく使えなくなっていましたが現在は使用でき管理者の方がお遍路の野宿を黙認なさってくださっています。直ぐ近くに一本松温泉あけぼの荘があり疲れた体を癒し綺麗にする事が出来 [続きを読む]
  • 泊った野宿場所1
  • ネットで野宿お遍路さんのホームページやブログを見て是非泊ってみたいと思っていた場所がありました。色々な野宿リストに紹介されているので皆さんはご存知だと思います。その場所は、20番札所鶴林寺を打って遍路道下った大井にある廃校となった小学校です。初めてテントを張った時は香川の権中先達さんと一緒で奥に見える緑色のテントが私の物です。権中先達さんは足を痛めて此処にたどり着き戸を引いたら開いたので中で休んでい [続きを読む]
  • 快適だった通夜堂
  • 3巡目の歩きお遍路で2012年11月24日にお世話になった通夜堂は60番札所横峰寺への途中にある日切大師の道を挟んで反対側にある光明寺の通夜堂でした。泊る事の許可を得るために光明寺に挨拶に伺うとご住職はじめご家族の方がお留守で玄関に置かれたメモ用紙に記入し納め札を置きました。本堂の戸が開けられるようになっていてお参りが出来るので札所と同じ作法でお参りをしました。通夜堂に来ますと戸が少し開けられていて戸をあけ [続きを読む]
  • 曹洞宗の大本山總持寺にお参りしました
  • 福井県にある曹洞宗の大本山の永平寺には行った事がありますがもう一つの神奈川県にある大本山の總持寺には行った事がありませんでした。8月の汗の噴き出すような暑い日にお参りに行きました。鶴見駅で降りて10分ぐらい歩きますと總持寺の看板が目に入りました。参道を見ますと子供たちの姿は見られましたが参拝者の姿はほとんど見られませんでした。永平寺や善光寺などは常に多くの参拝者がおられますが・・・。太祖堂で線香を購 [続きを読む]
  • 朝焼け
  • 朝早く散歩に出ますと東の空にマグマ色の朝焼けを見ることが出来ました。進んでいくと田んぼの縁のコンクリートの上に「朝早くから歩きやすん。」とでも言いたげにネコが休んでいました。ポチッと お願いしますにほんブログ村ありがとうございました [続きを読む]
  • 赤紫蘇を投入する
  • 青いままの梅6kgを塩で漬けて水が上がるのを待ったのですがなかなか上がるまでに時間がかかってしまいました。ある程度水が上がったので梅6kgほど入る小さなプラ樽を購入してビニール袋も小さくして移し替えました。ここに何時も入れている合成着色料が使われていない赤紫蘇の塩漬けを投入しました。梅の実自体も硬いのでカリカリした物が仕上がるかもしれません。熟して黄色くなった梅を8kgほどを塩漬けにした物はすぐに水 [続きを読む]
  • 梅酒の後は梅漬け
  • 梅酒を作った後残った6kgの梅を漬ける事にしてプラ樽とビニール袋を用意しました。10%ぐらいな減塩の梅漬けをしてみた事もあるのですが表面に白いカビのような物が出来てしまったことがありました。今回は梅6kgに塩を1.08kgで18%近くにしました。梅の入ったビニールの袋から水分が漏れないようにして留め結構重い押さえの重石を置きました。梅から水分が出てくるのを待ちシソの葉を入れようと思っています。ポチッとクリッ [続きを読む]
  • 8リットルの梅酒瓶2本仕込む
  • ウチにある1本だけの梅の木から3分の2ほど収穫しました。おすそ分け予定の方からカリカリの梅漬けをしたいので青い梅が欲しいと言われたからです。おすそ分けした残りを竹串を使ってヘタを取り水洗いをしキッチンタオルを使って水けをふき取りました。8リットルの梅酒瓶に2.6キロの梅1.2キロの氷砂糖3.6リットルの35度の焼酎で梅酒を仕込みました。同量の材料でもう1本の梅酒瓶を仕込みました。6ヶ月後から美味しい梅酒が飲めるか [続きを読む]
  • イタドリの生垣
  • ほんのたまに散歩で通りかかる場所でイタドリを生垣にしている珍しい所があります。道よりも少し高い所にリンゴ畑がありその畑の斜面にイタドリが植えられているのです。イタドリは多年草みたいで春先にはよく見かける小さな物なのですが今の時期は人の背丈をはるかにこすぐらいに大きくなってリンゴ畑が見えないようになっています。冬になるとイタドリは枯れてしまうのでリンゴ畑が見えるようになります。ポチッと お願い [続きを読む]
  • イタドリのジャム
  • 歩きお遍路で高知県の宿に宿泊した時にイタドリの調理した物をいただいて大変美味しかったことを覚えています。不思議なことにイタドリを食べるのは四国四県の中で高知県だけと知りました。私の住んでいる当地でもイタドリを食べる事はありません。地元紙の信濃毎日新聞を読んでいるとイタドリのジャムの記事を目にし長野県の中でもイタドリを食べる所があるのを知りました。山々を渡り歩く木地師などは山菜の利用に詳しくて食べて [続きを読む]
  • 善光寺郵便局
  • 長野市内に所用があったので用を済ませてから善光寺にお参りに行きました。ゴールデンウィークも終わり平日のせいか参拝客もすくなかったです。参道のお地蔵さんの脇の看板を見ますと創建当初には此処の場所に善光寺の本堂があったそうです。善光寺の近くの郵便局は、周りの景観に合わせた造りになっていました。そういえば、伊勢神宮にお参りした時も銀行や郵便局も周りの景観に溶け込むような造りでした。ポチッと お願い [続きを読む]
  • 燃焼比較
  • ドイツ生まれのポケットストーブEsbitをお遍路に持っていったら良いと思いましたが専用の燃料は限られた所でしか入手できません。そこで、ホームセンターや百均のお店で入手できる固形燃料を使いお湯を沸かしてみることにしました。専用の燃料と同じぐらいの量に固形燃料をナイフで切りました。火をつけて専用燃料の時と同じ量の水を沸かしてみましたが燃料が燃え尽きる頃に泡が出始めたぐらいでした。専用燃料と違いまったく煤は [続きを読む]
  • 管理機の爪の取り替え
  • 家庭菜園の友とも言える管理機の爪が長い事使い続けたため減ってナタ刃が鎌のようになってきました。土を耕す具合も悪くなってきたので取り替える事にしました。ネットで管理機に合うナタ爪を左右8本づつ計16本を取り寄せました。管理機からナタ刃を外してみると新品の物より大分薄くなっていました。一番内側のナタ刃を止めていたボルトとナットは1センチほど削れていました。すり減ったボルトナットは近くのクボタの営業所に行き [続きを読む]
  • 歩きの野宿お遍路で持っていけそうなコンロ
  • 歩きお遍路の時にはリュックの重量を抑えるためにコンロを持って行った事がありませんでした。ガスコンロなど持っていますが重量(たいして重くはない)がありますがより軽い物を入手しました。宿泊まりですと何ら問題はありませんが、野宿をまじえると食料を確保できない場合があるのでパンなりおにぎりなど用意しますが保存などで問題があります。そこで、カップラーメンを持ち歩き対応したいと思いました。お湯を沸かすために最軽 [続きを読む]