夫婦問題・離婚カウンセリング室長 さん プロフィール

  •  
夫婦問題・離婚カウンセリング室長さん: 夫婦問題・離婚カウンセラーからあなたへ
ハンドル名夫婦問題・離婚カウンセリング室長 さん
ブログタイトル夫婦問題・離婚カウンセラーからあなたへ
ブログURLhttps://ameblo.jp/22-rikon-counselor/
サイト紹介文ご相談者が安心してカウンセリングを受けられ、心のケア・アドバイスができるよう努めております。
自由文配偶者の不倫などで心のバランスが崩れて、生活まで崩れ始めてしまう依頼者様・ご相談者様がいらっしゃいます。
夫婦関係修復・離婚カウンセラーは、依頼者様・相談者様の声を心で受け止め、複雑に絡み合った夫婦関係の問題を理解し、解決への糸口を見つけるだけでなく、離婚を決意された場合の最善の方法等、を時間をかけてアドバイスいたします。
http://www.tantei-srs.com/counselor.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/12/28 12:48

夫婦問題・離婚カウンセリング室長 さんのブログ記事

  • 再構築を決意して
  • お久しぶりのブログです。 この時期クリスマスを前に浮気調査の案件が立て続けに入ります。弊社は探偵事務所に併設しているために離婚カウンセリング後浮気を疑われてそのまま調査に入る方も多いのです。また調査中、調査後そのままカウンセリングを引き続きされる方も多く人生の危機的な期間を共に長くお付き合いさせていただくためか調査後、カウンセリングを終了されても時々メールなどで近況を報告して下さったりする方が大変 [続きを読む]
  • 嫁姑問題は離婚の引き金に。
  • 年末が近づいてきました。 年末年始、夫の実家に帰るのが本当に辛い・・と友人からの愚痴を聞きました。「お正月早々、義母に気を使って、洗いものして・・・。気が休まらなくて。子供のしつけのことも口をだしてくるし、なんとか避けたいから仮病使いたいくらい。」そんな声、本当によく聞きます。 「年末年始ならまだしも、もし旦那さんののお父さん、お母さんと同居だったらどうするの?」と聞くと「有り得ない。」との答え。そ [続きを読む]
  • カウンセリングの現場から
  • 離婚を考えている方。夫婦関係を再構築したい方。 いろいろな相談者様がカウンセリングに来られる中で正直「ちょっとこまったなぁ」と思ってしまう相談者様はいらっしゃいます。そのようなタイプかといいますと、 「離婚!絶対離婚!」と離婚を完全に決意されている方や 「自分が正しい!相手が全て間違っている!」「自分はこれだけ頑張って我慢してやってるのに相手はこんなことをする!」 というような、主張が強くこちらからの [続きを読む]
  • 夫婦が関係を修復するにはどうしたらいいの?
  • 別居や離婚の話もでてるけど、子供の為にはやはり夫婦関係の修復に励んだ方がいいのかもしれない・・・愛して一緒になった人だから・・ と関係修復を考えている方も多いと思います。でも実際どのようにしたらいいのでしょう・・。 相手を変えようとしない 夫婦関係の修復を考えたとき、なんとかしようとすればするほど関係が悪化していくことがよくあります。思い当たる方もいるのではないでしょうか。 それは「相手を変えようと [続きを読む]
  • 携帯や財布の中身・・・不倫の証拠を探してしまう自分が嫌。
  • 夫の携帯を見てもカバンの中をみてもそこには幸せはないとわかっていてもついつい証拠を探してしまう・・・ 昨日帰宅が遅かったけど本当に残業だったの?もしかして誰かと会っていたのかも・・・ そんな不安からついつい携帯のメールをチェックしたりスーツのポケットを探してしまう・・・ 不安が強いからこその行動これはいたって普通の事なんです。 人間は「わからない」状況を非常に恐怖であり不安に思います。ですから無意識 [続きを読む]
  • 義母の存在がストレスです!
  • 夫の事は愛しているけど、どうも義母の存在が・・・という方は多いのではないでしょうか。 母親はいつになっても子供のことが気がかりなものです。夫の事や子供の事などでついついをはさんでくるのが姑さんです。「余計なお世話やねん!」とイライラするのも理解できます。同居していられるならなおさらそんな機会おおいのではないでしょうか。また、腹がたつことに、その事にたいして夫に愚痴をいうと夫は不機嫌になりませんか? [続きを読む]
  • 無理に信じようとしないこと
  • 「旦那、妻の事は信じているんですけどね」 信じるということが「自然の営みの中で」なされていること。それは夫婦関係では理想となる形です。ですが、相談に来られる方の中には「信じている」といいつつ、それが「信じるということを手段としている」方が多いのです。手段としている=信じられていないが実情です。実際そうお話しすると「手段としている」ことに納得されて、みなさんこう答えます。 「ではどのように信じたらいい [続きを読む]
  • 夫婦喧嘩の一番の原因は?
  • 夫婦喧嘩。「まったくしたことがない」という方はいらっしゃらないのでは?そんな夫婦喧嘩の原因の第一位。何だかわかりますか? そう、「言葉遣いや言い方」なのです。 親しき仲にも礼儀あり、とはいいますが、長年連れ添ってくると相手への礼儀も忘れてしまったりします。ちょっと虫の居所がわるいからと奥さんに乱暴なものの言い方をしたり、また奥さんがちょっと旦那さんをバカにしたようなものの言い方をしたりしたら夫婦喧嘩 [続きを読む]
  • DVから逃げられない理由
  • DVという言葉が世の中に浸透してもうだいぶ時間がたちます。同居関係にある配偶者や内縁関係、両親・子・兄弟・親戚などの家族ばかりでなく、元配偶者や恋人から受ける暴力のことを意味します。 暴力、性的暴力、暴言、などの影響でまずは身体に影響がでます。そのあとは大半が鬱へ。鬱だけでなく不安、パニック症状、イライラもでてきます。この事により弱いものへ当たるようになり、子供へ向かって怒りを爆発させるようになりま [続きを読む]
  • 不妊治療と浮気
  • 「不妊治療中なのに浮気されました」お辛い気持を抑えながらメールをくださったクライアントさんがいました。 不妊治療中の旦那さんの浮気はよくお聞きします。併設の探偵事務所でも「不妊治療中に浮気されて・・」と証拠撮影を依頼される方も本当に多いです。 「赤ちゃんが欲しい」という希望を夫婦で共に持ち、努力しているというのに夫の不倫の発覚。本当に押しつぶされてしまいそうなくらいショックでしょう。 しかし。「共通 [続きを読む]
  • 復讐心の手放し 
  • 不倫されて一瞬でも復讐したいと思った事が有る人は多いと思います。復讐。人間の復讐心は、愛情・友情・成功など何らかの希望した結果の不満が起こる事によって生まれるのです。 例えば「浮気された!旦那に仕返ししたい!」と思っている人がこのような感情をもつようになったきっかけは「旦那さんの(愛する人の)浮気・不倫」でしょう。望んでいた結果は「旦那さんとずっと仲良く、大切にされ、幸せでいられる」ことでしょう。 [続きを読む]
  • 離婚時、親権は?連れ去られたらどうしたらいい?
  • 悩みに悩みぬいて離婚が決まりました。さて、親権は・・・? 親権はどちらがとる? 親権、親権と言いますが、 硬い言葉で言うと「未成年者の子供を保護・養育し、子供の財産を管理する親の権利・義務を有する人」。つまり、子どもを育てて財産管理をする権利もあれば、義務もある人のことを指します。 20歳以下の子供であれば、結婚している間は両親二人が、離婚したらどちらか片方が親権をもつようになります。 親権とは「子供の [続きを読む]
  • 今井絵里子議員「一線は越えてない」ってそこ重要ですか?
  • SPEEDの今井絵里子さん。障害者のお子さんを使って?といったら言葉が悪いですかね、でも使ったようなものと思われる方は多いと思います。国会議員になって何してるかと思えば不倫です。「一線はこえていない」と声を大にして言われてるようですがそこ重要でしょうか?相手の神戸の市議はまだ離婚が成立もしていませんし今回、「結婚生活が破たんしていた」なんていう言い訳も嘘だとわかってしまいましたよね。この件での弁護士の [続きを読む]
  • スマホのロック解除方法
  • スマホが見れたらどんなに楽だろう。そう思った方は大勢いらっしゃることでしょう。でもなかなかロックを見破ることはできません・・・でもないのです!ロックの解除に役立つ情報をお伝えいたします。最近では、ガラケーの利用者はかなり少なくなり、ほとんどの人がスマートフォン(スマホ)を持っています。携帯やスマホの中にはありとあらゆる個人情報が入っており、浮気の事実を確認するには、携帯チェックは欠かせません。しか [続きを読む]
  • 夫が逆切れして浮気を認めない
  • なんだか旦那が浮気をしている。この前ライン見てしまったから。だから問い詰めたのに、逆切れされて答えてくれない。そんな経験おありではないでしょうか。そこでそんな男性の心理を調べてみました。引用元:夫が浮気を認めないどころか逆切れをするのはなぜ?何も疑うところがないのであれば…浮気を疑うこともないでしょう。何かしら気になる言動やメールのやり取り、他の女性の物と思われる物証が出てきたりするからこそ、浮気 [続きを読む]
  • つらいフラッシュバックを乗り越える方法
  • 不倫を乗り越えてもフラッシュバックに襲われる方は多いと聞きます。実際私の知人も旦那の浮気の発覚以来、再構築を図るものの、3年たった今でもフラッシュバックに襲われていると聞きます。心療内科でお薬の処方は受けているようですが・・・。突然襲われる不安。それは経験した人にしかわからないことでしょう。そんな悩みに同じ経験をした方がアドバイスをしている記事を見つけました。参考になればいいのですが・・・夫の浮気 [続きを読む]
  • 女として見れない!と旦那に言われた!
  • 女として見れないそう旦那さんに浮気のいい訳として言われたことはあります?女として見れないとか、勝手すぎると思いませんか。そういう言い訳を言われた「女として見れない」って浮気をした原因になるの?「女として見れない」「お前には色気が無い」・・こんな理由で浮気されたら、あなたはどう思いますか?子供ができたので、もう妻のことを「母親」としか見ることが出来ないと感じる夫は多いようですが、でもこんな理由で浮気 [続きを読む]
  • 不倫容認! 高学歴夫婦「オープン婚」
  • オープン婚ってご存知ですか。私は知りませんでした。不倫をお互い認める関係をオープン婚というようです。不倫を容認。できますか?私なら無理です。こんな記事を見かけました。打算で結婚し、女の賞味期限の焦燥感で不倫に走るが、家庭をしっかりと維持している――そのような傾向が強いのは年収600万円以上の既婚女性たちだ。筆者が取材し続けている彼女たちの共通点は5K(経済力がある、キレイ、賢い、軽い〈体重と気持ち〉、 [続きを読む]
  • 浮気を許せる 許せない?年月が経つと心境はどう変わるか
  • 旦那の不倫がわかった・・・信じていただけに ガツンと頭を殴られたような感覚 この傷は時間が経つと…? 不倫を許せるか許せないか。これは月日がたつとどう心境が変わるのでしょうか。引用元;旦那の浮気研究所 数年後に許すことができるパターン 許すことができたかどうか自分でもわかっていない人 数年後でも許せなくて結局離婚に至ってしまうというパターン 上記した順序でリサーチしたものを記載してい [続きを読む]
  • 男は皆、単純でバカ・・・・というけれど。
  • 不倫がわかったとき、子供のようないい訳をする男。またそのぶち切れ方にしてもあまりに幼稚。それだけでなく、、ちょっとしたときに駄々をこねるがごとく言う事をきかない、など思い当たるところありませんか。普段の生活の中でちょっと理解できない旦那さんのことをかしこくとらえる方法を解説しているコラムを見つけました。引用元:浮気する彼氏の攻略方法男は皆、単純でバカタイトルの通り、男はたくましく見えても中身は所詮 [続きを読む]
  • 旦那の不倫は案外簡単に見つかるもの
  • SNSの普及で個人情報垂れ流しの時代となりました。これだけ個人情報保護が叫ばれているのに自ら個人情報の垂れ流しを行う人たち・・・・旦那さんの浮気は案外そこから見つかるのですよね。引用元:DOKUJO「いいね!」がキケン!?不倫が彼の奥さんにバレる意外なきっかけ始めるのは簡単でも、終わらせるは難しいのが 不倫 。テレビなどで 不倫 ドラマが流行ったため気軽な響きがあるかもしれませんが、 不倫 は民法での不法行為で [続きを読む]
  • 浮気される夢をみました。
  • 浮気する、浮気された。そんな夢を見られた方はいませんか。浮気している方なら気になるところ。またパートナーの浮気もきになってしまいますね。そこで浮気に関する夢はどんな意味が有るのか調べてみました。浮気に関する夢が象徴する意外な真実とは?浮気の夢が象徴している事とは?浮気をしたり、浮気をされる夢を見ると『現実に問題が起きている暗示なのでは?』と考えてしまいがちです。アナタが浮気をした夢を見たら、恋人や [続きを読む]
  • ラブホ平日利用者は宝の山「高齢者取り込め」が合言葉
  •  熟年不倫が増加してます。40代50代はあたりまえ、60代70代の不倫もあたりまえになりつつあるようです。実際ラブホテル街を歩いていたりすると、年配の男性と女性がホテルに入っていったりするのを見かけたりします。コンビニでもエロ本コーナーで立ち読みするご老人もよく見かけます。や高齢者の不倫も増えていることからラブホテルも高齢者をターゲットにしているようです。引用元:週刊ポスト今、ラブホテルを利用する高齢者が [続きを読む]
  • 浮気調査に使われるかもしれないアプリをご紹介!
  • 浮気調査は探偵さんがするもの。たしかにその方が証拠はきっちり撮れるのですがなにか身近にできる方法がないかなと思った事はありませんか?浮気調査はアプリでやる時代?その便利さとリスクとは浮気調査といえば尾行、メールや電話の着信履歴の盗み見などがこれまでの常とう手段でした。しかし、スマートフォンが普及した現在では、アプリの開発もかなり進んでいます。浮気調査に使えてしまうようなアプリがあることを知っていま [続きを読む]