梅里 さん プロフィール

  •  
梅里さん: いつも森にいます
ハンドル名梅里 さん
ブログタイトルいつも森にいます
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/bairi42
サイト紹介文上州の片田舎でバイク乗ってます。県内の小さな峠を紹介していきたいと思います。
自由文バイクの好きな50台のオヤジです。群馬県のマイナーな峠路と、やはりマイナーな林道を紹介して行きます。整備やバイク用品にも触れて行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/12/28 09:46

梅里 さんのブログ記事

  • 今年も西毛へ
  • 今日は桜が咲くころの気温だった。そうは言っても地面や森に春のような暖かさがあるわけではない。あくまで空気が暖かいということだろう。まあ、寒いよりはありがたいのは確かだけど。さて、今年一発目の西毛行き、まずは藤岡から鬼石をめざし、根際の信号を右に曲がってダートにイン。ところどころ凍っているけど雪は無し。桜山方面に向かって北峠着。日向から [続きを読む]
  • 初走り赤城山
  •                        明けましておめでとうございます今年の初走りは3日、雪雲に覆われた赤城中腹に向かう。去年は黒仁田峠の付近で迷うという失態をやらかしたので、雪道選択。迷ったってタイヤの跡がくっきりだもんね。舗装路にもある程度の積雪、雪の下は凍っているので、斜度がきついと登れない。ダートの雪のほうがはるかにまし。ス [続きを読む]
  • 今年最後は寄日峠 その2
  • 続きです腹ごしらえはキノコ蕎麦、この季節の定番。ちょっと値上げした?いつもの野良猫はやっぱり見かけない・・・どっかいっちゃったのかなあ・体もポカポカになったところで峠を目指す。登り口からしばらくはミツマタの群生地。3月の開花に向けてもう可愛いツボミをつけている。いっせいに葉っぱが萎れているのもどことなく趣がある。赤土の登りは乾いてい [続きを読む]
  • 今年最後は寄日峠 その1
  •                             今年最後となるオフロード行は雪の心配が少ない桐生方面の寄日峠に決定。無雪の赤城東麓線で東に向かう。梨木の大つららは大分成長してきた。まだまだ大きくなるよ・・水沼で国道を離れ、荒神山の肩を抜けるいつもの奈良坂峠。振り返る赤城の黒檜山は雪を頂いて真っ白だ。外輪山でまっさきに白きなるのは黒檜。大好きな塩沢・小平線他支線も楽しんで梅田方面を目指す。こ [続きを読む]
  • 冬のオバンドウ峠 おまけ
  • 前回のおまけ帰路に使った林道東御荷鉾線、路面にはうっすらと雪が残っていて寒々しい。日向の富岡方面がとっても暖かそうに見える。御荷鉾林道から下ってきたが、別段通行止めの看板は無かったはずだが、途中に大きな崩落があって通行不能に。夏の台風で大規模に崩落したらしい。土砂くずれではあるが、法面のコンクリートが崩落しているので復帰までは大分かかり [続きを読む]
  • 冬のオバンドウ峠 その2
  • 続きです・・・オバンドウ峠を越えたその先にある廃村の明家、今回はここをモノクロでお伝えしてみる。峠から緩やかに下って行く杣道は明家まで500メーター程。途中の右斜面には産泰神社の跡があるが、御神体は他に移されている。左手に目を転ずれば木間に明家廃屋の屋根が見えてくる。すぐに杉木立を抜けて明るい集落跡に至る。いまでも4軒の家が残っていて [続きを読む]
  • 冬のオバンドウ峠 その1
  • 年に数回訪れる西上州のオバンドウ峠、今年最後となる今回は氷点下の朝から始まりです。藤岡の日野街道を進むと気温はどんどん下がり、張り付けるカイロの効果も感じられなくなってきた。会所を過ぎて峠への北斜面の登りに差し掛かると路面は白くなり、やがてアイスバーンに。この地域は降雪量は比較的少ないが、なかなか雪が解けないという特徴が。塩沢峠から [続きを読む]
  • 栗原川林道晩秋 その2
  • 続きです・・・右手に現れる涸れ沢、というより土石流の跡。自然に対する畏怖を感じる光景。そもそもが、人を寄せ付けない山奥に作られた道。周辺の歴史は私の書庫にある根利山のページを一読願いたい。程なく日本百名山(深田久弥選)、皇海山の登山口。ここのゲートから北のルートが追貝側と呼ばれる。ここからは北西に開ける明るい林道になる。時折山肌からしみ [続きを読む]
  • 栗原川林道晩秋 その1
  •                    三連休も終わり、空いた平日に出かけられる事を生かして林道へGO!。といっても半日限定なので、比較的近い栗原川林道とその周辺へ向かう。台風の影響で追貝側が通行止めだったけど、三日に全線開通したとのこと。みなさんの今週末林道ツーリングの参考にでもなれば尚良しということで・・・まずは大滝方面から袈裟丸山に向かう。紅葉はまさに見頃、R122あたりも綺麗に色付いているけ [続きを読む]
  • 冬支度
  • 木枯らし一号が吹いて、冬の入口が見えてきました。穏やかに晴れたので、ベスパの冬支度。5年前から導入している、通称コタツとハンドルカバー、この時期に取り付けて春先に取り外すのが恒例となっています。ネオプレーンのハンドルカバーはハンドチェンジベスパ用。ストッパーをタイラップで固定するだけのシンプルな構造ですが、必要にして充分。ウインカー [続きを読む]
  • 御荷鉾林道案内
  •                             山葉ティーダブ郎さんが三連休に滋賀から群馬を訪れるとの事、御荷鉾方面のルートを僭越ながらご案内します。まず、長野方面からブドウ峠越えで群馬入りとのことですが、御荷鉾林道を走るなら、R141で臼田まで上って県道93号線で紅葉の田口峠を越え、南牧村に入るルートがおすすめです。その後南牧村役場付近から右手に進み大仁田ダムを目指して行けば、御荷鉾林道 [続きを読む]
  • 御荷鉾紅葉
  • あばら3週のことわざ通り(そんなのあるか?)押すと痛い程度に回復。余程酷い所に行かなければ山に入っても大丈夫そうなので、肩慣らしに御荷鉾林道周辺に紅葉散策に出かけた。まさに雲一つない快晴の元、一息に御荷鉾林道の管理棟まで走る。台風と一連の降雨の影響で鮎川も増水、路面も山肌からしみ出た流れでかなりウエット。紅葉のピークにはあと数日かかりそ [続きを読む]
  • スズメバチに注意せよ!
  • 肋骨を痛めているので、さすがに山には入れない。今だ右に寝返り打てないし、くしゃみをすると痛いので、まだしばらくはおとなしくしていよう。といってもSRやベスパに乗るのに支障は無いのでお使いにはどちらかに乗って憂さ晴らしをしている。三連休の日曜日、隣町の渋川市に昼飯かたがたベスパで出かけた。とある田舎道を走っていると前方から黄色っぽい塊りが急 [続きを読む]
  • またも亀穴峠へ その2
  • 続きですとにもかくにも、亀穴峠までバイクであと少しという所まで迫れたのは収穫だ。岩佐徹道氏著「群馬の峠」の亀穴峠・新屋峠の稿に記された、竹やぶを背にした二階家を越えてさらに数百メーター進んだのだ。47年も前の本に記された雰囲気が今も色濃く残っていることに驚きを覚える。次回でいよいよ峠に立てるか?下りは登りの失敗を生かした丸太越え、一度 [続きを読む]
  • またも亀穴峠へ その1
  • ここのところインドア作業と、センパイに進められて始めたフェイスブックにかまけて、森に行ってなかった。懐かしい友人たちと再会するのは確かに楽しいが、そんな緩い暮らしはまっぴら(笑)なので、気合を入れて西毛の亀穴峠へ。結局、丸太でアバラを強打して痛い目にあってきたわけだが、これも緩い暮らしのバチが当たったのだろう!晴れの予報だけど、御荷鉾の [続きを読む]
  • 明るい秋模様
  • 秋が本格的になってきましたねえ・・快晴の日曜、赤城の中腹までベスパで散歩してきました。途中いくつかの地域運動会が賑やかに行われていて平和な秋の一日をより実感しました。晴れて良かった。まずは真っ青な空と赤城。ここは桃の木川の土手の上。赤城まで高い建物が無いのでより綺麗に見えますね。真っ青なのは麦畑。コスモスは今が盛り。ちなみに秋桜と書いて [続きを読む]
  • 赤城はウエット
  • うす曇りの一日、赤城の西南麓を軽く走ってきた。田んぼのあぜ道には曼珠沙華が燃えるように満開。路面には栗が落ち始めたけど、台風の影響もあるのだろう。いつもの入口から。ルートは水たまりこそ無いものの、かなり保水していて良く滑る。台風のせいで新しい倒木や落ち枝も多く見られる。ヌタっているところも多い。白樺線の地蔵峠。かなり涼しくてアカトンボもいな [続きを読む]
  • やっぱり晴れが好き
  • 久しぶりにスカッと晴れた一日だった。本当に天候不順な夏だったので、稲作農家は気が気ではなかったと思う。それでも稲穂は重そうに垂れ下がり、素人の私の目にははいつもの実りの秋がやってきたように思われる。上州人はとにかく晴れが好きだ。私のように曇りも好きなんて天邪鬼はともかく、基本的には晴れが好きだと思う。県都の前橋は県庁所在地の日照時間だ [続きを読む]
  • 矢川・香坂・余地峠  その2
  • 続きです・・R141で佐久穂に至り、十石峠へのR299を東に。途中、余地入口の信号を左に折れて余地川に沿って上って行く。集落を抜けてまもなく余地ダム。ここでサンドイッチのお昼ご飯。地べたに座ってむしゃむしゃしていると、一匹のバッタが物欲しそうに近づいてきた・・。腹でも空かしているのだろうと、パン屑を置いてやったが、目ざとい蟻に食べられてる [続きを読む]
  • 矢川・香坂・余地峠  その1
  • この週末はすっかり空気が入れ替わってしっかりと秋を感じられるようになった。素晴らしい天気の日曜日は珍しく軽い二日酔いでうだうだしてしまったけど、今日は久しぶりの林道行。今回は上信県境の3つの峠を訪ねて、思いっきり秋の気配を楽しんで来ようという企み。まずは一息にR254内山峠まで走る。ジャケットのベンチレーターが全開になっていて少し肌寒い。 [続きを読む]
  • 秋の気配・・・
  • 今日は上信県境の峠にセローで出かけようとたくらんでいた。しかし、半端な時間に来客があったため、不発におわり、SRで軽く走るにとどまるという未消化な一日だった。それでも郊外に出ると、最近の不快天気を忘れさせるような爽やかさを感じることができて、秋の気配すら漂っていた。コスモスをはじめとした秋の花々にはまだ早く、景色はくすんだ夏といった風情 [続きを読む]
  • サングラスという道具
  • ず〜っとシールドの無いジェット型のヘルを常用しているので、ゴーグルやメガネの類は必需品。オン・オフともにフルフェイスは持っているのだが、元来開放的なのを好むせいか、出番が無い。オフロードは決まったゴーグルさえあれば問題ないけど、オンロードとなると、これと言った定型が定まらない。ここ6〜7年は国産のバイク用サングラスを使っているけど、昔な [続きを読む]
  • 出戻ってすぐに嫁いで行きました・・
  • 8月に入ってからのこの天候・・・なんとかならないもんでしょか。バイクにも数回軽く乗ってはいるものの、記事にするほどのことは無かった。お盆は3家族で野反湖にキャンプに出かけたけど、やはり天気悪しで未消化だったなあ。セローで山に入ろうと思うと結構な雨が降って乗れずじまい。気温が低めなのはありがたいけど、やっぱり夏は夏らしくあってほしいもん [続きを読む]
  • PZL P.8
  • PZLの続きです。主翼を取り付けて、機体全体のリベットと機首パネルファスナーを加工中。実機もかなりブツブツと目立つので面倒だけど再現します。0・3ミリのドリルで下穴を開けておいて、0.25軸の洋白製リベットを埋め込んでいきます。全て植え込んだら一度外して塗装後にもう一度植え込む面倒な作業。100本を越えるので根気はいるけど難しい作 [続きを読む]
  • 新井コー児展に行ってきました
  • 前記事でお知らせした新井コー児展に行ってきました。日ごろデパートなんかに縁の無い私なのでいささか緊張しながら会場へ・・・・「忙しくて死にそう」とこぼす画伯でしたが、元気そうでなによりです。相変わらず個性あふれる大作の数々は、生で一度見ていただきたいと思う私でした。この後、高崎市役所の展望ルームで4か月間の展示が行われるとのこと、是非一度ご覧ください。 [続きを読む]